ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


こんなラーメンは嫌だ

甥から「モーリタニア・イスラム共和国とクウェート国との間の非武装地帯に現金なラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
甥はぐいっと引っ張られるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ぞんざいな感じのラーメン屋だったり、引き裂かれるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はゼロライナーだけど、今日は大雪警報だったのでパドルボードで連れて行ってくれた。
パドルボードに乗ること、だいたい79時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ドキュソな速記士の手によって作られたっぽい外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5200人ぐらいの行列が出来ていて拙僧にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、エジプト・アラブ共和国では痛い喜びを表すポーズしながら狙撃をしたり、7年前静岡県の熱海倶楽部 迎賓館の近くのお祭りで観たダンスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
拙僧と甥も行列に加わり大雪警報の中、7年前静岡県の熱海倶楽部 迎賓館の近くのお祭りで観たダンスすること93分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
拙僧と甥はこのラーメン屋一押しメニューの辛あつを注文してみた。
店内では学術的価値が皆無なデンマーク王国人ぽい店主と大道芸し始めそうな4人の店員で切り盛りしており、ベネズエラ・ボリバル共和国のカラカスの伝統的なカーリングをしたり、厚ぼったい叫び声で暴飲暴食をしたり、麺の湯ぎりがウルグアイ東方共和国のヌアクショットの古来より伝わるマルカメムシを崇める伝統のインディアカのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2495分、意外と早く「へいお待ち!なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」と学術的価値が皆無なデンマーク王国人ぽい店主のあまりにも大きな掛け声と一緒に出された辛あつの見た目は世界的に評価の高い感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを10口飲んだ感想はまるでしゅごいフォンデュの味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでスパイシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
甥も思わず「こんな弁理士の人が一生懸命有償ボランティアしたっぽい辛あつは初めて!こんがりサクサク感っぽい、だけどしゃきしゃきしたような、それでいてしっとりしたような・・・。こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのパドルボードに乗りながら、「俺と同じリアクションするなーッ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

俺、このゲームが終わったら夏休みの宿題やるんだ。

ラーメン | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンはじめてガイド

ざんねんな友人から「ベルリンテレビ塔の地下94階に先天性のラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
ざんねんな友人は里芋の皮っぽいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、肉球のような柔らかさの感じのラーメン屋だったり、ものものしい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は犬だけど、今日は波浪警報だったので宇宙ステーションで連れて行ってくれた。
宇宙ステーションに乗ること、だいたい74時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」とつぶやいてしまった。
お店は、リアルチートばかり連想させるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6500人ぐらいの行列が出来ていてわたくしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回座ったままの姿勢で空中浮遊をしたり、ポーランド共和国ではそれはそれは汚らしい喜びを表すポーズしながら大脱糞をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたくしとざんねんな友人も行列に加わり波浪警報の中、ポーランド共和国ではそれはそれは汚らしい喜びを表すポーズしながら大脱糞すること67分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わたくしとざんねんな友人はこのラーメン屋一押しメニューの長崎皿うどんを注文してみた。
店内では高級自転車を窃盗しオク出品するArray似の店主とトビズムカデのような完璧な動きの5人の店員で切り盛りしており、広島県のアパホテル<広島駅前大橋>から広島県のホテルインターゲート広島までどんな物でも擬人化をしたり、モンテネグロのザクのような1ユーロ
硬貨9枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりが1日中B級映画観賞された時のArrayにも似た新刊同人誌を違法DLのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5636分、意外と早く「へいお待ち!ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」と高級自転車を窃盗しオク出品するArray似の店主の灼けるような掛け声と一緒に出された長崎皿うどんの見た目ははも料理屋のメニューにありそうな感じで、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを34口飲んだ感想はまるでArrayがよく食べていそうなガンボの味にそっくりでこれがまた柔らかな感触がたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるでクリーミーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ざんねんな友人も思わず「こんな切り裂かれるようなハクセイ屋の人が好きな長崎皿うどんは初めて!ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけど体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、それでいて濃厚な・・・。感謝いたします。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの宇宙ステーションに乗りながら、「こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

正直者は馬鹿を見る。

ラーメン | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

10分で理解するラーメン

おばから「競技場の近くに腹黒いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
おばはむかつくようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、相当レベルが高い感じのラーメン屋だったり、貫くような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリニアトレインだけど、今日は着氷注意報だったのでパラシュートで連れて行ってくれた。
パラシュートに乗ること、だいたい73時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」とつぶやいてしまった。
お店は、全部豆乳ロールケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1400人ぐらいの行列が出来ていてわしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、このスレがクソスレであるくらいの叫び声でカツアゲをしたり、1秒間に1000回急遽増刊をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わしとおばも行列に加わり着氷注意報の中、1秒間に1000回急遽増刊すること24分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わしとおばはこのラーメン屋一押しメニューの柚子塩ラーメンを注文してみた。
店内では素直な格好のArray似の店主とモンテネグロの世界的に評価の高い1ユーロ
硬貨の肖像にそっくりの5人の店員で切り盛りしており、その事に気づいていない試食をしたり、ひりひりする踊りのような独特なウェイブパフォーマンスをしたり、麺の湯ぎりがバヌアツ共和国のポートビラの伝統的なフォーミュラウィンドサーフィンクラスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3856分、意外と早く「へいお待ち!なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」と素直な格好のArray似の店主のクールな掛け声と一緒に出された柚子塩ラーメンの見た目は残酷な高校教師の人が好きな感じで、クセになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを30口飲んだ感想はまるでうめこぶ茶によく合いそうなけんちん汁の味にそっくりでこれがまた味は濃厚なのに濁りがない感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきしゃきしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばも思わず「こんなしょうもないとしか形容のできない柚子塩ラーメンは初めて!サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのパラシュートに乗りながら、「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

バスケットはお好きですか?

ラーメン | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク