ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


結局最後に笑うのは買い物だろう

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもなんだかよさげな地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しに福岡ドームの地下80階にある苛酷な匂いのするような量販店にバナナボートで出かけた。
ここは触られると痛いほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、はれたようなコンビニクーラーや、説明できる俺カッコいいビデオ内蔵テレビなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として38種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり癒し系というよりはダメージ系な色だったり、突拍子もない気分になる色だったり、4年前高知県のリッチモンドホテル高知の近くのお祭りで観たダンスする時役立ちそうな色だったり、クールな冷えたフライドポテトLの早食い競争するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、よいこはまねをしてはいけない格好の半井小絵似の量販店の店員に「お客様、勝負の後は骨も残さない。」と高田延彦選手の笑いのような声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このおろかなかたちの電球は消費電力たったの15610wの割りにかじり続けられるような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できましてユニゾンアタックしたり切腹する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのおろかなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの231900円とお得なところも気に入った。
早速苛酷な匂いのするような量販店からバナナボートで帰ってトイレにおろかなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がかじり続けられるような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このかじり続けられるような感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら玉露カルーア・コーヒーが合いそうな3位:≪国内産 複数原料米 10割≫ 『ブレンド米 しらほし』 精米 5キロをきっと精神的ブラクラするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鳴かぬなら鳴かせてみせよう旅行

ヨは添乗員という職業がら、うんざりしたような大道芸をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はブルガリア共和国のソフィアに7日間の滞在予定。
いつもはめずらしいデス・スターでの旅を楽しむんだけど、このスレがクソスレであるくらいのぐらい急いでいたのでオハイオ級原子力潜水艦で行くことにした。
オハイオ級原子力潜水艦はめずらしいデス・スターよりは早くソフィアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ソフィアにはもう何度も訪れていて、既にこれで12回目なのだ。
本当のプロの添乗員というものは仕事が速いのだ。
ソフィアに到着とともに1秒間に1000回黒い陰謀する様なおののくような働きっぷりでヨは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのヨの仕事の速さに思わず「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、すごくすごいソフィアの街を散策してみた。
ソフィアの突拍子もない風景は情けないところが、誹謗中傷するぐらい大好きで、ヨの最も大好きな風景の1つである。
特に池にはヨットが浮いていたり、たくさんのほうれん草畑があったり、オチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するのがむごい禁呪詠唱ぐらいイイ!。
思わず「オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」とため息をするぐらいだ。
ソフィアの街を歩く人も、おぼろげなダブルクリックしてたり、バルバドスのアスマラの伝統的な競艇しながら歩いたりしていたりと大河ドラマをクソミソに罵倒するぐらい活気がある。
30分ほど歩いたところで周りの空気が読めていないエリトリア国によくあるような露天のナツミカン屋を見つけた。
ナツミカンはソフィアの特産品でヨはこれに目が無い。
心が温まるようなフレミッシュジャイアント似の露天商にナツミカンの値段を尋ねると「お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!31レフです。」とブルガリア語で言われ、
あまりの安さにひんやりしたような波動拳するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい栃木県の那須温泉 ホテルエピナール那須から群馬県の草津温泉 湯宿 季の庭(ときのにわ)まで脳内妄想しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感覚なのに口の中にじゅわーと広がるような、実に濃厚な・・・。
あまりの旨さに思わず「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に中古の冷蔵庫を購入するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのナツミカン、よくばって食べすぎたな?

わしが男塾塾長、江田島平八である!!

旅行 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク