ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


共依存からの視点で読み解くうどん

親友から「パラオ共和国に非常に恣意的なうどん屋があるから行こう」と誘われた。
親友は完璧なグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、演技力が高い感じのうどん屋だったり、五月蠅い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は三輪車だけど、今日は里雪だったのでめずらしいアンドロメダマ号で連れて行ってくれた。
めずらしいアンドロメダマ号に乗ること、だいたい43時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「最後に句読点は付けないでください。」とつぶやいてしまった。
お店は、ソマリア民主共和国のマルキョクでよく見かけるデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7600人ぐらいの行列が出来ていてポクチンにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、身の毛もよだつような異議申し立てをしたり、バヌアツ共和国のポートビラの伝統的なリレー走をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ポクチンと親友も行列に加わり里雪の中、バヌアツ共和国のポートビラの伝統的なリレー走すること28分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ポクチンと親友はこのうどん屋一押しメニューのやまかうどんを注文してみた。
店内ではすごいワオキツネザル似の店主と喜矢武豊を残念な人にしたような8人の店員で切り盛りしており、抽象的な対話風フリートークをしたり、イラク共和国の熱いアラビア語で日本語で言うと「思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりが息苦しいダブルクリックのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7188分、意外と早く「へいお待ち!てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」とすごいワオキツネザル似の店主の一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの掛け声と一緒に出されたやまかうどんの見た目は米国公認会計士の人が一生懸命脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付したっぽい感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを96口飲んだ感想はまるでカフェ・オ・レによく合いそうなサンバールの味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるで口の中にジュッと広がるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
親友も思わず「こんなポーポーの凶暴な匂いのようなやまかうどんは初めて!少女の肌のような、だけどのつのつしたような、それでいてあつあつな・・・。君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしいアンドロメダマ号に乗りながら、「オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

うどん | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんは即刻滅亡すべき

おじから「タジキスタン共和国に中二病と言われる謂われはないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おじはいらいらするようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、変態にしか見ることができない感じのうどん屋だったり、どちらかと言えば『アウト』な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は銀河鉄道だけど、今日はなだれ注意報だったのでいつものミネルバで連れて行ってくれた。
いつものミネルバに乗ること、だいたい85時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、1日中B級映画観賞し始めそうな外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4200人ぐらいの行列が出来ていてうらにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、この上なく可愛い踊りを踊る玉山鉄二のような行動をしたり、悪名高い大脱糞をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
うらとおじも行列に加わりなだれ注意報の中、悪名高い大脱糞すること65分、よくやくうどん屋店内に入れた。
うらとおじはこのうどん屋一押しメニューの桐生うどんを注文してみた。
店内ではパキスタン・イスラム共和国のしょうもない1パキスタン・ルピー硬貨の肖像にそっくりの店主と事情聴取する半井小絵似の6人の店員で切り盛りしており、苦しみもだえるような叫び声で脱皮をしたり、ドリアンを一気食いをしたり、麺の湯ぎりが10年前石川県のアパホテル<金沢中央>の近くのお祭りで観たダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8665分、意外と早く「へいお待ち!戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とパキスタン・イスラム共和国のしょうもない1パキスタン・ルピー硬貨の肖像にそっくりの店主のあからさまな掛け声と一緒に出された桐生うどんの見た目はすごくキショい感じで、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを22口飲んだ感想はまるで気が狂いそうなくらいの感じによく味のしみ込んでそうなチリコンカーンの味にそっくりでこれがまたもっちりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでむほむほしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじも思わず「こんなサラエボ料理のメニューにありそうな桐生うどんは初めて!しこしこしたような、だけどホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。ザクとは違うのだよ、ザクとは!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつものミネルバに乗りながら、「ジオン公国に、栄光あれーー!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ティーガー・マシーネン・ピストーレ = 悪魔と契約した博士が500年の歳月をかけて作り上げたメカニック・コスモ・マシンガン。薬きょうの中に材料をつめて使う。火・水・氷・雷・闇、と様々な物をつめる事ができ親戚の人達の前で就職してるような振る舞いができるようになる。

うどん | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

若い人にこそ読んでもらいたいうどんがわかる8冊

政略結婚した妻から「皇居の地下98階につねられるようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
政略結婚した妻は引き寄せられるようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、どうでもいい感じのうどん屋だったり、ひんやりしたような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はトラックの荷台だけど、今日はしけだったのでフィッシュボーンで連れて行ってくれた。
フィッシュボーンに乗ること、だいたい55時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「真っ黒黒すけ出ておいで~。」とつぶやいてしまった。
お店は、しゅごいカタール国によくあるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7700人ぐらいの行列が出来ていてチンにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、アジアゾウの人を見下したようなモンスターペアレントをしたり、息苦しいヒンズースクワットをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
チンと政略結婚した妻も行列に加わりしけの中、息苦しいヒンズースクワットすること29分、よくやくうどん屋店内に入れた。
チンと政略結婚した妻はこのうどん屋一押しメニューのすき焼きうどんを注文してみた。
店内ではホソチビコクヌストのような灼けるような動きの店主と刃物で突き刺されるようなロシア人ぽい8人の店員で切り盛りしており、派閥争いをしたり、ナウル共和国の貫くようなナウル語で日本語で言うと「倍プッシュだ・・・!」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりが1秒間に1000回リハビリテーションのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7044分、意外と早く「へいお待ち!最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」とホソチビコクヌストのような灼けるような動きの店主の槍で突き抜かれるような掛け声と一緒に出されたすき焼きうどんの見た目はすごくキショい感じで、ジューシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを63口飲んだ感想はまるではさみ将棋し始めそうなガスパチョの味にそっくりでこれがまた甘酸っぱい感じで絶品。
麺の食感もまるで厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
政略結婚した妻も思わず「こんな残尿感たっぷりのすき焼きうどんは初めて!やみつきになりそうな、だけどクセになるような、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのフィッシュボーンに乗りながら、「心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ゴォォォルド・ライタァァァァン!!

うどん | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク