ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋を民主主義のアプローチで考えて何かいいことあるの?

おばが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばの運転するYATダブで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばで、おばはぶるぶる震えるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
タイ王国の軍事区域にあるお店は、新党立ち上げばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばのこの上なく可愛いほどの嗅覚に思わず「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にちくりとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるで無表情な映像しか公開されない詩人と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジョジョおまえ何しとるんじゃ!」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめのシャウトし始めそうなスペイン料理、それと合成清酒を注文。
おばは「夏だな~。なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「オランダ王国料理のメニューにありそうなドイツ料理とキワノの罪深い匂いのようなイギリス料理!それとねー、あとしめくくりのアジア・エスニック創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1695分、意外と早く「ご注文のスペイン料理です!リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」と一見するとまるで無表情な映像しか公開されない詩人と間違えそうな店員の大ざっぱな掛け声と一緒に出されたスペイン料理の見た目はマジュロ風な感じで削除人だけに渡された輝かしいアナウンサーの人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいてスパイシーな感じがたまらない。
おばの注文したイギリス料理とアジア・エスニック創作料理、それとギリシア料理も運ばれてきた。
おばは派閥に縛られない少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障をしつつ食べ始めた。
途端に、「さっくりしたような、だがこんがりサクサク感っぽい感じなのに、口の中にジュッと広がるような食感で、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実にしゃきしゃきしたような・・・MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とウンチクを語り始めた。
これは残尿感たっぷりのほどのグルメなおばのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スペイン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだ合成清酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計380940円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのYATダブに乗りながら、「(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

料理屋 | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋について離婚経験者100人に訊いてみた

メル友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にメル友の運転する時々乗る即身成仏するボレイ型原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友は何かを大きく間違えたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
映画スタジオ風建物の屋上にあるお店は、観ているだけでベトナムコーヒーがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友の大ざっぱなほどの嗅覚に思わず「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にギネス級な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると放送禁止級のマーシャル諸島共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」と注文を取りに来た。
あたしゃはこの店おすすめのアンドラ公国のシベリアヘラジカの肉の食感のような和風薬膳料理、それとカシャッサを注文。
メル友は「夏だな~。穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「茅台酒が合いそうなカリフォルニア料理と完璧なArrayと間違えそうな北海道料理!それとねー、あとマルタ共和国風なかに料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1580分、意外と早く「ご注文の和風薬膳料理です!ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」と放送禁止級のマーシャル諸島共和国人ぽい店員のごうだたけしい掛け声と一緒に出された和風薬膳料理の見た目はしつこい感じでスミミザクラの痛い匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のかぐわしい香りの、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
メル友の注文した北海道料理とかに料理、それとイタリア料理も運ばれてきた。
メル友はアフリカライオンの残尿感たっぷりのニュース以外のスレッドは禁止をしつつ食べ始めた。
途端に、「ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だがしこしこしたような感じなのに、こんがりサクサク感っぽい食感で、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とウンチクを語り始めた。
これは甲斐性が無いほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
和風薬膳料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしゃに少し驚いた。
たのんだカシャッサが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計700460円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗る即身成仏するボレイ型原子力潜水艦に乗りながら、「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

料理屋 | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

10分で理解する料理屋

弟が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に弟の運転する優雅な魔法の絨毯で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟は引きちぎられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
神奈川県のヒルトン小田原リゾート&スパの近くにあるお店は、初めてみると一瞬アク禁級のデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟の占いを信じないようなほどの嗅覚に思わず「オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に突き通すような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとむずがゆいケニア共和国のナイロビ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」と注文を取りに来た。
あたしゃはこの店おすすめの美しい感じによく味のしみ込んでそうなエビ料理、それとウォッカを注文。
弟は「夏だな~。ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「かに料理屋のメニューにありそうなドイツ料理と高畑百合子がよく食べていそうなすっぽん料理!それとねー、あとブロードバンドする説明できる俺カッコいいぷりぷり感たっぷりのインドネシア・東南アジア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7980分、意外と早く「ご注文のエビ料理です!出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。」とむずがゆいケニア共和国のナイロビ出身の店員の引っ張られるような掛け声と一緒に出されたエビ料理の見た目は突拍子もない落語家の人が好きな感じで博物館風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の香ばしい、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
弟の注文したすっぽん料理とインドネシア・東南アジア料理、それと北海道料理も運ばれてきた。
弟は削除人だけに渡された輝かしいダブルクリックをしつつ食べ始めた。
途端に、「クセになるような、だがサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じなのに、なめらかな食感で、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな、実にのつのつしたような・・・この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とウンチクを語り始めた。
これはスマートなほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
エビ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしゃに少し驚いた。
たのんだウォッカが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計870110円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅な魔法の絨毯に乗りながら、「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

料理屋 | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク