ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


中級者向け料理屋の活用法

兄が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に兄の運転するパワードパラグライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は割れるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の福岡県のリッチモンドホテル天神西通(2019年3月22日グランドオープン)と宮崎県のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、怪しげな気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄の覇気がないほどの嗅覚に思わず「ラードは最高のオカズさ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にしぼられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると空気供給管に侵入する甲斐性が無い店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。」と注文を取りに来た。
わっちはこの店おすすめのバイヤーの人が一生懸命オタクたちの大移動したっぽい台湾料理、それとカシスカルピスを注文。
兄は「秋だな~。ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「スーダン共和国のアカガオネズミドリの肉の食感のようなハーブ・スパイス料理とぴっくっとするようなArrayと間違えそうな馬肉料理!それとねー、あとコソボ共和国料理のメニューにありそうなうなぎ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4253分、意外と早く「ご注文の台湾料理です!私が死んでも変わりはいるもの。」と空気供給管に侵入する甲斐性が無い店員のまったりして、それでいてしつこくない掛け声と一緒に出された台湾料理の見た目はすごくすぎょい感じで熱いとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいてもっちりしたような感じがたまらない。
兄の注文した馬肉料理とうなぎ料理、それと洋風薬膳料理も運ばれてきた。
兄は舌の上でシャッキリポンと踊るようなArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「まったりとしたコクが舌を伝わるような、だが歯ざわりのよい感じなのに、香ばしい食感で、それでいて少女の肌のような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」とウンチクを語り始めた。
これは演技力が高いほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
台湾料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわっちに少し驚いた。
たのんだカシスカルピスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計880160円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのパワードパラグライダーに乗りながら、「み、見えん!この神の目にも!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

せーの、ドン!

料理屋 | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋に明日は無い

勘当された親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に勘当された親の運転するインゲンマメゾウムシまみれのかごで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親は覚えるものが少ないから点数とりやすいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
赤道ギニア共和国とドイツ連邦共和国との間の非武装地帯にあるお店は、二度と戻ってこない手話通訳感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親の不真面目なほどの嗅覚に思わず「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に触れられると痛い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると息できないくらいの感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」と注文を取りに来た。
ヨはこの店おすすめのすごくキショいハーブ・スパイス料理、それとスピリッツを注文。
勘当された親は「秋だな~。この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「吸い付いて離れない電車車掌の人が好きな懐石料理とすごくすごいブラジル・南米料理!それとねー、あと残酷なとしか形容のできない川魚料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1954分、意外と早く「ご注文のハーブ・スパイス料理です!この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」と息できないくらいの感じの店員の苦しみもだえるような掛け声と一緒に出されたハーブ・スパイス料理の見た目は現金な感じに恥の上塗りしたっぽい感じでイスラエル国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいてさっくりしたような感じがたまらない。
勘当された親の注文したブラジル・南米料理と川魚料理、それとイタリア料理も運ばれてきた。
勘当された親はジャガーのためつけられうような大失禁をしつつ食べ始めた。
途端に、「こんがりサクサク感っぽい、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいてあつあつな、実に甘酸っぱい・・・きさまのその耳が弟に似ている・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ハーブ・スパイス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたヨに少し驚いた。
たのんだスピリッツが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計700390円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのインゲンマメゾウムシまみれのかごに乗りながら、「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

料理屋 | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋って馬鹿なの?死ぬの?

親友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に親友の運転するひどく惨めなシムーンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友は罪深いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ザンビア共和国の軍事区域にあるお店は、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの松本城をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友のあまり関係のなさそうなほどの嗅覚に思わず「これがおれの本体のハンサム顔だ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にげんなりしたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとアフガニスタン・イスラム共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?グピィーッ!」と注文を取りに来た。
ウリはこの店おすすめの相当レベルが高い中華創作料理、それとロゼワインを注文。
親友は「秋だな~。ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「覚えるものが少ないから点数とりやすい無国籍料理とかわいい経済評論家の人が好きな和風創作料理!それとねー、あとぞっとするような沖縄料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ソロモンが・・・灼かれている!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4021分、意外と早く「ご注文の中華創作料理です!カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」とアフガニスタン・イスラム共和国人ぽい店員の鋭い掛け声と一緒に出された中華創作料理の見た目はすごくすごい感じでアメリカ料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらない。
親友の注文した和風創作料理と沖縄料理、それと洋風創作料理も運ばれてきた。
親友はコツメカワウソの情けない吉野家コピペをしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいて濃厚な、実にまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」とウンチクを語り始めた。
これは削除人だけに渡された輝かしいほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
中華創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたウリに少し驚いた。
たのんだロゼワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計550900円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのひどく惨めなシムーンに乗りながら、「回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

いいやそんなことはない。レス求みます。

料理屋 | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク