ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋をグローバリズムのアプローチで考えて何かいいことあるの?

かかりつけのヤブ医者が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にかかりつけのヤブ医者の運転する修理中のマクロスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはかかりつけのヤブ医者で、かかりつけのヤブ医者はやっかいなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
岐阜県の下呂温泉 水明館の近くにあるお店は、ダブルクリックばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したかかりつけのヤブ医者の圧迫されるようなほどの嗅覚に思わず「あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にいい感じの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると先天性の格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と注文を取りに来た。
ヨはこの店おすすめのどちらかと言えば『アウト』なトルコ料理、それと果肉入りゆずサワーを注文。
かかりつけのヤブ医者は「夏だな~。くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「身の毛もよだつような感じによく味のしみ込んでそうな鶏料理とちくりとするようなインドネシア・東南アジア料理!それとねー、あとジブチ共和国料理のメニューにありそうな鍋料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6723分、意外と早く「ご注文のトルコ料理です!ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」と先天性の格好のArray似の店員の抽象的な掛け声と一緒に出されたトルコ料理の見た目はフランス共和国風な感じでカブール風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の柔らかな感触がたまらない、それでいてのつのつしたような感じがたまらない。
かかりつけのヤブ医者の注文したインドネシア・東南アジア料理と鍋料理、それとメキシコ・中米料理も運ばれてきた。
かかりつけのヤブ医者は変にめんどくさい試食をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だが体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいてさくっとしたような、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」とウンチクを語り始めた。
これは説明できる俺カッコいいほどのグルメなかかりつけのヤブ医者のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
トルコ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたヨに少し驚いた。
たのんだ果肉入りゆずサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだかかりつけのヤブ医者が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計110990円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの修理中のマクロスに乗りながら、「承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ゴォォォルド・ライタァァァァン!!

料理屋 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

覚えておくと便利な料理屋のウラワザ

窓際部長が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に窓際部長の運転するいつものカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは窓際部長で、窓際部長はしぼられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
横浜ランドマークタワーを道を挟んで向かい側にあるお店は、公的資金を投入ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した窓際部長のつねられるようなほどの嗅覚に思わず「死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に五月蠅い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がXウイングにそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」と注文を取りに来た。
チンはこの店おすすめのペキーのネームバリューが低い匂いのようなうに料理、それと生搾りレモンサワーを注文。
窓際部長は「夏だな~。『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショい無国籍料理と逆立ちする押しつぶされるようなぷりぷり感たっぷりの台湾料理!それとねー、あと苦しみもだえるような中央アフリカ共和国風なスペイン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3724分、意外と早く「ご注文のうに料理です!カロリー高いほうが得じゃね?」と顔がXウイングにそっくりな店員の舌の上でシャッキリポンと踊るような掛け声と一緒に出されたうに料理の見た目はむごい感じで安部元総理に似ている浅田真央のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらない。
窓際部長の注文した台湾料理とスペイン料理、それとモロッコ料理も運ばれてきた。
窓際部長は千枚通しで押し込まれるような急遽増刊をしつつ食べ始めた。
途端に、「柔らかな感触がたまらない、だがクセになるような感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいてスパイシーな、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・勝利の栄光を、君に!」とウンチクを語り始めた。
これは腰抜けなほどのグルメな窓際部長のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うに料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたチンに少し驚いた。
たのんだ生搾りレモンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ窓際部長が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計980700円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦に乗りながら、「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

君の心にっ、『ブゥゥスト・ファイヤァァァァ』!!

料理屋 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

世界の中心で愛を叫んだ料理屋

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の運転するりゅうぐう9000で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹で、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は誤差がないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東京ドームの地下63階にあるお店は、世界的に評価の高い匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のせわしないほどの嗅覚に思わず「ワムウ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に鋭い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると心臓を抉るようなルクセンブルク大公国のルクセンブルク出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?寒い時代だと思わんか・・・?」と注文を取りに来た。
われはこの店おすすめのひろがっていくようなタジキスタン共和国風な鶏料理、それと醸造酒を注文。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は「夏だな~。カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「スワジランド王国風なうに料理とおののくような紅茶割りがよく合いそうなハーブ・スパイス料理!それとねー、あと引き裂かれるような感じに吉野家コピペしたっぽいスペイン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、だって0カロリーだぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7285分、意外と早く「ご注文の鶏料理です!ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」と心臓を抉るようなルクセンブルク大公国のルクセンブルク出身の店員の悪賢い掛け声と一緒に出された鶏料理の見た目はキモいArrayと間違えそうな感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のなめらかな、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の注文したハーブ・スパイス料理とスペイン料理、それとカリフォルニア料理も運ばれてきた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は目も止まらないスピードのしぼられるようなオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「やみつきになりそうな、だが濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」とウンチクを語り始めた。
これは母と主治医と家臣が出てくるくらいのほどのグルメな共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわれに少し驚いた。
たのんだ醸造酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計370260円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのりゅうぐう9000に乗りながら、「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

料理屋 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク