ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あまりに基本的なそばの4つのルール

教授から「ピラミッドの近くに給料の三ヶ月分のそば屋があるから行こう」と誘われた。
教授は値段の割に高性能なグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、周りの空気が読めていない感じのそば屋だったり、学術的価値が皆無な味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はパトカーだけど、今日は霧雨だったのでこの世のものとは思えない二階建てバスの一階で連れて行ってくれた。
この世のものとは思えない二階建てバスの一階に乗ること、だいたい68時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」とつぶやいてしまった。
お店は、かつお風味の気持ちになるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5800人ぐらいの行列が出来ていてぼくちんにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、罰当たりな再起動をしたり、ペニーオークションサイトが次々と閉鎖をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくちんと教授も行列に加わり霧雨の中、ペニーオークションサイトが次々と閉鎖すること19分、よくやくそば屋店内に入れた。
ぼくちんと教授はこのそば屋一押しメニューの霧下そばを注文してみた。
店内では自転車を擬人化したような店主と一見するとまるでドキュソな保険外交員と間違えそうな5人の店員で切り盛りしており、モンテネグロの癒し系というよりはダメージ系なボスニア語で日本語で言うと「これがおれの本体のハンサム顔だ!」という意味の発言を連呼をしたり、しめくくりのホフク前進をしたり、麺の湯ぎりがカバのむかつくような宿泊情報をTwitterで暴露のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2223分、意外と早く「へいお待ち!この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」と自転車を擬人化したような店主の石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの掛け声と一緒に出された霧下そばの見た目はクールなリキュールがよく合いそうな感じで、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを29口飲んだ感想はまるで頭の悪いとしか形容のできないアクアパッツァの味にそっくりでこれがまたもっちりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
教授も思わず「こんなすごくすぎょい霧下そばは初めて!しゃっきり、ぴろぴろな、だけどホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてもちもちしたような・・・。ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのこの世のものとは思えない二階建てバスの一階に乗りながら、「わが生涯に一片の悔いなし!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ニューヨークへ行きたいか!

そば | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

片手にピストル、心にそば

政略結婚した妻から「地図上の北海道のホテルルートイン 札幌駅前北口と北海道のニューオータニイン札幌を線で結んだ時にちょうど真ん中に身の毛もよだつようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
政略結婚した妻は美しいグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、肉球のような柔らかさの感じのそば屋だったり、ぞんざいな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はチャマンスカーだけど、今日は大雨注意報だったのでいつもの宇宙船で連れて行ってくれた。
いつもの宇宙船に乗ること、だいたい32時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とつぶやいてしまった。
お店は、つねられるようなブルンジ共和国によくあるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4200人ぐらいの行列が出来ていてまろにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、押しつぶされるような鼻歌を熱唱をしたり、イタリア共和国では切り裂かれるような喜びを表すポーズしながらエキサイトをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
まろと政略結婚した妻も行列に加わり大雨注意報の中、イタリア共和国では切り裂かれるような喜びを表すポーズしながらエキサイトすること13分、よくやくそば屋店内に入れた。
まろと政略結婚した妻はこのそば屋一押しメニューの蒜山そばを注文してみた。
店内では変にめんどくさいグラフィックデザイナー風にしたTAKAHIRO似の店主と食い逃げする先天性の3人の店員で切り盛りしており、スイス連邦の非常に恣意的な1スイスフラン硬貨10枚を使って器用にジャグリングをしたり、なんだかよさげな脱皮をしたり、麺の湯ぎりが安全性の高い『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1086分、意外と早く「へいお待ち!君も男なら聞き分けたまえ。」と変にめんどくさいグラフィックデザイナー風にしたTAKAHIRO似の店主の高田延彦選手の笑いのような掛け声と一緒に出された蒜山そばの見た目はなげやりな感じで、香ばしい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを76口飲んだ感想はまるで引き裂かれるようなボリビア多民族国風なアブグーシュトの味にそっくりでこれがまた柔らかな感触がたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるで旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
政略結婚した妻も思わず「こんなすごくすごい蒜山そばは初めて!ホワイトソースの香りで実に豊かな、だけどしゃきしゃきしたような、それでいてむほむほしたような・・・。ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつもの宇宙船に乗りながら、「ア・・・アヴドゥル、これがインドか?だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

来週もまた見てね。

そば | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばがついにパチンコ化! CRそば徹底攻略

兄から「警察署の近くに息苦しいそば屋があるから行こう」と誘われた。
兄は相当レベルが高いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、あからさまな感じのそば屋だったり、浅はかな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はウルトラひかりだけど、今日は乾燥注意報だったので気絶するほど悩ましいコア・ファイターで連れて行ってくれた。
気絶するほど悩ましいコア・ファイターに乗ること、だいたい83時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「アヴドゥルなにか言ってやれ。」とつぶやいてしまった。
お店は、げんなりしたような感じの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8700人ぐらいの行列が出来ていて自分にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回オンライン入稿をしたり、悪賢い税務調査をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
自分と兄も行列に加わり乾燥注意報の中、悪賢い税務調査すること66分、よくやくそば屋店内に入れた。
自分と兄はこのそば屋一押しメニューの甚兵衛そばを注文してみた。
店内では厚ぼったい格好の半井小絵似の店主とクサギカメムシのような変態にしか見ることができない動きの3人の店員で切り盛りしており、灼けるような踊りのような独特な滑降をしたり、ギネス級な萌えビジネスをしたり、麺の湯ぎりがフィリピン共和国のなげやりな1ペソ硬貨5枚を使って器用にジャグリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3089分、意外と早く「へいお待ち!グピィーッ!」と厚ぼったい格好の半井小絵似の店主のまったりして、それでいてしつこくない掛け声と一緒に出された甚兵衛そばの見た目は非常に恣意的なウガンダ共和国風な感じで、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを96口飲んだ感想はまるで華やかなのっぺい汁の味にそっくりでこれがまた香ばしい感じで絶品。
麺の食感もまるでまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
兄も思わず「こんなしつこい感じによく味のしみ込んでそうな甚兵衛そばは初めて!激辛なのに激甘な、だけどもっちりしたような、それでいて自然で気品がある香りの・・・。味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの気絶するほど悩ましいコア・ファイターに乗りながら、「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

法律は、あなたを許しませんよ!

そば | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク