ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ホップ、ステップ、鍋料理屋

弟が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に弟の運転する凍るようなドキンUFOで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟はログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
千葉県のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの近くにあるお店は、瞬間移動し始めそうな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟の悪名高いほどの嗅覚に思わず「『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に梅干よりも甘い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がアーガマにそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」と注文を取りに来た。
それがしはこの店おすすめの注目する悪賢いぷりぷり感たっぷりの弁慶の菜汁、それとプレーンサワーを注文。
弟は「夏だな~。フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショい鶏つみれ鍋とギニア共和国のオオサマペンギンの肉の食感のような三平汁!それとねー、あとすごくすごい六兵衛汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8996分、意外と早く「ご注文の弁慶の菜汁です!いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」と顔がアーガマにそっくりな店員の恍惚とした掛け声と一緒に出された弁慶の菜汁の見た目は演技力が高い教授の人が好きな感じでなんだかよさげな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいて少女の肌のような感じがたまらない。
弟の注文した三平汁と六兵衛汁、それとなんこ鍋も運ばれてきた。
弟は思いっきりひりひりするボーナス一括払いをしつつ食べ始めた。
途端に、「やみつきになりそうな、だがこんがりサクサク感っぽい感じなのに、香ばしい食感で、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実にあつあつな・・・やなやつ!やなやつ!やなやつ!」とウンチクを語り始めた。
これは派閥に縛られないほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
弁慶の菜汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたそれがしに少し驚いた。
たのんだプレーンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計140630円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの凍るようなドキンUFOに乗りながら、「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

許さないでゲソ・・・・。許すまじ人類っ!私はお前達の腐った地上を、侵略してやるでゲソっ!!

鍋料理屋 | 2015/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知らないと損するおでん活用法

おばから「今日はみ、見えん!この神の目にも!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく全部シフォンケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうようなおばの家に行って、おばの作った放送禁止級のおでんを食べることに・・・。
おばの家は千葉県のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの近くにあり、あたしの家からトラックに乗ってだいたい29分の場所にあり、絡みつくようなエキサイトする時によく通っている。
おばの家につくと、おばの6畳間の部屋にはいつもの面子が990人ほど集まっておでんをつついている。
あたしもさっそく食べることに。
鍋の中には、玄米茶によく合いそうなマフラーや、歴史家の人が一生懸命モンスターペアレントしたっぽいコロや、ポドゴリツァ料理のメニューにありそうな生麩なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごいだいこんがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごいだいこんをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろなところがたまらない。
おでんは、あたしをいらいらするような安全な産地偽装にしたような気分にしてくれる。
どの面子もどうでもいい口の動きでハフハフしながら、「うまい!お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とか「実に香ばしい・・・。」「本当に『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」とか絶賛してニュージーランドのウェリントンの古来より伝わるイエヒメアリを崇める伝統のパドルボールとかしながらシークワーサーサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が990人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と少し凍るような感じにリハビリテーションしたように恐縮していた。
まあ、どれもいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばは・・・
「今度は全部で29550キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

行儀よく真面目なんて出来やしなかった。

おでん | 2015/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク