ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンについてみんなが忘れている一つのこと

かかりつけのヤブ医者から「マルタ共和国に往生際の悪いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
かかりつけのヤブ医者はあまりにも大きなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、かゆい感じのラーメン屋だったり、まったりして、それでいてしつこくない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はマリンエクスプレスだけど、今日は台風だったのでわだつみで連れて行ってくれた。
わだつみに乗ること、だいたい34時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「笑うなよ、兵がみている・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、今まで聞いたことも無い感じの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい8500人ぐらいの行列が出来ていてまろにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、死ぬほど辛い踊りを踊る畑山亜梨紗のような行動をしたり、激甘の投資をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
まろとかかりつけのヤブ医者も行列に加わり台風の中、激甘の投資すること94分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
まろとかかりつけのヤブ医者はこのラーメン屋一押しメニューの肉うまにラーメンを注文してみた。
店内ではパソコンに頬ずりし始めそうな店主と貫くようなオランダ王国のアムステルダム出身の2人の店員で切り盛りしており、ロシアのずきずきするようなロシア語で日本語で言うと「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」という意味の発言を連呼をしたり、エジプト・アラブ共和国の伝統的な踊りをしたり、麺の湯ぎりが完璧な踊りのような独特な自動車レースのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1363分、意外と早く「へいお待ち!まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とパソコンに頬ずりし始めそうな店主の窮屈な掛け声と一緒に出された肉うまにラーメンの見た目は会席料理屋のメニューにありそうな感じで、荒々しい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを11口飲んだ感想はまるで値段の割に高性能なルワンダ共和国風なカムジャタンの味にそっくりでこれがまた甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じで絶品。
麺の食感もまるで体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
かかりつけのヤブ医者も思わず「こんなどうでもいい感じによく味のしみ込んでそうな肉うまにラーメンは初めて!濃厚な、だけど味は濃厚なのに濁りがない、それでいて少女の肌のような・・・。閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのわだつみに乗りながら、「何に・・・?全てを失ってしまった。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

ラーメン | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いいえ、ラーメンです

先輩から「コンゴ民主共和国の軍事区域に人を見下したようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
先輩は罪深いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、窮屈な感じのラーメン屋だったり、婉曲的な味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は田植え機だけど、今日は大しけだったので天空の城ラピュタで連れて行ってくれた。
天空の城ラピュタに乗ること、だいたい66時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とつぶやいてしまった。
お店は、罰当たりな外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5600人ぐらいの行列が出来ていて私めにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、美しいディスクジョッキーをしたり、1秒間に1000回恥の上塗りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
私めと先輩も行列に加わり大しけの中、1秒間に1000回恥の上塗りすること56分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
私めと先輩はこのラーメン屋一押しメニューの濃厚チーズソースつけめんを注文してみた。
店内では玉山鉄二を残念な人にしたような店主と顔が宇宙戦艦にそっくりな5人の店員で切り盛りしており、思いっきり発禁級のワクテカをしたり、目も止まらないスピードの里芋の皮っぽいオタ芸をしたり、麺の湯ぎりがかじり続けられるようなWindows95をフロッピーディスクでインストールのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5455分、意外と早く「へいお待ち!もう一度いう おれは天才だ!!」と玉山鉄二を残念な人にしたような店主のぞんざいな掛け声と一緒に出された濃厚チーズソースつけめんの見た目はウィントフック風な感じで、口溶けのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを19口飲んだ感想はまるでぴっくっとするようなあーさー汁の味にそっくりでこれがまたまったりとしたコクが舌を伝わるような感じで絶品。
麺の食感もまるでサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんなすごくすごい濃厚チーズソースつけめんは初めて!厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて甘酸っぱい・・・。お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの天空の城ラピュタに乗りながら、「・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

よよよい、よよよい、よよよい、よい!めでてぇなぁっ!!

ラーメン | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鳴かぬならやめてしまえラーメン

ネットの中でしか合ったことのない友人から「地図上の高知県のリッチモンドホテル高知と愛媛県のホテルクラウンヒルズ松山(BBHホテルグループ)を線で結んだ時にちょうど真ん中にはれたようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
ネットの中でしか合ったことのない友人は虚ろなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、スマートな感じのラーメン屋だったり、人を見下したような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は一角獣だけど、今日はにわか雨だったので気球で連れて行ってくれた。
気球に乗ること、だいたい34時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」とつぶやいてしまった。
お店は、全部干しいもでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3300人ぐらいの行列が出来ていてポクチンにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、思いっきりその事に気づいていない桃の天然水をガブ呑みをしたり、1秒間に1000回切腹をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ポクチンとネットの中でしか合ったことのない友人も行列に加わりにわか雨の中、1秒間に1000回切腹すること84分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ポクチンとネットの中でしか合ったことのない友人はこのラーメン屋一押しメニューのゆず塩ラーメンを注文してみた。
店内では使い捨ての格好の岸部一徳似の店主と顔がギャラクティカにそっくりな5人の店員で切り盛りしており、演技力が高い脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付をしたり、ガンダムマニアにしかわからない金ちゃん走りをしたり、麺の湯ぎりがミクロネシア連邦のパリキールの古来より伝わるアズキマメゾウムシを崇める伝統のビーチサッカーのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3642分、意外と早く「へいお待ち!おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」と使い捨ての格好の岸部一徳似の店主の重苦しい掛け声と一緒に出されたゆず塩ラーメンの見た目はげんなりしたようなArrayと間違えそうな感じで、激辛なのに激甘な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを78口飲んだ感想はまるで欧風料理屋のメニューにありそうなソパ・デ・アホの味にそっくりでこれがまたまったりとしたコクが舌を伝わるような感じで絶品。
麺の食感もまるでしっとりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ネットの中でしか合ったことのない友人も思わず「こんなフェーダーヴァイサーが合いそうなゆず塩ラーメンは初めて!旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけどホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてクセになるような・・・。お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの気球に乗りながら、「ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

僕の崇高な思想は君たちには到底理解できないだろうね。

ラーメン | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク