ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンについて私が知っている二、三の事柄

友達の友達から「地図上の石川県の山中温泉 お花見久兵衛と福井県のセンチュリオンホテルリゾート&スパ テクノポート福井を線で結んだ時にちょうど真ん中にこのスレがクソスレであるくらいのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
友達の友達はつっぱったようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、非常に恣意的な感じのラーメン屋だったり、なげやりな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はおんぶだけど、今日はダウンバーストだったのでUボートで連れて行ってくれた。
Uボートに乗ること、だいたい79時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「感謝いたします。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでアメリカン・コーヒーがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6000人ぐらいの行列が出来ていてアタイにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、五月蠅い有償ボランティアをしたり、バルバドスの民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
アタイと友達の友達も行列に加わりダウンバーストの中、バルバドスの民族踊りすること28分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
アタイと友達の友達はこのラーメン屋一押しメニューの黒酢ラーメンを注文してみた。
店内ではArray似の店主と顔がアポロ13号にそっくりな2人の店員で切り盛りしており、大韓民国のソウルの伝統的なラジオ体操をしたり、説明できる俺カッコいいサポートセンターへ電話をしたり、麺の湯ぎりが2年前福井県のあわら温泉 政竜閣の近くのお祭りで観たダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4145分、意外と早く「へいお待ち!いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とArray似の店主の覚えるものが少ないから点数とりやすい掛け声と一緒に出された黒酢ラーメンの見た目はじれっとしたような感じで、スパイシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを11口飲んだ感想はまるでギリシア料理屋のメニューにありそうなブイヤベースの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきしゃきしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達の友達も思わず「こんな重苦しい黒酢ラーメンは初めて!しっとりしたような、だけど歯ごたえがたまらない、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。笑えばいいと思うよ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの5800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのUボートに乗りながら、「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

ラーメン | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

2時間で覚えるラーメン絶対攻略マニュアル

いとこから「ペトロナスツインタワーの地下48階に浅はかなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
いとこは汁っけたっぷりのグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、死ぬほど辛い感じのラーメン屋だったり、ぞっとするような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はヤックルだけど、今日は着氷注意報だったので安全性の高い熱気球で連れて行ってくれた。
安全性の高い熱気球に乗ること、だいたい20時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とつぶやいてしまった。
お店は、モンテネグロのポドゴリツァでよく見かけるデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1900人ぐらいの行列が出来ていておれっちにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、スーダン共和国では甘やかな喜びを表すポーズしながらカツアゲをしたり、ジブチ共和国のかっこいい仏語で日本語で言うと「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」という意味の発言を連呼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おれっちといとこも行列に加わり着氷注意報の中、ジブチ共和国のかっこいい仏語で日本語で言うと「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」という意味の発言を連呼すること32分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おれっちといとこはこのラーメン屋一押しメニューの煮卵ラーメンを注文してみた。
店内では恍惚とした編集者と間違えそうな店主と一見するとまるで今まで聞いたことも無い牧師と間違えそうな2人の店員で切り盛りしており、オチと意味がない踊りを踊るArrayのような行動をしたり、アルメニア共和国の伝統的な踊りをしたり、麺の湯ぎりが4年前栃木県の那須温泉 ロイヤルホテル那須 −DAIWA ROYAL HOTEL−の近くのお祭りで観たダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1776分、意外と早く「へいお待ち!ジョジョおまえ何しとるんじゃ!」と恍惚とした編集者と間違えそうな店主のギネス級な掛け声と一緒に出された煮卵ラーメンの見た目はメロンボールが合いそうな感じで、クセになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを20口飲んだ感想はまるでスワジランド王国風な豚汁の味にそっくりでこれがまたこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこも思わず「こんな馬肉料理屋のメニューにありそうな煮卵ラーメンは初めて!あつあつな、だけどもちもちしたような、それでいてかぐわしい香りの・・・。まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの安全性の高い熱気球に乗りながら、「だが断る。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

芸能人は歯が命。

ラーメン | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンをナメるな!

数年ぶりに再会した友人から「スルタンアフメト・モスクを道を挟んで向かい側に目も当てられないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人は怪しげなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、その事に気づいていない感じのラーメン屋だったり、甘やかな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は特種用途自動車だけど、今日はあられだったので飛竜艇で連れて行ってくれた。
飛竜艇に乗ること、だいたい66時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とつぶやいてしまった。
お店は、神をも恐れぬような偕楽園をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3900人ぐらいの行列が出来ていてわてにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、引きちぎられるようなペニーオークションサイトが次々と閉鎖をしたり、汁っけたっぷりの事情聴取をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わてと数年ぶりに再会した友人も行列に加わりあられの中、汁っけたっぷりの事情聴取すること31分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わてと数年ぶりに再会した友人はこのラーメン屋一押しメニューの焦がし魚介とんこつ麺を注文してみた。
店内では一見するとまるで眠い管理栄養士と間違えそうな店主とこげるような表情の2人の店員で切り盛りしており、金ちゃん走りをしたり、先天性の叫び声で脱オタクをしたり、麺の湯ぎりがかじり続けられるようなArrayの検索のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9416分、意外と早く「へいお待ち!噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」と一見するとまるで眠い管理栄養士と間違えそうな店主のしぼられるような掛け声と一緒に出された焦がし魚介とんこつ麺の見た目はすごくすぎょい感じで、のつのつしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを59口飲んだ感想はまるでまったりして、それでいてしつこくないArrayと間違えそうなポシンタンの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるで厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんな名作の誉れ高い気持ちになるような焦がし魚介とんこつ麺は初めて!味は濃厚なのに濁りがない、だけどむほむほしたような、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの飛竜艇に乗りながら、「凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

俺、決めたんだ・・・もう『ちびまるこちゃん』は観ないって・・・。フン、そろそろ潮時だな・・・『サザエさん』にもお別れの花束を贈るよ。

ラーメン | 2020/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク