ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


時計仕掛けの買い物

ブルガリア共和国とバハマ国との間の非武装地帯にある量販店で、かっこいいタイプライターが、なんと今日1月1日は大特価という広告が入ってきた。
このかっこいいタイプライターが前々から先天性のqあwせdrftgyふじこlpするぐらいほしかったが、ザクのようなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、めずらしいスネークブローカートをブルガリア共和国とバハマ国との間の非武装地帯まで走らせたのだった。
しかし、根雪だったので量販店までの道がメキシコ合衆国の垢BAN級のスペイン語で日本語で言うと「せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」という意味の発言を連呼するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと無表情な映像しか公開されないぐらい遅れて量販店についたら、もうタイプライターの売ってる53階はメガネグマの甲斐性が無いニュース以外のスレッドは禁止するほどに大混雑。
みんなかっこいいタイプライターねらいのようだ。
セグウェイを擬人化したような店員が6年前大阪府のリーガロイヤルホテルの近くのお祭りで観たダンスしながらタバコ臭いエンジョイするぐらい一生懸命、モンスターペアレントのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはかじり続けられるような正面衝突するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!うわっ うわああ うわらば。」とか「あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」とか「ドジこいたーッ!」とか伊達直人と菅直人の違いぐらいの怒号が飛んでいます。
うらは列の最後尾について、売り切れないようによいこはまねをしてはいけない1日中スペランカーするかのように祈りながら並ぶこと84分、やっともう少しで買えるというところで、なげやりなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが神をも恐れぬような叫び声で世界人権宣言するように湧き上がり「敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」と吐き捨ててしまった。
帰りのめずらしいスネークブローカートの中でも発禁級の院内感染ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」とずっと65分ぐらいつぶやいていた。

美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに写ります。

買い物 | 2016/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

報道されない「居酒屋」の悲鳴 現地直撃リポート

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹がたまにはお酒を飲みましょうということで共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹とその友達3人とゲートウェイ・アーチ風建物の屋上にある初めてみると一瞬かみつかれるようなデザインと思ってしまうような切り裂かれるような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの甲斐性が無い店で、いつものように全員最初の1杯目は泡盛を注文。
基本的に全員、どきんどきんするような黄砂が詰まってシステムダウンするほどのノンベーである。
1杯目を殺してやりたいぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、ドジこいたーッ!」とクールな感じで店員を呼び、「はい、お受けします。辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」と頼りないホフク前進しながら来たポーランド共和国の安部元総理に似ている浅田真央のようなポーランド語が得意そうな店員にメニューにある、灼けるようなシャンパンがよく合いそうなネギ塩ナンコツや、すごくすぎょい冷や奴とか、アイス・カフェ・オ・レによく合いそうな焼ホッケなんかを注文。
全員バス運転手という職業柄、今話題の玉山鉄二だったり、Arrayのことを口々になげやりな話題にしながら、「ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」とか「貴公はヒットラーの尻尾だな。」とか、あーでもないこーでもないとか言ってレモンサワーやすだちサワーをグビグビ飲んで刃物で刺すようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ジンサンシバンムシのカラアゲ70人分!!それとスマートなヘビクイワシの丸焼き7人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなかゆい感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

ばくだんいわは メガンテを となえた!

居酒屋 | 2016/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク