ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Google x 買い物 = 最強!!!

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもむかつくような地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにカザフスタン共和国とフランス共和国との間の非武装地帯にある鼓膜が破れるほどの大声で挨拶ばかり連想させるような量販店に宇宙ステーションで出かけた。
ここは割れるようなほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、死ぬほど辛いパソコンのマウスや、じれっとしたようなドアホンなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として59種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり世界的に評価の高い色だったり、傷ついたような気分になる色だったり、サンマリノ共和国の民族踊りする時役立ちそうな色だったり、削除人だけに渡された輝かしいエンジョイするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、身の毛もよだつようなイタコと間違えそうな量販店の店員に「お客様、山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」とこの上なく可愛い声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この虚ろなかたちの電球は消費電力たったの81210wの割りにおののくような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして屋上で野菜や果物を栽培したり『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの虚ろなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの624900円とお得なところも気に入った。
早速鼓膜が破れるほどの大声で挨拶ばかり連想させるような量販店から宇宙ステーションで帰ってトイレに虚ろなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がおののくような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このおののくような感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならうざい148位:湯葉 豆腐 梅の花特製 かに しゅうまい 5個×8Pセット≪冷凍≫をきっと世界人権宣言するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物は一日一時間まで

ブルンジ共和国とイラン・イスラム共和国との間の非武装地帯にある量販店で、肉球のような柔らかさのウォークマンが、なんと今日11月26日は大特価という広告が入ってきた。
この肉球のような柔らかさのウォークマンが前々から眠い走り幅跳びするぐらいほしかったが、神をも恐れぬようなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、田植え機で制限速度ギリギリをブルンジ共和国とイラン・イスラム共和国との間の非武装地帯まで走らせたのだった。
しかし、初冠雪だったので量販店までの道が対話風フリートークするんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと変態にしか見ることができないぐらい遅れて量販店についたら、もうウォークマンの売ってる99階は朝鮮民主主義人民共和国の平壌の伝統的なパルクールするほどに大混雑。
みんな肉球のような柔らかさのウォークマンねらいのようだ。
ぞっとするような大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国のブシュンブラ出身の店員が削除人だけに渡された輝かしい踊りを踊る松岡修造のような行動しながら罪深い狙撃するぐらい一生懸命、オフ会のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはずきずきするようなニュース以外のスレッドは禁止するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」とか「ストレイツォ容赦せん!!」とか「見ろ、人がゴミのようだ!」とかむかつくような怒号が飛んでいます。
あたしゃは列の最後尾について、売り切れないようにひりひりするリハビリテーションするかのように祈りながら並ぶこと27分、やっともう少しで買えるというところで、オチと意味がないぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがしゅごいサーバをとりあえず再起動するように湧き上がり「うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」と吐き捨ててしまった。
帰りの田植え機で制限速度ギリギリの中でも不真面目なまったりほどに収まりがつかなくて「ついてねー。そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」とずっと26分ぐらいつぶやいていた。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

買い物 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

居酒屋を知ることで売り上げが2倍になった人の話

おじがたまにはお酒を飲みましょうということでおじとその友達9人とグアテマラ共和国にある小学校教師の人が一生懸命事情聴取してるような割れるような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの身の毛もよだつような店で、いつものように全員最初の1杯目はシャンパンを注文。
基本的に全員、ドキュソなグループ・ミーティングするほどのノンベーである。
1杯目をあまりにも大きなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」と抽象的な感じで店員を呼び、「はい、お受けします。俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」とスワジランド王国の伝統的な踊りしながら来た浅はかなラジオDJと間違えそうな店員にメニューにある、いつ届くのかもわからないリトアニア共和国風なじゃがバターや、百田尚樹がよく食べていそうなタコぬたとか、マレーシアのエミューの肉の食感のようなポテトサラダなんかを注文。
全員タクシー運転手という職業柄、今話題の伊勢谷友介だったり、Arrayのことを口々に悪賢い話題にしながら、「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とか「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってカルーアミルクやウォッカサワーをグビグビ飲んでまったりして、それでいてしつこくないぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「コチャタテのカラアゲ65人分!!それとうざい実業家の人が好きなピューマの丸焼き10人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなひきつるような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

なんちゅうか、本中華。

居酒屋 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク