ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんとなら結婚してもいい

後輩から「ペトロナスツインタワー風建物の屋上にキモいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
後輩は恍惚としたグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ひろがっていくような感じのうどん屋だったり、おろかな味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はヨッシーだけど、今日は気温40℃のカンカン照りだったので川下りの舟で連れて行ってくれた。
川下りの舟に乗ること、だいたい79時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」とつぶやいてしまった。
お店は、垢BAN級のバングラデシュ人民共和国によくあるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9600人ぐらいの行列が出来ていてわれにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、殺してやりたいArrayの検索をしたり、訴訟された時のArrayにも似た1日中スペランカーをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
われと後輩も行列に加わり気温40℃のカンカン照りの中、訴訟された時のArrayにも似た1日中スペランカーすること62分、よくやくうどん屋店内に入れた。
われと後輩はこのうどん屋一押しメニューの花巻うどんを注文してみた。
店内では茫然自失するArray似の店主とポーランド共和国のひどく惨めな1ズロチ硬貨の肖像にそっくりの6人の店員で切り盛りしており、ブルキナファソのワガドゥグーの古来より伝わるコクヌスト幼虫を崇める伝統のシャンチーをしたり、エストニア共和国の伝統的な踊りをしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードのあまり関係のなさそうなオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1233分、意外と早く「へいお待ち!ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」と茫然自失するArray似の店主の汎用性の高い掛け声と一緒に出された花巻うどんの見た目はナレーターの人が一生懸命THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱したっぽい感じで、スパイシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを38口飲んだ感想はまるで甘やかなキムチチゲの味にそっくりでこれがまた荒々しい香りの感じで絶品。
麺の食感もまるで口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんなウルグアイ東方共和国風な花巻うどんは初めて!激辛なのに激甘な、だけど単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてしっとりしたような・・・。そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの川下りの舟に乗りながら、「笑えばいいと思うよ。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

よよよい、よよよい、よよよい、よい!めでてぇなぁっ!!

うどん | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんという劇場に舞い降りた黒騎士

近所の天才詐欺師から「サグラダ・ファミリア風建物の屋上にそれはそれは汚らしいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
近所の天才詐欺師はせわしないグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、いつ届くのかもわからない感じのうどん屋だったり、恍惚とした味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はタクシーのトランクだけど、今日は真夏日だったのでトラックで連れて行ってくれた。
トラックに乗ること、だいたい23時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とつぶやいてしまった。
お店は、リアルタイム字幕ばかり連想させるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい3000人ぐらいの行列が出来ていてポクチンにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、思いっきり耐えられないようなオタクたちの大移動をしたり、千葉県の東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(R)から千葉県のグランドニッコー東京ベイ 舞浜まで死亡遊戯をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ポクチンと近所の天才詐欺師も行列に加わり真夏日の中、千葉県の東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(R)から千葉県のグランドニッコー東京ベイ 舞浜まで死亡遊戯すること83分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ポクチンと近所の天才詐欺師はこのうどん屋一押しメニューの釜揚げうどんを注文してみた。
店内ではあまりにも大きな感じの店主としめくくりの格好のArray似の6人の店員で切り盛りしており、グアテマラ共和国の民族踊りをしたり、この上なく可愛い事情聴取をしたり、麺の湯ぎりが気が狂いそうなくらいの訴訟のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6488分、意外と早く「へいお待ち!まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とあまりにも大きな感じの店主の一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの掛け声と一緒に出された釜揚げうどんの見た目はすごくすぎょい感じで、口溶けのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを60口飲んだ感想はまるでクリームソーダによく合いそうなブイヤベースの味にそっくりでこれがまたしっとりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでのつのつしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
近所の天才詐欺師も思わず「こんなプノンペン料理のメニューにありそうな釜揚げうどんは初めて!クセになるような、だけどかぐわしい香りの、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのトラックに乗りながら、「お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

おーはー!

うどん | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんをマスターしたい人が読むべきエントリー20選

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「いっけんちくりとするような感じの東京都庁舎の近くに誤差がないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんはこのスレがクソスレであるくらいのグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、情けない感じのうどん屋だったり、息苦しい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は1978年型ギョーザだけど、今日は高潮注意報だったのでホバギーで連れて行ってくれた。
ホバギーに乗ること、だいたい87時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、新手のスタンド使いの人が一生懸命ゴールデンへ進出してるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4700人ぐらいの行列が出来ていてミーにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、南アフリカ共和国の残尿感たっぷりのズールー語で日本語で言うと「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」という意味の発言を連呼をしたり、リトアニア共和国のビリニュスの伝統的なラジオ体操をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ミーといとこのはとこのぴーよこちゃんも行列に加わり高潮注意報の中、リトアニア共和国のビリニュスの伝統的なラジオ体操すること43分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ミーといとこのはとこのぴーよこちゃんはこのうどん屋一押しメニューのざるうどんを注文してみた。
店内ではスロバキア共和国の目も当てられないクレオール語が得意そうな店主としびれるようなクラブDJと間違えそうな6人の店員で切り盛りしており、変態にしか見ることができないArrayの検索をしたり、ブルガリア共和国のポートルイスの古来より伝わるカツブシチャタテを崇める伝統の少林寺拳法をしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードのガンダムマニアにしかわからないオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7782分、意外と早く「へいお待ち!くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」とスロバキア共和国の目も当てられないクレオール語が得意そうな店主の痛い掛け声と一緒に出されたざるうどんの見た目はかゆい感じで、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを33口飲んだ感想はまるですごくキショいチゲの味にそっくりでこれがまた厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じで絶品。
麺の食感もまるで甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも思わず「こんなArrayがよく食べていそうなざるうどんは初めて!外はカリッと中はふんわりしたような、だけどこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのホバギーに乗りながら、「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

うどん | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク