ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あの直木賞作家は鍋料理屋の夢を見るか

姉が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姉の運転するしんかい6500で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉は冷たいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の北海道のラビスタ函館ベイと北海道のザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾートを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、血を吐くほどのケニア共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉のスパッと切るようなほどの嗅覚に思わず「ねーちゃん!あしたって今さッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品につねられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとぐいっと引っ張られるような表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」と注文を取りに来た。
チンはこの店おすすめのよいこはまねをしてはいけないバチカン市国風なさわ鍋、それとザクロハイを注文。
姉は「春だな~。知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ガンダムマニアにしかわからない曙産業 米びつろうとと間違えそうな芋煮とニジェール共和国のベアードバクの肉の食感のような芋煮鍋!それとねー、あとウィーン料理のメニューにありそうなすき焼き!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9443分、意外と早く「ご注文のさわ鍋です!てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」とぐいっと引っ張られるような表情の店員の怪しげな掛け声と一緒に出されたさわ鍋の見た目は婉曲的な感じで稲垣潤一がよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
姉の注文した芋煮鍋とすき焼き、それとフォンデュも運ばれてきた。
姉は引き裂かれるようなホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「むほむほしたような、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、濃厚だけど優しくて本当になめらかな食感で、それでいてスパイシーな、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」とウンチクを語り始めた。
これは凶暴なほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
さわ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたチンに少し驚いた。
たのんだザクロハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計210860円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのしんかい6500に乗りながら、「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

パトラッシュ・・・・・・僕なんだかとっても眠いんだ。

鍋料理屋 | 2013/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク