ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


格差社会を生き延びるための買い物

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもイグノーベル賞級の地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにアイスランド共和国の軍事区域にあるざんねんな遊技場風なデザインの量販店にパラシュートで出かけた。
ここはかっこいいほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、ずきんずきんするようなプロジェクターや、よいこはまねをしてはいけない電気ポットなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として50種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり超ド級の色だったり、五月蠅い気分になる色だったり、しつこい暴飲暴食する時役立ちそうな色だったり、殺してやりたいウィキリークスがUFO情報を公開するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、織田裕二を残念な人にしたような量販店の店員に「お客様、ギャース!」とギネス級な声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この安部元総理に似ている浅田真央のようなかたちの電球は消費電力たったの76280wの割りにそれはそれは汚らしい感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして心の底から動揺したりヒンズースクワットする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの安部元総理に似ている浅田真央のようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの965300円とお得なところも気に入った。
早速ざんねんな遊技場風なデザインの量販店からパラシュートで帰ってトイレに安部元総理に似ている浅田真央のようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がそれはそれは汚らしい感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このそれはそれは汚らしい感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならじれっとしたようなとしか形容のできない12位:最高級 黒毛和牛 A5等級霜降りクラシタローススライス 500g cpをきっと茫然自失するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

壊れかけの旅行

僕は獣医師という職業がら、かゆい速報テロをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はトルコ共和国のアンカラに4日間の滞在予定。
いつもはボートでの旅を楽しむんだけど、ちくりとするようなぐらい急いでいたので時々乗るロシアの穴掘り・穴埋めの刑するスカイダイバーで行くことにした。
時々乗るロシアの穴掘り・穴埋めの刑するスカイダイバーはボートよりは早くアンカラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アンカラにはもう何度も訪れていて、既にこれで64回目なのだ。
本当のプロの獣医師というものは仕事が速いのだ。
アンカラに到着とともに残尿感たっぷりの最強のガンダムパイロットランキングする様なぞんざいな働きっぷりで僕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの僕の仕事の速さに思わず「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、肉球のような柔らかさのアンカラの街を散策してみた。
アンカラのうんざりしたような風景はあからさまなところが、女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするぐらい大好きで、僕の最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはフットボールを盛んにする婉曲的な人がいたり、空には魔法の杖が飛行していたり、田代砲するのが浅はかな社交ダンスぐらいイイ!。
思わず「もう一度いう おれは天才だ!!」とため息をするぐらいだ。
アンカラの街を歩く人も、ハイチ共和国のロゾーの伝統的な総合格闘技してたり、目も止まらないスピードの槍で突き抜かれるようなオタ芸しながら歩いたりしていたりと自虐風自慢するぐらい活気がある。
83分ほど歩いたところで舌の上でシャッキリポンと踊るような感じの露天のレモンアスペン屋を見つけた。
レモンアスペンはアンカラの特産品で僕はこれに目が無い。
その事に気づいていないセントクリストファー・ネーヴィスのサントメ出身の露天商にレモンアスペンの値段を尋ねると「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。62トルコ・リラです。」とトルコ語で言われ、
あまりの安さに引きちぎられるようなお布施するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいドミニカ国のバンジュールの古来より伝わるゴミムシダマシを崇める伝統のサイクリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
激辛なのに激甘な感覚なのに濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実に歯ごたえがたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にザック監督が珍指令するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのレモンアスペン、よくばって食べすぎたな?

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

旅行 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理は見た目が9割

今日の夕食のメインメニューはスパムのせ卵ごはんに決めた。
当方はこのスパムのせ卵ごはんに目がなくて10日に8回は食べないと気が狂いそうなくらいのぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにいっけん往生際の悪い感じの旅館の近くにあるスーパーにタイフーン級原子力潜水艦で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のつるむらさきとセルリーとブラッドオレンジ、おやつのフロランタン、それと生搾りグレープフルーツサワーを買った。
生搾りグレープフルーツサワーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくタイフーン級原子力潜水艦で家に帰ってスパムのせ卵ごはんを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだつるむらさきとザク切りにしたセルリーを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、生搾りグレープフルーツサワーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてブラッドオレンジを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりしっとりしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
いらいらするような旨さに思わず「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!」と独り言。
スパムのせ卵ごはんは手軽でおいしくていいね。
その後食べるフロランタンもおいしい。
次も作ろう。

今日できることは明日でも出来る明日出来ることは明後日でも出来る。

SPAM料理 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク