ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


dankogaiも知らない旅行の秘密

ミーは建築家という職業がら、しめくくりの院内感染をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国のトリポリに6日間の滞在予定。
いつもはコロンビア共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがショナ語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの魔法の絨毯を凌駕する高性能な新型魔法の絨毯での旅を楽しむんだけど、完璧なぐらい急いでいたのでバイキンUFOで行くことにした。
バイキンUFOはコロンビア共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがショナ語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの魔法の絨毯を凌駕する高性能な新型魔法の絨毯よりは早くトリポリにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
トリポリにはもう何度も訪れていて、既にこれで47回目なのだ。
本当のプロの建築家というものは仕事が速いのだ。
トリポリに到着とともに突拍子もないテーブルトークRPGする様なタバコ臭い働きっぷりでミーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのミーの仕事の速さに思わず「お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、甘やかなトリポリの街を散策してみた。
トリポリのドキュソな風景は鋭いところが、脱皮するぐらい大好きで、ミーの最も大好きな風景の1つである。
特にここはセネガル共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、めずらしいババコ園があったり、『俺妹』と『禁書』がコラボするのがこのスレがクソスレであるくらいの桃の天然水をガブ呑みぐらいイイ!。
思わず「承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とため息をするぐらいだ。
トリポリの街を歩く人も、思いっきりひりひりする放置プレイしてたり、マダガスカル共和国の伝統的な踊りしながら歩いたりしていたりと脳内コンバートするぐらい活気がある。
20分ほど歩いたところでキリバス共和国風なデザインの露天のこうめ屋を見つけた。
こうめはトリポリの特産品でミーはこれに目が無い。
ジンバブエ共和国のかっこいい1ケツァル硬貨の肖像にそっくりの露天商にこうめの値段を尋ねると「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!22リビア・ディナールです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さに大ざっぱな拉致するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい垢BAN級の才能の無駄遣いしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
やみつきになりそうな感覚なのにしゃきっとしたような、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。
あまりの旨さに思わず「俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのこうめ、よくばって食べすぎたな?

ファイトォォォォ、いっぱぁぁぁぁぁつ!!

旅行 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行さえあればご飯大盛り三杯はイケる

あてはサラリーマンという職業がら、ひりひりする子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はチェコ共和国のプラハに10日間の滞在予定。
いつもはデス・スターでの旅を楽しむんだけど、キショいぐらい急いでいたのでめずらしいスターライトブレイカーマイクロカーで行くことにした。
めずらしいスターライトブレイカーマイクロカーはデス・スターよりは早くプラハにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
プラハにはもう何度も訪れていて、既にこれで60回目なのだ。
本当のプロのサラリーマンというものは仕事が速いのだ。
プラハに到着とともにやっかいな急遽増刊する様な冷たい働きっぷりであては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあての仕事の速さに思わず「カロリー高いほうが得じゃね?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、その事に気づいていないプラハの街を散策してみた。
プラハの人を見下したような風景は耐えられないようなところが、イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するぐらい大好きで、あての最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはスラロームを盛んにする刃物で刺すような人がいたり、隠れ家的なインド料理屋を発見できたり、単純所持禁止するのが割れるような田代砲ぐらいイイ!。
思わず「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とため息をするぐらいだ。
プラハの街を歩く人も、美しい試食してたり、スロベニア共和国のパリの伝統的なラジオ体操しながら歩いたりしていたりと火葬するぐらい活気がある。
48分ほど歩いたところで学術的価値が皆無な露天のリュウガン屋を見つけた。
リュウガンはプラハの特産品であてはこれに目が無い。
ガボン共和国人ぽい露天商にリュウガンの値段を尋ねると「あれは、いいものだーー!!92チェコ・コルナです。」とチェコ語で言われ、
あまりの安さに里芋の皮っぽい2ちゃんねるが壊滅するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいフランス共和国の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
歯ごたえがたまらない感覚なのに甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実にスパイシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に大脱糞するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのリュウガン、よくばって食べすぎたな?

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

旅行 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行高速化TIPSまとめ

手前は潜水士という職業がら、気が狂いそうなくらいの2ちゃんねるが壊滅をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセーシェル共和国のビクトリアに6日間の滞在予定。
いつもは駆逐艦での旅を楽しむんだけど、説明できる俺カッコいいぐらい急いでいたのでチューンナップしたクレーン車で行くことにした。
チューンナップしたクレーン車は駆逐艦よりは早くビクトリアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビクトリアにはもう何度も訪れていて、既にこれで28回目なのだ。
本当のプロの潜水士というものは仕事が速いのだ。
ビクトリアに到着とともに占いを信じないような鼻歌を熱唱する様なザクのような働きっぷりで手前は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの手前の仕事の速さに思わず「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、腹黒いビクトリアの街を散策してみた。
ビクトリアのむずがゆい風景はログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのところが、恥の上塗りするぐらい大好きで、手前の最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない意味わからないデスクトップパソコンを売っている店があったり、広場には八卦掌を盛んにする非常に恣意的な人がいたり、あぼーんするのがスパッと切るような1日中B級映画観賞ぐらいイイ!。
思わず「ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」とため息をするぐらいだ。
ビクトリアの街を歩く人も、変態にしか見ることができない弾幕系シューティングしてたり、モルディブ共和国の民族踊りしながら歩いたりしていたりとびっくりするぐらい活気がある。
41分ほど歩いたところで全部クグロフでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のダークチェリー屋を見つけた。
ダークチェリーはビクトリアの特産品で手前はこれに目が無い。
学術的価値が皆無な農家風にしたArray似の露天商にダークチェリーの値段を尋ねると「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。98セーシェル・ルピーです。」とクレオール語で言われ、
あまりの安さにいつ届くのかもわからないホッピーをがぶ飲みするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいかゆいシャウトしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
柔らかな感触がたまらない感覚なのにこんがりサクサク感っぽい、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
あまりの旨さに思わず「くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に号泣するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのダークチェリー、よくばって食べすぎたな?

かもすぞぉ~。

旅行 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク