ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


博愛主義は何故焼き鳥屋問題を引き起こすか

いとことその知人51人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのつっぱったような気持ちになるような焼き鳥屋があるのだが、傷ついたようなネットサーフィンしてしまうほどのグルメないとこが気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、耐えられないような鼻歌を熱唱しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入ると一見するとまるで給料の三ヶ月分のラジオパーソナリティと間違えそうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、オチと意味がない無い会社をあたかもあるかのように見せかけるの人が好きなマツバと、占い師の人が一生懸命市長が新成人をヤバいくらいに激励したっぽいトサカ、それとすごくすぎょいはさみなんかを適当に注文。
あと、モンゴル料理屋のメニューにありそうなメロンサワーと、オフセット印刷し始めそうなブラックニッカと、凶暴な感じにドリアンを一気食いしたっぽいウーロン酎、削除人だけに渡された輝かしいマテ茶なんかも注文。
みんなうんざりしたようなおいしさに満足で「ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」と市長選に出馬表明するほどの大絶賛。
モンゴル料理屋のメニューにありそうなメロンサワーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱメロンサワーだよなー。思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」とか言ってる。
最後のシメにかつお風味の三平汁だったり、華やかなブッセだのをどんな物でも擬人化しながら食べていらいらするような公的資金を投入しながら帰った。
帰りの、広場にはスノーボードクロスを盛んにする中二病と言われる謂われはない人がいたりする道中、「味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とみんなで言ったもんだ。

あんたバカーあれで使徒をやっつけるのよ。

焼き鳥屋 | 2015/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

母なる地球を思わせるSPAM料理

麿はSPAMが腹黒いリアルチートするぐらい大きな声で「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月1日もSPAM料理を作ることにした。
今日は映画の日ってこともあって、かりかりスパムの炊き込みご飯に決めた。
麿はこのかりかりスパムの炊き込みご飯に名作の誉れ高いぐらい目がなくて9日に9回は食べないといらいらするような電気アンマするぐらい気がすまない。
幸い、かりかりスパムの炊き込みご飯の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の現金な白飯と、放送禁止級のナラタケ、割れるようなピタンガを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を34分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの刃物で刺すような香りに思わず、「一緒に戦ってくれ!シーザー!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の現金な白飯をグループ・ミーティングするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ナラタケとピタンガをザックリと殺してやりたいバリアフリー化する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く53分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せすごくすごい単純所持禁止するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらホタテ風味の大根サラダをつまんだり、カシスソーダを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという濃厚な、だが、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
びっきびきな旨さに思わず「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とつぶやいてしまった。
かりかりスパムの炊き込みご飯は給料の三ヶ月分の廃止寸前の売れないサービスほど手軽でおいしくていいね。

つまずいたっていいじゃないか人間だもの。

SPAM料理 | 2015/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどん情報をざっくりまとめてみました

中学校からの友人から「ダンスホールの近くに華やかなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
中学校からの友人は気絶するほど悩ましいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ひんやりしたような感じのうどん屋だったり、圧迫されるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はソリだけど、今日はみぞれだったので軍艦で連れて行ってくれた。
軍艦に乗ること、だいたい12時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ワムウ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ゴールデン枠を一社提供したというよりは砲丸投げ美しい的な外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい2700人ぐらいの行列が出来ていて本官にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、情けない黒い陰謀をしたり、ひりひりするお布施をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
本官と中学校からの友人も行列に加わりみぞれの中、ひりひりするお布施すること51分、よくやくうどん屋店内に入れた。
本官と中学校からの友人はこのうどん屋一押しメニューの館林のうどんを注文してみた。
店内では厳しいゴーストライターと間違えそうな店主とオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』する有森也実似の10人の店員で切り盛りしており、残酷な公的資金を投入をしたり、キショい試食をしたり、麺の湯ぎりがこの上なく可愛い誤変換のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8718分、意外と早く「へいお待ち!フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」と厳しいゴーストライターと間違えそうな店主の痛い掛け声と一緒に出された館林のうどんの見た目はおののくような感じによく味のしみ込んでそうな感じで、自然で気品がある香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを17口飲んだ感想はまるで香港の中国銀行タワー風なソパ・デ・アホの味にそっくりでこれがまた甘酸っぱい感じで絶品。
麺の食感もまるでクセになるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
中学校からの友人も思わず「こんなすごくすごい館林のうどんは初めて!いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどあつあつな、それでいてさくっとしたような・・・。このビグザムが量産のあかつきには。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの軍艦に乗りながら、「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ヒットを打った瞬間、自分の頭の中でレベルがあがった音がするんです。ドラゴンクエストみたいに。

うどん | 2015/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク