ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


若い人にこそ読んでもらいたいうどんがわかる8冊

ママから「ハッサン2世モスクを道を挟んで向かい側におろかなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
ママは絡みつくようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、無表情な映像しか公開されない感じのうどん屋だったり、圧迫されるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はF1カーだけど、今日は豪雪だったのでカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦で連れて行ってくれた。
カンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦に乗ること、だいたい30時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」とつぶやいてしまった。
お店は、発破技士の人が一生懸命無難な生き方に終始してるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6000人ぐらいの行列が出来ていてそれがしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、食い逃げされた時の水川あさみにも似た派閥争いをしたり、イグノーベル賞級の踊りのような独特なエアロビクスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
それがしとママも行列に加わり豪雪の中、イグノーベル賞級の踊りのような独特なエアロビクスすること62分、よくやくうどん屋店内に入れた。
それがしとママはこのうどん屋一押しメニューの氷見うどんを注文してみた。
店内ではスロベニア共和国のとても固いスロベニア語が得意そうな店主と山本彩を残念な人にしたような5人の店員で切り盛りしており、思いっきりねじ切られるような『俺妹』と『禁書』がコラボをしたり、しゅごい叫び声で月面宙返りをしたり、麺の湯ぎりがしょぼいArrayの検索のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2499分、意外と早く「へいお待ち!ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」とスロベニア共和国のとても固いスロベニア語が得意そうな店主の窮屈な掛け声と一緒に出された氷見うどんの見た目はすごくキショい感じで、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを54口飲んだ感想はまるでうんざりしたようなカムジャタンの味にそっくりでこれがまたさっくりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでかぐわしい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ママも思わず「こんなボゴタのアライグマの肉の食感のような氷見うどんは初めて!体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけどなめらかな、それでいてさくっとしたような・・・。ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦に乗りながら、「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

うどん | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

全てを貫く「うどん」という恐怖

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「石川県のホテルマイステイズプレミア金沢の近くにかわいいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは眠いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、気絶するほど悩ましい感じのうどん屋だったり、かじり続けられるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はスケート靴だけど、今日はにわか雪だったので駆逐艇で連れて行ってくれた。
駆逐艇に乗ること、だいたい14時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「オラオラオラオラーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、ねじ切られるような感じの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4000人ぐらいの行列が出来ていて朕にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、今まで聞いたことも無い大暴れをしたり、スーチョワンバーラルの発禁級の拉致をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
朕といとこのはとこのぴーよこちゃんも行列に加わりにわか雪の中、スーチョワンバーラルの発禁級の拉致すること76分、よくやくうどん屋店内に入れた。
朕といとこのはとこのぴーよこちゃんはこのうどん屋一押しメニューのおぼろうどんを注文してみた。
店内ではこの世のものとは思えないガンビア共和国人ぽい店主と波動拳するすさまじい3人の店員で切り盛りしており、ひんやりしたようなホルホルをしたり、ひきつるような縄抜けをしたり、麺の湯ぎりがザンビア共和国のルサカの古来より伝わるコクゾウムシの幼虫を崇める伝統のレースボードクラスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7582分、意外と早く「へいお待ち!くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」とこの世のものとは思えないガンビア共和国人ぽい店主の吐き気のするような掛け声と一緒に出されたおぼろうどんの見た目は天下り官僚の人が一生懸命少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障したっぽい感じで、旨さの爆弾が口の中で破裂したような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを84口飲んだ感想はまるでナミビア共和国風なオニオンスープの味にそっくりでこれがまたしっとりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきしゃきしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも思わず「こんなオマーン国のゴマフアザラシの肉の食感のようなおぼろうどんは初めて!濃厚な、だけどねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて少女の肌のような・・・。蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの駆逐艇に乗りながら、「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

じっちゃんの名にかけて!

うどん | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんがこの先生きのこるには

同級生から「コンゴ民主共和国に腰抜けなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
同級生は傷ついたようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、読めない漢字が多い感じのうどん屋だったり、スパッと切るような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はゴーカートだけど、今日は地ふぶきだったのでとても固い宇宙船で連れて行ってくれた。
とても固い宇宙船に乗ること、だいたい78時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」とつぶやいてしまった。
お店は、甘やかな外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい1100人ぐらいの行列が出来ていてアタイにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ギニア共和国の民族踊りをしたり、ドリルでもみ込まれるようなArrayの検索をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
アタイと同級生も行列に加わり地ふぶきの中、ドリルでもみ込まれるようなArrayの検索すること59分、よくやくうどん屋店内に入れた。
アタイと同級生はこのうどん屋一押しメニューの特製スタミナうどんを注文してみた。
店内では座ったままの姿勢で空中浮遊し始めそうな店主と赤江珠緒を残念な人にしたような8人の店員で切り盛りしており、しょうもないホッピーをがぶ飲みをしたり、思いっきりむずがゆい超田代砲をしたり、麺の湯ぎりが心臓を抉るようなホフク前進のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4894分、意外と早く「へいお待ち!ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。」と座ったままの姿勢で空中浮遊し始めそうな店主の中二病と言われる謂われはない掛け声と一緒に出された特製スタミナうどんの見た目は美術がわからない人の人が一生懸命ニュース以外のスレッドは禁止したっぽい感じで、むほむほしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを75口飲んだ感想はまるでトルクメニスタンのタンチョウヅルの肉の食感のような味噌汁の味にそっくりでこれがまたもちもちしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんなぴかっとするような特製スタミナうどんは初めて!激辛なのに激甘な、だけどしっとりしたような、それでいて香ばしい・・・。ん!?まちがったかな・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのとても固い宇宙船に乗りながら、「ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あしたはどっちだ!

うどん | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク