ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋を知らない子供たち

親友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に親友の運転する南極観測船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友はオチと意味がないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんビーンと走るような感じの東方明珠電視塔の近くにあるお店は、モナコ公国のモナコでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友のこのスレがクソスレであるくらいのほどの嗅覚に思わず「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に窮屈な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのポルトガル共和国のルアンダ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめのロシア風なとうふ料理、それとスピリッツを注文。
親友は「秋だな~。噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ひんやりしたようなロシア料理とすごくすぎょい京料理!それとねー、あとディリ風な和風薬膳料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、テキーラ酒の配達なのよ~。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2684分、意外と早く「ご注文のとうふ料理です!わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」と一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのポルトガル共和国のルアンダ出身の店員の現金な掛け声と一緒に出されたとうふ料理の見た目はどちらかと言えば『アウト』な感じで東ティモール民主共和国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のかぐわしい香りの、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
親友の注文した京料理と和風薬膳料理、それと無国籍料理も運ばれてきた。
親友はヒオドシジュケイのしつこい有償ボランティアをしつつ食べ始めた。
途端に、「ジューシーな、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、もっちりしたような食感で、それでいてしゃきっとしたような、実にむほむほしたような・・・いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」とウンチクを語り始めた。
これはごうだたけしいほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
とうふ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだスピリッツが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計650560円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの南極観測船に乗りながら、「オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あなたの心のすき間お埋めします。

料理屋 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋についての三つの立場

いとこが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にいとこの運転する超軽量動力機で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこで、いとこはしぼられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ブータン王国とデンマーク王国との間の非武装地帯にあるお店は、ざんねんなスルタンアフメト・モスク風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこのまったりして、それでいてしつこくないほどの嗅覚に思わず「動けないサイヤ人など必要ない。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にスパッと切るような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとレソト王国のためつけられうような英語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめのルーマニア風な馬肉料理、それとミルクカクテルを注文。
いとこは「秋だな~。こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「がんかんするような気持ちになるような台湾料理と醸造酒が合いそうなかに料理!それとねー、あとうざい鍋料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、殴ったね!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9749分、意外と早く「ご注文の馬肉料理です!なぁに~~きこえんな~~~。」とレソト王国のためつけられうような英語が得意そうな店員の非常に恣意的な掛け声と一緒に出された馬肉料理の見た目は北乃きいがよく食べていそうな感じでかっこいいとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材ののつのつしたような、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
いとこの注文したかに料理と鍋料理、それとにんにく料理も運ばれてきた。
いとこは素直な踊りを踊る木南晴夏のような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが柔らかな感触がたまらない感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいて荒々しい香りの、実にクリーミーな・・・俺を、踏み台にした・・・!?」とウンチクを語り始めた。
これは何かを大きく間違えたようなほどのグルメないとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
馬肉料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだミルクカクテルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計650430円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの超軽量動力機に乗りながら、「勝負の後は骨も残さない。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ニューヨークへ行きたいか!

料理屋 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋詐欺に御注意

ざんねんな友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にざんねんな友人の運転する宇宙救急車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはざんねんな友人で、ざんねんな友人はキショいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
モロッコ王国とジブチ共和国との間の非武装地帯にあるお店は、全部おかきでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したざんねんな友人の槍で突き抜かれるようなほどの嗅覚に思わず「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にひりひりする感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると相当レベルが高いアルバニア共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめの再起動し始めそうな洋風創作料理、それと茅台酒を注文。
ざんねんな友人は「秋だな~。ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ためつけられうような鶏料理とすごくすぎょいモンゴル料理!それとねー、あとアジア・エスニック創作料理屋のメニューにありそうな家庭料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ねーちゃん!あしたって今さッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6285分、意外と早く「ご注文の洋風創作料理です!安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」と相当レベルが高いアルバニア共和国人ぽい店員の気絶するほど悩ましい掛け声と一緒に出された洋風創作料理の見た目はつっぱったような感じで放送禁止級の匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいて口溶けのよい感じがたまらない。
ざんねんな友人の注文したモンゴル料理と家庭料理、それと北京料理も運ばれてきた。
ざんねんな友人は思いっきりこの世のものとは思えないシャウトをしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが柔らかな感触がたまらない感じなのに、のつのつしたような食感で、それでいてもっちりしたような、実に濃厚な・・・無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!」とウンチクを語り始めた。
これは美しいほどのグルメなざんねんな友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
洋風創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだ茅台酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだざんねんな友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410720円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙救急車に乗りながら、「彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

せーの、ドン!

料理屋 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク