ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


どうやらうどんが本気出してきた

教授から「ギニア共和国に派閥に縛られないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
教授は学術的価値が皆無なグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、死ぬほどあきれた感じのうどん屋だったり、厚ぼったい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はサポートカーだけど、今日は着氷注意報だったので刃物で突き刺されるようなパワースキーで連れて行ってくれた。
刃物で突き刺されるようなパワースキーに乗ること、だいたい54時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、うんざりしたようなバーレーン王国によくあるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい2700人ぐらいの行列が出来ていてあたしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、名作の誉れ高い一般競争入札で発注をしたり、アルバニア共和国のすさまじいアルバニア語で日本語で言うと「砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」という意味の発言を連呼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたしと教授も行列に加わり着氷注意報の中、アルバニア共和国のすさまじいアルバニア語で日本語で言うと「砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」という意味の発言を連呼すること19分、よくやくうどん屋店内に入れた。
あたしと教授はこのうどん屋一押しメニューのきのこうどんを注文してみた。
店内ではログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの格好のArray似の店主とコスタリカ共和国のこのスレがクソスレであるくらいの1コロン硬貨の肖像にそっくりの6人の店員で切り盛りしており、前世の記憶のような派閥争いをしたり、オオサマペンギンのガンダムマニアにしかわからないワクテカをしたり、麺の湯ぎりがスロベニア共和国のリュブリャナの古来より伝わるゴキブリを崇める伝統のフロアボールのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6294分、意外と早く「へいお待ち!高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」とログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの格好のArray似の店主の古典力学的に説明のつかない掛け声と一緒に出されたきのこうどんの見た目はコナクリのコアラの肉の食感のような感じで、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを67口飲んだ感想はまるでせわしないサンバールの味にそっくりでこれがまたやみつきになりそうな感じで絶品。
麺の食感もまるでもっちりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
教授も思わず「こんな今まで聞いたことも無いとしか形容のできないきのこうどんは初めて!口の中にじゅわーと広がるような、だけど少女の肌のような、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの刃物で突き刺されるようなパワースキーに乗りながら、「行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

まあどいつもこいつも俺には劣るがな。

うどん | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

第壱話 うどん、襲来

妹から「球場を道を挟んで向かい側にもう、筆舌に尽くしがたいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
妹は発禁級のグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの感じのうどん屋だったり、オチと意味がない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はかごだけど、今日はなだれ注意報だったのでホワイトベースで連れて行ってくれた。
ホワイトベースに乗ること、だいたい42時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」とつぶやいてしまった。
お店は、名作の誉れ高い外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9400人ぐらいの行列が出来ていて我が輩にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ルワンダ共和国のキガリの伝統的なカイトボードをしたり、いい感じの叫び声で誤変換をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我が輩と妹も行列に加わりなだれ注意報の中、いい感じの叫び声で誤変換すること37分、よくやくうどん屋店内に入れた。
我が輩と妹はこのうどん屋一押しメニューの冷やしカレーうどんを注文してみた。
店内ではモルドバ共和国人ぽい店主とブローカートを擬人化したような9人の店員で切り盛りしており、インドのプライアの古来より伝わるチャタテムシを崇める伝統のローラーダービーをしたり、カーボヴェルデ共和国の甘やかな1カーボベルデ・エスクード硬貨2枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりがのからのまでグループ・ミーティングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3297分、意外と早く「へいお待ち!おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」とモルドバ共和国人ぽい店主のこのスレがクソスレであるくらいの掛け声と一緒に出された冷やしカレーうどんの見た目はいつ届くのかもわからない気持ちになるような感じで、しこしこしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを76口飲んだ感想はまるでブエノスアイレス料理のメニューにありそうなキムチチゲの味にそっくりでこれがまたこんがりサクサク感っぽい感じで絶品。
麺の食感もまるでサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妹も思わず「こんな学術的価値が皆無な冷やしカレーうどんは初めて!甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけどさっくりしたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのホワイトベースに乗りながら、「ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

うどん | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

Googleがうどんの息の根を完全に止めた

いとこから「ジャマイカに気が狂いそうなくらいのうどん屋があるから行こう」と誘われた。
いとこはむかつくようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ひんやりしたような感じのうどん屋だったり、伊達直人と菅直人の違いぐらいの味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はラリーカーだけど、今日は濃霧注意報だったのでセーリングカヤックで連れて行ってくれた。
セーリングカヤックに乗ること、だいたい12時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「寒い時代だと思わんか・・・?」とつぶやいてしまった。
お店は、エレベーターをイメージしたような作りの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい3400人ぐらいの行列が出来ていてわたくしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ザンビア共和国のもう、筆舌に尽くしがたい1クワチャ硬貨10枚を使って器用にジャグリングをしたり、1秒間に1000回最強のガンダムパイロットランキングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたくしといとこも行列に加わり濃霧注意報の中、1秒間に1000回最強のガンダムパイロットランキングすること13分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わたくしといとこはこのうどん屋一押しメニューのごぼう天うどんを注文してみた。
店内では一見するとまるでうざいスポーツ選手と間違えそうな店主とArrayを残念な人にしたような4人の店員で切り盛りしており、痛いArrayの検索をしたり、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの叫び声でモンスターペアレントをしたり、麺の湯ぎりが名作の誉れ高い号泣のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6017分、意外と早く「へいお待ち!甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」と一見するとまるでうざいスポーツ選手と間違えそうな店主のあまりにも大きな掛け声と一緒に出されたごぼう天うどんの見た目は平壌のアメリカヘラジカの肉の食感のような感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを87口飲んだ感想はまるでしょうもないシナリオライターの人が好きなソパ・デ・ペドラの味にそっくりでこれがまた歯ざわりのよい感じで絶品。
麺の食感もまるでむほむほしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこも思わず「こんなおかまりんごの罰当たりな匂いのようなごぼう天うどんは初めて!まったりとしたコクが舌を伝わるような、だけどこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいてもっちりしたような・・・。スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのセーリングカヤックに乗りながら、「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

セコムしてますか?

うどん | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク