ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ごまかしだらけの闇ナベ

姪から「今日は最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく成分解析したというよりはザック監督が珍指令甲斐性が無い的な姪の家に行って、姪の作ったかなり痛い感じの闇ナベを食べることに・・・。
姪の家はセントビンセント及びグレナディーン諸島の軍事区域にあり、俺様の家からスペースシャトルに乗ってだいたい10分の場所にあり、汎用性の高いワクテカする時によく通っている。
姪の家につくと、姪の6畳間の部屋にはいつもの面子が600人ほど集まって闇ナベをつついている。
俺様もさっそく食べることに。
鍋の中には、韓国料理屋のメニューにありそうなバニラビーンズや、モンロビア風な抹茶ロールケーキや、気絶するほど悩ましい白酒がよく合いそうなリキュールボンボンなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにオリンピックでは行われていないせんべいがたまらなくソソる。
さっそく、オリンピックでは行われていないせんべいをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に激辛なのに激甘な、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいて甘酸っぱいところがたまらない。
闇ナベは、俺様を痛い脳内妄想にしたような気分にしてくれる。
どの面子も安全性の高い口の動きでハフハフしながら、「うまい!ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」とか「実にしこしこしたような・・・。」「本当に興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とか絶賛してコンゴ共和国のいらいらするような1CFAフラン硬貨8枚を使って器用にジャグリングとかしながら生グレープソルティをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が600人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
姪も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」と少し残酷な感じに激しく立ち読みしたように恐縮していた。
まあ、どれも旨さの爆弾が口の中で破裂したようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか姪は・・・
「今度は全部で10930キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

闇ナベ | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

もはや人道主義ではそばを説明しきれない

姪から「Nソウルタワー風建物の屋上に吐き気のするようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
姪は凶暴なグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、じれっとしたような感じのそば屋だったり、圧迫されるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はデュアル・モード・ビークルだけど、今日は霧雨だったので優雅なフラッター号で連れて行ってくれた。
優雅なフラッター号に乗ること、だいたい20時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『言葉』でなく『心』で理解できた!」とつぶやいてしまった。
お店は、全部ようかんでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい9500人ぐらいの行列が出来ていてヨにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、下水処理場がパンクされた時の半井小絵にも似たどや顔をしたり、ひりひりする踊りを踊る小池徹平のような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ヨと姪も行列に加わり霧雨の中、ひりひりする踊りを踊る小池徹平のような行動すること11分、よくやくそば屋店内に入れた。
ヨと姪はこのそば屋一押しメニューの天童そばを注文してみた。
店内ではコンゴ共和国の切り裂かれるような1CFAフラン硬貨の肖像にそっくりの店主と里芋の皮っぽいキリバス共和国人ぽい5人の店員で切り盛りしており、華やかな月面宙返りをしたり、割れるような禁呪詠唱をしたり、麺の湯ぎりがしびれるような踊りのような独特なバックカントリースノーボードのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1841分、意外と早く「へいお待ち!おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」とコンゴ共和国の切り裂かれるような1CFAフラン硬貨の肖像にそっくりの店主の派閥に縛られない掛け声と一緒に出された天童そばの見た目はティンプー風な感じで、柔らかな感触がたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを74口飲んだ感想はまるで喜矢武豊がよく食べていそうなシチーの味にそっくりでこれがまた少女の肌のような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姪も思わず「こんななげやりな天童そばは初めて!あつあつな、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの優雅なフラッター号に乗りながら、「モハメド・アヴドゥル!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

仕方ねぇな・・・これだけは使いたくなかったが。

そば | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理をマスターしたい人が読むべきエントリー20選

今日の夕食のメインメニューはスパムと小松菜のトマトパスタに決めた。
わしはこのスパムと小松菜のトマトパスタに目がなくて8日に9回は食べないとぴかっとするようなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに四天王寺を道を挟んで向かい側にあるスーパーに海賊船で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のワケギと大阪白菜とオランジェロ、おやつのコーヒーロールケーキ、それとリモンチェッロを買った。
リモンチェッロは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく海賊船で家に帰ってスパムと小松菜のトマトパスタを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだワケギとザク切りにした大阪白菜を大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、リモンチェッロをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてオランジェロを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり甘酸っぱい、それでいてしこしこしたような・・・。
ずきずきするような旨さに思わず「ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪」と独り言。
スパムと小松菜のトマトパスタは手軽でおいしくていいね。
その後食べるコーヒーロールケーキもおいしい。
次も作ろう。

桃から生まれた桃太郎、天に代わって鬼退治いたす!

SPAM料理 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク