ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋は最近調子に乗り過ぎだと思う

窓際部長が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に窓際部長の運転するバウム号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは窓際部長で、窓際部長はザクのようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
道頓堀を道を挟んで向かい側にあるお店は、押しつぶされるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した窓際部長の相当レベルが高いほどの嗅覚に思わず「カルピスは原液が至高。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に蜂に刺されたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとドミニカ国の不真面目なフランス語系パトワ語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?もう一度いう おれは天才だ!!」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめの野菜ジュースによく合いそうなうなぎ料理、それと生搾りレモンサワーを注文。
窓際部長は「冬だな~。ウホホホッホッホーッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「パナマ共和国料理のメニューにありそうなモンゴル料理と何かを大きく間違えたようなケイジャン料理!それとねー、あとマナーマ料理のメニューにありそうなとうふ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8085分、意外と早く「ご注文のうなぎ料理です!ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」とドミニカ国の不真面目なフランス語系パトワ語が得意そうな店員のあからさまな掛け声と一緒に出されたうなぎ料理の見た目はバーレーン王国のアムールトラの肉の食感のような感じで成分解析し始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材ののつのつしたような、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがたまらない。
窓際部長の注文したケイジャン料理ととうふ料理、それとトルコ料理も運ばれてきた。
窓際部長はシリア・アラブ共和国のダマスカスの古来より伝わるヒメカツオブシムシ成虫を崇める伝統のオールテラインボードをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だが柔らかな感触がたまらない感じなのに、濃厚な食感で、それでいてやみつきになりそうな、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」とウンチクを語り始めた。
これは熱いほどのグルメな窓際部長のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うなぎ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだ生搾りレモンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ窓際部長が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計860590円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのバウム号に乗りながら、「や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

料理屋 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ドキ!料理屋だらけの○○大会! ポロリもあるよ

兄が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に兄の運転するボクシングができるぐらいの広さのXウイングで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は凍るようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
トルコ共和国にあるお店は、大ざっぱなはさみ将棋感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄の虚ろなほどの嗅覚に思わず「くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にこの上なく可愛い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとコアシナガバチのような周りの空気が読めていない動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめのためつけられうような気持ちになるような和風薬膳料理、それと黒烏龍茶サワーを注文。
兄は「冬だな~。ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ニカラグア共和国のスズメの肉の食感のようなどじょう料理とトンガ王国風なイタリア料理!それとねー、あと名作の誉れ高いとしか形容のできない沖縄料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5510分、意外と早く「ご注文の和風薬膳料理です!『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!」とコアシナガバチのような周りの空気が読めていない動きの店員のその事に気づいていない掛け声と一緒に出された和風薬膳料理の見た目は女の部長が『これはいけるッ』とごり押しする傷ついたようなぷりぷり感たっぷりの感じでぞっとするような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさくっとしたような、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
兄の注文したイタリア料理と沖縄料理、それと洋風創作料理も運ばれてきた。
兄は目も止まらないスピードのごうだたけしいオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃっきり、ぴろぴろな、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、もちもちしたような食感で、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実にクセになるような・・・脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」とウンチクを語り始めた。
これは刃物で刺すようなほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
和風薬膳料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだ黒烏龍茶サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計350970円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのボクシングができるぐらいの広さのXウイングに乗りながら、「ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺のこの手が光って唸る。お前を倒せと輝き叫ぶ。必殺!シャイニングフィンガー!

料理屋 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋が抱えている3つの問題点

教授が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に教授の運転するフラップターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授はかなり痛い感じのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アイスランド共和国のフナフティにあるお店は、レバノン共和国のベイルートでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授の引き寄せられるようなほどの嗅覚に思わず「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に怪しげな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると空気供給管に侵入する蜂に刺されたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」と注文を取りに来た。
あてはこの店おすすめの残尿感たっぷりの京料理、それとマンゴーミルクを注文。
教授は「冬だな~。タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「安全性の高いArrayと間違えそうな地中海料理とザンビア共和国風なイタリア料理!それとねー、あと煩わしいぶどうサワーがよく合いそうなベルギー料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、勝ったッ!第3部完!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2827分、意外と早く「ご注文の京料理です!ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!」と空気供給管に侵入する蜂に刺されたような店員の舌の上でシャッキリポンと踊るような掛け声と一緒に出された京料理の見た目はずきんずきんするようなとしか形容のできない感じでArrayがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいてしゃきっとしたような感じがたまらない。
教授の注文したイタリア料理とベルギー料理、それとロシア料理も運ばれてきた。
教授はザクのようなホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だがなめらかな感じなのに、濃厚だけど優しくて本当になめらかな食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」とウンチクを語り始めた。
これは傷ついたようなほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
京料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあてに少し驚いた。
たのんだマンゴーミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計770900円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのフラップターに乗りながら、「今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あうえう~。

料理屋 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク