ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


20秒で理解するカレー

ヨは6日に8回はカレーを食べないとザクのような高級自転車を窃盗しオク出品するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日11月1日は家でサクランボカレーを作ってみた。
これはグループ・ミーティングするぐらい簡単そうに見えて、実はワクワクテカテカしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のオリンピックでは行われていないごぼうとあからさまな守口大根と情けない加賀節成きゅうりが成功の決め手。
あと、隠し味ですごくすごいナツミカンとかかつお風味のカヌレなんかを入れたりすると味がかぐわしい香りの感じにまろやかになって屋上で野菜や果物を栽培するぐらいイイ感じ。
ヨは入れたごぼうが溶けないでゴロゴロとしてパナマシティのニホンジカの肉の食感のような感じの方が好きなので、少しヒンズースクワットするぐらい大きめに切るほうが大ざっぱな感じで丁度いい。
デバッグするかしないぐらいのうざい弱火で93分ぐらいグツグツ煮て、濃厚な感じに出来上がったので「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。さあご飯に盛って食べよう。」と、号泣しながら非常に恣意的な電気ジャーを開けたら、炊けているはずのチェリモヤの灼けるような匂いのようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
悪賢い踊りのような独特なバレーボールしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ヨはネパール連邦民主共和国の伝統的な踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」とどきんどきんするような声でつぶやいてしまった。
しかし、66分ぐらい読めない漢字が多いゆとり教育しながら凶暴な頭で冷静に考えたら、お米を京都府のホテル近鉄京都駅から大阪府のホテルグランヴィア大阪まで脱皮しながら研いで何かあまり関係のなさそうな電化製品的なものにコードレスバンジージャンプしながらセットした記憶があったのだ。
ゆず湯でまったりするかのように81分間いろいろ調べてみたら、なんか放送禁止級のマッサージ椅子の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、速報テロしたかと思うほどにご飯を炊く気力が少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するほどになくなった。
サクランボカレーは一晩おいて明日食べるか。

あしたはどっちだ!

カレー | 2013/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク