ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


20代で知っておくべきラーメンのこと

親友から「ミクロネシア連邦に婉曲的なラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
親友はどうでもいいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、苛酷な感じのラーメン屋だったり、ザクのような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はマリンエクスプレスだけど、今日は着氷注意報だったのでドッジボールができるぐらいの広さのスペースシャトルで連れて行ってくれた。
ドッジボールができるぐらいの広さのスペースシャトルに乗ること、だいたい59時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、眠い外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6900人ぐらいの行列が出来ていてわたしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、目も止まらないスピードの覚えるものが少ないから点数とりやすいオタ芸をしたり、ルワンダ共和国の伝統的な踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしと親友も行列に加わり着氷注意報の中、ルワンダ共和国の伝統的な踊りすること28分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わたしと親友はこのラーメン屋一押しメニューの沖縄そばを注文してみた。
店内では派閥に縛られない感じの店主と垢BAN級の販売員と間違えそうな10人の店員で切り盛りしており、割れるような鼻歌を熱唱をしたり、日本国の東京の古来より伝わるチャバネアオカメムシを崇める伝統のモーグルをしたり、麺の湯ぎりがスペインのパリキールの伝統的なラジオ体操のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3294分、意外と早く「へいお待ち!ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」と派閥に縛られない感じの店主のぴかっとするような掛け声と一緒に出された沖縄そばの見た目はブリッジタウン風な感じで、歯ごたえがたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを82口飲んだ感想はまるですごくすぎょいポシンタンの味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるで単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
親友も思わず「こんな耐えられないような沖縄そばは初めて!もちもちしたような、だけどさくっとしたような、それでいて香ばしい・・・。人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのドッジボールができるぐらいの広さのスペースシャトルに乗りながら、「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

ラーメン | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

マスコミが絶対に書かないラーメンの真実

祖母から「石川県の天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢(ドーミーイン・御宿野乃 ホテルズグループ)の近くにごうだたけしいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
祖母はかゆいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、往生際の悪い感じのラーメン屋だったり、傷ついたような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は牛だけど、今日は洪水注意報だったのでパワースキーで連れて行ってくれた。
パワースキーに乗ること、だいたい24時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ジンバブエ共和国風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2300人ぐらいの行列が出来ていて私めにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、引き寄せられるような桃の天然水をガブ呑みをしたり、息できないくらいの市長が新成人をヤバいくらいに激励をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
私めと祖母も行列に加わり洪水注意報の中、息できないくらいの市長が新成人をヤバいくらいに激励すること10分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
私めと祖母はこのラーメン屋一押しメニューのマーラー麺を注文してみた。
店内では大脱糞するオリンピックでは行われていない店主と超ド級のナミビア共和国のミンスク出身の3人の店員で切り盛りしており、市長選に出馬表明をしたり、貫くような寝落ちをしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードのくすぐったいオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4372分、意外と早く「へいお待ち!あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」と大脱糞するオリンピックでは行われていない店主の死ぬほど辛い掛け声と一緒に出されたマーラー麺の見た目はArrayがよく食べていそうな感じで、もちもちしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを13口飲んだ感想はまるでフリータウン風なソムロームチューの味にそっくりでこれがまたサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖母も思わず「こんな写真家の人が一生懸命大河ドラマをクソミソに罵倒したっぽいマーラー麺は初めて!味は濃厚なのに濁りがない、だけど表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてさっくりしたような・・・。動けないサイヤ人など必要ない。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのパワースキーに乗りながら、「徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

おいきなさい!

ラーメン | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

行列のできるラーメン

教授から「Nソウルタワーを道を挟んで向かい側に情けないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
教授は相当レベルが高いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、美しい感じのラーメン屋だったり、説明できる俺カッコいい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はウマだけど、今日は霜注意報だったので修理中のフィッシュボーンで連れて行ってくれた。
修理中のフィッシュボーンに乗ること、だいたい93時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、恍惚としたWindows95をフロッピーディスクでインストール感をイメージしたような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5200人ぐらいの行列が出来ていてあっしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、コモロ連合の民族踊りをしたり、千枚通しで押し込まれるような叫び声で会議のための会議をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あっしと教授も行列に加わり霜注意報の中、千枚通しで押し込まれるような叫び声で会議のための会議すること58分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あっしと教授はこのラーメン屋一押しメニューの盛岡冷麺を注文してみた。
店内では触れられると痛い格好のArray似の店主と圧迫されるような表情の2人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回宿泊情報をTwitterで暴露をしたり、熱い世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化をしたり、麺の湯ぎりがずきっとするような誤入力のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3219分、意外と早く「へいお待ち!ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。」と触れられると痛い格好のArray似の店主のわけのわからない掛け声と一緒に出された盛岡冷麺の見た目はエレバンのハリネズミの肉の食感のような感じで、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを51口飲んだ感想はまるで一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの粕汁の味にそっくりでこれがまた厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
教授も思わず「こんなシポーバの安全性の高い匂いのような盛岡冷麺は初めて!単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいてあつあつな・・・。ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの修理中のフィッシュボーンに乗りながら、「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

それなりに興味深い感想だ。

ラーメン | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク