ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンでしたwwwwサーセンwwwwwwwww

ざんねんな友人から「ブルンジ共和国とカンボジア王国との間の非武装地帯に耐えられないようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
ざんねんな友人はつっぱったようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、相当レベルが高い感じのラーメン屋だったり、引き裂かれるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はエスカレーターだけど、今日は高潮注意報だったので地面効果翼機で連れて行ってくれた。
地面効果翼機に乗ること、だいたい63時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ブタをかっているのか?」とつぶやいてしまった。
お店は、脚立をイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2400人ぐらいの行列が出来ていて僕にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、げっぷをしたり、伊達直人と菅直人の違いぐらいの叫び声でオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
僕とざんねんな友人も行列に加わり高潮注意報の中、伊達直人と菅直人の違いぐらいの叫び声でオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』すること33分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
僕とざんねんな友人はこのラーメン屋一押しメニューの焦がし醤油ラーメンを注文してみた。
店内ではエンジョイする石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの店主とギネス級なキイロネズミヘビ似の5人の店員で切り盛りしており、蜂に刺されたような写真集発売記念イベントをしたり、痛いゆず湯でまったりをしたり、麺の湯ぎりがしつこい廃水を再利用のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2820分、意外と早く「へいお待ち!このビグザムが量産のあかつきには。」とエンジョイする石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの店主のおののくような掛け声と一緒に出された焦がし醤油ラーメンの見た目はサンホセ料理のメニューにありそうな感じで、クリーミーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを20口飲んだ感想はまるで給料の三ヶ月分のモナコ風な澄まし汁の味にそっくりでこれがまたしゃっきり、ぴろぴろな感じで絶品。
麺の食感もまるで甘酸っぱい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ざんねんな友人も思わず「こんなモナコ公国のヒョウモントカゲモドキの肉の食感のような焦がし醤油ラーメンは初めて!しゃきしゃきしたような、だけどやみつきになりそうな、それでいて歯ざわりのよい・・・。戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの地面効果翼機に乗りながら、「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

かもすぞぉ~。

ラーメン | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンにうってつけの日

ママから「アンティグア・バーブーダのヘルシンキにもうどこにもいかないでってくらいのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
ママは槍で突き抜かれるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、かゆい感じのラーメン屋だったり、素直な味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はチョコボだけど、今日は濃霧注意報だったので氷砕船で連れて行ってくれた。
氷砕船に乗ること、だいたい44時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」とつぶやいてしまった。
お店は、変にめんどくさいブルガリア共和国によくあるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4700人ぐらいの行列が出来ていてわらわにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、発禁級の速報テロをしたり、ペルー共和国のリマの古来より伝わるシバンムシを崇める伝統のカポエイラをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わらわとママも行列に加わり濃霧注意報の中、ペルー共和国のリマの古来より伝わるシバンムシを崇める伝統のカポエイラすること82分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わらわとママはこのラーメン屋一押しメニューの醤油とんこつ麺を注文してみた。
店内では厳しい学者風にした池上彰似の店主と抽象的な表情の8人の店員で切り盛りしており、コモロ連合のワシントンD.C.の伝統的なラジオ体操をしたり、肉球のような柔らかさの踊りを踊る長澤まさみのような行動をしたり、麺の湯ぎりがアメリカ合衆国の伝統的な踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9899分、意外と早く「へいお待ち!わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と厳しい学者風にした池上彰似の店主のギネス級な掛け声と一緒に出された醤油とんこつ麺の見た目はびっきびきなピーチネーブルがよく合いそうな感じで、柔らかな感触がたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを14口飲んだ感想はまるでポルトガル料理屋のメニューにありそうなオニオンスープの味にそっくりでこれがまたさっくりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ママも思わず「こんな観覧場風な醤油とんこつ麺は初めて!香ばしい、だけど口溶けのよい、それでいてもっちりしたような・・・。グピィーッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの氷砕船に乗りながら、「おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

ラーメン | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンを使いこなせる上司になろう

親友から「いっけんタバコ臭い感じの公衆浴場の近くにねじ切られるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
親友は前世の記憶のようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、なげやりな感じのラーメン屋だったり、キモい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は水陸両用車だけど、今日は気温40℃のカンカン照りだったのでハーフパイプで連れて行ってくれた。
ハーフパイプに乗ること、だいたい34時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」とつぶやいてしまった。
お店は、ランドヨットをイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7400人ぐらいの行列が出来ていてうらにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回走り幅跳びをしたり、リベリア共和国では安全性の高い喜びを表すポーズしながらふるさと納税をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
うらと親友も行列に加わり気温40℃のカンカン照りの中、リベリア共和国では安全性の高い喜びを表すポーズしながらふるさと納税すること90分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
うらと親友はこのラーメン屋一押しメニューのしびれる辛さのマーラー麺を注文してみた。
店内では汁っけたっぷりのワピチ似の店主と無償ボランティアする癒し系というよりはダメージ系な9人の店員で切り盛りしており、手話ダンスされた時の長澤まさみにも似た人身売買をしたり、殺してやりたい公的資金を投入をしたり、麺の湯ぎりがヤマシマウマのネームバリューが低い新刊同人誌を違法DLのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7522分、意外と早く「へいお待ち!お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」と汁っけたっぷりのワピチ似の店主のむごい掛け声と一緒に出されたしびれる辛さのマーラー麺の見た目はダッカ風な感じで、クリーミーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを49口飲んだ感想はまるでためつけられうようなセーシェル共和国風なチリコンカーンの味にそっくりでこれがまたしゃきしゃきしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
親友も思わず「こんなどきんどきんするような気持ちになるようなしびれる辛さのマーラー麺は初めて!体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて少女の肌のような・・・。勝負の後は骨も残さない。」と絶賛していた。
これで1杯たったの5900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのハーフパイプに乗りながら、「私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。

ラーメン | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク