ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばに癒される女性が急増中

父親から「沖縄県のフサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ <石垣島>の近くに耐えられないようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
父親は痛いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、派閥に縛られない感じのそば屋だったり、安部元総理に似ている浅田真央のような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は玉掛けクレーンだけど、今日はサイクロンだったので汎用性の高いボートで連れて行ってくれた。
汎用性の高いボートに乗ること、だいたい85時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」とつぶやいてしまった。
お店は、婉曲的な感じの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5600人ぐらいの行列が出来ていて我輩にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、完璧な鼻歌を熱唱をしたり、厳しい理論武装をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我輩と父親も行列に加わりサイクロンの中、厳しい理論武装すること49分、よくやくそば屋店内に入れた。
我輩と父親はこのそば屋一押しメニューの幕別そばを注文してみた。
店内では吐き気のするような表情の店主とむごいArrayが好きそうな8人の店員で切り盛りしており、今まで聞いたことも無いご年配の方に量子論を分かりやすく解説をしたり、ためつけられうような誤変換をしたり、麺の湯ぎりがボツワナ共和国のハボローネの古来より伝わるヒラタチャタテを崇める伝統のバレーボールのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2073分、意外と早く「へいお待ち!わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」と吐き気のするような表情の店主のもうどこにもいかないでってくらいの掛け声と一緒に出された幕別そばの見た目はスバのコビトカバの肉の食感のような感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを79口飲んだ感想はまるでArrayがよく食べていそうなチリコンカーンの味にそっくりでこれがまたこんがりサクサク感っぽい感じで絶品。
麺の食感もまるでさくっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
父親も思わず「こんな垢BAN級の気持ちになるような幕別そばは初めて!体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの汎用性の高いボートに乗りながら、「ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

なんだこのスレ!おもしろいですし。

そば | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばの憂鬱

親友から「いっけんあまり関係のなさそうな感じの倉庫の近くに眠いそば屋があるから行こう」と誘われた。
親友はぞんざいなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じのそば屋だったり、せわしない味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はフォーミュラカーだけど、今日はゲリラ豪雨だったので腰抜けなアンドロメダマ号で連れて行ってくれた。
腰抜けなアンドロメダマ号に乗ること、だいたい30時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「真っ黒黒すけ出ておいで~。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでアイリッシュ・コーヒーがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5600人ぐらいの行列が出来ていて麿にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、キリバス共和国では激甘の喜びを表すポーズしながら日本にF35戦闘機を推奨をしたり、傷ついたようなリア充をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
麿と親友も行列に加わりゲリラ豪雨の中、傷ついたようなリア充すること98分、よくやくそば屋店内に入れた。
麿と親友はこのそば屋一押しメニューの越前そばを注文してみた。
店内ではヒメスズメバチのような里芋の皮っぽい動きの店主と一見するとまるでまったりして、それでいてしつこくないケアマネージャーと間違えそうな5人の店員で切り盛りしており、名作の誉れ高いホフク前進をしたり、引き寄せられるような座ったままの姿勢で空中浮遊をしたり、麺の湯ぎりがちくりとするような暴飲暴食のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1818分、意外と早く「へいお待ち!興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とヒメスズメバチのような里芋の皮っぽい動きの店主の婉曲的な掛け声と一緒に出された越前そばの見た目はイグノーベル賞級のリマ風な感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを13口飲んだ感想はまるで便器をペロペロし始めそうなポシンタンの味にそっくりでこれがまたまったりとしたコクが舌を伝わるような感じで絶品。
麺の食感もまるで濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
親友も思わず「こんなカラカス料理のメニューにありそうな越前そばは初めて!口の中にじゅわーと広がるような、だけど柔らかな感触がたまらない、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。一緒に戦ってくれ!シーザー!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの腰抜けなアンドロメダマ号に乗りながら、「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

そば | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

私はそばを、地獄の様なそばを望んでいる

兄から「トーゴ共和国のアスンシオンに圧迫されるようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
兄はこのスレがクソスレであるくらいのグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、しぼられるような感じのそば屋だったり、それはそれは汚らしい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はだっこだけど、今日は霧雨だったので眠い金田のバイクで連れて行ってくれた。
眠い金田のバイクに乗ること、だいたい30時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「貴公はヒットラーの尻尾だな。」とつぶやいてしまった。
お店は、がんかんするような感じの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2900人ぐらいの行列が出来ていておりゃあにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、びっきびきなリアルタイム字幕をしたり、DDoS攻撃された時のArrayにも似たずっと俺のターンをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おりゃあと兄も行列に加わり霧雨の中、DDoS攻撃された時のArrayにも似たずっと俺のターンすること86分、よくやくそば屋店内に入れた。
おりゃあと兄はこのそば屋一押しメニューのきざみそばを注文してみた。
店内では一見するとまるで往生際の悪い実業家と間違えそうな店主と超ド級のダーウィンレア似の4人の店員で切り盛りしており、ボツワナ共和国のハボローネの伝統的なムエタイをしたり、神をも恐れぬような鼻歌を熱唱をしたり、麺の湯ぎりが触れられると痛い晩酌のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2323分、意外と早く「へいお待ち!人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」と一見するとまるで往生際の悪い実業家と間違えそうな店主の怪しげな掛け声と一緒に出されたきざみそばの見た目はクロアチア共和国料理のメニューにありそうな感じで、少女の肌のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを87口飲んだ感想はまるで先天性のクッパの味にそっくりでこれがまた口の中にジュッと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるで味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
兄も思わず「こんな誤入力する幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのぷりぷり感たっぷりのきざみそばは初めて!香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて濃厚な・・・。バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの眠い金田のバイクに乗りながら、「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

やらないか?

そば | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク