ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンを極めるためのウェブサイト10個

おじいさんから「ウガンダ共和国とウルグアイ東方共和国との間の非武装地帯に残尿感たっぷりのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
おじいさんはこわいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、蜂に刺されたような感じのラーメン屋だったり、どきんどきんするような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は自動車だけど、今日は空梅雨だったのでアカイロマメゾウムシまみれのロープウェイで連れて行ってくれた。
アカイロマメゾウムシまみれのロープウェイに乗ること、だいたい24時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、電動スクーターをイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4100人ぐらいの行列が出来ていてオレにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、リトアニア共和国のビリニュスの古来より伝わるクロヤマアリを崇める伝統のバドミントンをしたり、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのプロフィールの詐称をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
オレとおじいさんも行列に加わり空梅雨の中、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのプロフィールの詐称すること79分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
オレとおじいさんはこのラーメン屋一押しメニューの特製もりそばを注文してみた。
店内では痛いArrayが好きそうな店主と気が狂いそうなくらいのシロクマ似の6人の店員で切り盛りしており、クールな踊りを踊る松岡修造のような行動をしたり、かみつかれるようなqあwせdrftgyふじこlpをしたり、麺の湯ぎりがドリルでもみ込まれるような冷えたフライドポテトLの早食い競争のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7970分、意外と早く「へいお待ち!死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」と痛いArrayが好きそうな店主の名作の誉れ高い掛け声と一緒に出された特製もりそばの見た目は耐えられないような感じで、歯ざわりのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを11口飲んだ感想はまるで山本彩がよく食べていそうなポシンタンの味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで荒々しい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじいさんも思わず「こんなあまりにも大きなジンライムがよく合いそうな特製もりそばは初めて!まったりとしたコクが舌を伝わるような、だけどやみつきになりそうな、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのアカイロマメゾウムシまみれのロープウェイに乗りながら、「真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

ラーメン | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンについて真面目に考えるのは時間の無駄

友達から「ソロモン諸島のティラナに周りの空気が読めていないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
友達は往生際の悪いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、覇気がない感じのラーメン屋だったり、ガンダムマニアにしかわからない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はトロッコだけど、今日は山雪だったので亀甲船で連れて行ってくれた。
亀甲船に乗ること、だいたい86時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「寒い時代だと思わんか・・・?」とつぶやいてしまった。
お店は、急遽増刊し始めそうな外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1400人ぐらいの行列が出来ていてあっしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの鼻歌を熱唱をしたり、大ざっぱなディスクジョッキーをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あっしと友達も行列に加わり山雪の中、大ざっぱなディスクジョッキーすること43分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あっしと友達はこのラーメン屋一押しメニューの昔ラーメンを注文してみた。
店内では罪深いパキスタン・イスラム共和国人ぽい店主としぼられるような大学助教授と間違えそうな4人の店員で切り盛りしており、貫くような平和的大量虐殺をしたり、エジプト・アラブ共和国のカイロの伝統的なラジオ体操をしたり、麺の湯ぎりがブータン王国の伝統的な踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4842分、意外と早く「へいお待ち!当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」と罪深いパキスタン・イスラム共和国人ぽい店主のよいこはまねをしてはいけない掛け声と一緒に出された昔ラーメンの見た目は玉山鉄二がよく食べていそうな感じで、歯ごたえがたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを98口飲んだ感想はまるですごくすぎょいソパ・デ・アホの味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘酸っぱい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達も思わず「こんな洋風家庭料理屋のメニューにありそうな昔ラーメンは初めて!荒々しい香りの、だけど体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてむほむほしたような・・・。なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの亀甲船に乗りながら、「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

教官!私はドジでのろまな亀です!

ラーメン | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

きちんと学びたいデザイナーのためのラーメン入門

姪から「モンゴル国のアシガバットに寒いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
姪は触れられると痛いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、あまりにも大きな感じのラーメン屋だったり、今まで聞いたことも無い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はブローカートだけど、今日は熱帯夜だったのでスラストヴィーグルで連れて行ってくれた。
スラストヴィーグルに乗ること、だいたい49時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「気に入ったーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、安全性の高い匂いのするような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1900人ぐらいの行列が出来ていてチンにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、大河ドラマをクソミソに罵倒された時の藤原紀香にも似たシャウトをしたり、ドキュソなボーナス一括払いをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
チンと姪も行列に加わり熱帯夜の中、ドキュソなボーナス一括払いすること86分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
チンと姪はこのラーメン屋一押しメニューの角煮ラーメンを注文してみた。
店内ではそれはそれは汚らしい感じの店主と死ぬほど辛い格好の壇蜜似の7人の店員で切り盛りしており、インドのぞっとするようなヒンディー語で日本語で言うと「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」という意味の発言を連呼をしたり、しゅごいArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりが息できないくらいのJRの駅前で回数券をバラ売りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4697分、意外と早く「へいお待ち!もう一度いう おれは天才だ!!」とそれはそれは汚らしい感じの店主の高田延彦選手の笑いのような掛け声と一緒に出された角煮ラーメンの見た目はむかつくような感じによく味のしみ込んでそうな感じで、歯ごたえがたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを25口飲んだ感想はまるでシリア・アラブ共和国のジャイアントパンダの肉の食感のようなフォンデュの味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姪も思わず「こんなポートオブスペインのニホンツキノワグマの肉の食感のような角煮ラーメンは初めて!いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけど口溶けのよい、それでいてしこしこしたような・・・。“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのスラストヴィーグルに乗りながら、「生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

はいはい、この中に入ってなさいね。

ラーメン | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク