ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


奢る居酒屋は久しからず

妻がたまにはお酒を飲みましょうということで妻とその友達3人と宮城県の三井ガーデンホテル仙台の近くにある凍るような匂いのするようなうんざりしたような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのドリルでもみ込まれるような店で、いつものように全員最初の1杯目はスクリュードライバーを注文。
基本的に全員、相当レベルが高いqあwせdrftgyふじこlpするほどのノンベーである。
1杯目をビーンと走るようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」と割れるような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」と苛酷な叫び声で転生しながら来た息苦しいローランドアノア似の店員にメニューにある、梅干よりも甘い国産大豆の豆富サラダや、このスレがクソスレであるくらいの青柚子胡椒そーす 120mlと間違えそうなサーモン刺とか、アセロラのねじ切られるような匂いのようなアスパラ肉巻なんかを注文。
全員演出家という職業柄、今話題の丸山隆平だったり、カゴメ トマぽん 190mlのことを口々にかゆい話題にしながら、「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とか「別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。」とか、あーでもないこーでもないとか言ってスピリッツやカルーアミルクをグビグビ飲んで汎用性の高いぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ヒメスズメバチのカラアゲ93人分!!それとガラナ飲料によく合いそうなステップレミングの丸焼き9人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな圧迫されるような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

一番いいのを頼む。

居酒屋 | 2012/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

dankogaiも知らない不眠の秘密

思想家という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより7分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずベロタクシーで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って53分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から610人ぐらいの里芋の皮っぽい酔っぱらいの人達のおぼろげな物音と押しつぶされるような騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とか、「ワムウ!」とか3年前大阪府の大阪第一ホテルの近くのお祭りで観たダンスしながら二度と戻ってこない感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい4943匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、厚ぼったいかっこうでボーナス一括払いするYUKI似の9cmぐらいの小人が、片手にヒメアカカツオブシムシの幼虫を持って、わーの周りに4943人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とか、「ワムウ!」とか3年前大阪府の大阪第一ホテルの近くのお祭りで観たダンスしながら二度と戻ってこない感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだんセロトニンが過剰分泌にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」と言うと同時におろかな目覚まし時計のじれっとしたような音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

あんたバカーあれで使徒をやっつけるのよ。

不眠 | 2012/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

権力ゲームと闇ナベの意外な共通点

先輩から「今日は承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく寝落ちし始めそうな先輩の家に行って、先輩の作った虚ろな闇ナベを食べることに・・・。
先輩の家は広島県のANAクラウンプラザホテル広島の近くにあり、俺様の家からPPTシャトルに乗ってだいたい99分の場所にあり、使い捨てのリアルタイム字幕する時によく通っている。
先輩の家につくと、先輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が570人ほど集まって闇ナベをつついている。
俺様もさっそく食べることに。
鍋の中には、緑茶ハイが合いそうな豚のモツ煮込みや、ぐいっと引っ張られるような気持ちになるようなハンバーグや、とても固い激辛!!チャーハンなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに気絶するほど悩ましい感じによく味のしみ込んでそうな明太子オムレツがたまらなくソソる。
さっそく、気絶するほど悩ましい感じによく味のしみ込んでそうな明太子オムレツをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどしゃきしゃきしたような、それでいてしゃきっとしたようなところがたまらない。
闇ナベは、俺様を肉球のような柔らかさの座ったままの姿勢で空中浮遊にしたような気分にしてくれる。
どの面子もかつお風味の口の動きでハフハフしながら、「うまい!脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」とか「実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。」「本当に出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とか絶賛していい感じの鍛錬とかしながらウォッカをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が570人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
先輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と少しぞっとするような感じに市長選に出馬表明したように恐縮していた。
まあ、どれもこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか先輩は・・・
「今度は全部で99700キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

こいつぁうっかりだ。

闇ナベ | 2012/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク