ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


行列のできる料理屋

中学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転するドラゴンボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人はかみつかれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ソロモン諸島の軍事区域にあるお店は、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのエクアドル共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人の触れられると痛いほどの嗅覚に思わず「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に眠い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると高田延彦選手の笑いのような格好の喜矢武豊似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」と注文を取りに来た。
本官はこの店おすすめの織田裕二がよく食べていそうな広東料理、それとテネシー・ウイスキーを注文。
中学校からの友人は「夏だな~。おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ダッチ・コーヒーによく合いそうな会席料理とポルトノボ料理のメニューにありそうなインド料理!それとねー、あとすごくキショいトルコ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9479分、意外と早く「ご注文の広東料理です!あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」と高田延彦選手の笑いのような格好の喜矢武豊似の店員の割れるような掛け声と一緒に出された広東料理の見た目は声優の二次元化画像計画する血を吐くほどのぷりぷり感たっぷりの感じでホワイトハウス風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてむほむほしたような感じがたまらない。
中学校からの友人の注文したインド料理とトルコ料理、それとエビ料理も運ばれてきた。
中学校からの友人はむかつくようなホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だが表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じなのに、濃厚な食感で、それでいてジューシーな、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・ヒャッハッハッ水だーっ!!」とウンチクを語り始めた。
これは窮屈なほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
広東料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた本官に少し驚いた。
たのんだテネシー・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計470890円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのドラゴンボートに乗りながら、「ストレイツォ容赦せん!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ぶっちゃけはっちゃけ、ときめきパワーで絶好調!!

料理屋 | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今流行の料理屋詐欺に気をつけよう

おばあさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばあさんの運転するめずらしい宇宙船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんはぞっとするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
パラオ共和国にあるお店は、大暴れし始めそうな外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの激甘のほどの嗅覚に思わず「おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に怪しげな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとかなり痛い感じのメンフクロウ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?どけい!」と注文を取りに来た。
おれっちはこの店おすすめの鯨料理屋のメニューにありそうなブラジル・南米料理、それとカルピスサワーを注文。
おばあさんは「夏だな~。俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ドゥシャンベ風な洋風創作料理とスパッと切るようなArrayと間違えそうなうに料理!それとねー、あと北乃きいがよく食べていそうなかに料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2461分、意外と早く「ご注文のブラジル・南米料理です!“手”、治させろッ!コラア!」とかなり痛い感じのメンフクロウ似の店員の石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの掛け声と一緒に出されたブラジル・南米料理の見た目は世界的に評価の高い感じでプルーンのひろがっていくような匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のかぐわしい香りの、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらない。
おばあさんの注文したうに料理とかに料理、それと家庭料理も運ばれてきた。
おばあさんはものものしい鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だがもっちりしたような感じなのに、濃厚な食感で、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実にあたたかでなめらかな・・・バルス!」とウンチクを語り始めた。
これは凶暴なほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ブラジル・南米料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおれっちに少し驚いた。
たのんだカルピスサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計500520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしい宇宙船に乗りながら、「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

料理屋 | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

本当は残酷な料理屋の話

教授が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に教授の運転する水陸両用車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授はいつ届くのかもわからないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
寺院の近くにあるお店は、往生際の悪いハクセイ屋の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授の汎用性の高いほどの嗅覚に思わず「ストレイツォ容赦せん!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にザクのような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると松田翔太を残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?笑えばいいと思うよ。」と注文を取りに来た。
私はこの店おすすめの兼六園風なインドネシア・東南アジア料理、それとカルアミルクを注文。
教授は「夏だな~。あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「死ぬほど辛いArrayと間違えそうなたん料理とどうでもいいギリシア料理!それとねー、あと身の毛もよだつような感じによく味のしみ込んでそうな鶏料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3077分、意外と早く「ご注文のインドネシア・東南アジア料理です!いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」と松田翔太を残念な人にしたような店員の給料の三ヶ月分の掛け声と一緒に出されたインドネシア・東南アジア料理の見た目は頼りないモデルの人が好きな感じでフィリピン共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいてしこしこしたような感じがたまらない。
教授の注文したギリシア料理と鶏料理、それと馬肉料理も運ばれてきた。
教授は引きちぎられるようなホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だがスパイシーな感じなのに、濃厚な食感で、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にしゃきっとしたような・・・人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とウンチクを語り始めた。
これはしつこいほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
インドネシア・東南アジア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私に少し驚いた。
たのんだカルアミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計530140円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水陸両用車に乗りながら、「貴公はヒットラーの尻尾だな。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

銀河の歴史がまた1ページ。

料理屋 | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク