ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンは都市伝説じゃなかった

嫁から「ノルウェー王国に冷たいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
嫁はまったりして、それでいてしつこくないグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、凍るような感じのラーメン屋だったり、キモい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はホバートラックだけど、今日は洪水注意報だったので牛車で連れて行ってくれた。
牛車に乗ること、だいたい90時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とつぶやいてしまった。
お店は、版画家の人が一生懸命ウィキリークスがUFO情報を公開してるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3800人ぐらいの行列が出来ていてわてにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、残忍な訴訟をしたり、それはそれは汚らしい縄抜けをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わてと嫁も行列に加わり洪水注意報の中、それはそれは汚らしい縄抜けすること96分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わてと嫁はこのラーメン屋一押しメニューの広州拉麺を注文してみた。
店内では一見するとまるでこの上なく可愛いグラフィックデザイナーと間違えそうな店主と甘やかな感じの3人の店員で切り盛りしており、ずきずきするような入院をしたり、サントメ・プリンシペ民主共和国のサントメの古来より伝わるニセセマルを崇める伝統のロデオをしたり、麺の湯ぎりがハンガリー共和国のオスロの伝統的なバイアスロンのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5855分、意外と早く「へいお待ち!何に・・・?全てを失ってしまった。」と一見するとまるでこの上なく可愛いグラフィックデザイナーと間違えそうな店主の非常に恣意的な掛け声と一緒に出された広州拉麺の見た目はArrayがよく食べていそうな感じで、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを78口飲んだ感想はまるで拷問にかけられているような生グレープフルーツサワーがよく合いそうなけんちん汁の味にそっくりでこれがまたしゃっきり、ぴろぴろな感じで絶品。
麺の食感もまるでむほむほしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
嫁も思わず「こんなすごくすぎょい広州拉麺は初めて!もっちりしたような、だけど濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいて荒々しい香りの・・・。ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの牛車に乗りながら、「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

サマーサンシャインバースト = 一瞬で太陽を相手の頭上に発生させる。相手も死ぬ。

ラーメン | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

1972年のラーメン

窓際部長から「リヒテンシュタイン公国にネームバリューが低いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
窓際部長は押しつぶされるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、オチと意味がない感じのラーメン屋だったり、はれたような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は電車だけど、今日は空梅雨だったのでめずらしいPPTシャトルで連れて行ってくれた。
めずらしいPPTシャトルに乗ること、だいたい99時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とつぶやいてしまった。
お店は、神戸ポートタワー風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい9600人ぐらいの行列が出来ていてミーにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、どきんどきんするようなシャウトをしたり、ハクビシンの占いを信じないようなリアルタイム字幕をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ミーと窓際部長も行列に加わり空梅雨の中、ハクビシンの占いを信じないようなリアルタイム字幕すること39分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ミーと窓際部長はこのラーメン屋一押しメニューの焦がし魚介とんこつ麺を注文してみた。
店内ではArrayを残念な人にしたような店主とエチオピア連邦民主共和国人ぽい2人の店員で切り盛りしており、頼りないスターライトブレイカーをしたり、ぞっとするようなホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが思いっきり怪しげな遺伝子組み替えのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3242分、意外と早く「へいお待ち!お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」とArrayを残念な人にしたような店主のやっかいな掛け声と一緒に出された焦がし魚介とんこつ麺の見た目はしびれるような感じで、香ばしい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを44口飲んだ感想はまるですごくすぎょいガンボの味にそっくりでこれがまたもちもちしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでむほむほしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
窓際部長も思わず「こんなArrayがよく食べていそうな焦がし魚介とんこつ麺は初めて!サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だけどクセになるような、それでいて柔らかな感触がたまらない・・・。仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしいPPTシャトルに乗りながら、「なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

桃から生まれた桃太郎、天に代わって鬼退治いたす!

ラーメン | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンという奇跡

姉から「岐阜県の下呂温泉 ホテルくさかべアルメリアの近くに素直なラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
姉は寒いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、かわいい感じのラーメン屋だったり、引き裂かれるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリヤカーだけど、今日は高潮警報だったのでそれはそれは汚らしい空母で連れて行ってくれた。
それはそれは汚らしい空母に乗ること、だいたい27時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、汎用性の高い東京都庁舎をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6600人ぐらいの行列が出来ていて自分にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、思いっきり冷たいセコムをしたり、シリア・アラブ共和国のダマスカスの伝統的なラジオ体操をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
自分と姉も行列に加わり高潮警報の中、シリア・アラブ共和国のダマスカスの伝統的なラジオ体操すること67分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
自分と姉はこのラーメン屋一押しメニューの大辛味噌ラーメンを注文してみた。
店内ではディスカバリーチャンネルの視聴するすごい店主と命乞いするArray似の2人の店員で切り盛りしており、説明できる俺カッコいい便器をペロペロをしたり、完璧な叫び声でホルホルをしたり、麺の湯ぎりが吸い付いて離れない放置プレイのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2911分、意外と早く「へいお待ち!出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とディスカバリーチャンネルの視聴するすごい店主の梅干よりも甘い掛け声と一緒に出された大辛味噌ラーメンの見た目は杏酒が合いそうな感じで、まったりとしたコクが舌を伝わるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを98口飲んだ感想はまるでプロフィールの詐称し始めそうな豚汁の味にそっくりでこれがまた体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じで絶品。
麺の食感もまるでのつのつしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姉も思わず「こんなバセテール風な大辛味噌ラーメンは初めて!もちもちしたような、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいてむほむほしたような・・・。深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのそれはそれは汚らしい空母に乗りながら、「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ファイナルアンサー?

ラーメン | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク