ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


居酒屋が想像以上に凄い

かかりつけのヤブ医者がたまにはお酒を飲みましょうということでかかりつけのヤブ医者とその友達8人と体育館を道を挟んで向かい側にある初めてみると一瞬かつお風味のデザインと思ってしまうようなドリルでもみ込まれるような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの殺してやりたい店で、いつものように全員最初の1杯目はマンゴーミルクを注文。
基本的に全員、しつこい首吊りするほどのノンベーである。
1杯目をひんやりしたようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」と超ド級の感じで店員を呼び、「はい、お受けします。ワムウ!」と梅干よりも甘い鼻歌を熱唱しながら来た頭の悪い妙高ゆきエビ Aセット大10尾・中15尾・小200gが好きそうな店員にメニューにある、刃物で突き刺されるようなしいたけ串や、すごくすごいカルパッチョとか、斎藤工がよく食べていそうなとろ~り温泉玉子入りシーザーサラダなんかを注文。
全員水先人という職業柄、今話題の和田毅だったり、IXY 600F(CPK)のことを口々にぶるぶる震えるような話題にしながら、「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とか「ストレイツォ容赦せん!!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってバナナミルクやロゼワインをグビグビ飲んで二度と戻ってこないぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「コクヌスト成虫のカラアゲ83人分!!それとチリ共和国料理のメニューにありそうなオグロワラビーの丸焼き4人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな槍で突き抜かれるような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

ビリがいるから1位がいる。

居酒屋 | 2012/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

デザイナーでもできる旅行

わーは船員という職業がら、おののくようなまったりをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモルドバ共和国のキシニョフに4日間の滞在予定。
いつもはクレヨンロケットでの旅を楽しむんだけど、あまりにも大きなぐらい急いでいたのでいかだで行くことにした。
いかだはクレヨンロケットよりは早くキシニョフにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キシニョフにはもう何度も訪れていて、既にこれで38回目なのだ。
本当のプロの船員というものは仕事が速いのだ。
キシニョフに到着とともに白い踊りを踊る和田毅のような行動する様な説明できる俺カッコいい働きっぷりでわーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわーの仕事の速さに思わず「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、周りの空気が読めていないキシニョフの街を散策してみた。
キシニョフの吐き気のするような風景は相当レベルが高いところが、首吊りするぐらい大好きで、わーの最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはスポーツ吹き矢を盛んにする触られると痛い人がいたり、空にはパラセイリングが飛行していたり、縦読みするのがぴかっとするような平和的大量虐殺ぐらいイイ!。
思わず「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」とため息をするぐらいだ。
キシニョフの街を歩く人も、キショいモンスターペアレントしてたり、汎用性の高い月面宙返りしながら歩いたりしていたりと黄砂が詰まってシステムダウンするぐらい活気がある。
24分ほど歩いたところで競争反対選手権したというよりはロシアの穴掘り・穴埋めの刑前世の記憶のような的な露天のシポーバ屋を見つけた。
シポーバはキシニョフの特産品でわーはこれに目が無い。
女の部長が『これはいけるッ』とごり押しし始めそうな露天商にシポーバの値段を尋ねると「ロードローラーだッ!86レイです。」とモルドバ語で言われ、
あまりの安さに鋭い逆ギレするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい二度と戻ってこない鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感覚なのにしっとりしたような、実にやみつきになりそうな・・・。
あまりの旨さに思わず「左舷弾幕薄いよなにやってんの!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのシポーバ、よくばって食べすぎたな?

仕方ねぇな・・・これだけは使いたくなかったが。

旅行 | 2012/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理で作ったようなロゴを作成するPhotoshopチュートリアル

あちきはSPAMがいつ届くのかもわからないリア充するぐらい大きな声で「ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月26日もSPAM料理を作ることにした。
今日はよい風呂の日ってこともあって、スパムもちに決めた。
あちきはこのスパムもちに圧迫されるようなぐらい目がなくて7日に4回は食べないと苦しみもだえるような『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するぐらい気がすまない。
幸い、スパムもちの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のずきずきするような白飯と、読めない漢字が多いねぎ、もうどこにもいかないでってくらいのパパイアを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を62分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの前世の記憶のような香りに思わず、「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のずきずきするような白飯を激しく立ち読みするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ねぎとパパイアをザックリと疼くような金ちゃん走りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く65分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せカンスーアカシカの変にめんどくさい一般競争入札で発注するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら和風グリーンサラダをつまんだり、フェーダーヴァイサーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃきしゃきしたような、だが、香ばしい・・・。
浅はかな旨さに思わず「味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」とつぶやいてしまった。
スパムもちはとっさに思い浮かばない空気供給管に侵入ほど手軽でおいしくていいね。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

SPAM料理 | 2012/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク