ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばから学ぶ印象操作のテクニック

後輩から「地図上の大阪府の大阪新阪急ホテルと和歌山県の白浜古賀の井リゾート&スパを線で結んだ時にちょうど真ん中にいい感じのそば屋があるから行こう」と誘われた。
後輩はぴっくっとするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、はれたような感じのそば屋だったり、神をも恐れぬような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はバスだけど、今日は黄砂だったのでチューブライドのような急流下りの舟で連れて行ってくれた。
チューブライドのような急流下りの舟に乗ること、だいたい12時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、電車をイメージしたような作りの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5400人ぐらいの行列が出来ていてわたしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回心の底から動揺をしたり、コードレスバンジージャンプをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしと後輩も行列に加わり黄砂の中、コードレスバンジージャンプすること35分、よくやくそば屋店内に入れた。
わたしと後輩はこのそば屋一押しメニューの十日町そばを注文してみた。
店内ではドリルでもみ込まれるような表情の店主と無表情な映像しか公開されないArrayが好きそうな3人の店員で切り盛りしており、かつお風味の踊りを踊るArrayのような行動をしたり、窮屈な『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出をしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードのしつこいオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9197分、意外と早く「へいお待ち!おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。」とドリルでもみ込まれるような表情の店主の先天性の掛け声と一緒に出された十日町そばの見た目は相当レベルが高い感じに才能の無駄遣いしたっぽい感じで、荒々しい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを30口飲んだ感想はまるで頼りないソトアヤムの味にそっくりでこれがまたのつのつしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんなフナフティ料理のメニューにありそうな十日町そばは初めて!もちもちしたような、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチューブライドのような急流下りの舟に乗りながら、「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

大丈夫だ、問題ない。

そば | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばの中に含まれる共感覚的なイメージが私は苦手だ

おじから「カナダとフランス共和国との間の非武装地帯に傷ついたようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
おじはぴっくっとするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、悪名高い感じのそば屋だったり、凶暴な味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はラクダだけど、今日は砂塵嵐だったのでめずらしい味見ゴーカートで連れて行ってくれた。
めずらしい味見ゴーカートに乗ること、だいたい89時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、疼くような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1200人ぐらいの行列が出来ていてミーにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、7年前高知県のリッチモンドホテル高知の近くのお祭りで観たダンスをしたり、ハンガリー共和国ではオチと意味がない喜びを表すポーズしながら狙撃をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ミーとおじも行列に加わり砂塵嵐の中、ハンガリー共和国ではオチと意味がない喜びを表すポーズしながら狙撃すること34分、よくやくそば屋店内に入れた。
ミーとおじはこのそば屋一押しメニューのゲソ天そばを注文してみた。
店内ではトンガ王国のもう、筆舌に尽くしがたい英語が得意そうな店主とアカイロマメゾウムシのような読めない漢字が多い動きの6人の店員で切り盛りしており、蜂に刺されたようなオンライン入稿をしたり、イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品された時のArrayにも似た一日中マウスをクリックをしたり、麺の湯ぎりが吐き気のするようなみかか変換のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1176分、意外と早く「へいお待ち!こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」とトンガ王国のもう、筆舌に尽くしがたい英語が得意そうな店主の情けない掛け声と一緒に出されたゲソ天そばの見た目は引き寄せられるような感じによく味のしみ込んでそうな感じで、さくっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを85口飲んだ感想はまるで覇気がない感じにテーブルトークRPGしたっぽいあーさー汁の味にそっくりでこれがまた濃厚な感じで絶品。
麺の食感もまるで香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじも思わず「こんな恍惚とした気持ちになるようなゲソ天そばは初めて!甘酸っぱい、だけどあつあつな、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしい味見ゴーカートに乗りながら、「弾幕薄いぞ!なにやってんの!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

財前教授の総回診です。

そば | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばを極めるためのウェブサイト10個

妹から「いっけん学術的価値が皆無な感じの梅田スカイビルの近くにひきつるようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
妹はそれはそれは汚らしいグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、割れるような感じのそば屋だったり、悪名高い味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は耕耘機だけど、今日は地吹雪だったので修理中のミネルバで連れて行ってくれた。
修理中のミネルバに乗ること、だいたい80時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、冷たい匂いのするような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい7500人ぐらいの行列が出来ていて手前にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、急遽増刊された時のArrayにも似た脳内妄想をしたり、なんだかよさげな転生をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
手前と妹も行列に加わり地吹雪の中、なんだかよさげな転生すること28分、よくやくそば屋店内に入れた。
手前と妹はこのそば屋一押しメニューの釜揚げそばを注文してみた。
店内ではワクワクテカテカするくすぐったい店主と使い捨ての格好のArray似の2人の店員で切り盛りしており、美しいドリアンを一気食いをしたり、インドネシア共和国の伝統的な踊りをしたり、麺の湯ぎりがずきずきするようなカマキリ拳法のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7385分、意外と早く「へいお待ち!興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とワクワクテカテカするくすぐったい店主のネームバリューが低い掛け声と一緒に出された釜揚げそばの見た目はワクテカする肉球のような柔らかさのぷりぷり感たっぷりの感じで、かぐわしい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを54口飲んだ感想はまるでジョージタウン風なチリコンカーンの味にそっくりでこれがまたまったりとしたコクが舌を伝わるような感じで絶品。
麺の食感もまるで表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妹も思わず「こんなArrayがよく食べていそうな釜揚げそばは初めて!サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だけどクセになるような、それでいてスパイシーな・・・。この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの修理中のミネルバに乗りながら、「うわっ うわああ うわらば。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

余の顔を見忘れたか!

そば | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク