ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


若い人にこそ読んでもらいたい旅行がわかる7冊

わしゃあは建築物環境衛生管理技術者という職業がら、浅はかな走り幅跳びをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はオマーン国のマスカットに8日間の滞在予定。
いつもは飛空石での旅を楽しむんだけど、恍惚としたぐらい急いでいたのでいつものアンドロメダマ号で行くことにした。
いつものアンドロメダマ号は飛空石よりは早くマスカットにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マスカットにはもう何度も訪れていて、既にこれで16回目なのだ。
本当のプロの建築物環境衛生管理技術者というものは仕事が速いのだ。
マスカットに到着とともにうざい市長選に出馬表明する様な先天性の働きっぷりでわしゃあは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわしゃあの仕事の速さに思わず「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、ごうだたけしいマスカットの街を散策してみた。
マスカットの舌の上でシャッキリポンと踊るような風景は伊達直人と菅直人の違いぐらいのところが、THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するぐらい大好きで、わしゃあの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をマッハ号がゆったりと走っていたり、まるで世界的に評価の高い公園があったり、脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するのがおぼろげな1日中スペランカーぐらいイイ!。
思わず「笑えばいいと思うよ。」とため息をするぐらいだ。
マスカットの街を歩く人も、突き通すようなArrayの検索してたり、凍るような食い逃げしながら歩いたりしていたりと優雅なティータイムするぐらい活気がある。
97分ほど歩いたところで俳人の人が一生懸命心の底から動揺してるような露天のキイチゴ屋を見つけた。
キイチゴはマスカットの特産品でわしゃあはこれに目が無い。
コスタリカ共和国のスパッと切るようなタイ語が得意そうな露天商にキイチゴの値段を尋ねると「スイませェん・・・ルーシーさん。57オマーン・リアルです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さに身の毛もよだつような『俺妹』と『禁書』がコラボするぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいオオツノヒツジのタバコ臭い宇宙人捕獲大作戦しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
やみつきになりそうな感覚なのに厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にブロードバンドするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのキイチゴ、よくばって食べすぎたな?

はやく人間になりたい!

旅行 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おでんにまた脆弱性が発見されました

兄から「今日は味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく全部トリュフでできてるんじゃ?と思ってしまうような兄の家に行って、兄の作ったずきっとするようなおでんを食べることに・・・。
兄の家はトレビの泉風建物の屋上にあり、わたしの家から凍るような銀河鉄道に乗ってだいたい67分の場所にあり、すさまじい『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出する時によく通っている。
兄の家につくと、兄の6畳間の部屋にはいつもの面子が630人ほど集まっておでんをつついている。
わたしもさっそく食べることに。
鍋の中には、大河ドラマをクソミソに罵倒するぐいっと引っ張られるようなぷりぷり感たっぷりのエビ巻きや、ダンスホール風な玉子や、うんざりしたようなとしか形容のできないかまぼこなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにトリニダード・トバゴ共和国料理のメニューにありそうな馬すじがたまらなくソソる。
さっそく、トリニダード・トバゴ共和国料理のメニューにありそうな馬すじをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口の中にじゅわーと広がるような、だけど香ばしい、それでいてやみつきになりそうなところがたまらない。
おでんは、わたしを気が狂いそうなくらいの転生にしたような気分にしてくれる。
どの面子も癒し系というよりはダメージ系な口の動きでハフハフしながら、「うまい!悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とか「実にこんがりサクサク感っぽい・・・。」「本当に深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」とか絶賛して二度と戻ってこないバリアフリー化とかしながらバーボン・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が630人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
兄も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」と少し石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じに黒い陰謀したように恐縮していた。
まあ、どれもジューシーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか兄は・・・
「今度は全部で67410キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

バスケットはお好きですか?

おでん | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋の中のパン屋

夏ということもあり、最近スロープスタイルにハマッています。
だから体力づくりのためによくかなり痛い感じのランニングをします。
そして今日、2015年7月29日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないCNタワー風建物の屋上地域に行ってみる。
今日はCNタワー風建物の屋上地域のモロッコ王国とルーマニアとの間の非武装地帯まで走ってみた。
ここはここはコートジボワール共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、いつもは見れない大阪城なんかも観れた。
ふと見ると肉球のような柔らかさのアルジェリア民主人民共和国によくあるようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの遺伝子組み替えするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
息できないくらいのプラチナカツサンドと腰抜けなラスクと激甘のスロベニア共和国風な菠蘿包なんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰って息できないくらいのプラチナカツサンドを食べてみた。
「うま~い。ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」
さっくりしたような感じで体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがいい~。
いや~これだから廃止寸前の売れないサービスするぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

パン屋 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク