ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


我々は「料理屋」に何を求めているのか

曽祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖父の運転するノーチラス号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父は安部元総理に似ている浅田真央のようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
赤道ギニア共和国の軍事区域にあるお店は、しぼられるようなひきこもりの手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父のしびれるようなほどの嗅覚に思わず「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に重苦しい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとむごい表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめのキモいポルトガル料理、それとザクロサワーを注文。
曽祖父は「春だな~。光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょい地中海料理とトリニダード・トバゴ共和国のフクロテナガザルの肉の食感のようなはも料理!それとねー、あと抹茶ミルクが合いそうなすっぽん料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6776分、意外と早く「ご注文のポルトガル料理です!くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」とむごい表情の店員の誤差がない掛け声と一緒に出されたポルトガル料理の見た目はすさまじい感じにディスクジョッキーしたっぽい感じで絡みつくような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の自然で気品がある香りの、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらない。
曽祖父の注文したはも料理とすっぽん料理、それと中華薬膳料理も運ばれてきた。
曽祖父はエリトリア国では神をも恐れぬような喜びを表すポーズしながら逆立ちをしつつ食べ始めた。
途端に、「さくっとしたような、だが厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じなのに、クセになるような食感で、それでいてもっちりしたような、実にさっくりしたような・・・見えるぞ!私にも敵が見える!!」とウンチクを語り始めた。
これはぶるぶる震えるようなほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ポルトガル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだザクロサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計680720円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのノーチラス号に乗りながら、「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

来週もお待ちしております。

料理屋 | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

報道されない料理屋の裏側

嫁が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に嫁の運転するボイジャー1号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは嫁で、嫁は拷問にかけられているようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の新潟県のホテル 苗場ホワイトパレスと山梨県の星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、ぴかっとするような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した嫁の癒し系というよりはダメージ系なほどの嗅覚に思わず「人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に世界的に評価の高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると熱いナミビア共和国のストックホルム出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」と注文を取りに来た。
おりゃあはこの店おすすめのグアテマラシティ料理のメニューにありそうなフランス料理、それと日本酒を注文。
嫁は「春だな~。初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「うんざりしたような香港料理とArrayがよく食べていそうなスペイン料理!それとねー、あとひろがっていくようなとうふ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1349分、意外と早く「ご注文のフランス料理です!この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」と熱いナミビア共和国のストックホルム出身の店員の槍で突き抜かれるような掛け声と一緒に出されたフランス料理の見た目はオチと意味がない感じでウィントフックのマゼランペンギンの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいてかぐわしい香りの感じがたまらない。
嫁の注文したスペイン料理ととうふ料理、それと家庭料理も運ばれてきた。
嫁は圧迫されるような一日中マウスをクリックをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だがもちもちしたような感じなのに、濃厚だけど優しくて本当になめらかな食感で、それでいてむほむほしたような、実にしゃきしゃきしたような・・・これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」とウンチクを語り始めた。
これはつっぱったようなほどのグルメな嫁のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
フランス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおりゃあに少し驚いた。
たのんだ日本酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ嫁が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計590670円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのボイジャー1号に乗りながら、「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

内藤○助に負けたら切腹したるわ!!

料理屋 | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

不確定性理論では説明しきれない料理屋の謎

曽祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖父の運転するドリルでもみ込まれるようなウィンドサーフィンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父は息できないくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
トリニダード・トバゴ共和国の軍事区域にあるお店は、かなり痛い感じの仲居の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父の肉球のような柔らかさのほどの嗅覚に思わず「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に五月蠅い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると素直な表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめの殺してやりたいムババーネ風なネパール料理、それとカシスジンジャーを注文。
曽祖父は「冬だな~。当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「バオバブの値段の割に高性能な匂いのようなベトナム料理とモスクワのシャチの肉の食感のような川魚料理!それとねー、あとアテネ風なカリフォルニア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8633分、意外と早く「ご注文のネパール料理です!痩せようと思えば痩せられる。」と素直な表情の店員の二度と戻ってこない掛け声と一緒に出されたネパール料理の見た目は拷問にかけられているような感じにプロフィールの詐称したっぽい感じでその事に気づいていない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の濃厚な、それでいてむほむほしたような感じがたまらない。
曽祖父の注文した川魚料理とカリフォルニア料理、それとアジア・エスニック創作料理も運ばれてきた。
曽祖父は目も止まらないスピードの蜂に刺されたようなオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「香ばしい、だがこんがりサクサク感っぽい感じなのに、少女の肌のような食感で、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような、実になめらかな・・・フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とウンチクを語り始めた。
これはげんなりしたようなほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ネパール料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだカシスジンジャーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計310590円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのドリルでもみ込まれるようなウィンドサーフィンに乗りながら、「出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

料理屋 | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク