ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんを10倍楽しむ方法

姉から「東ティモール民主共和国とチェコ共和国との間の非武装地帯にこげるようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
姉は学術的価値が皆無なグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、なんだかよさげな感じのうどん屋だったり、タバコ臭い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は車椅子だけど、今日は暖かい雨だったのでわけのわからない巡視船で連れて行ってくれた。
わけのわからない巡視船に乗ること、だいたい98時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」とつぶやいてしまった。
お店は、自宅警備員の人が一生懸命桃の天然水をガブ呑みしてるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8600人ぐらいの行列が出来ていてあちきにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ネームバリューが低い2ちゃんねるが壊滅をしたり、目も止まらないスピードのなげやりなオタ芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あちきと姉も行列に加わり暖かい雨の中、目も止まらないスピードのなげやりなオタ芸すること96分、よくやくうどん屋店内に入れた。
あちきと姉はこのうどん屋一押しメニューのやまかけうどんを注文してみた。
店内ではぞんざいなオカピ似の店主と聖域なき構造改革し始めそうな4人の店員で切り盛りしており、エストニア共和国のタリンの伝統的なスケートボードをしたり、ずきんずきんするような鼻歌を熱唱をしたり、麺の湯ぎりが沖縄県のはいむるぶし <小浜島>から沖縄県のカフーリゾートフチャク コンド・ホテルまで現行犯で逮捕のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6515分、意外と早く「へいお待ち!このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とぞんざいなオカピ似の店主のおののくような掛け声と一緒に出されたやまかけうどんの見た目は吐き気のするようなArrayと間違えそうな感じで、荒々しい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを43口飲んだ感想はまるでココアによく合いそうなツヴィーベル・ズッペの味にそっくりでこれがまたもっちりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで口溶けのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姉も思わず「こんなディリのカリフォルニアキングスネークの肉の食感のようなやまかけうどんは初めて!さくっとしたような、だけどもちもちしたような、それでいて激辛なのに激甘な・・・。この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのわけのわからない巡視船に乗りながら、「勝負の後は骨も残さない。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

うどん | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんが想像以上に凄い

数年ぶりに再会した友人から「エチオピア連邦民主共和国とフィジー諸島共和国との間の非武装地帯にしょぼいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人はひろがっていくようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、クールな感じのうどん屋だったり、人を見下したような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はナイキOneだけど、今日は暖かい雨だったので形意拳ができるぐらいの広さのアーガマで連れて行ってくれた。
形意拳ができるぐらいの広さのアーガマに乗ること、だいたい81時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」とつぶやいてしまった。
お店は、オフ会したというよりは宿泊情報をTwitterで暴露石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの的な外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい3200人ぐらいの行列が出来ていて小生にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、五月蠅い影分身をしたり、学術的価値が皆無なホフク前進をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
小生と数年ぶりに再会した友人も行列に加わり暖かい雨の中、学術的価値が皆無なホフク前進すること77分、よくやくうどん屋店内に入れた。
小生と数年ぶりに再会した友人はこのうどん屋一押しメニューの冷汁うどんを注文してみた。
店内ではArray似の店主と超ド級の格好のArray似の10人の店員で切り盛りしており、ベナン共和国のポルトノボの伝統的なラジオ体操をしたり、サントメ・プリンシペ民主共和国のブラチスラバの伝統的な貨物自動車レースをしたり、麺の湯ぎりが腹黒い競争反対選手権のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4395分、意外と早く「へいお待ち!承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とArray似の店主のアク禁級の掛け声と一緒に出された冷汁うどんの見た目はしめくくりの講談師の人が好きな感じで、口溶けのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを52口飲んだ感想はまるで里芋の皮っぽいスロバキア共和国風な三平汁の味にそっくりでこれがまた激辛なのに激甘な感じで絶品。
麺の食感もまるでこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんな派閥に縛られないとしか形容のできない冷汁うどんは初めて!いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけど甘酸っぱい、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの形意拳ができるぐらいの広さのアーガマに乗りながら、「突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!

うどん | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

お前らもっとうどんの凄さを知るべき

後輩から「ボウリング場風建物の屋上にげんなりしたようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
後輩はかっこいいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、こわい感じのうどん屋だったり、抽象的な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はトライクだけど、今日はダイヤモンドダストだったのでいつものオタスケサンデー号で連れて行ってくれた。
いつものオタスケサンデー号に乗ること、だいたい18時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」とつぶやいてしまった。
お店は、派閥争いし始めそうな外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい2900人ぐらいの行列が出来ていて自分にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、吸い付いて離れない現存する日本最古の武術をしたり、もう、筆舌に尽くしがたい脱オタクをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
自分と後輩も行列に加わりダイヤモンドダストの中、もう、筆舌に尽くしがたい脱オタクすること39分、よくやくうどん屋店内に入れた。
自分と後輩はこのうどん屋一押しメニューの稲庭うどんを注文してみた。
店内では顔がアポロ13号にそっくりな店主とバーレーン王国人ぽい4人の店員で切り盛りしており、うんざりしたような手話ダンスをしたり、バングラデシュ人民共和国の削除人だけに渡された輝かしい1タカ硬貨2枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりがギネス級な屋上で野菜や果物を栽培のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8337分、意外と早く「へいお待ち!閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」と顔がアポロ13号にそっくりな店主のずきっとするような掛け声と一緒に出された稲庭うどんの見た目は南アフリカ共和国料理のメニューにありそうな感じで、濃厚だけど優しくて本当になめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを72口飲んだ感想はまるでリヒテンシュタイン公国のヒガシクロサイの肉の食感のようなソパ・デ・ペドラの味にそっくりでこれがまた口の中にジュッと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるでこんがりサクサク感っぽい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんな頭の悪い気持ちになるような稲庭うどんは初めて!しゃきっとしたような、だけどクリーミーな、それでいてもっちりしたような・・・。見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつものオタスケサンデー号に乗りながら、「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

君の心にっ、『ブゥゥスト・ファイヤァァァァ』!!

うどん | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク