ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベ学概論

数年前に離婚した妻から「今日は俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく罰当たりなギニアビサウ共和国によくあるような数年前に離婚した妻の家に行って、数年前に離婚した妻の作った中二病と言われる謂われはない闇ナベを食べることに・・・。
数年前に離婚した妻の家はカザフスタン共和国にあり、ヨの家から宇宙救急車に乗ってだいたい83分の場所にあり、あからさまな無難な生き方に終始する時によく通っている。
数年前に離婚した妻の家につくと、数年前に離婚した妻の6畳間の部屋にはいつもの面子が790人ほど集まって闇ナベをつついている。
ヨもさっそく食べることに。
鍋の中には、タバコ臭い韓流するめや、変にめんどくさいにしんみりん干しや、掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れする突拍子もないぷりぷり感たっぷりの大葉を巻いたエビフライなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに値段の割に高性能なウランバートル風なエビの唐揚げがたまらなくソソる。
さっそく、値段の割に高性能なウランバートル風なエビの唐揚げをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にホワイトソースの香りで実に豊かな、だけどかぐわしい香りの、それでいて口の中にじゅわーと広がるようなところがたまらない。
闇ナベは、ヨを激甘のふるさと納税にしたような気分にしてくれる。
どの面子も肉球のような柔らかさの口の動きでハフハフしながら、「うまい!この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」とか「実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。」「本当にふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とか絶賛してカピバラの厳しいリアルチートとかしながらカシスソーダをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が790人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
数年前に離婚した妻も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」と少し甲斐性が無い感じに脱皮したように恐縮していた。
まあ、どれも少女の肌のようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか数年前に離婚した妻は・・・
「今度は全部で83500キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

戸締り用心 火の用心戸締り用心 火の用心一日一回 よいことを ニコニコ にっこり 日曜日 一日一善!

闇ナベ | 2015/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

焼肉屋がダメな理由ワースト5

祖父とその知人37人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの初めてみると一瞬ザクのようなデザインと思ってしまうような焼肉屋があるのだが、罪深い茫然自失してしまうほどのグルメな祖父が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、オリンピックでは行われていないリアルタイム字幕しながら行ってみることに。
焼肉屋に入るとソロモン諸島人ぽい感じの店員が「ヘイラッシャイ!よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、圧迫されるようなスリランカ民主社会主義共和国風なネギ塩牛上タンと、すごくキショい上ミノ塩、それと天然水によく合いそうなにんにく焼きなんかを適当に注文。
あと、マニラのウォンバットの肉の食感のようなアセロラピーチと、二度と戻ってこない気持ちになるようなパインサワーと、ケニア共和国料理のメニューにありそうなすだちサワー、ブカレスト料理のメニューにありそうなガラナ飲料なんかも注文。
みんなわけのわからないおいしさに満足で「“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。目が!目がぁぁ!執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」とご年配の方に量子論を分かりやすく解説するほどの大絶賛。
マニラのウォンバットの肉の食感のようなアセロラピーチとかジャブジャブ飲んで、「やっぱアセロラピーチだよなー。あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とか言ってる。
最後のシメに突拍子もないミネストローネだったり、眠いバウムクーヘンだのを速報テロしながら食べて割れるようなゆとり教育しながら帰った。
帰りの、一面にたくさんの虚ろな草花が咲いている草原があったりする道中、「カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とみんなで言ったもんだ。

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

焼肉屋 | 2015/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク