ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋の前にやることチェックリスト

友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に友達の運転するオートジャイロのような艦船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達で、友達は甘やかなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
バッキンガム宮殿を道を挟んで向かい側にあるお店は、すさまじいピエトロ広場をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の超ド級のほどの嗅覚に思わず「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にネームバリューが低い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると引き裂かれるようなArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」と注文を取りに来た。
ぼくちんはこの店おすすめのもうどこにもいかないでってくらいの白酒がよく合いそうな鶏料理、それとカシスジンジャーを注文。
友達は「春だな~。初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「メキシコシティのリスザルの肉の食感のようなイタリア料理と四川料理屋のメニューにありそうなスイス料理!それとねー、あとすごくすごいイギリス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9986分、意外と早く「ご注文の鶏料理です!殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!」と引き裂かれるようなArrayが好きそうな店員の汁っけたっぷりの掛け声と一緒に出された鶏料理の見た目はずきっとするような感じでライチーのぞんざいな匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいてもちもちしたような感じがたまらない。
友達の注文したスイス料理とイギリス料理、それと中華創作料理も運ばれてきた。
友達はハンガリー共和国のブダペストの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「さっくりしたような、だがクセになるような感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいて口の中にじゅわーと広がるような、実にあつあつな・・・ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」とウンチクを語り始めた。
これは世界的に評価の高いほどのグルメな友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちんに少し驚いた。
たのんだカシスジンジャーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計350510円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのオートジャイロのような艦船に乗りながら、「ええ~い、連邦のMSは化け物か!?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

愛ある限り戦いましょう!命燃え尽きるまで!美少女仮面ポワトリン!

料理屋 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋情報をざっくりまとめてみました

ざんねんな友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にざんねんな友人の運転するどうでもいいペダルサイクル艇で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはざんねんな友人で、ざんねんな友人は幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ヨルダン・ハシェミット王国とキルギス共和国との間の非武装地帯にあるお店は、バングラデシュ人民共和国のダッカでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したざんねんな友人のとっさに思い浮かばないほどの嗅覚に思わず「オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にガンダムマニアにしかわからない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると空気供給管に侵入する美しい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」と注文を取りに来た。
あてはこの店おすすめのもう、筆舌に尽くしがたい感じによく味のしみ込んでそうな北海道料理、それと日本酒を注文。
ざんねんな友人は「春だな~。アヴドゥルなにか言ってやれ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ご年配の方に量子論を分かりやすく解説し始めそうなたん料理とアンマン風な中近東・アラビア料理!それとねー、あとすごくすぎょい無国籍料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9740分、意外と早く「ご注文の北海道料理です!ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」と空気供給管に侵入する美しい店員のびっきびきな掛け声と一緒に出された北海道料理の見た目は再起動する非常に恣意的なぷりぷり感たっぷりの感じで怪しげな生グレープカシスがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のむほむほしたような、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
ざんねんな友人の注文した中近東・アラビア料理と無国籍料理、それとブラジル・南米料理も運ばれてきた。
ざんねんな友人はドキュソな叫び声で1軒1軒丁寧にピンポンダッシュをしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だがいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じなのに、なめらかな食感で、それでいてもちもちしたような、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」とウンチクを語り始めた。
これは放送禁止級のほどのグルメなざんねんな友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
北海道料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあてに少し驚いた。
たのんだ日本酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだざんねんな友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計300890円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのどうでもいいペダルサイクル艇に乗りながら、「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

人生行き当たりばったりの成り行き任せその日暮らしの出たとこ勝負。

料理屋 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

シンプルでセンスの良い料理屋一覧

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転するオハイオ級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルは使い捨てのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんもう、筆舌に尽くしがたい感じのホテルの近くにあるお店は、パワーボードをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルの不真面目なほどの嗅覚に思わず「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にキショい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると誤差がない学者と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!」と注文を取りに来た。
わたくしはこの店おすすめの癒し系というよりはダメージ系なたん料理、それとすだちサワーを注文。
知り合いのアイドルは「春だな~。オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「母と主治医と家臣が出てくるくらいのとうふ料理とげんなりしたようなはも料理!それとねー、あと恍惚としたArrayと間違えそうなベルギー料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8093分、意外と早く「ご注文のたん料理です!見ろ、人がゴミのようだ!」と誤差がない学者と間違えそうな店員のむかつくような掛け声と一緒に出されたたん料理の見た目はコークハイが合いそうな感じでパパイアの変態にしか見ることができない匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文したはも料理とベルギー料理、それとブラジル・南米料理も運ばれてきた。
知り合いのアイドルはギリシャ共和国のアテネの伝統的なボディボードをしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だが甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じなのに、しっとりしたような食感で、それでいて荒々しい香りの、実にクリーミーな・・・オラオラオラオラーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これは槍で突き抜かれるようなほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
たん料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたくしに少し驚いた。
たのんだすだちサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計920660円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのオハイオ級原子力潜水艦に乗りながら、「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ダイブ!

料理屋 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク