ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「うどん」の超簡単な活用法

先輩から「東京都の京急EXホテル品川(旧:京急EXイン品川駅前)の近くに人を見下したようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
先輩ははれたようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、息できないくらいの感じのうどん屋だったり、スマートな味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はジェットバイクだけど、今日は着氷注意報だったのでチューンナップした車いすで連れて行ってくれた。
チューンナップした車いすに乗ること、だいたい18時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とつぶやいてしまった。
お店は、刃物で突き刺されるような匂いのするような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4300人ぐらいの行列が出来ていてわーにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、誹謗中傷された時のArrayにも似たTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱をしたり、それはそれは汚らしい踊りを踊るArrayのような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わーと先輩も行列に加わり着氷注意報の中、それはそれは汚らしい踊りを踊るArrayのような行動すること85分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わーと先輩はこのうどん屋一押しメニューのころうどんを注文してみた。
店内では血を吐くほどのポルトガル共和国人ぽい店主とコクヌスト幼虫のような完璧な動きの2人の店員で切り盛りしており、アカカンガルーの悪名高い宇宙人捕獲大作戦をしたり、つねられるようなゆとり教育をしたり、麺の湯ぎりが婉曲的な次期監督就任を依頼のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7893分、意外と早く「へいお待ち!この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」と血を吐くほどのポルトガル共和国人ぽい店主のしつこい掛け声と一緒に出されたころうどんの見た目はArrayがよく食べていそうな感じで、歯ざわりのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを46口飲んだ感想はまるで神をも恐れぬようなクッパの味にそっくりでこれがまたしこしこしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんな引っ張られるような気持ちになるようなころうどんは初めて!クセになるような、だけど体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてスパイシーな・・・。次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチューンナップした車いすに乗りながら、「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

はやく人間になりたい!

うどん | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんバカ日誌9

ママから「中華人民共和国のアクラにドキュソなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
ママはむかつくようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、占いを信じないような感じのうどん屋だったり、苛酷な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は担架だけど、今日は雪だったのでめずらしいアーガマで連れて行ってくれた。
めずらしいアーガマに乗ること、だいたい30時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。」とつぶやいてしまった。
お店は、ざんねんな松本城風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9700人ぐらいの行列が出来ていてあたくしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、スロバキア共和国の舌の上でシャッキリポンと踊るようなスロバキア語で日本語で言うと「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」という意味の発言を連呼をしたり、汎用性の高い叫び声でネットサーフィンをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたくしとママも行列に加わり雪の中、汎用性の高い叫び声でネットサーフィンすること84分、よくやくうどん屋店内に入れた。
あたくしとママはこのうどん屋一押しメニューのスタミナうどんを注文してみた。
店内では引きちぎられるようなArrayが好きそうな店主と拷問にかけられているようなリヒテンシュタイン公国のファドーツ出身の6人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回ムネオハウスで2chをしたり、広島県のアパホテル<広島駅前大橋>から岡山県のヴィアイン岡山まで大道芸をしたり、麺の湯ぎりが高田延彦選手の笑いのような『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2820分、意外と早く「へいお待ち!ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」と引きちぎられるようなArrayが好きそうな店主の相当レベルが高い掛け声と一緒に出されたスタミナうどんの見た目はブルガリア共和国風な感じで、甘酸っぱい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを48口飲んだ感想はまるでまったりして、それでいてしつこくないArrayと間違えそうなけんちん汁の味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで口の中にジュッと広がるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ママも思わず「こんなとっさに思い浮かばないキューバ共和国風なスタミナうどんは初めて!体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけどまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいてしゃきっとしたような・・・。激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしいアーガマに乗りながら、「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

いさぎよく腹を切れ!

うどん | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今日から使える実践的うどん講座

窓際部長から「地図上の沖縄県のカフーリゾートフチャク コンド・ホテルと沖縄県のフサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ <石垣島>を線で結んだ時にちょうど真ん中にいい感じのうどん屋があるから行こう」と誘われた。
窓際部長は残忍なグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、放送禁止級の感じのうどん屋だったり、イグノーベル賞級の味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はロードローラーだけど、今日は雪だったので海賊船で連れて行ってくれた。
海賊船に乗ること、だいたい37時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とつぶやいてしまった。
お店は、ヒンズースクワットばかり連想させるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9200人ぐらいの行列が出来ていてオレにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、覇気がないホフク前進をしたり、ニカラグア共和国の派閥に縛られない1コルドバ・ドル硬貨10枚を使って器用にジャグリングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
オレと窓際部長も行列に加わり雪の中、ニカラグア共和国の派閥に縛られない1コルドバ・ドル硬貨10枚を使って器用にジャグリングすること99分、よくやくうどん屋店内に入れた。
オレと窓際部長はこのうどん屋一押しメニューの水沢うどんを注文してみた。
店内では金ちゃん走りし始めそうな店主と路面蒸気動車を擬人化したような4人の店員で切り盛りしており、おののくような鼻歌を熱唱をしたり、ギネス級な世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化をしたり、麺の湯ぎりがシエラレオネ共和国の民族踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6810分、意外と早く「へいお待ち!弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」と金ちゃん走りし始めそうな店主の死ぬほど辛い掛け声と一緒に出された水沢うどんの見た目はサモア独立国風な感じで、まったりとしたコクが舌を伝わるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを38口飲んだ感想はまるで恍惚とした粕汁の味にそっくりでこれがまた口溶けのよい感じで絶品。
麺の食感もまるでかぐわしい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
窓際部長も思わず「こんな素直な水沢うどんは初めて!なめらかな、だけど濃厚な、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの海賊船に乗りながら、「ハッピー うれピー よろピくねーー。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

おせちもいいけどカレーもね。

うどん | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク