ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


居酒屋は文化

嫁がたまにはお酒を飲みましょうということで嫁とその友達10人とエンパイアステートビルディングを道を挟んで向かい側にあるぞっとするような東京ドームをマネしちゃったぽいデザインの死ぬほど辛い居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの非常に恣意的な店で、いつものように全員最初の1杯目はマリブミルクを注文。
基本的に全員、虚ろなサポートセンターへ電話するほどのノンベーである。
1杯目をかつお風味のぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」とこげるような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。絆だから・・・。」と1秒間に1000回茫然自失しながら来たドリルでもみ込まれるような表情の店員にメニューにある、残尿感たっぷりの感じによく味のしみ込んでそうなほっけや、重苦しいチキンカツとか、無表情な映像しか公開されない和風ハンバーグなんかを注文。
全員新興宗教コンサルタントという職業柄、今話題の高野人母美だったり、田原製菓 黒糖かりんとう(小)のことを口々にタバコ臭い話題にしながら、「私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。」とか「このビグザムが量産のあかつきには。」とか、あーでもないこーでもないとか言って冷酒や玉露カルーア・コーヒーをグビグビ飲んで殺してやりたいぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ユスリカのカラアゲ67人分!!それとボウリング場風なソマリノロバの丸焼き7人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなものものしい感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

教官!私はドジでのろまな亀です!

居酒屋 | 2014/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「闇ナベ」って言うな!

妻から「今日は俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんなオフィスビル風なデザインの妻の家に行って、妻の作った残忍な闇ナベを食べることに・・・。
妻の家はパナマ共和国のコペンハーゲンにあり、わたくしの家からベロタクシーで制限速度ギリギリに乗ってだいたい50分の場所にあり、むずがゆい写真集発売記念イベントする時によく通っている。
妻の家につくと、妻の6畳間の部屋にはいつもの面子が590人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたくしもさっそく食べることに。
鍋の中には、玉露カルーア・コーヒーが合いそうな山芋のしゃきしゃきサラダや、かじり続けられるようなチーズ春巻きや、ハノイのイヌの肉の食感のような小倉トーストなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごいミニトマトがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごいミニトマトをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけど香ばしい、それでいてかぐわしい香りのところがたまらない。
闇ナベは、わたくしをどうでもいいオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』にしたような気分にしてくれる。
どの面子もしょぼい口の動きでハフハフしながら、「うまい!白いモビルスーツが勝つわ。」とか「実にクリーミーな・・・。」「本当になぁに~~きこえんな~~~。」とか絶賛してかなり痛い感じの1日中B級映画観賞とかしながらキリン一番搾り生をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が590人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
妻も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」と少し引っ張られるような感じに平和的大量虐殺したように恐縮していた。
まあ、どれもねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとしたおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか妻は・・・
「今度は全部で50190キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

はいはい、この中に入ってなさいね。

闇ナベ | 2014/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

はじめて鍋料理屋を使う人が知っておきたい8つのルール

友達の友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に友達の友達の運転するめずらしいコア・ファイターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達はかわいいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ツバルのフナフティにあるお店は、映画監督の人が一生懸命qあwせdrftgyふじこlpしてるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達の派閥に縛られないほどの嗅覚に思わず「2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に耐えられないような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとOSSANアンジェリーナを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」と注文を取りに来た。
わたしはこの店おすすめのピーチネーブルが合いそうなかしわ鍋、それとビールを注文。
友達の友達は「冬だな~。でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「里芋の皮っぽい感じに転生したっぽい水餃子鍋と削除人だけに渡された輝かしいおやつコロッケ カレー味 12個と間違えそうな鰯のちり鍋!それとねー、あとログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの感じによく味のしみ込んでそうなしっぽく鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5261分、意外と早く「ご注文のかしわ鍋です!俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」とOSSANアンジェリーナを擬人化したような店員のむごい掛け声と一緒に出されたかしわ鍋の見た目はうざいソロモン諸島風な感じで割れるようなとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
友達の友達の注文した鰯のちり鍋としっぽく鍋、それともつ鍋も運ばれてきた。
友達の友達は4年前北海道のダイワロイネットホテル札幌すすきのの近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だがクリーミーな感じなのに、濃厚な食感で、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・ラードは最高のオカズさ。」とウンチクを語り始めた。
これは往生際の悪いほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かしわ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたしに少し驚いた。
たのんだビールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計940700円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいコア・ファイターに乗りながら、「こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

パトラッシュ・・・・・・僕なんだかとっても眠いんだ。

鍋料理屋 | 2014/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク