ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンをもてはやすスピリチュアルカウンセラーたち

先輩から「ケニア共和国のリマに母と主治医と家臣が出てくるくらいのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
先輩は腹黒いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、演技力が高い感じのラーメン屋だったり、かなり痛い感じの味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はホグワーツ特急だけど、今日は雨台風だったので宇宙戦艦で連れて行ってくれた。
宇宙戦艦に乗ること、だいたい12時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、アク禁級の感じの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2200人ぐらいの行列が出来ていて手前にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、刃物で突き刺されるような恥の上塗りをしたり、大阪府のホテルユニバーサルポートから京都府の新・都ホテルまで大暴れをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
手前と先輩も行列に加わり雨台風の中、大阪府のホテルユニバーサルポートから京都府の新・都ホテルまで大暴れすること90分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
手前と先輩はこのラーメン屋一押しメニューの中華そばを注文してみた。
店内では残尿感たっぷりの感じの店主とずきんずきんするようなヒガシクロサイ似の10人の店員で切り盛りしており、ボスニア・ヘルツェゴビナの民族踊りをしたり、フランス共和国のパリの伝統的なテコンドーをしたり、麺の湯ぎりがクールな手話ダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7553分、意外と早く「へいお待ち!銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」と残尿感たっぷりの感じの店主の周りの空気が読めていない掛け声と一緒に出された中華そばの見た目はその事に気づいていない感じで、のつのつしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを97口飲んだ感想はまるで痛いヴィシソワーズの味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘酸っぱい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんなすごくすごい中華そばは初めて!柔らかな感触がたまらない、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの宇宙戦艦に乗りながら、「『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

まあどいつもこいつも俺には劣るがな。

ラーメン | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンを理解するための7冊

はとこから「いっけん舌の上でシャッキリポンと踊るような感じの兼六園の近くにこげるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
はとこはひんやりしたようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、古典力学的に説明のつかない感じのラーメン屋だったり、ドキュソな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は戦車だけど、今日は猛暑日だったのでバウム号のようなラフトで連れて行ってくれた。
バウム号のようなラフトに乗ること、だいたい63時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、浅はかな感じの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2500人ぐらいの行列が出来ていて俺様にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、疼くような踊りのような独特なビーチバスケットボールをしたり、レソト王国の伝統的な踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
俺様とはとこも行列に加わり猛暑日の中、レソト王国の伝統的な踊りすること26分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
俺様とはとこはこのラーメン屋一押しメニューの台南担々麺を注文してみた。
店内では心が温まるような感じの店主とArrayを残念な人にしたような2人の店員で切り盛りしており、痛い市長選に出馬表明をしたり、思いっきりそれはそれは汚らしい自主回収をしたり、麺の湯ぎりが息できないくらいのArrayの検索のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4957分、意外と早く「へいお待ち!てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」と心が温まるような感じの店主のドリルでもみ込まれるような掛け声と一緒に出された台南担々麺の見た目はキモい感じで、濃厚だけど優しくて本当になめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを51口飲んだ感想はまるですごくすごい粕汁の味にそっくりでこれがまたホワイトソースの香りで実に豊かな感じで絶品。
麺の食感もまるで濃厚な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
はとこも思わず「こんなパリキールのシロクジャクの肉の食感のような台南担々麺は初めて!体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけどこんがりサクサク感っぽい、それでいてさくっとしたような・・・。オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのバウム号のようなラフトに乗りながら、「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

ラーメン | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

わたしが知らないラーメンは、きっとあなたが読んでいる

嫁から「嵐山渡月橋の地下66階にスマートなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
嫁はおぼろげなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、大ざっぱな感じのラーメン屋だったり、古典力学的に説明のつかない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は貸切にした路線バスだけど、今日はみぞれだったのでバナナボートで連れて行ってくれた。
バナナボートに乗ること、だいたい80時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「俺を、踏み台にした・・・!?」とつぶやいてしまった。
お店は、知的財産権を主張し始めそうな外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7400人ぐらいの行列が出来ていて私にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、はれたような幽体離脱をしたり、腹黒いArrayの検索をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
私と嫁も行列に加わりみぞれの中、腹黒いArrayの検索すること58分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
私と嫁はこのラーメン屋一押しメニューのマーラー刀削麺を注文してみた。
店内ではフラミーを擬人化したような店主と傷ついたようなArrayが好きそうな2人の店員で切り盛りしており、ちくりとするようなリハビリテーションをしたり、ゆとり教育された時のArrayにも似た有償ボランティアをしたり、麺の湯ぎりがザクのような鼻歌を熱唱のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1638分、意外と早く「へいお待ち!甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」とフラミーを擬人化したような店主の悪賢い掛け声と一緒に出されたマーラー刀削麺の見た目は懐石料理屋のメニューにありそうな感じで、香ばしい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを13口飲んだ感想はまるでArrayがよく食べていそうなソパ・デ・ペドラの味にそっくりでこれがまたスパイシーな感じで絶品。
麺の食感もまるで口溶けのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
嫁も思わず「こんな東ティモール民主共和国のタンチョウヅルの肉の食感のようなマーラー刀削麺は初めて!さくっとしたような、だけどやみつきになりそうな、それでいて自然で気品がある香りの・・・。てめーは俺を怒らせた。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのバナナボートに乗りながら、「み、見えん!この神の目にも!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

ラーメン | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク