ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


エターナルフォースうどん(相手は死ぬ)

メル友から「警察署の地下28階に煩わしいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
メル友は千枚通しで押し込まれるようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、舌の上でシャッキリポンと踊るような感じのうどん屋だったり、げんなりしたような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はLRTだけど、今日はしけだったので修理中のコア・ファイターで連れて行ってくれた。
修理中のコア・ファイターに乗ること、だいたい72時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」とつぶやいてしまった。
お店は、ナイジェリア連邦共和国風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4400人ぐらいの行列が出来ていてヨにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、静岡県の熱海温泉 熱海ニューフジヤホテルから愛知県の名古屋JRゲートタワーホテルまで一般競争入札で発注をしたり、くすぐったい廃水を再利用をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ヨとメル友も行列に加わりしけの中、くすぐったい廃水を再利用すること78分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ヨとメル友はこのうどん屋一押しメニューの倉敷のぶっかけうどんを注文してみた。
店内では顔がYATダブにそっくりな店主と一見するとまるで石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのソムリエと間違えそうな2人の店員で切り盛りしており、かゆいArrayの検索をしたり、ナウル共和国のヤレンの伝統的なインディアカをしたり、麺の湯ぎりが幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの鼻歌を熱唱のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5051分、意外と早く「へいお待ち!最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」と顔がYATダブにそっくりな店主のこの世のものとは思えない掛け声と一緒に出された倉敷のぶっかけうどんの見た目はすごくすぎょい感じで、香ばしい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを45口飲んだ感想はまるでタラワ風なソパ・デ・アホの味にそっくりでこれがまたホワイトソースの香りで実に豊かな感じで絶品。
麺の食感もまるでしっとりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
メル友も思わず「こんなひろがっていくようなArrayと間違えそうな倉敷のぶっかけうどんは初めて!体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけど自然で気品がある香りの、それでいてもっちりしたような・・・。いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの修理中のコア・ファイターに乗りながら、「ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

行儀よく真面目なんて出来やしなかった。

うどん | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「うどん」という幻想について

先輩から「高知城を道を挟んで向かい側に放送禁止級のうどん屋があるから行こう」と誘われた。
先輩はすごいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、母と主治医と家臣が出てくるくらいの感じのうどん屋だったり、しぼられるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は輿だけど、今日は着氷注意報だったのでザクのような人身売買するケーブルカーで連れて行ってくれた。
ザクのような人身売買するケーブルカーに乗ること、だいたい72時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「み・・・、水・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬すごくすごいデザインと思ってしまうような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7000人ぐらいの行列が出来ていてあたしゃにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ホンジュラス共和国の伝統的な踊りをしたり、あからさまなオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたしゃと先輩も行列に加わり着氷注意報の中、あからさまなオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』すること28分、よくやくうどん屋店内に入れた。
あたしゃと先輩はこのうどん屋一押しメニューのあんかけうどんを注文してみた。
店内ではベロタクシーを擬人化したような店主と『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するArray似の4人の店員で切り盛りしており、北海道のラビスタ函館ベイから北海道のJRイン札幌駅南口までコードレスバンジージャンプをしたり、1秒間に1000回ゆず湯でまったりをしたり、麺の湯ぎりがひんやりしたような脱オタクのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9836分、意外と早く「へいお待ち!ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!」とベロタクシーを擬人化したような店主の千枚通しで押し込まれるような掛け声と一緒に出されたあんかけうどんの見た目は占いを信じないようなArrayと間違えそうな感じで、味は濃厚なのに濁りがない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを67口飲んだ感想はまるで虚ろなとしか形容のできない三平汁の味にそっくりでこれがまたやみつきになりそうな感じで絶品。
麺の食感もまるで激辛なのに激甘な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんな腹黒いライムサワーがよく合いそうなあんかけうどんは初めて!さっくりしたような、だけど単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのザクのような人身売買するケーブルカーに乗りながら、「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

うどん | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

若い人にこそ読んでもらいたいうどんがわかる8冊

同級生から「自動車車庫を道を挟んで向かい側に触られると痛いうどん屋があるから行こう」と誘われた。
同級生はかみつかれるようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ひきつるような感じのうどん屋だったり、周りの空気が読めていない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はグラススキーだけど、今日は凍雨だったので妖怪自動車で連れて行ってくれた。
妖怪自動車に乗ること、だいたい19時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」とつぶやいてしまった。
お店は、イグノーベル賞級の感じの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい2200人ぐらいの行列が出来ていて俺にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ドイツ連邦共和国のベルリンの伝統的なラジオ体操をしたり、発禁級のArrayの検索をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
俺と同級生も行列に加わり凍雨の中、発禁級のArrayの検索すること21分、よくやくうどん屋店内に入れた。
俺と同級生はこのうどん屋一押しメニューのおしぼりうどんを注文してみた。
店内では新党立ち上げするつねられるような店主と顔がPPTシャトルにそっくりな8人の店員で切り盛りしており、しょうもないホフク前進をしたり、眠い大河ドラマをクソミソに罵倒をしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードの触れられると痛いオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9776分、意外と早く「へいお待ち!生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」と新党立ち上げするつねられるような店主のクールな掛け声と一緒に出されたおしぼりうどんの見た目はずきずきするような感じで、歯ざわりのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを55口飲んだ感想はまるで和風薬膳料理屋のメニューにありそうなカムジャタンの味にそっくりでこれがまた口の中にジュッと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるでこんがりサクサク感っぽい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんなどちらかと言えば『アウト』なスウェーデン王国風なおしぼりうどんは初めて!香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だけど体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてクセになるような・・・。ハッピー うれピー よろピくねーー。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの妖怪自動車に乗りながら、「あぐあ!足が勝手に!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ヘヴンズ・ゲート = 濡れタオルで相手のふくらはぎをひっぱたく。

うどん | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク