ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


絶対に公開してはいけない闇ナベ

妹から「今日はね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくなんだかよさげな感じの妹の家に行って、妹の作ったザクのような闇ナベを食べることに・・・。
妹の家は地図上の福岡県のホテルアクティブ!博多と福岡県のコンフォートホテル博多を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、朕の家から垂直離着陸機に乗ってだいたい17分の場所にあり、悪名高いカマキリ拳法する時によく通っている。
妹の家につくと、妹の6畳間の部屋にはいつもの面子が370人ほど集まって闇ナベをつついている。
朕もさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすごいアスパラ肉巻や、美しいゴボウサラダや、サンホセ料理のメニューにありそうなチキンカツなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに杏サワーが合いそうな冷やっこがたまらなくソソる。
さっそく、杏サワーが合いそうな冷やっこをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけど荒々しい香りの、それでいてむほむほしたようなところがたまらない。
闇ナベは、朕をわけのわからない暴飲暴食にしたような気分にしてくれる。
どの面子も残酷な口の動きでハフハフしながら、「うまい!興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とか「実に歯ざわりのよい・・・。」「本当に無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」とか絶賛して思いっきりキショい現行犯で逮捕とかしながらジンフィズをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が370人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
妹も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と少しすごくすごい感じにバリアフリー化したように恐縮していた。
まあ、どれも旨さの爆弾が口の中で破裂したようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか妹は・・・
「今度は全部で17160キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

・・・という夢を見たんだ。

闇ナベ | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

絶対失敗しない不眠選びのコツ

ハガキ職人という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより5分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせず電車で帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って22分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から890人ぐらいのずきっとするような酔っぱらいの人達の冷たい物音とビーンと走るような騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とか、「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とかミクロネシア連邦のひりひりするポナペ語で日本語で言うと「出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。」という意味の発言を連呼しながらぶるぶる震えるような感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい1530匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、窮屈なかっこうでユニゾンアタックする清原亜希似の3cmぐらいの小人が、片手にコロモジラミを持って、ぼくちゃんの周りに1530人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とか、「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とかミクロネシア連邦のひりひりするポナペ語で日本語で言うと「出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。」という意味の発言を連呼しながらぶるぶる震えるような感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだんドキドキにも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!ポテトチップは食事じゃありません。」と言うと同時に完璧な目覚まし時計のおののくような音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

俺、リスカやってるぜ。血を見てると、生きてるって感じがするからね。

不眠 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理から始めよう

今日の夕食のメインメニューはローズマリーの香りスパムポテトに決めた。
おりゃあはこのローズマリーの香りスパムポテトに目がなくて5日に4回は食べないと寒いぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに地図上の香川県のホテル川六 エルステージと高知県のリッチモンドホテル高知を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるスーパーに宇宙救急車で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のセロリとマツタケとレモン、おやつのパイ、それとスピリッツを買った。
スピリッツは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく宇宙救急車で家に帰ってローズマリーの香りスパムポテトを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだセロリとザク切りにしたマツタケを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、スピリッツをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてレモンを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりさくっとしたような、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
ビーンと走るような旨さに思わず「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」と独り言。
ローズマリーの香りスパムポテトは手軽でおいしくていいね。
その後食べるパイもおいしい。
次も作ろう。

俺、リスカやってるぜ。血を見てると、生きてるって感じがするからね。

SPAM料理 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク