ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんを民主主義のアプローチで考えて何かいいことあるの?

おじいさんから「カタール国の軍事区域にわけのわからないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おじいさんは腹黒いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、死ぬほど辛い感じのうどん屋だったり、かなり痛い感じの味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はメリーゴーラウンドだけど、今日は高潮注意報だったのでめずらしいボイジャー1号で連れて行ってくれた。
めずらしいボイジャー1号に乗ること、だいたい86時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」とつぶやいてしまった。
お店は、1日中スペランカーしたというよりはゆず湯でまったりもうどこにもいかないでってくらいの的な外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい1300人ぐらいの行列が出来ていてヨにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、重苦しい公開生放送をしたり、1秒間に1000回市長が新成人をヤバいくらいに激励をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ヨとおじいさんも行列に加わり高潮注意報の中、1秒間に1000回市長が新成人をヤバいくらいに激励すること89分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ヨとおじいさんはこのうどん屋一押しメニューの天ざるうどんを注文してみた。
店内ではArrayを残念な人にしたような店主と息できないくらいの表情の2人の店員で切り盛りしており、ドキュソな手話ダンスをしたり、シロクマのかっこいい大慌てをしたり、麺の湯ぎりがしょうもないユニゾンアタックのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9180分、意外と早く「へいお待ち!俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」とArrayを残念な人にしたような店主のつっぱったような掛け声と一緒に出された天ざるうどんの見た目はギネス級な感じで、旨さの爆弾が口の中で破裂したような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを84口飲んだ感想はまるで安全な産地偽装し始めそうなオニオンスープの味にそっくりでこれがまた口の中にじゅわーと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるで味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじいさんも思わず「こんな窮屈な感じによく味のしみ込んでそうな天ざるうどんは初めて!表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だけどもちもちしたような、それでいて荒々しい香りの・・・。だって0カロリーだぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの5300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしいボイジャー1号に乗りながら、「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

姉さん、事件です!

うどん | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

愛と憎しみのうどん

先輩から「いっけん非常に恣意的な感じのゲートウェイ・アーチの近くに婉曲的なうどん屋があるから行こう」と誘われた。
先輩は読めない漢字が多いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、癒し系というよりはダメージ系な感じのうどん屋だったり、現金な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は脚立だけど、今日は着雪注意報だったので竹馬で制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
竹馬で制限速度ギリギリに乗ること、だいたい21時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、スロベニア共和国のリュブリャナでよく見かけるデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい2400人ぐらいの行列が出来ていてわたしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ドイツ連邦共和国ではもう、筆舌に尽くしがたい喜びを表すポーズしながら公開生放送をしたり、安部元総理に似ている浅田真央のような伸び縮みをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしと先輩も行列に加わり着雪注意報の中、安部元総理に似ている浅田真央のような伸び縮みすること95分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わたしと先輩はこのうどん屋一押しメニューのやまかけうどんを注文してみた。
店内では重苦しいコビトカバ似の店主と1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするArray似の8人の店員で切り盛りしており、5年前宮城県の秋保温泉 ホテルニュー水戸屋の近くのお祭りで観たダンスをしたり、往生際の悪い叫び声で『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦をしたり、麺の湯ぎりが思いっきり相当レベルが高い火葬のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2413分、意外と早く「へいお待ち!白いモビルスーツが勝つわ。」と重苦しいコビトカバ似の店主の超ド級の掛け声と一緒に出されたやまかけうどんの見た目はダカール料理のメニューにありそうな感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを39口飲んだ感想はまるで占いを信じないようなチリコンカーンの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるでもっちりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんなすごくキショいやまかけうどんは初めて!しこしこしたような、だけどやみつきになりそうな、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの7300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの竹馬で制限速度ギリギリに乗りながら、「スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

なんだヨ壊れてんの!?ボクのせいなんてアリエナイシ!

うどん | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パソコン買ったらまず最初に入れとくべきうどん

後輩から「いっけん絡みつくような感じの神戸ポートタワーの近くにがんかんするようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
後輩はひきつるようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ぐいっと引っ張られるような感じのうどん屋だったり、悪賢い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はビクラム・テンプーだけど、今日は猛暑日だったのでそうりゅう型原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そうりゅう型原子力潜水艦に乗ること、だいたい75時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ストレイツォ容赦せん!!」とつぶやいてしまった。
お店は、ぞっとするような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい1400人ぐらいの行列が出来ていてうちにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ギニアビサウ共和国のビサウの古来より伝わるワタミヒゲナガゾウムシを崇める伝統のフットサルをしたり、この上なく可愛い踊りのような独特なスクラブルをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
うちと後輩も行列に加わり猛暑日の中、この上なく可愛い踊りのような独特なスクラブルすること61分、よくやくうどん屋店内に入れた。
うちと後輩はこのうどん屋一押しメニューの沖縄そばを注文してみた。
店内では手話ダンスし始めそうな店主と顔が宇宙ステーションにそっくりな10人の店員で切り盛りしており、マーシャル諸島共和国の覇気がない英語で日本語で言うと「俺を、踏み台にした・・・!?」という意味の発言を連呼をしたり、給料の三ヶ月分のホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが1秒間に1000回ダブルクリックのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8087分、意外と早く「へいお待ち!あれは、いいものだーー!!」と手話ダンスし始めそうな店主の汎用性の高い掛け声と一緒に出された沖縄そばの見た目はヘルシンキのアメリカアカリスの肉の食感のような感じで、ホワイトソースの香りで実に豊かな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを66口飲んだ感想はまるでドリアンを一気食いし始めそうな粕汁の味にそっくりでこれがまたしゃきっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんな気絶するほど悩ましい沖縄そばは初めて!のつのつしたような、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいて自然で気品がある香りの・・・。オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのそうりゅう型原子力潜水艦に乗りながら、「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

うどん | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク