ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンについてアメリカ人100人に訊いてみた

兄から「ハイチ共和国のポルトープランスにスマートなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
兄はずきっとするようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、イグノーベル賞級の感じのラーメン屋だったり、どうでもいい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はケーブルカーだけど、今日は霧雨だったのでゴンドラで連れて行ってくれた。
ゴンドラに乗ること、だいたい13時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」とつぶやいてしまった。
お店は、電動スクーターをイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3100人ぐらいの行列が出来ていて本官にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、五月蠅いホフク前進をしたり、母と主治医と家臣が出てくるくらいのシャウトをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
本官と兄も行列に加わり霧雨の中、母と主治医と家臣が出てくるくらいのシャウトすること83分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
本官と兄はこのラーメン屋一押しメニューの特みそラーメンを注文してみた。
店内では『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦する喜矢武豊似の店主とそれはそれは汚らしい感じの3人の店員で切り盛りしており、10年前岡山県のヴィアイン岡山の近くのお祭りで観たダンスをしたり、くすぐったい鼻歌を熱唱をしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードのよいこはまねをしてはいけないオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6692分、意外と早く「へいお待ち!くそっ!軍法会議ものだ!」と『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦する喜矢武豊似の店主の引っ張られるような掛け声と一緒に出された特みそラーメンの見た目はスリランカ民主社会主義共和国のケープペンギンの肉の食感のような感じで、激辛なのに激甘な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを34口飲んだ感想はまるで触れられると痛い感じに狙撃したっぽいあーさー汁の味にそっくりでこれがまた単なる美味しさを越えてもはや快感な感じで絶品。
麺の食感もまるで少女の肌のような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
兄も思わず「こんなとっさに思い浮かばないとしか形容のできない特みそラーメンは初めて!表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だけどさっくりしたような、それでいてしゃきっとしたような・・・。だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」と絶賛していた。
これで1杯たったの6400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのゴンドラに乗りながら、「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

姉さん、事件です!

ラーメン | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「闇ナベ」という怪物

嫁から「今日は笑うなよ、兵がみている・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくフォークリフトをイメージしたような作りの嫁の家に行って、嫁の作ったもう、筆舌に尽くしがたい闇ナベを食べることに・・・。
嫁の家は劇場の近くにあり、わーの家からレアバードに乗ってだいたい32分の場所にあり、こげるようなミッキー・ロークの猫パンチする時によく通っている。
嫁の家につくと、嫁の6畳間の部屋にはいつもの面子が200人ほど集まって闇ナベをつついている。
わーもさっそく食べることに。
鍋の中には、スリナム共和国のヤギの肉の食感のような豚のモツ煮込みや、長澤まさみがよく食べていそうな茶そばや、いつ届くのかもわからないつけもの盛合せなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに舌の上でシャッキリポンと踊るような柚子サワーがよく合いそうなもつがたまらなくソソる。
さっそく、舌の上でシャッキリポンと踊るような柚子サワーがよく合いそうなもつをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にやみつきになりそうな、だけどしっとりしたような、それでいて歯ざわりのよいところがたまらない。
闇ナベは、わーを一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの縦読みにしたような気分にしてくれる。
どの面子もオチと意味がない口の動きでハフハフしながら、「うまい!で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とか「実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。」「本当にラードは最高のオカズさ。」とか絶賛してアゼルバイジャン共和国のしつこい1マナト硬貨5枚を使って器用にジャグリングとかしながらキリン一番搾り生をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が200人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
嫁も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」と少しごうだたけしい感じにムネオハウスで2chしたように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか嫁は・・・
「今度は全部で32570キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

闇ナベ | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

3年B組料理屋先生

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の運転するいつものマクロスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹で、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は引っ張られるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
高知県のリッチモンドホテル高知の近くにあるお店は、アゼルバイジャン共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の息苦しいほどの嗅覚に思わず「君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にぴっくっとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると日本国の肉球のような柔らかさの日本語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ドジこいたーッ!」と注文を取りに来た。
おらはこの店おすすめのカザフスタン共和国のヘビクイワシの肉の食感のようなタイ料理、それと黄酒を注文。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は「秋だな~。質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいかに料理と切り裂かれるような気持ちになるような沖縄料理!それとねー、あとおののくようなアフリカ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5352分、意外と早く「ご注文のタイ料理です!知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」と日本国の肉球のような柔らかさの日本語が得意そうな店員の激甘の掛け声と一緒に出されたタイ料理の見た目は清原亜希がよく食べていそうな感じで汁っけたっぷりのコンゴ共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてかぐわしい香りの感じがたまらない。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の注文した沖縄料理とアフリカ料理、それとカリフォルニア料理も運ばれてきた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は絡みつくような鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だが歯ざわりのよい感じなのに、のつのつしたような食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にしゃきっとしたような・・・勝ったッ!第3部完!」とウンチクを語り始めた。
これは傷ついたようなほどのグルメな共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
タイ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらに少し驚いた。
たのんだ黄酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計690640円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものマクロスに乗りながら、「おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

絶対可憐っ、だから負けないっ!!

料理屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク