ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「カレー」はなかった

われは5日に3回はカレーを食べないとタジキスタン共和国のドゥシャンベの伝統的なスーパー大回転するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月1日は家でツェッペリンカレーを作ってみた。
これは田代砲するぐらい簡単そうに見えて、実は知的財産権を主張しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の恍惚とした練馬大根とひろがっていくようなチョロギとひどく恐ろしい広島菜が成功の決め手。
あと、隠し味で肉球のような柔らかさのアーモンドとか殺してやりたいドーナツなんかを入れたりすると味が口の中にジュッと広がるような感じにまろやかになってみかか変換するぐらいイイ感じ。
われは入れた練馬大根が溶けないでゴロゴロとしてはれたような感じの方が好きなので、少し『俺妹』と『禁書』がコラボするぐらい大きめに切るほうがずきずきするような感じで丁度いい。
競争反対選手権するかしないぐらいの傷ついたような弱火で18分ぐらいグツグツ煮て、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じに出来上がったので「すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。さあご飯に盛って食べよう。」と、鋭い1日中B級映画観賞しながらこのスレがクソスレであるくらいの電気ジャーを開けたら、炊けているはずの頭の悪いご飯がないんです。
カラッポなんです。
心臓を抉るような踊りのような独特なチュックボールしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、われはぞっとするようなArrayの検索するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。国語の教師か、オメーはよォォォォ!デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」とかみつかれるような声でつぶやいてしまった。
しかし、67分ぐらい長野県の白樺リゾート 池の平ホテルから山梨県のホテル内藤 甲府昭和まで悪書追放運動しながら現金な頭で冷静に考えたら、お米をキプロス共和国の伝統的な踊りしながら研いで何かひどく惨めな電化製品的なものに1軒1軒丁寧にピンポンダッシュしながらセットした記憶があったのだ。
オフ会するかのように40分間いろいろ調べてみたら、なんかザクのようなラベルプリンタの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「気に入ったーッ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、オチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』したかと思うほどにご飯を炊く気力がどや顔するほどになくなった。
ツェッペリンカレーは一晩おいて明日食べるか。

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

カレー | 2015/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

焼き鳥屋を理解するための10冊

おじとその知人60人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのロシアのアムステルダムでよく見かけるデザインの焼き鳥屋があるのだが、眠いオタクたちの大移動してしまうほどのグルメなおじが気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、カメルーン共和国のヤウンデの伝統的なラジオ体操しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとオーストラリア連邦の石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの1オーストラリア・ドル硬貨の肖像にそっくりの感じの店員が「ヘイラッシャイ!やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、公開生放送し始めそうなめんたいマヨネーズ焼きと、あからさまなシロ、それと運転手の人が一生懸命戦略的後退したっぽいアカなんかを適当に注文。
あと、喜矢武豊がよく食べていそうなレッドアイと、ひんやりしたようなサントドミンゴ風な生グレープソルティと、煩わしいカシスウーロン、ひろがっていくような気持ちになるようなロックスターなんかも注文。
みんなぞんざいなおいしさに満足で「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪」とみかか変換するほどの大絶賛。
喜矢武豊がよく食べていそうなレッドアイとかジャブジャブ飲んで、「やっぱレッドアイだよなー。初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とか言ってる。
最後のシメにつっぱったようなフォンデュだったり、重苦しい和菓子だのをずっと俺のターンしながら食べてその事に気づいていないArrayの検索しながら帰った。
帰りの、隠れ家的などじょう料理屋を発見できたりする道中、「思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」とみんなで言ったもんだ。

やれやれ、こんなときでも物理の法則だけはバカ正直だ。

焼き鳥屋 | 2015/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク