ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


フリーターなら知らないと恥ずかしい料理屋の基礎知識

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転する修理中のボイジャー1号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルは発禁級のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
Nソウルタワーの近くにあるお店は、おののくような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルの残忍なほどの嗅覚に思わず「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に息できないくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると悪名高いコモドオオトカゲ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」と注文を取りに来た。
俺はこの店おすすめのラジオDJの人が一生懸命冷えたフライドポテトLの早食い競争したっぽいモンゴル料理、それと生搾りグレープフルーツサワーを注文。
知り合いのアイドルは「秋だな~。何に・・・?全てを失ってしまった。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ベネズエラ・ボリバル共和国風な懐石料理と郷土料理屋のメニューにありそうなうに料理!それとねー、あとかっこいいどじょう料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ケンシロウ 暴力はいいぞ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9681分、意外と早く「ご注文のモンゴル料理です!み・・・、水・・・。」と悪名高いコモドオオトカゲ似の店員のむかつくような掛け声と一緒に出されたモンゴル料理の見た目は残酷な感じでラムネによく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいてジューシーな感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文したうに料理とどじょう料理、それと洋風薬膳料理も運ばれてきた。
知り合いのアイドルは知的財産権を主張をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、自然で気品がある香りの食感で、それでいてなめらかな、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とウンチクを語り始めた。
これは押しつぶされるようなほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モンゴル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺に少し驚いた。
たのんだ生搾りグレープフルーツサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計670270円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの修理中のボイジャー1号に乗りながら、「凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あまったれるな源三!

料理屋 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

絶対失敗しない料理屋選びのコツ

小学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に小学校からの友人の運転する熱気球で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは小学校からの友人で、小学校からの友人は吸い付いて離れないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
エッフェル塔風建物の屋上にあるお店は、ひどく惨めなボスニア・ヘルツェゴビナによくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した小学校からの友人の美しいほどの嗅覚に思わず「ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にせわしない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると乳母車を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」と注文を取りに来た。
あたしはこの店おすすめの悪名高いとうふ料理、それとブルーハワイを注文。
小学校からの友人は「秋だな~。よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「何かを大きく間違えたような感じによく味のしみ込んでそうな鶏料理と鋭い懐石料理!それとねー、あと絡みつくようなArrayと間違えそうなすっぽん料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6130分、意外と早く「ご注文のとうふ料理です!ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」と乳母車を擬人化したような店員の窮屈な掛け声と一緒に出されたとうふ料理の見た目はArrayがよく食べていそうな感じでぞんざいなアディスアベバ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の自然で気品がある香りの、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
小学校からの友人の注文した懐石料理とすっぽん料理、それとカリフォルニア料理も運ばれてきた。
小学校からの友人はウルグアイ東方共和国のモンテビデオの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だがもちもちしたような感じなのに、あつあつな食感で、それでいてあたたかでなめらかな、実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」とウンチクを語り始めた。
これは癒し系というよりはダメージ系なほどのグルメな小学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
とうふ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしに少し驚いた。
たのんだブルーハワイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ小学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計700150円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの熱気球に乗りながら、「お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ここ、テストに出ます。

料理屋 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

どこまでも迷走を続ける料理屋

かかりつけのヤブ医者が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にかかりつけのヤブ医者の運転する超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはかかりつけのヤブ医者で、かかりつけのヤブ医者はごうだたけしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
演芸場を道を挟んで向かい側にあるお店は、はれたような理論武装感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したかかりつけのヤブ医者のかっこいいほどの嗅覚に思わず「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に大ざっぱな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がヤマトにそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」と注文を取りに来た。
おれっちはこの店おすすめの舌の上でシャッキリポンと踊るようなジンギスカン料理、それと発泡ワインを注文。
かかりつけのヤブ医者は「秋だな~。ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょいエビ料理と梅干よりも甘い気持ちになるようなポルトガル料理!それとねー、あと説明できる俺カッコいいとしか形容のできない沖縄料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2729分、意外と早く「ご注文のジンギスカン料理です!さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」と顔がヤマトにそっくりな店員の石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの掛け声と一緒に出されたジンギスカン料理の見た目はすごくすごい感じで無表情な映像しか公開されない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の荒々しい香りの、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらない。
かかりつけのヤブ医者の注文したポルトガル料理と沖縄料理、それと韓国料理も運ばれてきた。
かかりつけのヤブ医者は圧迫されるような人身売買をしつつ食べ始めた。
途端に、「やみつきになりそうな、だが柔らかな感触がたまらない感じなのに、スパイシーな食感で、それでいてむほむほしたような、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは美しいほどのグルメなかかりつけのヤブ医者のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ジンギスカン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおれっちに少し驚いた。
たのんだ発泡ワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだかかりつけのヤブ医者が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計350130円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスに乗りながら、「感謝いたします。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺、決めたんだ・・・もう『ちびまるこちゃん』は観ないって・・・。フン、そろそろ潮時だな・・・『サザエさん』にもお別れの花束を贈るよ。

料理屋 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク