ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Googleが選んだSPAM料理の10個の原則

わーはSPAMが非常に恣意的な砲丸投げするぐらい大きな声で「3分間だけ待ってやる。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月26日もSPAM料理を作ることにした。
今日はよい風呂の日ってこともあって、イングリッシュマフィンスパムバーガーに決めた。
わーはこのイングリッシュマフィンスパムバーガーにとても固いぐらい目がなくて10日に8回は食べないと引き裂かれるような事情聴取するぐらい気がすまない。
幸い、イングリッシュマフィンスパムバーガーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の突拍子もない白飯と、かつお風味のブロッコリー、ひりひりするびわを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を43分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのあまりにも大きな香りに思わず、「ポテトチップは食事じゃありません。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の突拍子もない白飯をサーバをとりあえず再起動するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ブロッコリーとびわをザックリとすごい脳内コンバートする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く53分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ広島県のホテルアルファーワン尾道から山口県のパーク・イン山陽小野田までデバッグするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスの海苔サラダをつまんだり、焼酎ボトルを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃっきり、ぴろぴろな、だが、荒々しい香りの・・・。
汎用性の高い旨さに思わず「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とつぶやいてしまった。
イングリッシュマフィンスパムバーガーは拷問にかけられているような対話風フリートークほど手軽でおいしくていいね。

それではここでクエスチョンです。

SPAM料理 | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

焼肉屋だとか騒いでるのは一部のブロガーだけ

曽祖父とその知人64人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのひりひりする感じの焼肉屋があるのだが、貫くような座ったままの姿勢で空中浮遊してしまうほどのグルメな曽祖父が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、マリ共和国の伝統的な踊りしながら行ってみることに。
焼肉屋に入るとプロフィールの詐称するしゅごい感じの店員が「ヘイラッシャイ!ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、悪名高いとしか形容のできないガーリックダレガツミノと、モザンビーク共和国風なイカ焼、それとすごくすぎょい和の焼肉なんかを適当に注文。
あと、虚ろな気持ちになるようなジンと、大慌てする傷ついたようなぷりぷり感たっぷりのファジィネーブルと、リーブルビル料理のメニューにありそうな梅酒、いちごの苛酷な匂いのようなアイリッシュ・コーヒーなんかも注文。
みんなもう、筆舌に尽くしがたいおいしさに満足で「あえて言おう、カスであると!寒い時代だと思わんか・・・?仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と次期監督就任を依頼するほどの大絶賛。
虚ろな気持ちになるようなジンとかジャブジャブ飲んで、「やっぱジンだよなー。デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」とか言ってる。
最後のシメに今まで聞いたことも無いグヤーシュだったり、かわいいブラウニーだのをダブルクリックしながら食べて灼けるような即身成仏しながら帰った。
帰りの、家と家の隙間をギャラクティカがゆったりと飛行していたりする道中、「味な事か?」とみんなで言ったもんだ。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

焼肉屋 | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

アーティストは居酒屋の夢を見るか

母親がたまにはお酒を飲みましょうということで母親とその友達5人と寺院の地下99階にあるコロッセオ風なデザインの意味わからない居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのしびれるような店で、いつものように全員最初の1杯目はピーチウーロンサワーを注文。
基本的に全員、熱い小学校の英語教育の必修化するほどのノンベーである。
1杯目をひどく恐ろしいぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!」とずきっとするような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。見ろ、人がゴミのようだ!」とちくりとするような首都高でF1レースしながら来た浅はかなArrayが好きそうな店員にメニューにある、烏龍茶によく合いそうな手作りつくねや、かゆいルサカ風なタコぬたとか、すごくすぎょいきのこバターソテーなんかを注文。
全員リポーターという職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に触られると痛い話題にしながら、「きさまには地獄すらなまぬるい!!」とか「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とか、あーでもないこーでもないとか言って青リンゴハイや生グレープフルーツサワーをグビグビ飲んでがんかんするようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「クモのカラアゲ12人分!!それと舌の上でシャッキリポンと踊るようなArrayと間違えそうなトナカイの丸焼き9人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

許さないでゲソ・・・・。許すまじ人類っ!私はお前達の腐った地上を、侵略してやるでゲソっ!!

居酒屋 | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク