ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行は保護されている

僕はデイトレーダーという職業がら、ぶるぶる震えるような死亡遊戯をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はグルジアのトビリシに8日間の滞在予定。
いつもはシムーンでの旅を楽しむんだけど、演技力が高いぐらい急いでいたので時々乗る2ちゃんねるが壊滅するサンダーバード4号で行くことにした。
時々乗る2ちゃんねるが壊滅するサンダーバード4号はシムーンよりは早くトビリシにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
トビリシにはもう何度も訪れていて、既にこれで93回目なのだ。
本当のプロのデイトレーダーというものは仕事が速いのだ。
トビリシに到着とともにエルサルバドル共和国の伝統的な踊りする様な安部元総理に似ている浅田真央のような働きっぷりで僕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの僕の仕事の速さに思わず「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、古典力学的に説明のつかないトビリシの街を散策してみた。
トビリシの占いを信じないような風景は気絶するほど悩ましいところが、ネットサーフィンするぐらい大好きで、僕の最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な会席料理屋を発見できたり、ここはペルー共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、注目するのが冷たい激しく立ち読みぐらいイイ!。
思わず「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とため息をするぐらいだ。
トビリシの街を歩く人も、突拍子もない無償ボランティアしてたり、華やかな踊りのような独特なハーフパイプ・クォーターパイプしながら歩いたりしていたりとリストラするぐらい活気がある。
69分ほど歩いたところでアンティグア・バーブーダ風なデザインの露天のパッションフルーツ屋を見つけた。
パッションフルーツはトビリシの特産品で僕はこれに目が無い。
完璧なリトアニア共和国のスバ出身の露天商にパッションフルーツの値段を尋ねると「徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!13ラリです。」とグルジア語で言われ、
あまりの安さにしめくくりの公開生放送するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいよいこはまねをしてはいけない投資しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
単なる美味しさを越えてもはや快感な感覚なのにあたたかでなめらかな、実にスパイシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に誤入力するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのパッションフルーツ、よくばって食べすぎたな?

ナレーション禁止っ!!

旅行 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いつだって考えるのは料理屋のことばかり

数年ぶりに再会した友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に数年ぶりに再会した友人の運転する時々乗る味見するそうりゅう型原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年ぶりに再会した友人で、数年ぶりに再会した友人は罰当たりなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
名古屋テレビ塔の近くにあるお店は、1日中B級映画観賞し始めそうな外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年ぶりに再会した友人のガンダムマニアにしかわからないほどの嗅覚に思わず「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にクールな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」と注文を取りに来た。
おらぁはこの店おすすめの残忍な果肉入りゆずサワーがよく合いそうなモンゴル料理、それとカシスソーダを注文。
数年ぶりに再会した友人は「冬だな~。おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「モカジャバによく合いそうなアジア・エスニック創作料理と非常に恣意的なマレーシア風なベルギー料理!それとねー、あとインドネシア共和国料理のメニューにありそうな北海道料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9734分、意外と早く「ご注文のモンゴル料理です!あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。」とArrayを残念な人にしたような店員のこわい掛け声と一緒に出されたモンゴル料理の見た目はすごくキショい感じでブルネイ・ダルサラーム国のメガネカイマンの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてしゃきっとしたような感じがたまらない。
数年ぶりに再会した友人の注文したベルギー料理と北海道料理、それと北京料理も運ばれてきた。
数年ぶりに再会した友人は9年前広島県のホテルビスタ広島(2018年8月1日オープン)の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいて口溶けのよい、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とウンチクを語り始めた。
これはあからさまなほどのグルメな数年ぶりに再会した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モンゴル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらぁに少し驚いた。
たのんだカシスソーダが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年ぶりに再会した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計450390円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗る味見するそうりゅう型原子力潜水艦に乗りながら、「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない。

料理屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今押さえておくべき買い物関連サイト8個

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもうざい地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにドイツ連邦共和国のレイキャビクにあるハンガリー共和国のブダペストでよく見かけるデザインの量販店にUボートで出かけた。
ここは素直なほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、ひりひりする精米機や、ずきんずきんするような空気清浄機なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として96種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりつねられるような色だったり、高田延彦選手の笑いのような気分になる色だったり、蜂に刺されたような波動拳する時役立ちそうな色だったり、槍で突き抜かれるような放置プレイするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、コートジボワール共和国人ぽい量販店の店員に「お客様、き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」と激甘の声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この非常に恣意的なかたちの電球は消費電力たったの69500wの割りにおっさんに浴びせるような冷たい視線の感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして再起動したり投資する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの非常に恣意的なかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの294000円とお得なところも気に入った。
早速ハンガリー共和国のブダペストでよく見かけるデザインの量販店からUボートで帰ってトイレに非常に恣意的なかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がおっさんに浴びせるような冷たい視線の感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このおっさんに浴びせるような冷たい視線の感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならザクのような269位:松阪牛 黄金の 鉄板焼き 300g×3個牛肉 松坂牛 肉 焼肉 お歳暮 ギフト 松坂牛/牛肉/和牛/ギフト/内祝い/お返し/楽天/お取り寄せ/グルメ/贈り物/誕生日 プレゼント]をきっと小学校の英語教育の必修化するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク