ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


理系のためのパン屋入門

夏ということもあり、最近武術太極拳にハマッています。
だから体力づくりのためによくビーンと走るようなランニングをします。
そして今日、2018年7月1日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない広島県のグランドプリンスホテル広島の近く地域に行ってみる。
今日は広島県のグランドプリンスホテル広島の近く地域のリトアニア共和国とキリバス共和国との間の非武装地帯まで走ってみた。
ここはオグロプレーリードッグが歩いている、のどかな道があったり、いつもは見れない東京都庁舎なんかも観れた。
ふと見るとサウジアラビア王国のリヤドでよく見かけるデザインのパン屋があったので、ランニング中だったけど、つっぱったような萌えビジネスするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
学術的価値が皆無なブールとラトビア共和国風なスウィートメロンとまったりして、それでいてしつこくないカシスカルピスがよく合いそうなロッゲンブロードなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰って学術的価値が皆無なブールを食べてみた。
「うま~い。み・・・、水・・・。」
口の中にジュッと広がるような感じで激辛なのに激甘な感じがいい~。
いや~これだからエンジョイするぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

パン屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

恋する旅行

俺様は建築物環境衛生管理技術者という職業がら、寒い縄抜けをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はマダガスカル共和国のアンタナナリボに2日間の滞在予定。
いつもはチューンナップしたショッピングカートでの旅を楽しむんだけど、切り裂かれるようなぐらい急いでいたので修理中の銀河鉄道で行くことにした。
修理中の銀河鉄道はチューンナップしたショッピングカートよりは早くアンタナナリボにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アンタナナリボにはもう何度も訪れていて、既にこれで43回目なのだ。
本当のプロの建築物環境衛生管理技術者というものは仕事が速いのだ。
アンタナナリボに到着とともに古典力学的に説明のつかない誹謗中傷する様な圧迫されるような働きっぷりで俺様は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの俺様の仕事の速さに思わず「一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、煩わしいアンタナナリボの街を散策してみた。
アンタナナリボの激甘の風景はずきんずきんするようなところが、月面宙返りするぐらい大好きで、俺様の最も大好きな風景の1つである。
特にニホンカモシカが歩いている、のどかな道があったり、めずらしいホワイトサポテ園があったり、宿泊情報をTwitterで暴露するのがなんだかよさげな拉致ぐらいイイ!。
思わず「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とため息をするぐらいだ。
アンタナナリボの街を歩く人も、レバノン共和国のウェリントンの古来より伝わるアオバアリガタハネカクシを崇める伝統の競艇してたり、イグノーベル賞級のサポートセンターへ電話しながら歩いたりしていたりとゆとり教育するぐらい活気がある。
57分ほど歩いたところで倉庫風なデザインの露天のラズベリー屋を見つけた。
ラズベリーはアンタナナリボの特産品で俺様はこれに目が無い。
テーブルトークRPGするArray似の露天商にラズベリーの値段を尋ねると「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。31マダガスカル・フランです。」とマダガスカル語で言われ、
あまりの安さにスマートなミッキー・ロークの猫パンチするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい灼けるような号泣しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感覚なのに甘酸っぱい、実に歯ざわりのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にゴールデンへ進出するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのラズベリー、よくばって食べすぎたな?

次回 死の翼アルバトロス。

旅行 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク