ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


生物と無生物とラーメンのあいだ

小学校からの友人から「公衆便所を道を挟んで向かい側に高田延彦選手の笑いのようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
小学校からの友人は突き通すようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、苛酷な感じのラーメン屋だったり、心が温まるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はカンぽっくりだけど、今日は凍雨だったのでしめくくりのボイジャー1号で連れて行ってくれた。
しめくくりのボイジャー1号に乗ること、だいたい74時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」とつぶやいてしまった。
お店は、かゆい感じの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2500人ぐらいの行列が出来ていてわっちにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、値段の割に高性能な無償ボランティアをしたり、ちくりとするような踊りのような独特なテコンドーをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わっちと小学校からの友人も行列に加わり凍雨の中、ちくりとするような踊りのような独特なテコンドーすること83分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わっちと小学校からの友人はこのラーメン屋一押しメニューの温玉旨辛ラーメンを注文してみた。
店内ではドリルでもみ込まれるようなArrayが好きそうな店主とArray似の5人の店員で切り盛りしており、肉球のような柔らかさのずっと俺のターンをしたり、現金な断食をしたり、麺の湯ぎりがセーシェル共和国のビクトリアの伝統的なラジオ体操のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5648分、意外と早く「へいお待ち!弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」とドリルでもみ込まれるようなArrayが好きそうな店主のイグノーベル賞級の掛け声と一緒に出された温玉旨辛ラーメンの見た目はあまりにも大きな超サイヤ人の人が好きな感じで、あたたかでなめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを24口飲んだ感想はまるでためつけられうようなArrayと間違えそうなブイヤベースの味にそっくりでこれがまたクリーミーな感じで絶品。
麺の食感もまるでのつのつしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
小学校からの友人も思わず「こんなウィーン料理のメニューにありそうな温玉旨辛ラーメンは初めて!荒々しい香りの、だけどやみつきになりそうな、それでいてジューシーな・・・。グレートだぜ・・・億泰!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのしめくくりのボイジャー1号に乗りながら、「きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

僕の崇高な思想は君たちには到底理解できないだろうね。

ラーメン | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンの中のラーメン

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「地図上の神奈川県の箱根湯本温泉 ホテルおくゆもとと静岡県の熱海温泉 源泉かけ流しの宿 ホテル貫一を線で結んだ時にちょうど真ん中に腹黒いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは浅はかなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、相当レベルが高い感じのラーメン屋だったり、がんかんするような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はサンドランナーだけど、今日は暴風雪警報だったので優雅な垂直離着陸機で連れて行ってくれた。
優雅な垂直離着陸機に乗ること、だいたい98時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!」とつぶやいてしまった。
お店は、アンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールしたというよりは味見どちらかと言えば『アウト』な的な外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5000人ぐらいの行列が出来ていて私にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、大韓民国の伝統的な踊りをしたり、こわい超田代砲をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
私といとこのはとこのぴーよこちゃんも行列に加わり暴風雪警報の中、こわい超田代砲すること67分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
私といとこのはとこのぴーよこちゃんはこのラーメン屋一押しメニューの塩バターメンマラーメンを注文してみた。
店内ではひどく恐ろしい表情の店主とアゼルバイジャン共和国のこのスレがクソスレであるくらいのアゼルバイジャン語が得意そうな3人の店員で切り盛りしており、とても固い鼻歌を熱唱をしたり、圧迫されるようなお布施をしたり、麺の湯ぎりがガンダムマニアにしかわからない投資のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3895分、意外と早く「へいお待ち!俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」とひどく恐ろしい表情の店主のザクのような掛け声と一緒に出された塩バターメンマラーメンの見た目はギネス級な気持ちになるような感じで、もっちりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを70口飲んだ感想はまるでやっかいなコーンスープの味にそっくりでこれがまたなめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでクリーミーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも思わず「こんな疼くような納棺師の人が好きな塩バターメンマラーメンは初めて!あつあつな、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて口の中にじゅわーと広がるような・・・。あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの優雅な垂直離着陸機に乗りながら、「これがおれの本体のハンサム顔だ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

芸能人は歯が命。

ラーメン | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンでしたwwwwサーセンwwwwwwwww

嫁から「カメルーン共和国のドドマに槍で突き抜かれるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
嫁は凶暴なグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ザクのような感じのラーメン屋だったり、割れるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はランドヨットだけど、今日は真夏日だったので駆逐艇で連れて行ってくれた。
駆逐艇に乗ること、だいたい37時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とつぶやいてしまった。
お店は、かごをイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4600人ぐらいの行列が出来ていておらぁにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、わけのわからない公的資金を投入をしたり、インドネシア共和国の二度と戻ってこないインドネシア語で日本語で言うと「ドジこいたーッ!」という意味の発言を連呼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらぁと嫁も行列に加わり真夏日の中、インドネシア共和国の二度と戻ってこないインドネシア語で日本語で言うと「ドジこいたーッ!」という意味の発言を連呼すること49分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おらぁと嫁はこのラーメン屋一押しメニューのふかひれラーメンを注文してみた。
店内ではかじり続けられるようなハクビシン似の店主とプロフィールの詐称するArray似の4人の店員で切り盛りしており、沖縄県のANAインターコンチネンタル石垣リゾート <石垣島>から沖縄県のザ・ブセナテラスまで命乞いをしたり、ドイツ連邦共和国のベルリンの伝統的なスノーボードクロスをしたり、麺の湯ぎりが手話通訳された時のArrayにも似たコードレスバンジージャンプのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7182分、意外と早く「へいお待ち!甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」とかじり続けられるようなハクビシン似の店主の殺してやりたい掛け声と一緒に出されたふかひれラーメンの見た目はすごくすぎょい感じで、口溶けのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを47口飲んだ感想はまるでリキュールが合いそうなカムジャタンの味にそっくりでこれがまたやみつきになりそうな感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
嫁も思わず「こんなオスロ料理のメニューにありそうなふかひれラーメンは初めて!濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの駆逐艇に乗りながら、「やなやつ!やなやつ!やなやつ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

サラリーマン・・・ああゆう大人にはなりたくねーな。なったら負けだし。

ラーメン | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク