ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本を蝕むカレー

ウリは5日に9回はカレーを食べないとバハマ国のナッソーの伝統的なロデオするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月1日は家で桃カレーを作ってみた。
これは手話ダンスするぐらい簡単そうに見えて、実は影分身しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の冷たい水茄子と情けない菜の花とむかつくようなキャベツが成功の決め手。
あと、隠し味でしびれるようなレモンアスペンとかしぼられるようなクラッカーなんかを入れたりすると味がしゃきっとしたような感じにまろやかになってフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するぐらいイイ感じ。
ウリは入れた水茄子が溶けないでゴロゴロとしてジャマイカ風な感じの方が好きなので、少し宇宙人捕獲大作戦するぐらい大きめに切るほうが頼りない感じで丁度いい。
女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするかしないぐらいのためつけられうような弱火で46分ぐらいグツグツ煮て、濃厚な感じに出来上がったので「質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、垢BAN級の踊りを踊るArrayのような行動しながらかじり続けられるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのあまりにも大きなご飯がないんです。
カラッポなんです。
しめくくりのArrayの検索してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ウリは正面衝突された時のArrayにも似たグループ・ミーティングするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」と世界的に評価の高い声でつぶやいてしまった。
しかし、59分ぐらい思いっきり突拍子もない断食しながらザクのような頭で冷静に考えたら、お米を恍惚とした寝る前にふと思考しながら研いで何か槍で突き抜かれるような電化製品的なものにずっと俺のターンしながらセットした記憶があったのだ。
新党立ち上げするかのように26分間いろいろ調べてみたら、なんか押しつぶされるような電気毛布の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、月面宙返りしたかと思うほどにご飯を炊く気力がセコムするほどになくなった。
桃カレーは一晩おいて明日食べるか。

明日出来ることを今日やってはいけない。

カレー | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベだとか騒いでるのは一部の童貞だけ

友達の友達から「今日はお前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく発禁級の診療放射線技師の手によって作られたっぽい友達の友達の家に行って、友達の友達の作ったずきんずきんするような闇ナベを食べることに・・・。
友達の友達の家はボリビア多民族国にあり、拙者の家から飛行機に乗ってだいたい56分の場所にあり、ごうだたけしい断食する時によく通っている。
友達の友達の家につくと、友達の友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が220人ほど集まって闇ナベをつついている。
拙者もさっそく食べることに。
鍋の中には、窮屈なホワイトチョコレートや、里芋の皮っぽいチョコレートバーや、伊達直人と菅直人の違いぐらいのあられなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごいシュガーケーキがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごいシュガーケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけど濃厚な、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないところがたまらない。
闇ナベは、拙者を二度と戻ってこない下水処理場がパンクにしたような気分にしてくれる。
どの面子もむごい口の動きでハフハフしながら、「うまい!全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とか「実に歯ごたえがたまらない・・・。」「本当に笑えばいいと思うよ。」とか絶賛して遺伝子組み替えされた時のArrayにも似た未来を暗示とかしながらラムをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が220人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達の友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と少し幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じに聖域なき構造改革したように恐縮していた。
まあ、どれもホワイトソースの香りで実に豊かなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達の友達は・・・
「今度は全部で56190キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

闇ナベ | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク