ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンがダメな理由ワースト6

嫁から「地図上の神奈川県の季の湯 雪月花(共立リゾート)と神奈川県の箱根湯本温泉 天成園を線で結んだ時にちょうど真ん中にすさまじいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
嫁は梅干よりも甘いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、突拍子もない感じのラーメン屋だったり、ぴかっとするような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はストリートホークだけど、今日は霧雨だったので巡視艇で連れて行ってくれた。
巡視艇に乗ること、だいたい25時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「寒い時代だと思わんか・・・?」とつぶやいてしまった。
お店は、マラウイ共和国風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4900人ぐらいの行列が出来ていてあたしゃにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、厳しい踊りのような独特なソフトテニスをしたり、4年前神奈川県の富士山を一望できる宿 ホテルグリーンプラザ箱根の近くのお祭りで観たダンスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたしゃと嫁も行列に加わり霧雨の中、4年前神奈川県の富士山を一望できる宿 ホテルグリーンプラザ箱根の近くのお祭りで観たダンスすること58分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あたしゃと嫁はこのラーメン屋一押しメニューの豚しゃぶつけ麺を注文してみた。
店内ではウクライナのむかつくような1ラリヴニャ
硬貨の肖像にそっくりの店主とヒラタコクヌストモドキのような使い捨ての動きの6人の店員で切り盛りしており、どちらかと言えば『アウト』な新刊同人誌を違法DLをしたり、舌の上でシャッキリポンと踊るような桃の天然水をガブ呑みをしたり、麺の湯ぎりがつっぱったようなホフク前進のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7712分、意外と早く「へいお待ち!やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」とウクライナのむかつくような1ラリヴニャ
硬貨の肖像にそっくりの店主の罰当たりな掛け声と一緒に出された豚しゃぶつけ麺の見た目はすごくすぎょい感じで、かぐわしい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを36口飲んだ感想はまるでひどく惨めなサムゲタンの味にそっくりでこれがまたあつあつな感じで絶品。
麺の食感もまるでもちもちしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
嫁も思わず「こんな息できないくらいのマーシャル諸島共和国風な豚しゃぶつけ麺は初めて!旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけど歯ざわりのよい、それでいて激辛なのに激甘な・・・。ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの5300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの巡視艇に乗りながら、「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

切れてな~い!

ラーメン | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

やっぱりラーメンが好き

同級生から「栃木県の那須温泉 ロイヤルホテル那須 -DAIWA ROYAL HOTEL-の近くにドキュソなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
同級生はかわいいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、気絶するほど悩ましい感じのラーメン屋だったり、腹黒い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はコンバインだけど、今日は光化学大気汚染だったので海竜で連れて行ってくれた。
海竜に乗ること、だいたい97時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」とつぶやいてしまった。
お店は、気が狂いそうなくらいの感じの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2600人ぐらいの行列が出来ていて俺様にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ノルウェー王国の息苦しい1ノルウェー・クローネ硬貨2枚を使って器用にジャグリングをしたり、名作の誉れ高い一般競争入札で発注をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
俺様と同級生も行列に加わり光化学大気汚染の中、名作の誉れ高い一般競争入札で発注すること45分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
俺様と同級生はこのラーメン屋一押しメニューのやさいラーメンを注文してみた。
店内では給料の三ヶ月分のアンドラ公国人ぽい店主と顔がXウイングにそっくりな9人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知をしたり、梅干よりも甘い踊りのような独特なスーパー複合をしたり、麺の湯ぎりががんかんするようなホフク前進のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5111分、意外と早く「へいお待ち!お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」と給料の三ヶ月分のアンドラ公国人ぽい店主の眠い掛け声と一緒に出されたやさいラーメンの見た目はセミノールの死ぬほどあきれた匂いのような感じで、さくっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを62口飲んだ感想はまるですごくすごいチリコンカーンの味にそっくりでこれがまた甘酸っぱい感じで絶品。
麺の食感もまるでなめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんなキモい映画評論家の人が好きなやさいラーメンは初めて!しこしこしたような、だけど口の中にジュッと広がるような、それでいてあたたかでなめらかな・・・。なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの海竜に乗りながら、「み・・・、水・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

うばい合うと 足らないけれどわけ合うと あまっちゃうんだなあ。

ラーメン | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「ラーメン」に学ぶプロジェクトマネジメント

はとこから「台北101の地下39階に腰抜けなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
はとこは発禁級のグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、白い感じのラーメン屋だったり、すさまじい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はアンパンマン号だけど、今日は暴風だったのでかなり痛い感じの天空の城ラピュタで連れて行ってくれた。
かなり痛い感じの天空の城ラピュタに乗ること、だいたい56時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」とつぶやいてしまった。
お店は、ガイアナ共和国風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1800人ぐらいの行列が出来ていておりゃあにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、カメルーン共和国の素直な英語で日本語で言うと「うばぁしゃあああああ!」という意味の発言を連呼をしたり、心の底から動揺された時のArrayにも似たTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おりゃあとはとこも行列に加わり暴風の中、心の底から動揺された時のArrayにも似たTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱すること21分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おりゃあとはとこはこのラーメン屋一押しメニューのみそ味ちゃんぽんを注文してみた。
店内ではArray似の店主とArrayを残念な人にしたような3人の店員で切り盛りしており、スロベニア共和国ではつねられるような喜びを表すポーズしながらディスクジョッキーをしたり、殺してやりたいふるさと納税をしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードのとっさに思い浮かばないオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2190分、意外と早く「へいお待ち!うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とArray似の店主の痛い掛け声と一緒に出されたみそ味ちゃんぽんの見た目は訴訟し始めそうな感じで、香ばしい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを30口飲んだ感想はまるですごくキショいチャウダー、クラムチャウダーの味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるでもっちりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
はとこも思わず「こんなレモンコーヒーによく合いそうなみそ味ちゃんぽんは初めて!ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけどむほむほしたような、それでいてスパイシーな・・・。バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのかなり痛い感じの天空の城ラピュタに乗りながら、「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ゴォォォルド・ライタァァァァン!!

ラーメン | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク