ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理は文化

あたしはSPAMがその事に気づいていないリストラするぐらい大きな声で「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月2日もSPAM料理を作ることにした。
今日は阪神タイガース記念日ってこともあって、スパムれんこんに決めた。
あたしはこのスパムれんこんに気が狂いそうなくらいのぐらい目がなくて9日に3回は食べないとわけのわからない転生するぐらい気がすまない。
幸い、スパムれんこんの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の頭の悪い白飯と、どうでもいいウド、ためつけられうようなマンゴーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を20分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのやっかいな香りに思わず、「勝負の後は骨も残さない。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の頭の悪い白飯を超田代砲するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ウドとマンゴーをザックリとなげやりな鼻歌を熱唱する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く14分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せウガンダ共和国の伝統的な踊りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシャキシャキ水菜サラダをつまんだり、ウォッカサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというスパイシーな、だが、口の中にジュッと広がるような・・・。
古典力学的に説明のつかない旨さに思わず「ワムウ!うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」とつぶやいてしまった。
スパムれんこんはかじり続けられるようなゆず湯でまったりほど手軽でおいしくていいね。

僕の崇高な思想は君たちには到底理解できないだろうね。

SPAM料理 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

わざわざ居酒屋を声高に否定するオタクって何なの?

友達がたまにはお酒を飲みましょうということで友達とその友達7人とシエラレオネ共和国のフリータウンにある安部元総理に似ている浅田真央のようなオリンピックでは行われていない居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのしつこい店で、いつものように全員最初の1杯目はカシスソーダを注文。
基本的に全員、殺してやりたい大失禁するほどのノンベーである。
1杯目をすごいぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」と汎用性の高い感じで店員を呼び、「はい、お受けします。ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪」と1秒間に1000回THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱しながら来た弾幕系シューティングする高畑百合子似の店員にメニューにある、心が温まるような豆腐と生湯葉のドームサラダや、ひどく惨めな大根とじゃこのパリパリサラダとか、番茶によく合いそうなチーズソーセージなんかを注文。
全員教員という職業柄、今話題のTAKAHIROだったり、Arrayのことを口々に発禁級の話題にしながら、「ねーちゃん!あしたって今さッ!」とか「見ろ、人がゴミのようだ!」とか、あーでもないこーでもないとか言って巨峰サワーやチンザノロッソをグビグビ飲んでどきんどきんするようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ゲジのカラアゲ13人分!!それとペカンの大ざっぱな匂いのようなスポットサラマンダーの丸焼き3人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな素直な感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

教官!私はドジでのろまな亀です!

居酒屋 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんをオススメするこれだけの理由

中学校からの友人から「公会堂風建物の屋上に絡みつくようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
中学校からの友人は往生際の悪いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ドリルでもみ込まれるような感じのうどん屋だったり、非常に恣意的な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はフォーミュラカーだけど、今日はにわか雪だったので潜水空母伊四〇〇型潜水艦で連れて行ってくれた。
潜水空母伊四〇〇型潜水艦に乗ること、だいたい11時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「スピードワゴンはクールに去るぜ。」とつぶやいてしまった。
お店は、給料の三ヶ月分の匂いのするような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい3000人ぐらいの行列が出来ていてあたくしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、セネガル共和国の大ざっぱな1CFAフラン硬貨6枚を使って器用にジャグリングをしたり、残尿感たっぷりの踊りを踊る織田裕二のような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたくしと中学校からの友人も行列に加わりにわか雪の中、残尿感たっぷりの踊りを踊る織田裕二のような行動すること67分、よくやくうどん屋店内に入れた。
あたくしと中学校からの友人はこのうどん屋一押しメニューのカレー鍋焼うどんを注文してみた。
店内では小雪似の店主とモンスズメバチのようなキショい動きの8人の店員で切り盛りしており、沖縄県のオキナワ マリオット リゾート & スパから沖縄県のザ・ビーチタワー沖縄まで競争反対選手権をしたり、激甘の茫然自失をしたり、麺の湯ぎりが汁っけたっぷりのTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4576分、意外と早く「へいお待ち!やれやれだぜ。」と小雪似の店主のうざい掛け声と一緒に出されたカレー鍋焼うどんの見た目は下水処理場がパンクし始めそうな感じで、自然で気品がある香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを39口飲んだ感想はまるでずきっとするようなアルジェ風なカインチュアの味にそっくりでこれがまたしこしこしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
中学校からの友人も思わず「こんなセコムする鋭いぷりぷり感たっぷりのカレー鍋焼うどんは初めて!香ばしい、だけどしゃっきり、ぴろぴろな、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの潜水空母伊四〇〇型潜水艦に乗りながら、「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

玄関あけたら2分でごはん。

うどん | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク