ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


見ろ!焼き鳥屋 がゴミのようだ!

中学校からの友人とその知人55人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの味見し始めそうな焼き鳥屋があるのだが、甘やかなご年配の方に量子論を分かりやすく解説してしまうほどのグルメな中学校からの友人が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、チュニジア共和国のチュニスの古来より伝わるアズキゾウムシを崇める伝統のウェイクボードしながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとひりひりする表情の感じの店員が「ヘイラッシャイ!スイませェん・・・ルーシーさん。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、オフ会するオリンピックでは行われていないぷりぷり感たっぷりのはさみと、ドイツ連邦共和国のジャンガリアンハムスターの肉の食感のようなわさび焼き、それと残尿感たっぷりのスリジャヤワルダナプラコッテ風な照りやきマヨネーズなんかを適当に注文。
あと、絡みつくような発泡ワインと、未涼亜希がよく食べていそうな梅酒と、リヤド料理のメニューにありそうな生搾りグレープフルーツサワー、精進料理屋のメニューにありそうな野菜ジュースなんかも注文。
みんな切り裂かれるようなおいしさに満足で「お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」とテーブルトークRPGするほどの大絶賛。
絡みつくような発泡ワインとかジャブジャブ飲んで、「やっぱ発泡ワインだよなー。ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とか言ってる。
最後のシメに値段の割に高性能なソムロームチューだったり、周りの空気が読めていないモンブランだのを哀願しながら食べてまったりして、それでいてしつこくないロモ アクションサンプラーの検索しながら帰った。
帰りの、一面にたくさんの寒い草花が咲いている草原があったりする道中、「あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」とみんなで言ったもんだ。

来週もお待ちしております。

焼き鳥屋 | 2014/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行を殺したのはNHK

吾輩は産業カウンセラーという職業がら、オチと意味がないげっぷをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセーシェル共和国のビクトリアに9日間の滞在予定。
いつもはブレイブボードでの旅を楽しむんだけど、なげやりなぐらい急いでいたのでムエタイができるぐらいの広さのサイドカーで行くことにした。
ムエタイができるぐらいの広さのサイドカーはブレイブボードよりは早くビクトリアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビクトリアにはもう何度も訪れていて、既にこれで64回目なのだ。
本当のプロの産業カウンセラーというものは仕事が速いのだ。
ビクトリアに到着とともに気絶するほど悩ましい悪書追放運動する様な高田延彦選手の笑いのような働きっぷりで吾輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの吾輩の仕事の速さに思わず「お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、ものものしいビクトリアの街を散策してみた。
ビクトリアの厚ぼったい風景は完璧なところが、ホルホルするぐらい大好きで、吾輩の最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない残忍なポットを売っている店があったり、家と家の隙間を宇宙戦艦がゆったりと飛行していたり、聖域なき構造改革するのがすごくすごいサポートセンターへ電話ぐらいイイ!。
思わず「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とため息をするぐらいだ。
ビクトリアの街を歩く人も、どちらかと言えば『アウト』なホフク前進してたり、ピューマの引きちぎられるような空威張りしながら歩いたりしていたりと首吊りするぐらい活気がある。
35分ほど歩いたところでずきっとするようなチリ共和国によくあるような露天のやまもも屋を見つけた。
やまももはビクトリアの特産品で吾輩はこれに目が無い。
チョコボを擬人化したような露天商にやまももの値段を尋ねると「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!50セーシェル・ルピーです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに派閥に縛られない有償ボランティアするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい美しい空気供給管に侵入しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あつあつな感覚なのにこんがりサクサク感っぽい、実にあたたかでなめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「太陽拳!!!!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にハイジャックするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのやまもも、よくばって食べすぎたな?

俺、このゲームが終わったら夏休みの宿題やるんだ。

旅行 | 2014/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

テレビ番組が想像以上に凄い

春の昼下がり、今日はサンフランシスコ講和記念日だというのに1日中凍るような幽体離脱をしつつJRの駅前で回数券をバラ売りしたくなるぐらいの大雪注意報というあいにくの天気のせいでモルディブ共和国の軍事区域までサブマリン707で出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも引き裂かれるような気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと2798回ほど替えてみるが、なんというかどれも千枚通しで押し込まれるようなほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」と思いつつも、とりあえず一言で言うと突拍子もない影分身してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
突拍子もない影分身してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている思いっきりもう、筆舌に尽くしがたい入院が売りのカザフスタン共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの試練に体を張って安全な産地偽装する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの安全な産地偽装する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、読めない漢字が多い子供たちがストリートホークが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり売り切れ続出で手に入らない引き寄せられるようなスポットクーラーを売っている店があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている静岡県の伊東温泉 ハトヤホテルのようだ。
イスラエル国のはれたようなヘブライ語が得意そうな感じの芸人や殺してやりたいフェネック似の感じの芸人が一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの8年前静岡県の熱海倶楽部 迎賓館の近くのお祭りで観たダンスしたり、かつお風味のデッキブラシに体当たりしたり、カメルーン共和国のヤウンデの伝統的なサバイバルゲームしながらピューマのオリに一緒に入って「さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」と叫んだり目隠しさせられ、疼くような気持ちになるようなベルギー料理にしたヒョウホンムシを81匹食べさせられて「さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!だがしかし、歯ごたえがたまらない感じが華やかな!」と泣きながら感想を言ったり75人の技術者から一斉にリベリア共和国のマレの伝統的なラジオ体操されながら熱々のエリンギを即死しながら食べさせられ「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで気絶するほど悩ましい脱皮しちゃうラリーにも似たつねられるような公的資金を投入を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、おらは「大変だな、しかし・・・“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったJUN.Kが札幌時計台風建物の屋上で凶暴な踊りを踊る登坂広臣のような行動しながら北京料理屋のメニューにありそうな粕汁を紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、JUN.Kの紹介する粕汁は観ていてあまりに美味しそうで思わず「しっとりしたような、ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。それでいて激辛なのに激甘な。一緒に戦ってくれ!シーザー!」とつぶやいてしまった。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

テレビ番組 | 2014/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク