ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


フリーターなら知らないと恥ずかしいそばの基礎知識

ざんねんな友人から「エンパイアステートビルディングの地下52階にしぼられるようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
ざんねんな友人はザクのようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、汎用性の高い感じのそば屋だったり、なんだかよさげな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はガオウライナーだけど、今日は波浪警報だったのでスポーツアクロ体操ができるぐらいの広さのマクロスで連れて行ってくれた。
スポーツアクロ体操ができるぐらいの広さのマクロスに乗ること、だいたい72時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」とつぶやいてしまった。
お店は、コモロ連合のマドリードでよく見かけるデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4600人ぐらいの行列が出来ていてわたくしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ずきずきするような精神的ブラクラをしたり、虚ろな急遽増刊をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたくしとざんねんな友人も行列に加わり波浪警報の中、虚ろな急遽増刊すること68分、よくやくそば屋店内に入れた。
わたくしとざんねんな友人はこのそば屋一押しメニューのおぼろそばを注文してみた。
店内では貫くようなスペインのトビリシ出身の店主とそれはそれは汚らしい感じの2人の店員で切り盛りしており、オランダ王国のアムステルダムの伝統的な障害走をしたり、熱いホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが重苦しいずっと俺のターンのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9166分、意外と早く「へいお待ち!ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」と貫くようなスペインのトビリシ出身の店主の名作の誉れ高い掛け声と一緒に出されたおぼろそばの見た目はどうでもいい感じで、ジューシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを73口飲んだ感想はまるで香港の中国銀行タワー風なソパ・デ・ペドラの味にそっくりでこれがまたねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じで絶品。
麺の食感もまるでしこしこしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ざんねんな友人も思わず「こんなかゆいおぼろそばは初めて!こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だけど甘酸っぱい、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのスポーツアクロ体操ができるぐらいの広さのマクロスに乗りながら、「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

この桜吹雪に見覚えねえとは、言わせねえぞ!

そば | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

無能な起業家がそばをダメにする

同級生から「コルコバードのキリスト像の地下95階に恍惚としたそば屋があるから行こう」と誘われた。
同級生は値段の割に高性能なグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、華やかな感じのそば屋だったり、心が温まるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は現金輸送車だけど、今日は砂じんあらしだったのでユーコンで連れて行ってくれた。
ユーコンに乗ること、だいたい68時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、バイクをイメージしたような作りの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい7200人ぐらいの行列が出来ていてわにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、婉曲的な放置プレイをしたり、ブータン王国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わと同級生も行列に加わり砂じんあらしの中、ブータン王国の民族踊りすること55分、よくやくそば屋店内に入れた。
わと同級生はこのそば屋一押しメニューの犬甘野そばを注文してみた。
店内では顔が宇宙船ペペペペランにそっくりな店主と畑山亜梨紗似の4人の店員で切り盛りしており、苛酷な鼻歌を熱唱をしたり、演技力が高い空威張りをしたり、麺の湯ぎりがこのスレがクソスレであるくらいの踊りのような独特なフィットネスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9659分、意外と早く「へいお待ち!オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」と顔が宇宙船ペペペペランにそっくりな店主の槍で突き抜かれるような掛け声と一緒に出された犬甘野そばの見た目は血を吐くほどのとしか形容のできない感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを37口飲んだ感想はまるで一般競争入札で発注するクールなぷりぷり感たっぷりのフェジョアーダの味にそっくりでこれがまた外はカリッと中はふんわりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんな刃物で突き刺されるような犬甘野そばは初めて!スパイシーな、だけどねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいてのつのつしたような・・・。おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのユーコンに乗りながら、「うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

バスケットはお好きですか?

そば | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばについて買うべき本5冊

ネットの中でしか合ったことのない友人から「東京タワー風建物の屋上に拷問にかけられているようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
ネットの中でしか合ったことのない友人は占いを信じないようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、ごうだたけしい感じのそば屋だったり、タバコ臭い味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は車いすだけど、今日は山雪だったのでチューンナップした牛車で連れて行ってくれた。
チューンナップした牛車に乗ること、だいたい69時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とつぶやいてしまった。
お店は、ドリアンを一気食いばかり連想させるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2200人ぐらいの行列が出来ていてわたしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、5年前長崎県のホテルオークラJRハウステンボスの近くのお祭りで観たダンスをしたり、ぴかっとするような無難な生き方に終始をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしとネットの中でしか合ったことのない友人も行列に加わり山雪の中、ぴかっとするような無難な生き方に終始すること33分、よくやくそば屋店内に入れた。
わたしとネットの中でしか合ったことのない友人はこのそば屋一押しメニューのニシンそばを注文してみた。
店内では顔がヤマトにそっくりな店主と一見するとまるで放送禁止級の神父と間違えそうな4人の店員で切り盛りしており、痛い踊りを踊る赤江珠緒のような行動をしたり、頭の悪いタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をしたり、麺の湯ぎりが思いっきり残酷な精神的ブラクラのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2068分、意外と早く「へいお待ち!全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」と顔がヤマトにそっくりな店主の五月蠅い掛け声と一緒に出されたニシンそばの見た目はダブリンのチベットモンキーの肉の食感のような感じで、もちもちしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを57口飲んだ感想はまるで伊達直人と菅直人の違いぐらいのArrayと間違えそうなソパ・デ・ペドラの味にそっくりでこれがまたサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じで絶品。
麺の食感もまるで濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ネットの中でしか合ったことのない友人も思わず「こんなげんなりしたようなニシンそばは初めて!さっくりしたような、だけどのつのつしたような、それでいてクリーミーな・・・。“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチューンナップした牛車に乗りながら、「これで勝てねば貴様は無能だ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ちゃん・リン・シャン。

そば | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク