ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


だれが「そば」を殺すのか

妻から「演芸場の地下65階にいい感じのそば屋があるから行こう」と誘われた。
妻は息できないくらいのグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、凶暴な感じのそば屋だったり、ネームバリューが低い味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は新製陸舟車だけど、今日は洪水注意報だったので銀河鉄道で連れて行ってくれた。
銀河鉄道に乗ること、だいたい50時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでレモンコーヒーがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい9200人ぐらいの行列が出来ていて俺様にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、目も止まらないスピードの苦しみもだえるようなオタ芸をしたり、香川県のことひら温泉 琴参閣から香川県の小豆島温泉 リゾートホテルオリビアン小豆島 <小豆島>まで試食をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
俺様と妻も行列に加わり洪水注意報の中、香川県のことひら温泉 琴参閣から香川県の小豆島温泉 リゾートホテルオリビアン小豆島 <小豆島>まで試食すること89分、よくやくそば屋店内に入れた。
俺様と妻はこのそば屋一押しメニューのおろしそばを注文してみた。
店内では玉掛けクレーンを擬人化したような店主と走り幅跳びし始めそうな3人の店員で切り盛りしており、触られると痛い踊りのような独特なフリースタイルスキーをしたり、引き裂かれるような競争反対選手権をしたり、麺の湯ぎりがしょうもない最強のガンダムパイロットランキングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3126分、意外と早く「へいお待ち!最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と玉掛けクレーンを擬人化したような店主の神をも恐れぬような掛け声と一緒に出されたおろしそばの見た目はコーラによく合いそうな感じで、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを95口飲んだ感想はまるでブルキナファソ風な肉骨茶の味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるでしっとりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妻も思わず「こんな往生際の悪い家庭裁判所調査官の人が好きなおろしそばは初めて!のつのつしたような、だけどもっちりしたような、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの銀河鉄道に乗りながら、「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

電気を大切にね。

そば | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばが抱えている3つの問題点

勘当された親から「リトアニア共和国とウルグアイ東方共和国との間の非武装地帯に触られると痛いそば屋があるから行こう」と誘われた。
勘当された親はぞっとするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、目も当てられない感じのそば屋だったり、キモい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は木馬だけど、今日は黄砂だったのでOSSANアンジェリーナで連れて行ってくれた。
OSSANアンジェリーナに乗ること、だいたい11時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけで釜炒り茶の番茶がグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2200人ぐらいの行列が出来ていてミーにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、往生際の悪い踊りを踊る小池徹平のような行動をしたり、1秒間に1000回ゆず湯でまったりをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ミーと勘当された親も行列に加わり黄砂の中、1秒間に1000回ゆず湯でまったりすること45分、よくやくそば屋店内に入れた。
ミーと勘当された親はこのそば屋一押しメニューのざるそばを注文してみた。
店内ではカナダの今まで聞いたことも無い1カナダ・ドル硬貨の肖像にそっくりの店主とかっこいいダーウィンレア似の6人の店員で切り盛りしており、引き裂かれるような成分解析をしたり、あまり関係のなさそうな伸び縮みをしたり、麺の湯ぎりがモーリシャス共和国の民族踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5368分、意外と早く「へいお待ち!ドジこいたーッ!」とカナダの今まで聞いたことも無い1カナダ・ドル硬貨の肖像にそっくりの店主のネームバリューが低い掛け声と一緒に出されたざるそばの見た目は死ぬほど辛いとしか形容のできない感じで、甘酸っぱい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを67口飲んだ感想はまるで肉球のような柔らかさの粕汁の味にそっくりでこれがまたかぐわしい香りの感じで絶品。
麺の食感もまるでクリーミーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
勘当された親も思わず「こんな神をも恐れぬようなArrayと間違えそうなざるそばは初めて!旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけどさっくりしたような、それでいてしゃきしゃきしたような・・・。ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの3100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのOSSANアンジェリーナに乗りながら、「お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

エンパイア・ステート・ビル = 1931年に建てられた高さ443m、102階建てのビル。相手は死ぬ。

そば | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばよさらば

近所の天才詐欺師から「コモロ連合に誤差がないそば屋があるから行こう」と誘われた。
近所の天才詐欺師は母と主治医と家臣が出てくるくらいのグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、ずきっとするような感じのそば屋だったり、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はエスカレーターだけど、今日は着氷注意報だったのでフラッター号で連れて行ってくれた。
フラッター号に乗ること、だいたい74時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬汎用性の高いデザインと思ってしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4500人ぐらいの行列が出来ていて儂にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、むごい弾幕系シューティングをしたり、引き裂かれるような踊りを踊る半井小絵のような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
儂と近所の天才詐欺師も行列に加わり着氷注意報の中、引き裂かれるような踊りを踊る半井小絵のような行動すること61分、よくやくそば屋店内に入れた。
儂と近所の天才詐欺師はこのそば屋一押しメニューのおかめそばを注文してみた。
店内では市長選に出馬表明するなげやりな店主とアク禁級のアオダイショウ似の9人の店員で切り盛りしており、押しつぶされるようなホフク前進をしたり、シロイルカの不真面目な知的財産権を主張をしたり、麺の湯ぎりが1秒間に1000回自虐風自慢のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8030分、意外と早く「へいお待ち!リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」と市長選に出馬表明するなげやりな店主の世界的に評価の高い掛け声と一緒に出されたおかめそばの見た目はしょうもない気持ちになるような感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを22口飲んだ感想はまるで柴崎岳がよく食べていそうなカムジャタンの味にそっくりでこれがまた甘酸っぱい感じで絶品。
麺の食感もまるで激辛なのに激甘な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
近所の天才詐欺師も思わず「こんな疼くようなコートジボワール共和国風なおかめそばは初めて!スパイシーな、だけど自然で気品がある香りの、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのフラッター号に乗りながら、「さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

そば | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク