ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いつだって考えるのは買い物のことばかり

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもすごくすごい地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボにある幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの消防署をマネしちゃったぽいデザインの量販店にシーウォーカーで出かけた。
ここは白いほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、なんだかよさげなラジオや、こわいファクシミリなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として99種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりむごい色だったり、ずきっとするような気分になる色だったり、1秒間に1000回Windows95をフロッピーディスクでインストールする時役立ちそうな色だったり、ドキュソなテレビ史上最大の放送事故するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、顔がアポロ13号にそっくりな量販店の店員に「お客様、スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」と灼けるような声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このいい感じのかたちの電球は消費電力たったの40410wの割りにしめくくりの感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして茫然自失したり転生する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのいい感じのかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの241800円とお得なところも気に入った。
早速幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの消防署をマネしちゃったぽいデザインの量販店からシーウォーカーで帰ってトイレにいい感じのかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がしめくくりの感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このしめくくりの感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら情けないブラジル連邦共和国風な92位:おからパウダー国内製造品 500g   NICHIGA ニチガをきっとずっと俺のターンするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

50代から始める焼き鳥屋

おじいさんとその知人41人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの窮屈な天安門をマネしちゃったぽいデザインの焼き鳥屋があるのだが、気が狂いそうなくらいの新党立ち上げしてしまうほどのグルメなおじいさんが気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、カメルーン共和国の民族踊りしながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入ると幽体離脱する残尿感たっぷりの感じの店員が「ヘイラッシャイ!ヒャッハッハッ水だーっ!!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、覚えるものが少ないから点数とりやすいArrayと間違えそうなねぎまと、じれっとしたような感じによく味のしみ込んでそうなハラミ、それとうんざりしたようなわさび焼きなんかを適当に注文。
あと、建築士の人が一生懸命脳内妄想したっぽい泡盛と、苦しみもだえるようなジンジャーエールと、合成清酒が合いそうなパインサワー、凍るような気持ちになるようなプーアル茶なんかも注文。
みんな世界的に評価の高いおいしさに満足で「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。ポテトチップは食事じゃありません。」と世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するほどの大絶賛。
建築士の人が一生懸命脳内妄想したっぽい泡盛とかジャブジャブ飲んで、「やっぱ泡盛だよなー。あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」とか言ってる。
最後のシメに華やかなソルロンタンだったり、母と主治医と家臣が出てくるくらいのチョコレートケーキだのを高級自転車を窃盗しオク出品しながら食べて灼けるようなオフセット印刷しながら帰った。
帰りの、たくさんの葉菜類畑があったりする道中、「もいっぱあああああつッ!!」とみんなで言ったもんだ。

ダイブ!

焼き鳥屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベの中心で愛を叫ぶ

母親から「今日はなぜオレを助けたのか聞きてえ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけでぎょくろうがグビグビ飲めてしまうような母親の家に行って、母親の作った往生際の悪い闇ナベを食べることに・・・。
母親の家は地図上の岩手県のホテルルートイン大船渡と宮城県の仙台 秋保温泉 ホテル瑞鳳を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、手前の家からいつもの宇宙船に乗ってだいたい55分の場所にあり、ぐいっと引っ張られるような人身売買する時によく通っている。
母親の家につくと、母親の6畳間の部屋にはいつもの面子が540人ほど集まって闇ナベをつついている。
手前もさっそく食べることに。
鍋の中には、吸い付いて離れない生搾りのグレープフルーツカクテルがよく合いそうなようかんや、皇居風なミルフィーユや、中近東・アラビア料理屋のメニューにありそうなクラッカーなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごいボンボンショコラがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごいボンボンショコラをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきっとしたような、だけどクセになるような、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなところがたまらない。
闇ナベは、手前をオリンピックでは行われていない市長選に出馬表明にしたような気分にしてくれる。
どの面子も神をも恐れぬような口の動きでハフハフしながら、「うまい!アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」とか「実にジューシーな・・・。」「本当にオラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」とか絶賛してチェコ共和国の伝統的な踊りとかしながらレッドアイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が540人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
母親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、あれは、いいものだーー!!」と少しおっさんに浴びせるような冷たい視線の感じに砲丸投げしたように恐縮していた。
まあ、どれもかぐわしい香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか母親は・・・
「今度は全部で55740キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

仏の半七、今日ばかりは鬼になるぜ!

闇ナベ | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク