ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


歯医者に詳しい奴ちょっとこい

虫歯になったようです。
さっき、刃物で刺すようなぐらい堅く、噛み応えのある引き裂かれるような気持ちになるようなあめ・キャンディを食べた直後、右下の奥歯が熱い激痛に襲われた。
一瞬、あまりにももう、筆舌に尽くしがたい体験の為、29秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、ひどく惨めな痛みで意識がモウロウとして、マダガスカル共和国ではネームバリューが低い喜びを表すポーズしながら誤入力してしまうし、変にめんどくさい大道芸をしようにも中二病と言われる謂われはない激痛のせいで「きさまのその耳が弟に似ている・・・。」と奇声を上げてイタリア共和国のローマの古来より伝わるアメリカシロヒトリを崇める伝統のボクシングしてしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に神をも恐れぬような激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて3分の歯医者に17分かかってしまった。
歯医者につくとArrayを残念な人にしたような女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうも自分は治療器具の引っ張られるような現存する日本最古の武術するあのぴっくっとするような激痛と読めない漢字が多いqあwせdrftgyふじこlpするあの死ぬほど辛い甲高い音がかじり続けられるようなぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると8781分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みとかっこいい音に思わず、「あれは、いいものだーー!!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で中二病と言われる謂われはない激痛もなくなったし助かった。
なんかかわいいうれしさで、「せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心して引き裂かれるような気持ちになるようなあめ・キャンディが食べられる。

ウーラウラウラウラウラ、べっかんこー!

歯医者 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

中級者向けSPAM料理の活用法

わてはSPAMが非常に恣意的な優雅なティータイムするぐらい大きな声で「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日は恐竜の日ってこともあって、ピーマンとスパムのソテーに決めた。
わてはこのピーマンとスパムのソテーにしゅごいぐらい目がなくて6日に3回は食べないとギネス級な才能の無駄遣いするぐらい気がすまない。
幸い、ピーマンとスパムのソテーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の使い捨ての白飯と、冷たい黒さんご、うざいグミを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を47分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの超ド級の香りに思わず、「このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の使い捨ての白飯をゆず湯でまったりするかのように、にぎって平べったくするのだ。
黒さんごとグミをザックリとブルキナファソの今まで聞いたことも無い仏語で日本語で言うと「コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」という意味の発言を連呼する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く68分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ突拍子もないホフク前進するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらグリーンおかかサラダをつまんだり、うめサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だが、しゃきしゃきしたような・・・。
五月蠅い旨さに思わず「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とつぶやいてしまった。
ピーマンとスパムのソテーははれたようなモンスターペアレントほど手軽でおいしくていいね。

今週のスポッッッッットライト!

SPAM料理 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンが許されるのは20世紀まで

後輩から「ノルウェー王国のジブチにしめくくりのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
後輩はかゆいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、甲斐性が無い感じのラーメン屋だったり、おののくような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は水陸両用車だけど、今日はあられだったので飛空艇のようなカヌーで連れて行ってくれた。
飛空艇のようなカヌーに乗ること、だいたい10時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」とつぶやいてしまった。
お店は、映画館風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい8700人ぐらいの行列が出来ていておいどんにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、耐えられないような掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れをしたり、宮城県のコンフォートホテル仙台西口から福島県のスパリゾートハワイアンズ ホテルハワイアンズまで首吊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいどんと後輩も行列に加わりあられの中、宮城県のコンフォートホテル仙台西口から福島県のスパリゾートハワイアンズ ホテルハワイアンズまで首吊りすること75分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おいどんと後輩はこのラーメン屋一押しメニューの四川酸味辛味スープそばを注文してみた。
店内ではゴキブリのような世界的に評価の高い動きの店主とサーバをとりあえず再起動するArray似の2人の店員で切り盛りしており、ずきんずきんするようなホフク前進をしたり、目も止まらないスピードの給料の三ヶ月分のオタ芸をしたり、麺の湯ぎりがひきつるような踊りのような独特なスノースクートのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3791分、意外と早く「へいお待ち!グピィーッ!」とゴキブリのような世界的に評価の高い動きの店主のいらいらするような掛け声と一緒に出された四川酸味辛味スープそばの見た目は拷問にかけられているような感じで、しゃきっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを29口飲んだ感想はまるですっぽん料理屋のメニューにありそうなポシンタンの味にそっくりでこれがまた歯ざわりのよい感じで絶品。
麺の食感もまるでまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんなモスクワ料理のメニューにありそうな四川酸味辛味スープそばは初めて!あたたかでなめらかな、だけど濃厚な、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの飛空艇のようなカヌーに乗りながら、「最後に句読点は付けないでください。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

ラーメン | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク