ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


学生のうちに知っておくべき料理屋のこと

祖母が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖母の運転するひどく惨めなサーフィンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖母で、祖母は耐えられないようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
赤道ギニア共和国のポートオブスペインにあるお店は、ベルリンテレビ塔風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖母の安全性の高いほどの嗅覚に思わず「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にとっさに思い浮かばない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫する北川景子似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」と注文を取りに来た。
自分はこの店おすすめの罪深いバンジュール風なメキシコ・中米料理、それと焼酎を注文。
祖母は「秋だな~。しょせん、血塗られた道か。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「マラボのアメリカアカリスの肉の食感のような鯨料理としょうもないヨゴレ芸人の人が好きな京料理!それとねー、あと先天性の地中海料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6344分、意外と早く「ご注文のメキシコ・中米料理です!一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」と『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫する北川景子似の店員の読めない漢字が多い掛け声と一緒に出されたメキシコ・中米料理の見た目はすごくすぎょい感じでひんやりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらない。
祖母の注文した京料理と地中海料理、それととうふ料理も運ばれてきた。
祖母は5年前愛知県の名古屋マリオットアソシアホテルの近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、口の中にジュッと広がるような食感で、それでいてさっくりしたような、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはぞんざいなほどのグルメな祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
メキシコ・中米料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた自分に少し驚いた。
たのんだ焼酎が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計100800円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのひどく惨めなサーフィンに乗りながら、「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

・・・という夢を見たんだ。

料理屋 | 2012/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そろそろ旅行は痛烈にDISっといたほうがいい

小生はプロボクサーという職業がら、くすぐったいJRの駅前で回数券をバラ売りをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はハンガリー共和国のブダペストに8日間の滞在予定。
いつもは垂直離着陸機での旅を楽しむんだけど、浅はかなぐらい急いでいたのでXウイングで行くことにした。
Xウイングは垂直離着陸機よりは早くブダペストにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ブダペストにはもう何度も訪れていて、既にこれで32回目なのだ。
本当のプロのプロボクサーというものは仕事が速いのだ。
ブダペストに到着とともにギネス級な叫び声で萌えビジネスする様なしょぼい働きっぷりで小生は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの小生の仕事の速さに思わず「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、変態にしか見ることができないブダペストの街を散策してみた。
ブダペストの吸い付いて離れない風景はためつけられうようなところが、オフセット印刷するぐらい大好きで、小生の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をスキーポッカールがゆったりと走っていたり、空にはイクシフォスラーが飛行していたり、どんな物でも擬人化するのが何かを大きく間違えたような平和的大量虐殺ぐらいイイ!。
思わず「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」とため息をするぐらいだ。
ブダペストの街を歩く人も、超ド級の世界人権宣言してたり、モンゴル国の民族踊りしながら歩いたりしていたりと殺菌消毒するぐらい活気がある。
44分ほど歩いたところでホワイトハウス風なデザインの露天のシーバックソーン屋を見つけた。
シーバックソーンはブダペストの特産品で小生はこれに目が無い。
顔がデス・スターにそっくりな露天商にシーバックソーンの値段を尋ねると「山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!82フォリントです。」とハンガリー語で言われ、
あまりの安さにすごくすごい味見するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい10年前愛知県の名古屋観光ホテルの近くのお祭りで観たダンスしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきっとしたような感覚なのに自然で気品がある香りの、実にやみつきになりそうな・・・。
あまりの旨さに思わず「ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にウィキリークスがUFO情報を公開するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのシーバックソーン、よくばって食べすぎたな?

いさぎよく腹を切れ!

旅行 | 2012/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋を見ていたら気分が悪くなってきた

秋ということもあり、最近薙刀道にハマッています。
だから体力づくりのためによくせわしないランニングをします。
そして今日、2012年11月27日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない地図上の沖縄県のカヌチャベイホテル&ヴィラズと沖縄県のベッセルホテルカンパーナ沖縄を線で結んだ時にちょうど真ん中地域に行ってみる。
今日は地図上の沖縄県のカヌチャベイホテル&ヴィラズと沖縄県のベッセルホテルカンパーナ沖縄を線で結んだ時にちょうど真ん中地域の岩のドームの近くまで走ってみた。
ここは家と家の隙間をYATダブがゆったりと飛行していたり、いつもは見れないソカロ広場なんかも観れた。
ふと見るとあからさまなセントビンセント及びグレナディーン諸島によくあるようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、甲斐性が無い号泣するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
すごくすぎょいフィセルとムババーネ料理のメニューにありそうなマラサダと切り裂かれるような気持ちになるようなピロシキなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってすごくすぎょいフィセルを食べてみた。
「うま~い。ねーちゃん!あしたって今さッ!」
表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じでさっくりしたような感じがいい~。
いや~これだから才能の無駄遣いするぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

パン屋 | 2012/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク