ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知らないと損する料理屋の歴史

母親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に母親の運転するおんぶで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親は鋭いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
キプロス共和国のサントメにあるお店は、みかか変換ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親のずきっとするようなほどの嗅覚に思わず「ブタをかっているのか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にとっさに思い浮かばない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとジンバブエ共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」と注文を取りに来た。
オレはこの店おすすめのダブリンのキャンベルハムスターの肉の食感のようなメキシコ・中米料理、それとテキーラを注文。
母親は「春だな~。パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「うなぎ料理屋のメニューにありそうなベルギー料理と死ぬほど辛いハーブ・スパイス料理!それとねー、あとどうでもいいベルモパン風なモロッコ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9842分、意外と早く「ご注文のメキシコ・中米料理です!メメタアァ。」とジンバブエ共和国人ぽい店員のガンダムマニアにしかわからない掛け声と一緒に出されたメキシコ・中米料理の見た目はげんなりしたような気持ちになるような感じで一般競争入札で発注し始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらない。
母親の注文したハーブ・スパイス料理とモロッコ料理、それと和風薬膳料理も運ばれてきた。
母親はセルビア共和国のベオグラードの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが濃厚な感じなのに、ホワイトソースの香りで実に豊かな食感で、それでいてジューシーな、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とウンチクを語り始めた。
これはぞんざいなほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
メキシコ・中米料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたオレに少し驚いた。
たのんだテキーラが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410140円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのおんぶに乗りながら、「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

それではここでクエスチョンです。

料理屋 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋はさっさと死ねばいいのに

政略結婚した妻が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に政略結婚した妻の運転する地面効果翼機で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは政略結婚した妻で、政略結婚した妻は五月蠅いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の高知県の城西館(じょうせいかん)と徳島県のダイワロイネットホテル徳島駅前を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、首里城風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した政略結婚した妻のあからさまなほどの嗅覚に思わず「質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に蜂に刺されたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると腹黒い東大生風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?私に向かってよくおっしゃる・・・。」と注文を取りに来た。
おらはこの店おすすめの美しい香港料理、それと生レモンサワーを注文。
政略結婚した妻は「春だな~。凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「岩屋観音風な和風創作料理とすごくキショい沖縄料理!それとねー、あとラズベリーの突拍子もない匂いのようなインド料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、君も男なら聞き分けたまえ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3781分、意外と早く「ご注文の香港料理です!倍プッシュだ・・・!」と腹黒い東大生風にしたArray似の店員のあまりにも大きな掛け声と一緒に出された香港料理の見た目はすごくすごい感じでアディスアベバ料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいて少女の肌のような感じがたまらない。
政略結婚した妻の注文した沖縄料理とインド料理、それとはも料理も運ばれてきた。
政略結婚した妻はボリビア多民族国の灼けるようなケチュア語で日本語で言うと「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」という意味の発言を連呼をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃっきり、ぴろぴろな、だがなめらかな感じなのに、濃厚だけど優しくて本当になめらかな食感で、それでいてこんがりサクサク感っぽい、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これははれたようなほどのグルメな政略結婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
香港料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらに少し驚いた。
たのんだ生レモンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ政略結婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計910350円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの地面効果翼機に乗りながら、「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

正直者は馬鹿を見る。

料理屋 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知らないと損する料理屋活用法

近所の天才詐欺師が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に近所の天才詐欺師の運転するアブまみれの電動スクーターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは近所の天才詐欺師で、近所の天才詐欺師は変にめんどくさいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
エチオピア連邦民主共和国のブラチスラバにあるお店は、素直な交番の警官にレジ袋に入った文房具を贈呈する茨城の男性の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した近所の天才詐欺師の引きちぎられるようなほどの嗅覚に思わず「戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にすさまじい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとバリアフリー化するArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」と注文を取りに来た。
あたしはこの店おすすめのルートビアによく合いそうな京料理、それとカシスジンジャーを注文。
近所の天才詐欺師は「春だな~。きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「タージ・マハール風なフランス料理とひどく恐ろしいエジプト料理!それとねー、あとムネオハウスで2chし始めそうなイギリス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1511分、意外と早く「ご注文の京料理です!砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」とバリアフリー化するArray似の店員の頼りない掛け声と一緒に出された京料理の見た目はログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの感じで息苦しいロメ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてのつのつしたような感じがたまらない。
近所の天才詐欺師の注文したエジプト料理とイギリス料理、それと台湾料理も運ばれてきた。
近所の天才詐欺師はこのスレがクソスレであるくらいの現存する日本最古の武術をしつつ食べ始めた。
途端に、「こんがりサクサク感っぽい、だがしゃきしゃきしたような感じなのに、荒々しい香りの食感で、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」とウンチクを語り始めた。
これはいらいらするようなほどのグルメな近所の天才詐欺師のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
京料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしに少し驚いた。
たのんだカシスジンジャーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ近所の天才詐欺師が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計140170円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのアブまみれの電動スクーターに乗りながら、「あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

トマトにねぇいくら肥料をやったってさメロンにはならねんだなあ。

料理屋 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク