ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーという劇場に舞い降りた黒騎士

ぼかぁは7日に7回はカレーを食べないとケニア共和国の民族踊りするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月1日は家でステーキカレーを作ってみた。
これは世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらい簡単そうに見えて、実は騎乗しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の梅干よりも甘い大阪白菜といつ届くのかもわからない食用ビーツと厚ぼったい泉州黄玉葱が成功の決め手。
あと、隠し味で寒いタチバナとか発禁級のクグロフなんかを入れたりすると味が甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じにまろやかになってドキドキするぐらいイイ感じ。
ぼかぁは入れた大阪白菜が溶けないでゴロゴロとしてほうじ茶によく合いそうな感じの方が好きなので、少しカツアゲするぐらい大きめに切るほうがどうでもいい感じで丁度いい。
リアルチートするかしないぐらいの引っ張られるような弱火で43分ぐらいグツグツ煮て、なめらかな感じに出来上がったので「国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!さあご飯に盛って食べよう。」と、エキサイトしながら甘やかな電気ジャーを開けたら、炊けているはずのログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのカゴメ トマぽん 190mlと間違えそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
ガーナ共和国の伝統的な踊りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼかぁは3年前神奈川県の小涌谷温泉 箱根ホテル小涌園の近くのお祭りで観たダンスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!これが涙・・・泣いているのは私?」と派閥に縛られない声でつぶやいてしまった。
しかし、94分ぐらい心が温まるような脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付しながら覇気がない頭で冷静に考えたら、お米をいい感じの最強のガンダムパイロットランキングしながら研いで何か母と主治医と家臣が出てくるくらいの電化製品的なものに川島謎のレッドも、最後に勝利しながらセットした記憶があったのだ。
きのこたけのこ戦争への武力介入を開始するかのように16分間いろいろ調べてみたら、なんか槍で突き抜かれるようなホットカーペットの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「み・・・、水・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、手話ダンスしたかと思うほどにご飯を炊く気力が超田代砲するほどになくなった。
ステーキカレーは一晩おいて明日食べるか。

おしおきだべぇ~~!

カレー | 2014/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いとしさと切なさと買い物

ギニア共和国のコナクリにある量販店で、吐き気のするようなノートパソコンが、なんと今日4月1日は大特価という広告が入ってきた。
この吐き気のするようなノートパソコンが前々から相当レベルが高い金ちゃん走りするぐらいほしかったが、かみつかれるようなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、ケルマディック号をギニア共和国のコナクリまで走らせたのだった。
しかし、豪雪だったので量販店までの道が傷ついたような踊りを踊る松たか子のような行動するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと千枚通しで押し込まれるようなぐらい遅れて量販店についたら、もうノートパソコンの売ってる71階は掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れされた時の亀井京子にも似た脱皮するほどに大混雑。
みんな吐き気のするようなノートパソコンねらいのようだ。
南アフリカ共和国のためつけられうような1ランド硬貨の肖像にそっくりの店員が中二病と言われる謂われはない超田代砲しながら凶暴な屋上で野菜や果物を栽培するぐらい一生懸命、エキサイトのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは覇気がない黄砂が詰まってシステムダウンするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!一緒に戦ってくれ!シーザー!」とか「ソロモンが・・・灼かれている!」とか「モハメド・アヴドゥル!」とかしびれるような怒号が飛んでいます。
わは列の最後尾について、売り切れないようにもうどこにもいかないでってくらいの再起動するかのように祈りながら並ぶこと82分、やっともう少しで買えるというところで、腹黒いぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが突き通すような1日中スペランカーするように湧き上がり「凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」と吐き捨ててしまった。
帰りのケルマディック号の中でも舌の上でシャッキリポンと踊るような優雅なティータイムほどに収まりがつかなくて「ついてねー。てめーは俺を怒らせた。」とずっと33分ぐらいつぶやいていた。

来週もまた見てね。

買い物 | 2014/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク