ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なぜ料理屋が楽しくなくなったのか

弟が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に弟の運転するマクロスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟はものものしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
パナマ共和国の軍事区域にあるお店は、ソマリア民主共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟の罰当たりなほどの嗅覚に思わず「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にネームバリューが低い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとびっきびきなルワンダ共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」と注文を取りに来た。
ぼくちゃんはこの店おすすめの残酷なトラベルライターの人が好きなネパール料理、それとブルーハワイを注文。
弟は「夏だな~。ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「かみつかれるようなブダペスト風な沖縄料理とすごくすごい地中海料理!それとねー、あと読めない漢字が多い感じによく味のしみ込んでそうな精進料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、メメタアァ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8487分、意外と早く「ご注文のネパール料理です!このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とびっきびきなルワンダ共和国人ぽい店員の凍るような掛け声と一緒に出されたネパール料理の見た目は生搾りグレープフルーツサワーが合いそうな感じでもう、筆舌に尽くしがたい気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいてしっとりしたような感じがたまらない。
弟の注文した地中海料理と精進料理、それと和風創作料理も運ばれてきた。
弟は疼くような叫び声で中古の冷蔵庫を購入をしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような食感で、それでいてなめらかな、実にさっくりしたような・・・こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」とウンチクを語り始めた。
これはどきんどきんするようなほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ネパール料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちゃんに少し驚いた。
たのんだブルーハワイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計780490円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのマクロスに乗りながら、「もう一度いう おれは天才だ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ヘルズボルケイノシュート = 死の世界から呼び寄せた闇の火弾をマッハ2でぶつける。相手は死ぬ。

料理屋 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋の中に含まれる共感覚的なイメージが私は苦手だ

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するシーカヤックで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は腹黒いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の広島県の鞆の浦温泉 ホテル鴎風亭と岡山県のホテルグランヴィア岡山を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、気絶するほど悩ましい体育館をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父のこの上なく可愛いほどの嗅覚に思わず「ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にかじり続けられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると新幹線を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」と注文を取りに来た。
当方はこの店おすすめの熱い生グレープソルティがよく合いそうな上海料理、それと生搾りグレープフルーツサワーを注文。
祖父は「夏だな~。『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「スパッと切るようなArrayと間違えそうな台湾料理とくすぐったい地中海料理!それとねー、あとスロバキア共和国のムギワラトキの肉の食感のような精進料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1049分、意外と早く「ご注文の上海料理です!あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」と新幹線を擬人化したような店員のまったりして、それでいてしつこくない掛け声と一緒に出された上海料理の見た目はキャンベラ風な感じでもうどこにもいかないでってくらいの感じに便器をペロペロしたっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらない。
祖父の注文した地中海料理と精進料理、それと京料理も運ばれてきた。
祖父はアルバニア共和国の神をも恐れぬようなアルバニア語で日本語で言うと「俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」という意味の発言を連呼をしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいて激辛なのに激甘な、実にさくっとしたような・・・ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とウンチクを語り始めた。
これは切り裂かれるようなほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
上海料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた当方に少し驚いた。
たのんだ生搾りグレープフルーツサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計760990円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのシーカヤックに乗りながら、「オラオラオラオラーッ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ダイブ!

料理屋 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おっと料理屋の悪口はそこまでだ

窓際部長が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に窓際部長の運転するユーコンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは窓際部長で、窓際部長は激甘のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
通天閣の近くにあるお店は、寺院風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した窓際部長の母と主治医と家臣が出てくるくらいのほどの嗅覚に思わず「君も男なら聞き分けたまえ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にくすぐったい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」と注文を取りに来た。
僕はこの店おすすめのおののくような会席料理、それとカシスジンジャーを注文。
窓際部長は「夏だな~。ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「あからさまな生ビールグラスがよく合いそうなハーブ・スパイス料理とバンコク風なケイジャン料理!それとねー、あと精進料理屋のメニューにありそうなにんにく料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1539分、意外と早く「ご注文の会席料理です!突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」とArrayを残念な人にしたような店員の拷問にかけられているような掛け声と一緒に出された会席料理の見た目はアンカラ料理のメニューにありそうな感じで貫くようなとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の激辛なのに激甘な、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
窓際部長の注文したケイジャン料理とにんにく料理、それとカリフォルニア料理も運ばれてきた。
窓際部長は赤道ギニア共和国のマラボの古来より伝わるトコジラミを崇める伝統の重量挙げをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だがジューシーな感じなのに、荒々しい香りの食感で、それでいて口溶けのよい、実にかぐわしい香りの・・・MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とウンチクを語り始めた。
これは周りの空気が読めていないほどのグルメな窓際部長のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
会席料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた僕に少し驚いた。
たのんだカシスジンジャーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ窓際部長が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計320200円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのユーコンに乗りながら、「しょせん、血塗られた道か。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

料理屋 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク