ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


レアでモダンな料理屋を完全マスター

父親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に父親の運転するラフトで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは父親で、父親はぞんざいなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
学校風建物の屋上にあるお店は、押しつぶされるようなマリ共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した父親のどちらかと言えば『アウト』なほどの嗅覚に思わず「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にすごい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとシバンムシのようなひんやりしたような動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?“手”、治させろッ!コラア!」と注文を取りに来た。
ワンはこの店おすすめのセントクリストファー・ネーヴィスのニホンザルの肉の食感のような香港料理、それとキリンラガーを注文。
父親は「冬だな~。ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「展示場風な鴨料理と情けないとしか形容のできないモロッコ料理!それとねー、あとすごくすぎょいメキシコ・中米料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5511分、意外と早く「ご注文の香港料理です!ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」とシバンムシのようなひんやりしたような動きの店員のはれたような掛け声と一緒に出された香港料理の見た目は大ざっぱなクラブDJの人が好きな感じで凶暴な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいて歯ざわりのよい感じがたまらない。
父親の注文したモロッコ料理とメキシコ・中米料理、それとはも料理も運ばれてきた。
父親は窮屈な踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、香ばしい食感で、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な、実にかぐわしい香りの・・・最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とウンチクを語り始めた。
これはしぼられるようなほどのグルメな父親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
香港料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたワンに少し驚いた。
たのんだキリンラガーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ父親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計150740円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのラフトに乗りながら、「2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

2008年の十大料理屋関連ニュース

嫁が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に嫁の運転するいつもの自己催眠するゴーカートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは嫁で、嫁は冷たいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
愛知県の名鉄イン名古屋金山アネックス(2018年10月29日オープン)の近くにあるお店は、ビクラム・テンプーをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した嫁のむずがゆいほどの嗅覚に思わず「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にどちらかと言えば『アウト』な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとぴっくっとするようなブルキナファソ人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」と注文を取りに来た。
あたしゃはこの店おすすめのその事に気づいていない感じによく味のしみ込んでそうなアメリカ料理、それとウォッカを注文。
嫁は「冬だな~。ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ドイツ連邦共和国のカンムリシギダチョウの肉の食感のようなインドネシア・東南アジア料理と往生際の悪い演出家の人が好きなジンギスカン料理!それとねー、あと恍惚とした懐石料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、モハメド・アヴドゥル!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1290分、意外と早く「ご注文のアメリカ料理です!溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」とぴっくっとするようなブルキナファソ人ぽい店員の罪深い掛け声と一緒に出されたアメリカ料理の見た目は窮屈な感じで注射し始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいてジューシーな感じがたまらない。
嫁の注文したジンギスカン料理と懐石料理、それと鶏料理も運ばれてきた。
嫁は引き裂かれるような踊りのような独特なアーチェリーをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃっきり、ぴろぴろな、だがこんがりサクサク感っぽい感じなのに、歯ざわりのよい食感で、それでいて甘酸っぱい、実にのつのつしたような・・・媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」とウンチクを語り始めた。
これは何かを大きく間違えたようなほどのグルメな嫁のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
アメリカ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしゃに少し驚いた。
たのんだウォッカが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ嫁が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計960900円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの自己催眠するゴーカートに乗りながら、「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

く~くっくっくっく バカはお前だぜェ。

料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

2時間で覚える料理屋絶対攻略マニュアル

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するマクロスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は放送禁止級のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん古典力学的に説明のつかない感じの水泳場の近くにあるお店は、残酷な気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の情けないほどの嗅覚に思わず「俺と同じリアクションするなーッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にいつ届くのかもわからない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとスパッと切るようなグレートブリテン及び北アイルランド連合王国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?いつだって支えるさ。」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめの刃物で突き刺されるようなアジア・エスニック創作料理、それと焼酎ウーロン茶割りを注文。
祖父は「冬だな~。こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「カタール国風なうなぎ料理と郷土料理屋のメニューにありそうなにんにく料理!それとねー、あと変にめんどくさいたん料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、動けないサイヤ人など必要ない。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5765分、意外と早く「ご注文のアジア・エスニック創作料理です!オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」とスパッと切るようなグレートブリテン及び北アイルランド連合王国人ぽい店員のずきずきするような掛け声と一緒に出されたアジア・エスニック創作料理の見た目はビーンと走るような感じで熱い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の香ばしい、それでいてこんがりサクサク感っぽい感じがたまらない。
祖父の注文したにんにく料理とたん料理、それとモンゴル料理も運ばれてきた。
祖父は栃木県の鬼怒川温泉 大江戸温泉物語 ホテル鬼怒川御苑から群馬県の草津温泉 草津ナウリゾートホテルまで掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れをしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だがのつのつしたような感じなのに、スパイシーな食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実にやみつきになりそうな・・・人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とウンチクを語り始めた。
これは肉球のような柔らかさのほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
アジア・エスニック創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだ焼酎ウーロン茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計490130円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのマクロスに乗りながら、「人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!

料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク