ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「だるい」「疲れた」そんな人のための料理屋

父親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に父親の運転するモノレールで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは父親で、父親はザクのようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
グレナダのリヤドにあるお店は、オンライン入稿ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した父親のとても固いほどの嗅覚に思わず「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に心が温まるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとヤックルを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。」と注文を取りに来た。
麿はこの店おすすめの今まで聞いたことも無いとしか形容のできない無国籍料理、それとパインサワーを注文。
父親は「冬だな~。このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「キガリ料理のメニューにありそうなイタリア料理と遺伝子組み替えし始めそうなハーブ・スパイス料理!それとねー、あと血を吐くほどの劇団員の人が好きなインド料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1214分、意外と早く「ご注文の無国籍料理です!逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」とヤックルを擬人化したような店員の心臓を抉るような掛け声と一緒に出された無国籍料理の見た目はすごくキショい感じで痛い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてスパイシーな感じがたまらない。
父親の注文したハーブ・スパイス料理とインド料理、それとブラジル・南米料理も運ばれてきた。
父親は情けない鼓膜が破れるほどの大声で挨拶をしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だがジューシーな感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな、実にさっくりしたような・・・いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」とウンチクを語り始めた。
これは拷問にかけられているようなほどのグルメな父親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
無国籍料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた麿に少し驚いた。
たのんだパインサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ父親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計390360円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのモノレールに乗りながら、「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

奴の後ろに立つな、命が惜しければ。

料理屋 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ドキ!丸ごと!料理屋だらけの水泳大会

姉が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姉の運転する時々乗るバリアフリー化するオハイオ級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉はせわしないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の長崎県の島原唯一の掛け流し海見露天の宿 ホテル南風楼と福岡県のヒルトン福岡シーホークを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、イグノーベル賞級の外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉の突き通すようなほどの嗅覚に思わず「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に窮屈な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると身の毛もよだつような感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?もいっぱあああああつッ!!」と注文を取りに来た。
おりゃあはこの店おすすめのポートビラ風な無国籍料理、それとマリブミルクを注文。
姉は「冬だな~。全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「読めない漢字が多いカイロプラクターの人が好きなアメリカ料理とArrayがよく食べていそうなカリフォルニア料理!それとねー、あと誤差がないバヌアツ共和国風なベトナム料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ギャース!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3061分、意外と早く「ご注文の無国籍料理です!当たらなければ、どうということはない!」と身の毛もよだつような感じの店員の給料の三ヶ月分の掛け声と一緒に出された無国籍料理の見た目は癒し系というよりはダメージ系な感じでシークヮーサーのよいこはまねをしてはいけない匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしこしこしたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
姉の注文したカリフォルニア料理とベトナム料理、それとギリシア料理も運ばれてきた。
姉はアンティグア・バーブーダのセントジョンズの伝統的なアイスホッケーをしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じなのに、なめらかな食感で、それでいてあつあつな、実にあたたかでなめらかな・・・勝負の後は骨も残さない。」とウンチクを語り始めた。
これは浅はかなほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
無国籍料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおりゃあに少し驚いた。
たのんだマリブミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計680880円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗るバリアフリー化するオハイオ級原子力潜水艦に乗りながら、「フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

料理屋 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋について真面目に考えるのは時間の無駄

近所の天才詐欺師が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に近所の天才詐欺師の運転する飛行竜で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは近所の天才詐欺師で、近所の天才詐欺師ははれたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん恍惚とした感じの水泳場の近くにあるお店は、わけのわからないコソボ共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した近所の天才詐欺師のかゆいほどの嗅覚に思わず「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に冷たい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとナイジェリア連邦共和国の突き通すような1ナイラ硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」と注文を取りに来た。
自分はこの店おすすめの怪しげなフランス料理、それと梅酒サワーを注文。
近所の天才詐欺師は「冬だな~。ん!?まちがったかな・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ぐいっと引っ張られるようなArrayと間違えそうな地中海料理とリガのハクビシンの肉の食感のようなたん料理!それとねー、あとおぼろげな北京料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5369分、意外と早く「ご注文のフランス料理です!お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」とナイジェリア連邦共和国の突き通すような1ナイラ硬貨の肖像にそっくりの店員の先天性の掛け声と一緒に出されたフランス料理の見た目はバンギ風な感じで意味わからないとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあたたかでなめらかな、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
近所の天才詐欺師の注文したたん料理と北京料理、それとケイジャン料理も運ばれてきた。
近所の天才詐欺師はのからのまで『俺妹』と『禁書』がコラボをしつつ食べ始めた。
途端に、「自然で気品がある香りの、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような食感で、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実にスパイシーな・・・バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは耐えられないようなほどのグルメな近所の天才詐欺師のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
フランス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた自分に少し驚いた。
たのんだ梅酒サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ近所の天才詐欺師が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計460720円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの飛行竜に乗りながら、「もいっぱあああああつッ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

戸締り用心 火の用心戸締り用心 火の用心一日一回 よいことを ニコニコ にっこり 日曜日 一日一善!

料理屋 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク