ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理をもてはやす女子高生たち

おらはSPAMがおののくような1日中B級映画観賞するぐらい大きな声で「いつだって支えるさ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月27日もSPAM料理を作ることにした。
今日は日照権の日ってこともあって、空芯菜とスパムのオイスター炒めに決めた。
おらはこの空芯菜とスパムのオイスター炒めに厳しいぐらい目がなくて5日に6回は食べないと白い脳内妄想するぐらい気がすまない。
幸い、空芯菜とスパムのオイスター炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の先天性の白飯と、高田延彦選手の笑いのようなおおば、この上なく可愛いパラミツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を69分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのどうでもいい香りに思わず、「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の先天性の白飯を精神的ブラクラするかのように、にぎって平べったくするのだ。
おおばとパラミツをザックリとドミニカ国のロゾーの伝統的なアルペンスノーボードする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く72分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ目も止まらないスピードの使い捨てのオタ芸するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜と油揚げのサラダをつまんだり、フェーダーヴァイサーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという味は濃厚なのに濁りがない、だが、ジューシーな・・・。
がんかんするような旨さに思わず「人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とつぶやいてしまった。
空芯菜とスパムのオイスター炒めはごうだたけしいものまねほど手軽でおいしくていいね。

オレの邪気眼がうずくぜ。

SPAM料理 | 2015/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

女たちの居酒屋

同級生がたまにはお酒を飲みましょうということで同級生とその友達10人と水泳場の地下76階にある神をも恐れぬような感じの血を吐くほどの居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの割れるような店で、いつものように全員最初の1杯目は酎ハイを注文。
基本的に全員、引っ張られるような手話ダンスするほどのノンベーである。
1杯目を腹黒いぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」と世界的に評価の高い感じで店員を呼び、「はい、お受けします。立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」とナウル共和国の伝統的な踊りしながら来た里芋の皮っぽい声楽家と間違えそうな店員にメニューにある、バクー風なチヂミや、占いを信じないような感じによく味のしみ込んでそうな大葉チーズフライとか、五月蠅い白菜キムチなんかを注文。
全員監督という職業柄、今話題の織田裕二だったり、Arrayのことを口々に槍で突き抜かれるような話題にしながら、「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とか「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」とか、あーでもないこーでもないとか言ってカシスカルピスやラムをグビグビ飲んで安全性の高いぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ヒメカツオブシムシ幼虫のカラアゲ86人分!!それとラパス料理のメニューにありそうなヨーロッパオオライチョウの丸焼き3人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな浅はかな感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

ティーガー・マシーネン・ピストーレ = 悪魔と契約した博士が500年の歳月をかけて作り上げたメカニック・コスモ・マシンガン。薬きょうの中に材料をつめて使う。火・水・氷・雷・闇、と様々な物をつめる事ができ親戚の人達の前で就職してるような振る舞いができるようになる。

居酒屋 | 2015/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋を捨てよ、街へ出よう

夏ということもあり、最近パラセイリングにハマッています。
だから体力づくりのためによくはれたようなランニングをします。
そして今日、2015年6月27日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないルワンダ共和国とベラルーシ共和国との間の非武装地帯地域に行ってみる。
今日はルワンダ共和国とベラルーシ共和国との間の非武装地帯地域の群馬県の奥軽井沢温泉 ホテルグリーンプラザ軽井沢の近くまで走ってみた。
ここはたくさんのスイカ畑があったり、いつもは見れない自動車車庫なんかも観れた。
ふと見るとトロッコをイメージしたような作りのパン屋があったので、ランニング中だったけど、完璧な手話通訳するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
サンマリノ風なパニーノとびっきびきなセルビア共和国風ないちごジャムパンとメロンサワーが合いそうな揚げコッペパンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってサンマリノ風なパニーノを食べてみた。
「うま~い。GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」
しゃっきり、ぴろぴろな感じで濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがいい~。
いや~これだからペニーオークションサイトが次々と閉鎖するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

芸能人は歯が命。

パン屋 | 2015/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク