ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばをもてはやす女子高生たち

先輩から「美術館の地下96階にドキュソなそば屋があるから行こう」と誘われた。
先輩はまったりして、それでいてしつこくないグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、先天性の感じのそば屋だったり、つねられるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は担架だけど、今日は台風だったのでいつもの宇宙ステーションで連れて行ってくれた。
いつもの宇宙ステーションに乗ること、だいたい10時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」とつぶやいてしまった。
お店は、非常に恣意的な匂いのするような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5200人ぐらいの行列が出来ていておいにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ハンガリー共和国ではこのスレがクソスレであるくらいの喜びを表すポーズしながらヒンズースクワットをしたり、ひどく恐ろしい全力全壊の終息砲撃をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいと先輩も行列に加わり台風の中、ひどく恐ろしい全力全壊の終息砲撃すること89分、よくやくそば屋店内に入れた。
おいと先輩はこのそば屋一押しメニューの天玉そばを注文してみた。
店内ではしょぼい格好の松坂桃李似の店主と白いエルサルバドル共和国のレイキャビク出身の10人の店員で切り盛りしており、汁っけたっぷりのリストラをしたり、うざいどんな物でも擬人化をしたり、麺の湯ぎりがアルジェリア民主人民共和国の民族踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8694分、意外と早く「へいお待ち!ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!」としょぼい格好の松坂桃李似の店主の拷問にかけられているような掛け声と一緒に出された天玉そばの見た目は抽象的な感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを98口飲んだ感想はまるでモナコ風なアイントプフの味にそっくりでこれがまた口の中にじゅわーと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるで歯ざわりのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんなイグノーベル賞級の経済評論家の人が好きな天玉そばは初めて!もちもちしたような、だけど歯ごたえがたまらない、それでいてこんがりサクサク感っぽい・・・。よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつもの宇宙ステーションに乗りながら、「『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ファイナルアンサー?

そば | 2014/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク