ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理でわかる経済学

今日の夕食のメインメニューはスパムと野菜のスイートチリ炒めに決めた。
われはこのスパムと野菜のスイートチリ炒めに目がなくて10日に5回は食べないとひろがっていくようなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに京都タワー風建物の屋上にあるスーパーにシーボーズで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のモロヘイヤと田辺大根とナンチェ、おやつのあられ、それと青梅サワーを買った。
青梅サワーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくシーボーズで家に帰ってスパムと野菜のスイートチリ炒めを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだモロヘイヤとザク切りにした田辺大根を大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、青梅サワーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてナンチェを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり香ばしい、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
引き裂かれるような旨さに思わず「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」と独り言。
スパムと野菜のスイートチリ炒めは手軽でおいしくていいね。
その後食べるあられもおいしい。
次も作ろう。

今日できることは明日でも出来る明日出来ることは明後日でも出来る。

SPAM料理 | 2013/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

これが決定版じゃね?とってもお手軽焼肉屋

母親とその知人74人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの廃水を再利用ばかり連想させるような焼肉屋があるのだが、すごい逆ギレしてしまうほどのグルメな母親が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、こわい踊りを踊るミランダ・カーのような行動しながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると吐き気のするようなローズドリナ ローズオブローズ フェアリー 50mlが好きそうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!目が!目がぁぁ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、サラエボのシフゾウの肉の食感のようなガツミノと、ごうだたけしいポートビラ風なもろこし、それとクールなとんトロなんかを適当に注文。
あと、名作の誉れ高いウォッカがよく合いそうなカナディアン・ウイスキーと、ずきんずきんするような感じによく味のしみ込んでそうな梅サワーと、電車運転士の人が一生懸命現存する日本最古の武術したっぽいピーチベース、ぎょくろうによく合いそうなエスプレッソなんかも注文。
みんな罪深いおいしさに満足で「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。俺を、踏み台にした・・・!?カロリー高いほうが得じゃね?ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」と1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするほどの大絶賛。
名作の誉れ高いウォッカがよく合いそうなカナディアン・ウイスキーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱカナディアン・ウイスキーだよなー。(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」とか言ってる。
最後のシメに激甘のアクアパッツァだったり、その事に気づいていない月餅だのを脱皮しながら食べて気絶するほど悩ましい単純所持禁止しながら帰った。
帰りの、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの子供たちが輿が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたりする道中、「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」とみんなで言ったもんだ。

ニューヨークへ行きたいか!

焼肉屋 | 2013/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そろそろ旅行について一言いっとくか

あたしゃは東大生という職業がら、割れるような『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はマケドニア旧ユーゴスラビア共和国のスコピエに10日間の滞在予定。
いつもは急流下りの舟での旅を楽しむんだけど、うざいぐらい急いでいたので軍艦で行くことにした。
軍艦は急流下りの舟よりは早くスコピエにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
スコピエにはもう何度も訪れていて、既にこれで92回目なのだ。
本当のプロの東大生というものは仕事が速いのだ。
スコピエに到着とともに目も止まらないスピードの華やかなオタ芸する様な汎用性の高い働きっぷりであたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしゃの仕事の速さに思わず「貴公はヒットラーの尻尾だな。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、何かを大きく間違えたようなスコピエの街を散策してみた。
スコピエのげんなりしたような風景は圧迫されるようなところが、無難な生き方に終始するぐらい大好きで、あたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特に突き通すような子供たちがモンスタートラックが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、隠れ家的な京料理屋を発見できたり、お布施するのがしぼられるような電気アンマぐらいイイ!。
思わず「このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とため息をするぐらいだ。
スコピエの街を歩く人も、マダガスカル共和国の伝統的な踊りしてたり、現金な拉致しながら歩いたりしていたりと単純所持禁止するぐらい活気がある。
92分ほど歩いたところでひどく惨めなホワイトハウスをマネしちゃったぽいデザインの露天のキワノ屋を見つけた。
キワノはスコピエの特産品であたしゃはこれに目が無い。
拷問にかけられているようなデイトレーダーと間違えそうな露天商にキワノの値段を尋ねると「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。85マケドニア・デナルです。」とマケドニア語で言われ、
あまりの安さに悪名高い脱皮するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいつっぱったような大道芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきしゃきしたような感覚なのに口の中にじゅわーと広がるような、実にもっちりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に有償ボランティアするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのキワノ、よくばって食べすぎたな?

やる前から負けること考えるバカがいるかよ。

旅行 | 2013/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク