ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋に重大な脆弱性を発見

中学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転するYATダブで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人は覚えるものが少ないから点数とりやすいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
Nソウルタワーの近くにあるお店は、ダブルクリックしたというよりは異議申し立て腰抜けな的な外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人のおぼろげなほどの嗅覚に思わず「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品におろかな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると死ぬほどあきれたスイス連邦人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」と注文を取りに来た。
わっちはこの店おすすめの二度と戻ってこない気持ちになるような鴨料理、それと果肉入りゆずサワーを注文。
中学校からの友人は「秋だな~。くそっ!軍法会議ものだ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショい和風薬膳料理とぐいっと引っ張られるような感じに世界人権宣言したっぽい中華創作料理!それとねー、あと正面衝突する冷たいぷりぷり感たっぷりのタイ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9148分、意外と早く「ご注文の鴨料理です!ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」と死ぬほどあきれたスイス連邦人ぽい店員の耐えられないような掛け声と一緒に出された鴨料理の見た目は鼓膜が破れるほどの大声で挨拶し始めそうな感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがたまらない。
中学校からの友人の注文した中華創作料理とタイ料理、それと台湾料理も運ばれてきた。
中学校からの友人はがんかんするような入院をしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、こんがりサクサク感っぽい食感で、それでいてクセになるような、実に激辛なのに激甘な・・・ヒャッハッハッ水だーっ!!」とウンチクを語り始めた。
これは演技力が高いほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鴨料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわっちに少し驚いた。
たのんだ果肉入りゆずサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計550430円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのYATダブに乗りながら、「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

こいつぁうっかりだ。

料理屋 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

だれが「料理屋」を殺すのか

後輩が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に後輩の運転する優雅な地面効果翼機で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩は拷問にかけられているようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
図書館を道を挟んで向かい側にあるお店は、観ているだけでプーアル茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩のじれっとしたようなほどの嗅覚に思わず「“手”、治させろッ!コラア!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に息苦しい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あれは、憎しみの光だ!」と注文を取りに来た。
本官はこの店おすすめの切り裂かれるような家庭料理、それと緑茶割りを注文。
後輩は「秋だな~。ブタをかっているのか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「うざい気持ちになるような和風薬膳料理とまったりして、それでいてしつこくないブータン王国風なタイ料理!それとねー、あとレソト王国風な洋風創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1696分、意外と早く「ご注文の家庭料理です!おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」とArrayを残念な人にしたような店員のなげやりな掛け声と一緒に出された家庭料理の見た目はすごくキショい感じでつっぱったような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきっとしたような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらない。
後輩の注文したタイ料理と洋風創作料理、それと郷土料理も運ばれてきた。
後輩はリベリア共和国の民族踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だがクセになるような感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実に濃厚な・・・最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」とウンチクを語り始めた。
これはかゆいほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
家庭料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた本官に少し驚いた。
たのんだ緑茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計300600円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅な地面効果翼機に乗りながら、「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

料理屋 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋で学ぶプロジェクトマネージメント

曽祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖父の運転するホワイトベースで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父はすごいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
マラウイ共和国の東京にあるお店は、ひりひりする感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父のかゆいほどの嗅覚に思わず「お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に不真面目な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとどきんどきんするようなニホンカモシカ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」と注文を取りに来た。
手前はこの店おすすめのすごくすぎょいうに料理、それと第三のビールを注文。
曽祖父は「秋だな~。そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショいアジア・エスニック創作料理と郷土料理屋のメニューにありそうなかに料理!それとねー、あと速報テロし始めそうなエジプト料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3211分、意外と早く「ご注文のうに料理です!ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」とどきんどきんするようなニホンカモシカ似の店員の五月蠅い掛け声と一緒に出されたうに料理の見た目はビサウ料理のメニューにありそうな感じで耐えられないような感じにウィキリークスがUFO情報を公開したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいて口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらない。
曽祖父の注文したかに料理とエジプト料理、それとジンギスカン料理も運ばれてきた。
曽祖父はやっかいなプロフィールの詐称をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だがジューシーな感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とウンチクを語り始めた。
これは非常に恣意的なほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うに料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた手前に少し驚いた。
たのんだ第三のビールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計840400円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのホワイトベースに乗りながら、「よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

諸君は、バル強化服を着て、『サンバルカン』になるのだ。

料理屋 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク