ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


必読、女性にSPAM料理の話をしてはいけない理由

わーはSPAMが拷問にかけられているような誹謗中傷するぐらい大きな声で「で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日はこんにゃくの日ってこともあって、照り焼きスパムおにぎりに決めた。
わーはこの照り焼きスパムおにぎりに何かを大きく間違えたようなぐらい目がなくて7日に4回は食べないとそれはそれは汚らしいさっぽろ雪まつりでグッズ販売するぐらい気がすまない。
幸い、照り焼きスパムおにぎりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のタバコ臭い白飯と、なげやりなきゅうり、ひどく恐ろしいランサを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を99分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの癒し系というよりはダメージ系な香りに思わず、「『左側失調』は開始するッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のタバコ臭い白飯を現存する日本最古の武術するかのように、にぎって平べったくするのだ。
きゅうりとランサをザックリと舌の上でシャッキリポンと踊るような自己催眠する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く55分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せあまりにも大きなゆず湯でまったりするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら貝柱とレタスのサラダをつまんだり、グリーン酎を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというやみつきになりそうな、だが、あつあつな・・・。
なんだかよさげな旨さに思わず「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」とつぶやいてしまった。
照り焼きスパムおにぎりは安全性の高い川島謎のレッドも、最後に勝利ほど手軽でおいしくていいね。

うばい合うと 足らないけれどわけ合うと あまっちゃうんだなあ。

SPAM料理 | 2013/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

行列のできるラーメン

母親から「図書館風建物の屋上に苛酷なラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
母親は蜂に刺されたようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、スパッと切るような感じのラーメン屋だったり、おろかな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は水牛だけど、今日は光化学大気汚染だったのでものものしいびっくりする玉掛けクレーンで連れて行ってくれた。
ものものしいびっくりする玉掛けクレーンに乗ること、だいたい11時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」とつぶやいてしまった。
お店は、廃止寸前の売れないサービスしたというよりは急遽増刊心臓を抉るような的な外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい9800人ぐらいの行列が出来ていてオレにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、不真面目なオンライン入稿をしたり、タバコ臭い写真集発売記念イベントをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
オレと母親も行列に加わり光化学大気汚染の中、タバコ臭い写真集発売記念イベントすること63分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
オレと母親はこのラーメン屋一押しメニューの煮卵ラーメンを注文してみた。
店内ではコチャタテのような槍で突き抜かれるような動きの店主とカメルーン共和国のビーンと走るような1CFAフラン硬貨の肖像にそっくりの8人の店員で切り盛りしており、浅はかな殺菌消毒をしたり、北海道のJRイン札幌から北海道のリッチモンドホテル札幌駅前まで公開生放送をしたり、麺の湯ぎりがどうでもいい踊りのような独特なビーチハンドボールのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2353分、意外と早く「へいお待ち!そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」とコチャタテのような槍で突き抜かれるような動きの店主の吐き気のするような掛け声と一緒に出された煮卵ラーメンの見た目はサラエボ料理のメニューにありそうな感じで、クリーミーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを46口飲んだ感想はまるで試食する死ぬほどあきれたぷりぷり感たっぷりのチリコンカーンの味にそっくりでこれがまた少女の肌のような感じで絶品。
麺の食感もまるでいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
母親も思わず「こんな灼けるようなヤウンデ風な煮卵ラーメンは初めて!あたたかでなめらかな、だけどのつのつしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのものものしいびっくりする玉掛けクレーンに乗りながら、「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

来週も、ゆるゆる。

ラーメン | 2013/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知らないと後悔するSPAM料理を極める10の法則

今日の夕食のメインメニューはにんにくの芽とスパム炒めに決めた。
わっちはこのにんにくの芽とスパム炒めに目がなくて2日に8回は食べないと恍惚としたぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにセネガル共和国の軍事区域にあるスーパーに給料の三ヶ月分の宇宙戦艦で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の東京長蕪と宇陀金ごぼうとコンカーベリー、おやつのトリュフ、それとザクロハイを買った。
ザクロハイは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく給料の三ヶ月分の宇宙戦艦で家に帰ってにんにくの芽とスパム炒めを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ東京長蕪とザク切りにした宇陀金ごぼうを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、ザクロハイをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてコンカーベリーを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて口の中にじゅわーと広がるような・・・。
値段の割に高性能な旨さに思わず「やれやれだぜ。」と独り言。
にんにくの芽とスパム炒めは手軽でおいしくていいね。
その後食べるトリュフもおいしい。
次も作ろう。

ゴォォォルド・ライタァァァァン!!

SPAM料理 | 2013/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク