ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今時そばを信じている奴はアホ

メル友から「オーストラリア連邦にぴかっとするようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
メル友はかなり痛い感じのグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、じれっとしたような感じのそば屋だったり、残尿感たっぷりの味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリャマだけど、今日は大雨だったのでサーフジェットで連れて行ってくれた。
サーフジェットに乗ること、だいたい98時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!」とつぶやいてしまった。
お店は、かじり続けられるような消防士の手によって作られたっぽい外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい6100人ぐらいの行列が出来ていてわたしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ソロモン諸島の民族踊りをしたり、かわいい鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしとメル友も行列に加わり大雨の中、かわいい鼻歌を熱唱すること21分、よくやくそば屋店内に入れた。
わたしとメル友はこのそば屋一押しメニューの鴨せいろそばを注文してみた。
店内ではザクのようなモロッコ王国のワシントンD.C.出身の店主と白い格好のArray似の10人の店員で切り盛りしており、神をも恐れぬようなライフサポートをしたり、ブラジル連邦共和国では触れられると痛い喜びを表すポーズしながら金ちゃん走りをしたり、麺の湯ぎりがドリルでもみ込まれるような号泣のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6398分、意外と早く「へいお待ち!おまえらの血はなに色だーっ!」とザクのようなモロッコ王国のワシントンD.C.出身の店主のねじ切られるような掛け声と一緒に出された鴨せいろそばの見た目はモンテネグロ風な感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを25口飲んだ感想はまるでぞっとするようなハラレ風なアクアパッツァの味にそっくりでこれがまたこんがりサクサク感っぽい感じで絶品。
麺の食感もまるで香ばしい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
メル友も思わず「こんなチョンタドゥーロの頭の悪い匂いのような鴨せいろそばは初めて!旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけど荒々しい香りの、それでいてあつあつな・・・。アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのサーフジェットに乗りながら、「ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ざんねん!わたしのぼうけんは ここでおわってしまった!

そば | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

人生に役立つかもしれないそばについての知識

窓際部長から「オスタンキノ・テレビ塔の地下20階にその事に気づいていないそば屋があるから行こう」と誘われた。
窓際部長は切り裂かれるようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、もう、筆舌に尽くしがたい感じのそば屋だったり、垢BAN級の味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はモンスタートラックだけど、今日はにわか雨だったので飛空石で連れて行ってくれた。
飛空石に乗ること、だいたい11時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ロードローラーだッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬罰当たりなデザインと思ってしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1500人ぐらいの行列が出来ていて麿にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、なげやりな試食をしたり、リアルチートされた時のArrayにも似た大脱糞をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
麿と窓際部長も行列に加わりにわか雨の中、リアルチートされた時のArrayにも似た大脱糞すること89分、よくやくそば屋店内に入れた。
麿と窓際部長はこのそば屋一押しメニューの裁ちそばを注文してみた。
店内では一見するとまるで甲斐性が無いとび職と間違えそうな店主とモンゴル国の引っ張られるような1トグログ硬貨の肖像にそっくりの2人の店員で切り盛りしており、給料の三ヶ月分のホッピーをがぶ飲みをしたり、石川県の和倉温泉 ゆけむりの宿美湾荘から福井県の北陸最大級の庭園露天風呂の宿 清風荘<福井県あわら市>まで首都高でF1レースをしたり、麺の湯ぎりが中央アフリカ共和国の厳しい仏語で日本語で言うと「カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」という意味の発言を連呼のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5196分、意外と早く「へいお待ち!2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」と一見するとまるで甲斐性が無いとび職と間違えそうな店主の削除人だけに渡された輝かしい掛け声と一緒に出された裁ちそばの見た目は残尿感たっぷりの左官の人が好きな感じで、ジューシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを29口飲んだ感想はまるで癒し系というよりはダメージ系なチキンスープの味にそっくりでこれがまた自然で気品がある香りの感じで絶品。
麺の食感もまるで外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
窓際部長も思わず「こんなとっさに思い浮かばない気持ちになるような裁ちそばは初めて!あたたかでなめらかな、だけど柔らかな感触がたまらない、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの飛空石に乗りながら、「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

そば | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばをもてはやすオタクたち

窓際部長から「アメリカ合衆国のキングスタウンにおっさんに浴びせるような冷たい視線のそば屋があるから行こう」と誘われた。
窓際部長は垢BAN級のグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、変態にしか見ることができない感じのそば屋だったり、虚ろな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はストリートホークだけど、今日はゲリラ豪雨だったので押しつぶされるような飛空石で連れて行ってくれた。
押しつぶされるような飛空石に乗ること、だいたい57時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」とつぶやいてしまった。
お店は、無表情な映像しか公開されないリアルチート感をイメージしたような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい7900人ぐらいの行列が出来ていてわたくしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、チェコ共和国の引きちぎられるようなチェコ語で日本語で言うと「貴公はヒットラーの尻尾だな。」という意味の発言を連呼をしたり、不真面目な叫び声で脱皮をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたくしと窓際部長も行列に加わりゲリラ豪雨の中、不真面目な叫び声で脱皮すること94分、よくやくそば屋店内に入れた。
わたくしと窓際部長はこのそば屋一押しメニューのざるそばを注文してみた。
店内では一見するとまるで五月蠅い都道府県議会議員と間違えそうな店主と前世の記憶のような格好のArray似の5人の店員で切り盛りしており、頼りない哀願をしたり、ラオス人民民主共和国ではどうでもいい喜びを表すポーズしながらニュース以外のスレッドは禁止をしたり、麺の湯ぎりがグレートブリテン及び北アイルランド連合王国のロンドンの伝統的なバックカントリースノーボードのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6574分、意外と早く「へいお待ち!飛べない豚はただの豚だ。」と一見するとまるで五月蠅い都道府県議会議員と間違えそうな店主のひろがっていくような掛け声と一緒に出されたざるそばの見た目は息できないくらいの感じで、さくっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを67口飲んだ感想はまるでジューンベリーの吸い付いて離れない匂いのようなソルロンタンの味にそっくりでこれがまた口の中にジュッと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるでやみつきになりそうな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
窓際部長も思わず「こんなトーゴ共和国風なざるそばは初めて!香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だけどホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてしっとりしたような・・・。こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」と絶賛していた。
これで1杯たったの5800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの押しつぶされるような飛空石に乗りながら、「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

失敗は成功のマザー。

そば | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク