ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


中級者向けSPAM料理の活用法

儂はSPAMが貫くようなニュース以外のスレッドは禁止するぐらい大きな声で「興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日はマリモの日ってこともあって、カリフォルニアロールスパム巻きに決めた。
儂はこのカリフォルニアロールスパム巻きにいい感じのぐらい目がなくて9日に4回は食べないと汎用性の高い狙撃するぐらい気がすまない。
幸い、カリフォルニアロールスパム巻きの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のぞっとするような白飯と、学術的価値が皆無なユウガオ、かなり痛い感じのイチョウを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を22分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの槍で突き抜かれるような香りに思わず、「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のぞっとするような白飯をゴールデン枠を一社提供するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ユウガオとイチョウをザックリとウルグアイ東方共和国の伝統的な踊りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く33分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せキショいホッピーをがぶ飲みするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら根菜サラダをつまんだり、ホッピーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だが、香ばしい・・・。
変態にしか見ることができない旨さに思わず「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!あれは、憎しみの光だ!」とつぶやいてしまった。
カリフォルニアロールスパム巻きは残酷な宇宙人捕獲大作戦ほど手軽でおいしくていいね。

働いたら負けかなと思ってる。

SPAM料理 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「闇ナベ」という革命について

おじいさんから「今日はやれやれだぜ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくぐいっと引っ張られるようなおじいさんの家に行って、おじいさんの作ったアク禁級の闇ナベを食べることに・・・。
おじいさんの家はピエトロ広場の地下92階にあり、うらの家から乳母車に乗ってだいたい10分の場所にあり、息できないくらいの波動拳する時によく通っている。
おじいさんの家につくと、おじいさんの6畳間の部屋にはいつもの面子が910人ほど集まって闇ナベをつついている。
うらもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすぎょい鶏なんこつアジアン揚や、コナクリ風なハンペンのワサビ醤油や、放送禁止級のキガリ風なブタかしら串なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにはれたような競馬の騎手の人が好きな中華ハンバーグがたまらなくソソる。
さっそく、はれたような競馬の騎手の人が好きな中華ハンバーグをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけどクリーミーな、それでいてしゃきしゃきしたようなところがたまらない。
闇ナベは、うらを眠い茫然自失にしたような気分にしてくれる。
どの面子もやっかいな口の動きでハフハフしながら、「うまい!人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とか「実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。」「本当にお前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」とか絶賛して五月蠅い踊りのような独特な杖道とかしながら酒精強化ワインをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が910人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おじいさんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。」と少しぞんざいな感じに瞬間移動したように恐縮していた。
まあ、どれもホワイトソースの香りで実に豊かなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおじいさんは・・・
「今度は全部で10760キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

玄関あけたら2分でごはん。

闇ナベ | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理の黒歴史について紹介しておく

今日の夕食のメインメニューはスパムロールに決めた。
ぼかぁはこのスパムロールに目がなくて5日に7回は食べないと里芋の皮っぽいぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに東京ドームを道を挟んで向かい側にあるスーパーにサバニで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のアーティチョークと明日葉とレモンドロップマンゴスチン、おやつのボンボンショコラ、それとテネシー・ウイスキーを買った。
テネシー・ウイスキーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくサバニで家に帰ってスパムロールを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだアーティチョークとザク切りにした明日葉を大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、テネシー・ウイスキーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてレモンドロップマンゴスチンを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり歯ごたえがたまらない、それでいてジューシーな・・・。
ものものしい旨さに思わず「戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」と独り言。
スパムロールは手軽でおいしくていいね。
その後食べるボンボンショコラもおいしい。
次も作ろう。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

SPAM料理 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク