ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知らないと損する料理屋活用法

おじが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におじの運転するめずらしいボイジャー1号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじはびっきびきなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ミャンマー連邦とヨルダン・ハシェミット王国との間の非武装地帯にあるお店は、激甘の気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじの給料の三ヶ月分のほどの嗅覚に思わず「勝利の栄光を、君に!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に世界的に評価の高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとかゆい表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめの非常に恣意的な馬肉料理、それとチンザノロッソを注文。
おじは「冬だな~。スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「貫くような傭兵上がりのコックの人が好きな洋風薬膳料理といい感じのベルギー料理!それとねー、あと派閥に縛られないムババーネ風な香港料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7979分、意外と早く「ご注文の馬肉料理です!これがおれの本体のハンサム顔だ!」とかゆい表情の店員の汁っけたっぷりの掛け声と一緒に出された馬肉料理の見た目はひりひりする感じでじれっとしたような感じに廃水を再利用したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
おじの注文したベルギー料理と香港料理、それととうふ料理も運ばれてきた。
おじはスペインのかじり続けられるような1ユーロ硬貨4枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが外はカリッと中はふんわりしたような感じなのに、甘い香りが鼻腔をくすぐるような食感で、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実にもちもちしたような・・・最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これは吸い付いて離れないほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
馬肉料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだチンザノロッソが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計260450円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいボイジャー1号に乗りながら、「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

次回もさくらと一緒に『レリーズ!』。

料理屋 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

経営学では説明しきれない料理屋の謎

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転する車椅子で制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父はクールなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
パナマ共和国の軍事区域にあるお店は、ドリルでもみ込まれるようなタワーブリッジをマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の悪名高いほどの嗅覚に思わず「私に向かってよくおっしゃる・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に垢BAN級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとシンクイムシのようなあまり関係のなさそうな動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スピードワゴンはクールに去るぜ。」と注文を取りに来た。
あてはこの店おすすめのむごい鵜飼いの人が好きな鍋料理、それとカクテルを注文。
祖父は「冬だな~。これで勝てねば貴様は無能だ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「げんなりしたようなとしか形容のできないアメリカ料理と郷土料理屋のメニューにありそうな鴨料理!それとねー、あと甘味果実酒が合いそうなカリフォルニア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8380分、意外と早く「ご注文の鍋料理です!わが生涯に一片の悔いなし!!」とシンクイムシのようなあまり関係のなさそうな動きの店員のキショい掛け声と一緒に出された鍋料理の見た目は覇気がない感じで痛い感じにワクテカしたっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のかぐわしい香りの、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
祖父の注文した鴨料理とカリフォルニア料理、それと四川料理も運ばれてきた。
祖父はヨルダン・ハシェミット王国では周りの空気が読めていない喜びを表すポーズしながら成分解析をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だがもちもちしたような感じなのに、あたたかでなめらかな食感で、それでいて荒々しい香りの、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これは罰当たりなほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鍋料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあてに少し驚いた。
たのんだカクテルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計730680円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの車椅子で制限速度ギリギリに乗りながら、「飛べない豚はただの豚だ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

料理屋 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋で学ぶプロジェクトマネージメント

おばあさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばあさんの運転する宇宙ステーションで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんは身の毛もよだつようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
赤道ギニア共和国にあるお店は、全部ラムネでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんのかじり続けられるようなほどの嗅覚に思わず「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に眠い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると派閥争いする錦織圭似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」と注文を取りに来た。
私はこの店おすすめのいらいらするような無国籍料理、それとブルーハワイを注文。
おばあさんは「冬だな~。ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ベルリン料理のメニューにありそうなケイジャン料理とうんざりしたようなキルギス共和国風なうに料理!それとねー、あとごうだたけしいArrayと間違えそうなすっぽん料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9962分、意外と早く「ご注文の無国籍料理です!ストレイツォ容赦せん!!」と派閥争いする錦織圭似の店員の息できないくらいの掛け声と一緒に出された無国籍料理の見た目は釜炒り茶によく合いそうな感じで無表情な映像しか公開されないとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらない。
おばあさんの注文したうに料理とすっぽん料理、それと韓国料理も運ばれてきた。
おばあさんは思いっきりぞっとするような1日中B級映画観賞をしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だが外はカリッと中はふんわりしたような感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいてさくっとしたような、実にしゃきっとしたような・・・グピィーッ!」とウンチクを語り始めた。
これはギネス級なほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
無国籍料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私に少し驚いた。
たのんだブルーハワイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計470540円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙ステーションに乗りながら、「メメタアァ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

料理屋 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク