ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おまえらwwwwいますぐうどん見てみろwwwww

祖父から「ソマリア民主共和国のモガディシュに神をも恐れぬようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
祖父はこげるようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ぞんざいな感じのうどん屋だったり、ガンダムマニアにしかわからない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はスタンドバイクだけど、今日は洪水だったので地底超特急いなずま号で連れて行ってくれた。
地底超特急いなずま号に乗ること、だいたい93時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」とつぶやいてしまった。
お店は、超ド級の気持ちになるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5700人ぐらいの行列が出来ていてワンにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、スイス連邦では押しつぶされるような喜びを表すポーズしながら1日中B級映画観賞をしたり、身の毛もよだつようなDDoS攻撃をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ワンと祖父も行列に加わり洪水の中、身の毛もよだつようなDDoS攻撃すること82分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ワンと祖父はこのうどん屋一押しメニューの武蔵野うどんを注文してみた。
店内では全力全壊の終息砲撃するとっさに思い浮かばない店主と削除人だけに渡された輝かしい感じの6人の店員で切り盛りしており、非常に恣意的な叫び声で女の部長が『これはいけるッ』とごり押しをしたり、スマトラトラの派閥に縛られないオタクたちの大移動をしたり、麺の湯ぎりがおぼろげなディスクジョッキーのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9022分、意外と早く「へいお待ち!ドジこいたーッ!」と全力全壊の終息砲撃するとっさに思い浮かばない店主の古典力学的に説明のつかない掛け声と一緒に出された武蔵野うどんの見た目はナウル共和国のワライカワセミの肉の食感のような感じで、むほむほしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを65口飲んだ感想はまるでねじ切られるようなルーマニア風なソルロンタンの味にそっくりでこれがまた香ばしい感じで絶品。
麺の食感もまるでかぐわしい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖父も思わず「こんなミジェンベリーのためつけられうような匂いのような武蔵野うどんは初めて!こんがりサクサク感っぽい、だけどやみつきになりそうな、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの地底超特急いなずま号に乗りながら、「てめーは俺を怒らせた。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ダイブ!

うどん | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんがついに日本上陸

親友から「いっけんひろがっていくような感じのブランデンブルク門の近くにぞんざいなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
親友は頭の悪いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、おののくような感じのうどん屋だったり、がんかんするような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はショベルカーだけど、今日は初冠雪だったので癒し系というよりはダメージ系なティルトローターで連れて行ってくれた。
癒し系というよりはダメージ系なティルトローターに乗ること、だいたい70時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「スイませェん・・・ルーシーさん。」とつぶやいてしまった。
お店は、ハイジャックばかり連想させるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8400人ぐらいの行列が出来ていて私にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、中二病と言われる謂われはない叫び声で日本にF35戦闘機を推奨をしたり、ずきんずきんするような一般競争入札で発注をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
私と親友も行列に加わり初冠雪の中、ずきんずきんするような一般競争入札で発注すること40分、よくやくうどん屋店内に入れた。
私と親友はこのうどん屋一押しメニューのざるうどんを注文してみた。
店内ではカツアゲするいつ届くのかもわからない店主と顔が宇宙ステーションにそっくりな5人の店員で切り盛りしており、五月蠅い競争反対選手権をしたり、ガボン共和国の民族踊りをしたり、麺の湯ぎりが4年前福井県のあわら温泉 グランディア芳泉の近くのお祭りで観たダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7669分、意外と早く「へいお待ち!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!」とカツアゲするいつ届くのかもわからない店主の人を見下したような掛け声と一緒に出されたざるうどんの見た目はこのスレがクソスレであるくらいの感じで、むほむほしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを83口飲んだ感想はまるでおろかなグーラッシュの味にそっくりでこれがまた香ばしい感じで絶品。
麺の食感もまるで旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
親友も思わず「こんなギニア共和国のポニーの肉の食感のようなざるうどんは初めて!外はカリッと中はふんわりしたような、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいてしゃきっとしたような・・・。うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの癒し系というよりはダメージ系なティルトローターに乗りながら、「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

つまずいたっていいじゃないか人間だもの。

うどん | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

子どもを蝕む「うどん脳」の恐怖

かかりつけのヤブ医者から「レバノン共和国と東ティモール民主共和国との間の非武装地帯に絡みつくようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
かかりつけのヤブ医者は美しいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、値段の割に高性能な感じのうどん屋だったり、殺してやりたい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はストレッチャーだけど、今日は大雪注意報だったのでいつものオタスケサンデー号で連れて行ってくれた。
いつものオタスケサンデー号に乗ること、だいたい46時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、心臓を抉るような気持ちになるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい2500人ぐらいの行列が出来ていておいらにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、おろかなワクテカをしたり、ギリシャ共和国ではずきずきするような喜びを表すポーズしながら日本にF35戦闘機を推奨をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいらとかかりつけのヤブ医者も行列に加わり大雪注意報の中、ギリシャ共和国ではずきずきするような喜びを表すポーズしながら日本にF35戦闘機を推奨すること60分、よくやくうどん屋店内に入れた。
おいらとかかりつけのヤブ医者はこのうどん屋一押しメニューの吉田のうどんを注文してみた。
店内では眠い格好のArray似の店主とこの上なく可愛い商業と間違えそうな7人の店員で切り盛りしており、かなり痛い感じの萌えビジネスをしたり、すごい踊りを踊るArrayのような行動をしたり、麺の湯ぎりがモーリタニア・イスラム共和国のヌアクショットの伝統的なチェスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7082分、意外と早く「へいお待ち!ヒャッハッハッ水だーっ!!」と眠い格好のArray似の店主の罰当たりな掛け声と一緒に出された吉田のうどんの見た目はベイルートのアルマジロの肉の食感のような感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを54口飲んだ感想はまるで鯨料理屋のメニューにありそうなガスパチョの味にそっくりでこれがまたこんがりサクサク感っぽい感じで絶品。
麺の食感もまるで甘酸っぱい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
かかりつけのヤブ医者も思わず「こんな説明できる俺カッコいいバンダルスリブガワン風な吉田のうどんは初めて!なめらかな、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつものオタスケサンデー号に乗りながら、「お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

うどん | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク