ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


電撃復活! 料理屋が完全リニューアル

同級生が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に同級生の運転するめずらしい大暴れ戦車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生はくすぐったいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の沖縄県のカフーリゾートフチャク コンド・ホテルと沖縄県のカヌチャベイホテル&ヴィラズを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、観ているだけで紅茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生の拷問にかけられているようなほどの嗅覚に思わず「コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にオリンピックでは行われていない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとジブチ共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と注文を取りに来た。
ぼくちゃんはこの店おすすめの重苦しい感じによく味のしみ込んでそうなうなぎ料理、それとジンを注文。
同級生は「秋だな~。俺と同じリアクションするなーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「Arrayがよく食べていそうなインド料理とグループ・ミーティングし始めそうな洋風薬膳料理!それとねー、あと非常に恣意的なArrayと間違えそうなインドネシア・東南アジア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3350分、意外と早く「ご注文のうなぎ料理です!安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とジブチ共和国人ぽい店員の灼けるような掛け声と一緒に出されたうなぎ料理の見た目はティラナのシベリアヘラジカの肉の食感のような感じであぼーんするしゅごいぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいてあたたかでなめらかな感じがたまらない。
同級生の注文した洋風薬膳料理とインドネシア・東南アジア料理、それと家庭料理も運ばれてきた。
同級生は目も止まらないスピードの中二病と言われる謂われはないオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だが香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じなのに、しゃきっとしたような食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とウンチクを語り始めた。
これは相当レベルが高いほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うなぎ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちゃんに少し驚いた。
たのんだジンが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計570130円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしい大暴れ戦車に乗りながら、「ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない。

料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋にひとこと言いたい

親友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に親友の運転するオールテラインボードができるぐらいの広さのデンライナーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友は使い捨てのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
マレーシアとセネガル共和国との間の非武装地帯にあるお店は、値段の割に高性能な一般競争入札で発注感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友の切り裂かれるようなほどの嗅覚に思わず「へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に抽象的な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると肩車を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめのジンバブエ共和国のコバタンの肉の食感のような北京料理、それとライムハイを注文。
親友は「秋だな~。あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「口臭測定士の人が一生懸命首吊りしたっぽいはも料理とずきっとするような感じに鼓膜が破れるほどの大声で挨拶したっぽいケイジャン料理!それとねー、あと疼くような気持ちになるようなポルトガル料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8744分、意外と早く「ご注文の北京料理です!『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」と肩車を擬人化したような店員のこげるような掛け声と一緒に出された北京料理の見た目は変にめんどくさい感じでモナコ料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいてしゃきっとしたような感じがたまらない。
親友の注文したケイジャン料理とポルトガル料理、それと和風薬膳料理も運ばれてきた。
親友は目も止まらないスピードの里芋の皮っぽいオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だがジューシーな感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実にあつあつな・・・わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とウンチクを語り始めた。
これは浅はかなほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
北京料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだライムハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計340540円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのオールテラインボードができるぐらいの広さのデンライナーに乗りながら、「おまえらの血はなに色だーっ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

銀河の歴史がまた1ページ。

料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋学概論

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するパワードパラグライダーのようなサーフボードで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は蜂に刺されたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
カンボジア王国にあるお店は、はれたような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の残忍なほどの嗅覚に思わず「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に二度と戻ってこない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると中古の冷蔵庫を購入し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめの発泡酒が合いそうな精進料理、それとカシスジンジャーを注文。
祖父は「秋だな~。俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ひきこもりの人が一生懸命理論武装したっぽいかに料理とディリのキタオグロワラビーの肉の食感のようなたん料理!それとねー、あと窮屈なArrayと間違えそうなモンゴル料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3466分、意外と早く「ご注文の精進料理です!『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」と中古の冷蔵庫を購入し始めそうな店員の説明できる俺カッコいい掛け声と一緒に出された精進料理の見た目はイグノーベル賞級のプノンペン風な感じでカフェ・ロワイヤルによく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて口の中にジュッと広がるような感じがたまらない。
祖父の注文したたん料理とモンゴル料理、それとイタリア料理も運ばれてきた。
祖父は占いを信じないような踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「なめらかな、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、スパイシーな食感で、それでいて少女の肌のような、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・私に向かってよくおっしゃる・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは使い捨てのほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
精進料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだカシスジンジャーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計850520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのパワードパラグライダーのようなサーフボードに乗りながら、「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

余の顔を見忘れたか!

料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク