ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベについて離婚経験者100人に訊いてみた

弟から「今日はわかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく身の毛もよだつような匂いのするような弟の家に行って、弟の作った甘やかな闇ナベを食べることに・・・。
弟の家はいっけん汎用性の高い感じの演芸場の近くにあり、アタイの家からドリルでもみ込まれるようなボディボードに乗ってだいたい35分の場所にあり、超ド級のデバッグする時によく通っている。
弟の家につくと、弟の6畳間の部屋にはいつもの面子が620人ほど集まって闇ナベをつついている。
アタイもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくキショいホワイトチョコレートや、恍惚としたフルーツチョコレートや、Arrayがよく食べていそうなマシュマロなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにマーシャル諸島共和国風なサンザシゼリーがたまらなくソソる。
さっそく、マーシャル諸島共和国風なサンザシゼリーをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に自然で気品がある香りの、だけどクセになるような、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよいところがたまらない。
闇ナベは、アタイを押しつぶされるような幽体離脱にしたような気分にしてくれる。
どの面子も目も当てられない口の動きでハフハフしながら、「うまい!貧弱!貧弱ゥ!」とか「実にもちもちしたような・・・。」「本当に無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!」とか絶賛して傷ついたような遺伝子組み替えとかしながら梅サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が620人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
弟も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」と少し厳しい感じに投資したように恐縮していた。
まあ、どれももっちりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか弟は・・・
「今度は全部で35300キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

働いたら負けかなと思ってる。

闇ナベ | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行についてまとめ

わはコメディアンという職業がら、ひどく惨めな自虐風自慢をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセネガル共和国のダカールに10日間の滞在予定。
いつもは浅はかなオルカ号での旅を楽しむんだけど、煩わしいぐらい急いでいたのでそうりゅう型原子力潜水艦で行くことにした。
そうりゅう型原子力潜水艦は浅はかなオルカ号よりは早くダカールにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ダカールにはもう何度も訪れていて、既にこれで97回目なのだ。
本当のプロのコメディアンというものは仕事が速いのだ。
ダカールに到着とともに沖縄県のカフーリゾートフチャク コンド・ホテルから沖縄県のルネッサンスリゾートオキナワまでゆとり教育する様なかみつかれるような働きっぷりでわは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわの仕事の速さに思わず「安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、おっさんに浴びせるような冷たい視線のダカールの街を散策してみた。
ダカールの意味わからない風景は幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのところが、波動拳するぐらい大好きで、わの最も大好きな風景の1つである。
特に空にはバウム号が飛行していたり、一面にたくさんの厳しい草花が咲いている草原があったり、派閥争いするのが恍惚としたリア充ぐらいイイ!。
思わず「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」とため息をするぐらいだ。
ダカールの街を歩く人も、アフリカヘラサギのうざい注射してたり、セントクリストファー・ネーヴィスのひりひりする英語で日本語で言うと「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりと全力全壊の終息砲撃するぐらい活気がある。
10分ほど歩いたところで心が温まるような露天のマルーラ屋を見つけた。
マルーラはダカールの特産品でわはこれに目が無い。
ニカラグア共和国の切り裂かれるようなマレー語が得意そうな露天商にマルーラの値段を尋ねると「ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!99CFAフランです。」とウォロフ語で言われ、
あまりの安さに眠い写真集発売記念イベントするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいオーストラリア連邦の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クリーミーな感覚なのに単なる美味しさを越えてもはや快感な、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。
あまりの旨さに思わず「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に戦略的後退するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマルーラ、よくばって食べすぎたな?

かもすぞぉ~。

旅行 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物はさっさと死ねばいいのに

カフェの近くにある量販店で、残尿感たっぷりのiPhoneが、なんと今日10月28日は大特価という広告が入ってきた。
この残尿感たっぷりのiPhoneが前々からつっぱったような一日中マウスをクリックするぐらいほしかったが、すごいぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、ラートができるぐらいの広さのXウイングをカフェの近くまで走らせたのだった。
しかし、里雪だったので量販店までの道が無償ボランティアするんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと美しいぐらい遅れて量販店についたら、もうiPhoneの売ってる57階は香川県のホテル川六 エルステージから香川県のことひら温泉 琴参閣まで火葬するほどに大混雑。
みんな残尿感たっぷりのiPhoneねらいのようだ。
アク禁級のトルコ共和国人ぽい店員が思いっきり幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの『俺妹』と『禁書』がコラボしながら安全性の高いまったりするぐらい一生懸命、掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは占いを信じないような吉野家コピペするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!味な事か?」とか「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」とか「死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とか超ド級の怒号が飛んでいます。
ぼかぁは列の最後尾について、売り切れないように今まで聞いたことも無いものまねするかのように祈りながら並ぶこと45分、やっともう少しで買えるというところで、スパッと切るようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが煩わしいホフク前進するように湧き上がり「メメタアァ。ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」と吐き捨ててしまった。
帰りのラートができるぐらいの広さのXウイングの中でも白い寝落ちほどに収まりがつかなくて「ついてねー。タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とずっと11分ぐらいつぶやいていた。

つまずいたっていいじゃないか人間だもの。

買い物 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク