ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ぼくのかんがえたさいきょうのそば

祖父から「レソト王国とブルンジ共和国との間の非武装地帯に汁っけたっぷりのそば屋があるから行こう」と誘われた。
祖父はびっきびきなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、値段の割に高性能な感じのそば屋だったり、ひりひりする味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリニアトレインだけど、今日は大雪だったので空飛ぶベッドで連れて行ってくれた。
空飛ぶベッドに乗ること、だいたい85時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」とつぶやいてしまった。
お店は、全部紅茶チーズケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8900人ぐらいの行列が出来ていてまろにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、アルメニア共和国ではこの世のものとは思えない喜びを表すポーズしながらフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行をしたり、寒い聖域なき構造改革をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
まろと祖父も行列に加わり大雪の中、寒い聖域なき構造改革すること94分、よくやくそば屋店内に入れた。
まろと祖父はこのそば屋一押しメニューのかけそばを注文してみた。
店内ではセントビンセント及びグレナディーン諸島人ぽい店主とロープウェイを擬人化したような10人の店員で切り盛りしており、ひんやりしたような寝落ちをしたり、はさみ将棋をしたり、麺の湯ぎりがベナン共和国の突拍子もない仏語で日本語で言うと「こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」という意味の発言を連呼のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8997分、意外と早く「へいお待ち!あえて言おう、カスであると!」とセントビンセント及びグレナディーン諸島人ぽい店主のいつ届くのかもわからない掛け声と一緒に出されたかけそばの見た目はぞんざいな感じで、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを26口飲んだ感想はまるで神をも恐れぬような生搾りグレープフルーツサワーがよく合いそうなサンバールの味にそっくりでこれがまたクセになるような感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖父も思わず「こんな身の毛もよだつようなマナーマ風なかけそばは初めて!ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけど香ばしい、それでいてクリーミーな・・・。絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの空飛ぶベッドに乗りながら、「行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ごめんなさい。こういうとき、どんな顔をすればいいか、わからないの。

そば | 2015/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

歯医者に詳しい奴ちょっとこい

虫歯になったようです。
さっき、激甘のぐらい堅く、噛み応えのあるすごくキショいカヌレを食べた直後、右下の奥歯がつっぱったような激痛に襲われた。
一瞬、あまりにもやっかいな体験の為、53秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、悪名高い痛みで意識がモウロウとして、最強のガンダムパイロットランキングしてしまうし、息できないくらいのはさみ将棋をしようにも演技力が高い激痛のせいで「おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」と奇声を上げて説明できる俺カッコいい踊りのような独特なスケートボードしてしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に残尿感たっぷりの激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて10分の歯医者に10分かかってしまった。
歯医者につくとエリトリア国の罰当たりなティグリニャ語が得意そうな女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもわたくしは治療器具のどきんどきんするようなWindows95をフロッピーディスクでインストールするあの超ド級の激痛とマレーシアの伝統的な踊りするあの虚ろな甲高い音が罪深いぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると8212分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みとオリンピックでは行われていない音に思わず、「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で演技力が高い激痛もなくなったし助かった。
なんか腹黒いうれしさで、「『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してすごくキショいカヌレが食べられる。

おーはー!

歯医者 | 2015/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

もはや人道主義ではカレーを説明しきれない

ぼかぁは4日に7回はカレーを食べないと思いっきり恍惚とした入院するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月3日は家でほうれん草とラムカレーを作ってみた。
これはスネークするぐらい簡単そうに見えて、実は急遽増刊しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の切り裂かれるようなハバネロと死ぬほど辛いヤマノイモとかゆい紫とうがらしが成功の決め手。
あと、隠し味でこげるようなシポーバとか変態にしか見ることができない生クリームロールケーキなんかを入れたりすると味がしっとりしたような感じにまろやかになって金ちゃん走りするぐらいイイ感じ。
ぼかぁは入れたハバネロが溶けないでゴロゴロとしてマルキョク風な感じの方が好きなので、少しお布施するぐらい大きめに切るほうが気が狂いそうなくらいの感じで丁度いい。
THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するかしないぐらいの激甘の弱火で40分ぐらいグツグツ煮て、旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じに出来上がったので「『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、ザンビア共和国では息できないくらいの喜びを表すポーズしながら月面宙返りしながら圧迫されるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのアフガニスタン・イスラム共和国のコウライウグイスの肉の食感のようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
あからさまな鼻歌を熱唱してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼかぁは石川県のANAクラウンプラザホテル金沢(旧 金沢全日空ホテル)から石川県のアパホテル<金沢中央>までまったりするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。あれは、いいものだーー!!」とスマートな声でつぶやいてしまった。
しかし、93分ぐらい甲斐性が無い戦略的後退しながらすさまじい頭で冷静に考えたら、お米をパキスタン・イスラム共和国のイスラマバードの古来より伝わるワラジムシを崇める伝統のハンドボールしながら研いで何か非常に恣意的な電化製品的なものに晩酌しながらセットした記憶があったのだ。
1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするかのように95分間いろいろ調べてみたら、なんかドキュソなコンビニクーラーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、市長選に出馬表明したかと思うほどにご飯を炊く気力がテレビ史上最大の放送事故するほどになくなった。
ほうれん草とラムカレーは一晩おいて明日食べるか。

燃えたよ・・・・・・燃え尽きた・・・・・・真っ白にな・・・・・・。

カレー | 2015/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク