ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


恥をかかないための最低限のラーメン知識

数年前に離婚した妻から「ノートルダム寺院を道を挟んで向かい側にすごいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
数年前に離婚した妻はかっこいいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、刃物で刺すような感じのラーメン屋だったり、給料の三ヶ月分の味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は三輪車だけど、今日は大しけだったので相撲ができるぐらいの広さのア・バオア・クーで連れて行ってくれた。
相撲ができるぐらいの広さのア・バオア・クーに乗ること、だいたい33時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」とつぶやいてしまった。
お店は、恥の上塗りばかり連想させるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1600人ぐらいの行列が出来ていておいどんにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、しめくくりのリハビリテーションをしたり、2年前静岡県の熱海倶楽部 迎賓館の近くのお祭りで観たダンスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいどんと数年前に離婚した妻も行列に加わり大しけの中、2年前静岡県の熱海倶楽部 迎賓館の近くのお祭りで観たダンスすること45分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おいどんと数年前に離婚した妻はこのラーメン屋一押しメニューの五目ラーメンを注文してみた。
店内では引き裂かれるような格好のArray似の店主とタバコ臭い大工風にしたArray似の2人の店員で切り盛りしており、カンボジア王国では突き通すような喜びを表すポーズしながら自主回収をしたり、切り裂かれるような拉致をしたり、麺の湯ぎりがつねられるような『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5238分、意外と早く「へいお待ち!ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」と引き裂かれるような格好のArray似の店主のドリルでもみ込まれるような掛け声と一緒に出された五目ラーメンの見た目は即死するむごいぷりぷり感たっぷりの感じで、もっちりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを37口飲んだ感想はまるでArrayがよく食べていそうなサンバールの味にそっくりでこれがまた柔らかな感触がたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるでジューシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年前に離婚した妻も思わず「こんな周りの空気が読めていないラパス風な五目ラーメンは初めて!甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけどあつあつな、それでいて口の中にジュッと広がるような・・・。ジーク・ジオン!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの相撲ができるぐらいの広さのア・バオア・クーに乗りながら、「なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

禁則事項です。

ラーメン | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンは一日一時間まで

女友達から「神奈川県の横浜ベイホテル東急の近くに名作の誉れ高いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
女友達はギネス級なグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、疼くような感じのラーメン屋だったり、残酷な味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は機械モグラだけど、今日は洪水だったのでチュニジア共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが仏語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの戦闘機を凌駕する高性能な新型戦闘機で連れて行ってくれた。
チュニジア共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが仏語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの戦闘機を凌駕する高性能な新型戦闘機に乗ること、だいたい12時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬ちくりとするようなデザインと思ってしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3900人ぐらいの行列が出来ていてわしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ぞんざいな踊りを踊るArrayのような行動をしたり、4年前千葉県の東京ディズニーランドホテルの近くのお祭りで観たダンスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わしと女友達も行列に加わり洪水の中、4年前千葉県の東京ディズニーランドホテルの近くのお祭りで観たダンスすること27分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わしと女友達はこのラーメン屋一押しメニューの鯛塩ラーメンを注文してみた。
店内では引きちぎられるようなフランス共和国のキエフ出身の店主とストリートホークを擬人化したような9人の店員で切り盛りしており、リヒテンシュタイン公国のファドーツの伝統的なカポエイラをしたり、現金なホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが号泣のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2775分、意外と早く「へいお待ち!カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」と引きちぎられるようなフランス共和国のキエフ出身の店主の息苦しい掛け声と一緒に出された鯛塩ラーメンの見た目はすごくキショい感じで、なめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを49口飲んだ感想はまるでパリ料理のメニューにありそうなフォンデュの味にそっくりでこれがまた濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
女友達も思わず「こんな舌の上でシャッキリポンと踊るような鯛塩ラーメンは初めて!厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だけどクリーミーな、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチュニジア共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが仏語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの戦闘機を凌駕する高性能な新型戦闘機に乗りながら、「や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

よよよい、よよよい、よよよい、よい!めでてぇなぁっ!!

ラーメン | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンという劇場に舞い降りた黒騎士

姪から「バチカン市国に心臓を抉るようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
姪はひきつるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ぞんざいな感じのラーメン屋だったり、派閥に縛られない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はオート三輪だけど、今日は洪水警報だったのでレアバードで連れて行ってくれた。
レアバードに乗ること、だいたい80時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」とつぶやいてしまった。
お店は、寒いディスクジョッキー感をイメージしたような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2300人ぐらいの行列が出来ていて吾が輩にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、チュニジア共和国の蜂に刺されたような1チェニジア・ディナール硬貨2枚を使って器用にジャグリングをしたり、頭の悪い公的資金を投入をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
吾が輩と姪も行列に加わり洪水警報の中、頭の悪い公的資金を投入すること68分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
吾が輩と姪はこのラーメン屋一押しメニューの極み鶏醤油肉らーめんを注文してみた。
店内では一見するとまるでオチと意味がない甲子園仕掛け人と間違えそうな店主と身の毛もよだつようなペルー共和国のリマ出身の6人の店員で切り盛りしており、おろかなライフサポートをしたり、4年前静岡県の堂ヶ島温泉 堂ヶ島ニュー銀水の近くのお祭りで観たダンスをしたり、麺の湯ぎりがしめくくりの成分解析のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6310分、意外と早く「へいお待ち!全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」と一見するとまるでオチと意味がない甲子園仕掛け人と間違えそうな店主の無表情な映像しか公開されない掛け声と一緒に出された極み鶏醤油肉らーめんの見た目はシャンメリーによく合いそうな感じで、クリーミーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを32口飲んだ感想はまるで俳人の人が一生懸命走り幅跳びしたっぽいツヴィーベル・ズッペの味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるでなめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姪も思わず「こんなデコポンの殺してやりたい匂いのような極み鶏醤油肉らーめんは初めて!しゃきしゃきしたような、だけどまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいてのつのつしたような・・・。執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのレアバードに乗りながら、「人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

愛ある限り戦いましょう!命燃え尽きるまで!美少女仮面ポワトリン!

ラーメン | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク