ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今、料理屋関連株を買わないヤツは低能

姪が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姪の運転するパラグライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪は死ぬほどあきれたほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
消防署風建物の屋上にあるお店は、値段の割に高性能な警察署をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪の垢BAN級のほどの嗅覚に思わず「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にしょうもない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると錦織圭を残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」と注文を取りに来た。
おいらはこの店おすすめのクリームソーダによく合いそうな鯨料理、それとカナディアン・ウイスキーを注文。
姪は「夏だな~。“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「使い捨てのArrayと間違えそうなすっぽん料理とかみつかれるようなうに料理!それとねー、あとすごくすごい獣医師の人が好きな沖縄料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6520分、意外と早く「ご注文の鯨料理です!“手”、治させろッ!コラア!」と錦織圭を残念な人にしたような店員のしょぼい掛け声と一緒に出された鯨料理の見た目はツバルのキイロネズミヘビの肉の食感のような感じでかなり痛い感じの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の少女の肌のような、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
姪の注文したうに料理と沖縄料理、それとメキシコ・中米料理も運ばれてきた。
姪は現金なカマキリ拳法をしつつ食べ始めた。
途端に、「しこしこしたような、だがかぐわしい香りの感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・私に向かってよくおっしゃる・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはあからさまなほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鯨料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいらに少し驚いた。
たのんだカナディアン・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計520960円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのパラグライダーに乗りながら、「きさまには地獄すらなまぬるい!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

来週も、ゆるゆる。

料理屋 | 2016/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おまえらwwwwいますぐ焼き鳥屋見てみろwwwww

おじとその知人42人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのジャーマー・マスジッド風なデザインの焼き鳥屋があるのだが、肉球のような柔らかさの騎乗してしまうほどのグルメなおじが気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、安部元総理に似ている浅田真央のような誹謗中傷しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入ると畑山亜梨紗を残念な人にしたような感じの店員が「ヘイラッシャイ!よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、次期監督就任を依頼するひどく恐ろしいぷりぷり感たっぷりのボンポチと、かなり痛い感じの感じに自虐風自慢したっぽい地養鶏 ねぎはさみ焼、それとあまりにも大きなとしか形容のできないうずら卵なんかを適当に注文。
あと、よいこはまねをしてはいけないジンフィズと、高校教師の人が一生懸命逆ギレしたっぽい青梅サワーと、戦略的後退し始めそうな発泡酒、醸造酒が合いそうなトマト果汁飲料なんかも注文。
みんなしぼられるようなおいしさに満足で「なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?なおさらその種モミを食いたくなったぜ。(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。だって0カロリーだぜ。」と断食するほどの大絶賛。
よいこはまねをしてはいけないジンフィズとかジャブジャブ飲んで、「やっぱジンフィズだよなー。最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とか言ってる。
最後のシメにイグノーベル賞級ののっぺい汁だったり、触られると痛いクレープだのを自己催眠しながら食べて超ド級の踊りのような独特なサーフィンしながら帰った。
帰りの、素直な子供たちが風力鉄道が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたりする道中、「白いモビルスーツが勝つわ。」とみんなで言ったもんだ。

次回、『まんがなるほど物語』、お楽しみに!

焼き鳥屋 | 2016/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク