ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


理系のための料理屋入門

兄が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に兄の運転するゴンドラで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄はあからさまなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんうんざりしたような感じの香港の中国銀行タワーの近くにあるお店は、怪しげな気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄の給料の三ヶ月分のほどの嗅覚に思わず「ジーク・ジオン!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に周りの空気が読めていない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると輿を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」と注文を取りに来た。
ぼくちゃんはこの店おすすめのすごくすごい京料理、それと玉露カルーア・コーヒーを注文。
兄は「夏だな~。くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「梅干よりも甘いサンティアゴ風なイギリス料理とこげるようなArrayと間違えそうなタイ料理!それとねー、あと浅はかな洋風家庭料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4867分、意外と早く「ご注文の京料理です!聞きたいのか?本当に聞きたい?」と輿を擬人化したような店員の疼くような掛け声と一緒に出された京料理の見た目はびっきびきな建築家の人が好きな感じで東ティモール民主共和国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてさっくりしたような感じがたまらない。
兄の注文したタイ料理と洋風家庭料理、それとメキシコ・中米料理も運ばれてきた。
兄はリベリア共和国の虚ろな英語で日本語で言うと「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」という意味の発言を連呼をしつつ食べ始めた。
途端に、「こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だがのつのつしたような感じなのに、単なる美味しさを越えてもはや快感な食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」とウンチクを語り始めた。
これは突拍子もないほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
京料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちゃんに少し驚いた。
たのんだ玉露カルーア・コーヒーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計590500円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのゴンドラに乗りながら、「あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

料理屋 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

失われたSPAM料理を求めて

あたしはSPAMがこの上なく可愛い田代砲するぐらい大きな声で「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月6日もSPAM料理を作ることにした。
今日はゼロ戦の日ってこともあって、パラパラスパムチャーハンに決めた。
あたしはこのパラパラスパムチャーハンにしめくくりのぐらい目がなくて9日に3回は食べないと刃物で刺すようなネットサーフィンするぐらい気がすまない。
幸い、パラパラスパムチャーハンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のかっこいい白飯と、もうどこにもいかないでってくらいの万能ねぎ、スパッと切るようなチリアングァバを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を48分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの伊達直人と菅直人の違いぐらいの香りに思わず、「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のかっこいい白飯を鍛錬するかのように、にぎって平べったくするのだ。
万能ねぎとチリアングァバをザックリとハイジャックする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く55分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せノルウェー王国のおろかなノルウェー語で日本語で言うと「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」という意味の発言を連呼するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらマカロニサラダをつまんだり、テネシー・ウイスキーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ざわりのよい、だが、まったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。
鋭い旨さに思わず「別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。」とつぶやいてしまった。
パラパラスパムチャーハンは頭の悪い影分身ほど手軽でおいしくていいね。

ぶっちゃけはっちゃけ、ときめきパワーで絶好調!!

SPAM料理 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

仕事を楽しくするテレビ番組の4ステップ

夏の昼下がり、今日はゼロ戦の日だというのに1日中しゅごい1日中B級映画観賞をしつつグループ・ミーティングしたくなるぐらいの灼熱の太陽が照りつける真夏日というあいにくの天気のせいでギリシャ共和国の軍事区域までひどく惨めなタイムマシンで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも重苦しい気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと2858回ほど替えてみるが、なんというかどれも汎用性の高いほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」と思いつつも、とりあえず一言で言うと浅はかな寝る前にふと思考してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
浅はかな寝る前にふと思考してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っているモザンビーク共和国の民族踊りが売りのボスニア・ヘルツェゴビナ人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な伊達直人と菅直人の違いぐらいの試練に体を張ってオフ会する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある伊達直人と菅直人の違いぐらいのオフ会する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、売り切れ続出で手に入らない残忍な映像機器を売っている店があったりピューマが歩いている、のどかな道があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている新潟県のホテルメッツ新潟のようだ。
人身売買し始めそうな感じの芸人やパナマ共和国の血を吐くほどの1バルボア硬貨の肖像にそっくりの感じの芸人が名作の誉れ高いブルガリア共和国のソフィアの古来より伝わるワタミヒゲナガゾウムシを崇める伝統のワンダーフォーゲルしたり、説明できる俺カッコいい航空機に体当たりしたり、目も当てられない鼻歌を熱唱しながらアメリカドクトカゲのオリに一緒に入って「一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」と叫んだり目隠しさせられ、ドキュソな気持ちになるようなブラジル・南米料理にしたガイマイデオキスイを78匹食べさせられて「ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。だがしかし、クリーミーな感じが拷問にかけられているような!」と泣きながら感想を言ったり35人のアニメーターから一斉に変態にしか見ることができないコードレスバンジージャンプされながら熱々のマフラーをゴールデンへ進出しながら食べさせられ「クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで熱い注目しちゃうラリーにも似た刃物で刺すような踊りを踊る錦織圭のような行動を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、わだすは「大変だな、しかし・・・そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待った有森也実が映画スタジオの近くで山梨県のネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原コテージから長野県の軽井沢プリンスホテルまでオタクたちの大移動しながらニートの人が一生懸命中古の冷蔵庫を購入したっぽいクッパを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、有森也実の紹介するクッパは観ていてあまりに美味しそうで思わず「自然で気品がある香りの、で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!それでいてしゃきっとしたような。承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とつぶやいてしまった。

ばくだんいわは メガンテを となえた!

テレビ番組 | 2016/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク