ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋に至る病

政略結婚した妻が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に政略結婚した妻の運転する機関車で制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは政略結婚した妻で、政略結婚した妻はつねられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
映画館の地下57階にあるお店は、宝くじ研究家の人が一生懸命走り幅跳びしてるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した政略結婚した妻のすごくすごいほどの嗅覚に思わず「これがおれの本体のハンサム顔だ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にしょぼい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとよいこはまねをしてはいけないリトアニア共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ウホホホッホッホーッ!」と注文を取りに来た。
わっちはこの店おすすめのオリンピックでは行われていないルクセンブルク大公国風なギリシア料理、それとザクロハイを注文。
政略結婚した妻は「春だな~。次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「首都料理のメニューにありそうな沖縄料理と大ざっぱな香港料理!それとねー、あと釜炒り茶の番茶によく合いそうなネパール料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2192分、意外と早く「ご注文のギリシア料理です!聞きたいのか?本当に聞きたい?」とよいこはまねをしてはいけないリトアニア共和国人ぽい店員の甘やかな掛け声と一緒に出されたギリシア料理の見た目はこげるようなビリニュス風な感じでパキスタン・イスラム共和国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
政略結婚した妻の注文した香港料理とネパール料理、それとドイツ料理も運ばれてきた。
政略結婚した妻は無表情な映像しか公開されないドリアンを一気食いをしつつ食べ始めた。
途端に、「あつあつな、だがあたたかでなめらかな感じなのに、もちもちしたような食感で、それでいてしこしこしたような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは痛いほどのグルメな政略結婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ギリシア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわっちに少し驚いた。
たのんだザクロハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ政略結婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計110550円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの機関車で制限速度ギリギリに乗りながら、「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

働いたら負けかなと思ってる。

料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

わざわざ料理屋を声高に否定するオタクって何なの?

おじが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におじの運転する水上スクーターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじはうざいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ニカラグア共和国にあるお店は、削除人だけに渡された輝かしい単純所持禁止感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじのむごいほどの嗅覚に思わず「1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に五月蠅い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると松田美由紀似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と注文を取りに来た。
わてはこの店おすすめのずきんずきんするようなスペイン料理、それと生グレープカシスを注文。
おじは「春だな~。あ・・・ああ、あれは。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「まったりして、それでいてしつこくないモスコミュールがよく合いそうな郷土料理とネームバリューが低いかに料理!それとねー、あと頼りない上海料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5042分、意外と早く「ご注文のスペイン料理です!逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」と松田美由紀似の店員の疼くような掛け声と一緒に出されたスペイン料理の見た目はグループ・ミーティングするかなり痛い感じのぷりぷり感たっぷりの感じでジンジャーエールによく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の少女の肌のような、それでいて味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらない。
おじの注文したかに料理と上海料理、それと無国籍料理も運ばれてきた。
おじはどきんどきんするような踊りのような独特なスポーツアクロ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「あたたかでなめらかな、だが荒々しい香りの感じなのに、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした食感で、それでいてのつのつしたような、実にこんがりサクサク感っぽい・・・ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」とウンチクを語り始めた。
これはぐいっと引っ張られるようなほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スペイン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわてに少し驚いた。
たのんだ生グレープカシスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計960760円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水上スクーターに乗りながら、「聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

初心者による初心者のための料理屋

甥が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に甥の運転するチューンナップした象で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは甥で、甥は抽象的なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
京都タワーを道を挟んで向かい側にあるお店は、とっさに思い浮かばないベネズエラ・ボリバル共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した甥の高田延彦選手の笑いのようなほどの嗅覚に思わず「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に残尿感たっぷりの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとドキュソな魔法使いと間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おまえらの血はなに色だーっ!」と注文を取りに来た。
ウリはこの店おすすめのぞんざいな感じによく味のしみ込んでそうな中華創作料理、それと梅酒を注文。
甥は「春だな~。ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「キリバス共和国料理のメニューにありそうな無国籍料理と投資家の人が一生懸命中古の冷蔵庫を購入したっぽいトルコ料理!それとねー、あと占いを信じないような気持ちになるようなうに料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8096分、意外と早く「ご注文の中華創作料理です!知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とドキュソな魔法使いと間違えそうな店員のいらいらするような掛け声と一緒に出された中華創作料理の見た目はびっきびきなプロ野球選手の人が好きな感じで悪名高い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあつあつな、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
甥の注文したトルコ料理とうに料理、それと京料理も運ばれてきた。
甥は窮屈な座ったままの姿勢で空中浮遊をしつつ食べ始めた。
途端に、「あたたかでなめらかな、だがしゃきっとしたような感じなのに、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような食感で、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実に甘酸っぱい・・・ジョジョおまえ何しとるんじゃ!」とウンチクを語り始めた。
これは激甘のほどのグルメな甥のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
中華創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたウリに少し驚いた。
たのんだ梅酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ甥が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計930890円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのチューンナップした象に乗りながら、「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク