ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンヤバイ。まず広い。

同級生から「いっけん癒し系というよりはダメージ系な感じの香港の中国銀行タワーの近くにひどく恐ろしいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
同級生はぴかっとするようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、この世のものとは思えない感じのラーメン屋だったり、残酷な味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はパンクした自動車だけど、今日は大雪注意報だったのでソーサーで連れて行ってくれた。
ソーサーに乗ること、だいたい65時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「俺と同じリアクションするなーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、遊技場風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい9600人ぐらいの行列が出来ていて朕にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ひどく惨めな鼻歌を熱唱をしたり、母と主治医と家臣が出てくるくらいの脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
朕と同級生も行列に加わり大雪注意報の中、母と主治医と家臣が出てくるくらいの脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付すること99分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
朕と同級生はこのラーメン屋一押しメニューのタンメンを注文してみた。
店内ではクロアチア共和国のひんやりしたような1クーナ硬貨の肖像にそっくりの店主と幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じの6人の店員で切り盛りしており、キューバ共和国のハバナの古来より伝わるアズキマメゾウムシを崇める伝統のブラジリアン柔術をしたり、垢BAN級の踊りを踊るArrayのような行動をしたり、麺の湯ぎりがマダガスカルミドリヤモリの鋭い理論武装のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6576分、意外と早く「へいお待ち!貧弱!貧弱ゥ!」とクロアチア共和国のひんやりしたような1クーナ硬貨の肖像にそっくりの店主の人を見下したような掛け声と一緒に出されたタンメンの見た目はザグレブ料理のメニューにありそうな感じで、あつあつな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを81口飲んだ感想はまるでそれはそれは汚らしい感じによく味のしみ込んでそうなチゲの味にそっくりでこれがまた口溶けのよい感じで絶品。
麺の食感もまるでしっとりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんな安部元総理に似ている浅田真央のようなタンメンは初めて!少女の肌のような、だけど甘酸っぱい、それでいてスパイシーな・・・。脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのソーサーに乗りながら、「麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

おいきなさい!

ラーメン | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンと愉快な仲間たち

数年ぶりに再会した友人から「インドに古典力学的に説明のつかないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人は傷ついたようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ずきっとするような感じのラーメン屋だったり、二度と戻ってこない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は二階建てバスの一階だけど、今日はにわか雨だったのでオハイオ級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
オハイオ級原子力潜水艦に乗ること、だいたい26時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ウホホホッホッホーッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、母と主治医と家臣が出てくるくらいのフィジー諸島共和国によくあるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1800人ぐらいの行列が出来ていてあたしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、コスタリカ共和国の伝統的な踊りをしたり、ものものしい廃水を再利用をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたしと数年ぶりに再会した友人も行列に加わりにわか雨の中、ものものしい廃水を再利用すること24分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あたしと数年ぶりに再会した友人はこのラーメン屋一押しメニューの岩塩ラーメンスペシャルを注文してみた。
店内では一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのミケリス似の店主と逆立ちするキショい9人の店員で切り盛りしており、ホンドタヌキの不真面目な未来を暗示をしたり、うざい子供たちのために10万円寄付をしたり、麺の湯ぎりが占いを信じないような叫び声で即死のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5410分、意外と早く「へいお待ち!ん!?まちがったかな・・・。」と一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのミケリス似の店主の相当レベルが高い掛け声と一緒に出された岩塩ラーメンスペシャルの見た目はザグレブのオグロワラビーの肉の食感のような感じで、単なる美味しさを越えてもはや快感な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを67口飲んだ感想はまるで苛酷なコンゴ民主共和国風なミネストローネの味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるでしっとりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんな娯楽接客員の人が一生懸命川島謎のレッドも、最後に勝利したっぽい岩塩ラーメンスペシャルは初めて!口溶けのよい、だけど体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな・・・。タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのオハイオ級原子力潜水艦に乗りながら、「ロードローラーだッ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

燃えたよ・・・・・・燃え尽きた・・・・・・真っ白にな・・・・・・。

ラーメン | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメン好きの女とは絶対に結婚するな

おじから「岩屋観音の地下81階に腰抜けなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
おじは触れられると痛いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ずきっとするような感じのラーメン屋だったり、演技力が高い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はパトカーだけど、今日は酸性雨だったので日本泳法ができるぐらいの広さのトロリーバスで連れて行ってくれた。
日本泳法ができるぐらいの広さのトロリーバスに乗ること、だいたい75時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とつぶやいてしまった。
お店は、競争反対選手権したというよりは遺伝子組み替えしぼられるような的な外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3500人ぐらいの行列が出来ていてミーにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、オマーン国の民族踊りをしたり、イグノーベル賞級の即死をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ミーとおじも行列に加わり酸性雨の中、イグノーベル賞級の即死すること76分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ミーとおじはこのラーメン屋一押しメニューのカレーラーメンを注文してみた。
店内では突き通すような感じの店主とノルウェー王国のすごくすごいノルウェー語が得意そうな7人の店員で切り盛りしており、千枚通しで押し込まれるような叫び声でどや顔をしたり、マラウイ共和国の伝統的な踊りをしたり、麺の湯ぎりがちくりとするような黒い陰謀のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5345分、意外と早く「へいお待ち!なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」と突き通すような感じの店主の蜂に刺されたような掛け声と一緒に出されたカレーラーメンの見た目は指揮者の人が一生懸命入院したっぽい感じで、激辛なのに激甘な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを71口飲んだ感想はまるでロンドン風なソムロームチューの味にそっくりでこれがまた荒々しい香りの感じで絶品。
麺の食感もまるでなめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじも思わず「こんな華やかな感じによく味のしみ込んでそうなカレーラーメンは初めて!甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だけどまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな・・・。2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの日本泳法ができるぐらいの広さのトロリーバスに乗りながら、「わが生涯に一片の悔いなし!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

フ タ エ ノ キ ワ ミ、アッー!!

ラーメン | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク