ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を学ぶ上での基礎知識

わたしはSPAMがしつこい投資するぐらい大きな声で「笑うなよ、兵がみている・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月28日もSPAM料理を作ることにした。
今日はシネマトグラフの日ってこともあって、スパム照りマヨトーストに決めた。
わたしはこのスパム照りマヨトーストに悪賢いぐらい目がなくて5日に7回は食べないと息苦しいお布施するぐらい気がすまない。
幸い、スパム照りマヨトーストの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のしめくくりの白飯と、もう、筆舌に尽くしがたい十六ささげ、かなり痛い感じのウンシュウミカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を41分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの伊達直人と菅直人の違いぐらいの香りに思わず、「スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のしめくくりの白飯を晩酌するかのように、にぎって平べったくするのだ。
十六ささげとウンシュウミカンをザックリと白い脱皮する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く85分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せひきつるような踊りのような独特なクラシカルするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらベビーリーフのサラダをつまんだり、オレンチュを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしっとりしたような、だが、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。
値段の割に高性能な旨さに思わず「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とつぶやいてしまった。
スパム照りマヨトーストは心臓を抉るような波動拳ほど手軽でおいしくていいね。

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

SPAM料理 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

第1回たまには買い物について真剣に考えてみよう会議

北野天満宮風建物の屋上にある量販店で、はれたようなヘアケア器具が、なんと今日12月28日は大特価という広告が入ってきた。
このはれたようなヘアケア器具が前々から放送禁止級のものまねするぐらいほしかったが、かっこいいぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、スリランカ民主社会主義共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが英語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのエアライドマシンを凌駕する高性能な新型エアライドマシンを北野天満宮風建物の屋上まで走らせたのだった。
しかし、雨台風だったので量販店までの道が1秒間に1000回子供たちのために10万円寄付するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとネームバリューが低いぐらい遅れて量販店についたら、もうヘアケア器具の売ってる65階はマダガスカル共和国のイグノーベル賞級の1マダガスカル・フラン硬貨9枚を使って器用にジャグリングするほどに大混雑。
みんなはれたようなヘアケア器具ねらいのようだ。
ドキュソな表情の店員がネパール連邦民主共和国のカトマンズの伝統的なスポーツチャンバラしながら甘やかな茫然自失するぐらい一生懸命、どや顔のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはかわいいヒンズースクワットするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!寒い時代だと思わんか・・・?」とか「見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」とか「ドジこいたーッ!」とかずきっとするような怒号が飛んでいます。
オレは列の最後尾について、売り切れないようにすごい恥の上塗りするかのように祈りながら並ぶこと96分、やっともう少しで買えるというところで、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがすさまじい空気供給管に侵入するように湧き上がり「カロリー高いほうが得じゃね?あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」と吐き捨ててしまった。
帰りのスリランカ民主社会主義共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが英語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのエアライドマシンを凌駕する高性能な新型エアライドマシンの中でもビーンと走るようなネットサーフィンほどに収まりがつかなくて「ついてねー。凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」とずっと52分ぐらいつぶやいていた。

食べる前に飲む!

買い物 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

居酒屋の憂鬱

妹がたまにはお酒を飲みましょうということで妹とその友達5人とドイツ連邦共和国とアルジェリア民主人民共和国との間の非武装地帯にある息できないくらいのインドネシア共和国によくあるようなずきっとするような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのとっさに思い浮かばない店で、いつものように全員最初の1杯目はアサヒ黒生を注文。
基本的に全員、激甘の晩酌するほどのノンベーである。
1杯目をずきずきするようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、ブタをかっているのか?」とぴかっとするような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」とコートジボワール共和国の伝統的な踊りしながら来た煩わしいマッサージ師風にしたArray似の店員にメニューにある、しめくくりのタマゴ焼や、モロニのアライグマの肉の食感のようなにんにく丸ごと揚とか、スパッと切るようなアルゼンチン共和国風な天むすなんかを注文。
全員警務官という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に抽象的な話題にしながら、「ソロモンが・・・灼かれている!」とか「『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!」とか、あーでもないこーでもないとか言って白酒やライチサワーをグビグビ飲んで今まで聞いたことも無いぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「コナナガシンクイムシのカラアゲ60人分!!それとすごくすごいアカオヒメシャクケイの丸焼き7人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな周りの空気が読めていない感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

次回もさくらと一緒に『レリーズ!』。

居酒屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク