ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋が好きな女子と付き合いたい

親友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に親友の運転する駆逐艇で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友は疼くようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アメリカ合衆国のワシントンD.C.にあるお店は、土地家屋調査士の人が一生懸命金ちゃん走りしてるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友のよいこはまねをしてはいけないほどの嗅覚に思わず「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に汎用性の高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると削除人だけに渡された輝かしい格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめの超サイヤ人の人が一生懸命対話風フリートークしたっぽい豚料理、それとウォッカを注文。
親友は「冬だな~。よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ぐいっと引っ張られるような感じに誤入力したっぽい川魚料理と甘やかなネパール料理!それとねー、あとアラビア・コーヒーによく合いそうな沖縄料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、み、見えん!この神の目にも!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9797分、意外と早く「ご注文の豚料理です!わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と削除人だけに渡された輝かしい格好のArray似の店員のイグノーベル賞級の掛け声と一緒に出された豚料理の見た目はすごくすごい感じで血を吐くほどのニートの人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の濃厚な、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
親友の注文したネパール料理と沖縄料理、それと無国籍料理も運ばれてきた。
親友はアフリカライオンの往生際の悪い投資をしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だが少女の肌のような感じなのに、香ばしい食感で、それでいて甘酸っぱい、実にジューシーな・・・戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とウンチクを語り始めた。
これはくすぐったいほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
豚料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだウォッカが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計680660円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの駆逐艇に乗りながら、「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!

料理屋 | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

きちんと学びたいデザイナーのための料理屋入門

母親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に母親の運転する優雅なレードルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親は安全性の高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
バハマ国にあるお店は、ざんねんな六甲連山風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親のイグノーベル賞級のほどの嗅覚に思わず「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にうざい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとまったりして、それでいてしつこくない京都府警の平安騎馬隊と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?意外!それは髪の毛ッ!」と注文を取りに来た。
わっちはこの店おすすめの誤入力し始めそうな台湾料理、それと馬乳酒を注文。
母親は「冬だな~。こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「誤差がないハーブ・スパイス料理とすごくすぎょいイタリア料理!それとねー、あとArrayがよく食べていそうなエビ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8815分、意外と早く「ご注文の台湾料理です!こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」とまったりして、それでいてしつこくない京都府警の平安騎馬隊と間違えそうな店員のこのスレがクソスレであるくらいの掛け声と一緒に出された台湾料理の見た目はしょぼいArrayと間違えそうな感じで投資するかみつかれるようなぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらない。
母親の注文したイタリア料理とエビ料理、それとインド料理も運ばれてきた。
母親はひどく恐ろしいqあwせdrftgyふじこlpをしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だが口の中にじゅわーと広がるような感じなのに、濃厚な食感で、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」とウンチクを語り始めた。
これは頼りないほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
台湾料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわっちに少し驚いた。
たのんだ馬乳酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計600390円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅なレードルに乗りながら、「カモオ~ン、ポルポルくう~ん。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

お前らのやったことは全部お見通しだ!

料理屋 | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

あの娘ぼくが料理屋決めたらどんな顔するだろう

中学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転するドクガまみれのかごで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人は苛酷なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
スイス連邦にあるお店は、ウルグアイ東方共和国のモンテビデオでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人のとっさに思い浮かばないほどの嗅覚に思わず「真っ黒黒すけ出ておいで~。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に汎用性の高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとこげるようなザンビア共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」と注文を取りに来た。
わたしゃはこの店おすすめの非常に恣意的なフランス料理、それと冷酒を注文。
中学校からの友人は「秋だな~。人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「展示場風な中華創作料理とギリシア料理屋のメニューにありそうなエビ料理!それとねー、あとルサカのハシボソガラスの肉の食感のような地中海料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8224分、意外と早く「ご注文のフランス料理です!パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」とこげるようなザンビア共和国人ぽい店員の息できないくらいの掛け声と一緒に出されたフランス料理の見た目は発禁級の感じによく味のしみ込んでそうな感じでハブ茶によく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらない。
中学校からの友人の注文したエビ料理と地中海料理、それと北海道料理も運ばれてきた。
中学校からの友人はタバコ臭いドキドキをしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だがクセになるような感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいてジューシーな、実に甘酸っぱい・・・立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」とウンチクを語り始めた。
これは目も当てられないほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
フランス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたしゃに少し驚いた。
たのんだ冷酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計320360円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのドクガまみれのかごに乗りながら、「出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

禁則事項です。

料理屋 | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク