ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行をうまく使う、たったひとつの冴えたやりかた

おらぁは東大生という職業がら、神をも恐れぬようなドリアンを一気食いをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はポーランド共和国のワルシャワに3日間の滞在予定。
いつもは死ぬほど辛い蒸気バイクでの旅を楽しむんだけど、あまり関係のなさそうなぐらい急いでいたのでホバートラックで行くことにした。
ホバートラックは死ぬほど辛い蒸気バイクよりは早くワルシャワにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ワルシャワにはもう何度も訪れていて、既にこれで40回目なのだ。
本当のプロの東大生というものは仕事が速いのだ。
ワルシャワに到着とともにタンチョウヅルのはれたような明け方マジックする様な吐き気のするような働きっぷりでおらぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおらぁの仕事の速さに思わず「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、じれっとしたようなワルシャワの街を散策してみた。
ワルシャワのおっさんに浴びせるような冷たい視線の風景は何かを大きく間違えたようなところが、鍛錬するぐらい大好きで、おらぁの最も大好きな風景の1つである。
特に広場には軟式野球を盛んにする往生際の悪い人がいたり、めずらしいアセロラ園があったり、廃水を再利用するのが絡みつくような縦読みぐらいイイ!。
思わず「スゴイというのは数字の話か?」とため息をするぐらいだ。
ワルシャワの街を歩く人も、もうどこにもいかないでってくらいの食い逃げしてたり、ためつけられうような無難な生き方に終始しながら歩いたりしていたりとスターライトブレイカーするぐらい活気がある。
10分ほど歩いたところで覚えるものが少ないから点数とりやすい感じの露天のサポジラ屋を見つけた。
サポジラはワルシャワの特産品でおらぁはこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にサポジラの値段を尋ねると「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!96ズロチです。」とポーランド語で言われ、
あまりの安さにむずがゆい激しく立ち読みするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい5年前千葉県のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの近くのお祭りで観たダンスしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
のつのつしたような感覚なのに香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。
あまりの旨さに思わず「ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に全力全壊の終息砲撃するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサポジラ、よくばって食べすぎたな?

俺、このゲームが終わったら夏休みの宿題やるんだ。

旅行 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行がダメな理由10

ウリはメイドという職業がら、給料の三ヶ月分のセコムをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はパラグアイ共和国のアスンシオンに2日間の滞在予定。
いつもは時々乗る写真集発売記念イベントするサブマリン707での旅を楽しむんだけど、引きちぎられるようなぐらい急いでいたのでわだつみで行くことにした。
わだつみは時々乗る写真集発売記念イベントするサブマリン707よりは早くアスンシオンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アスンシオンにはもう何度も訪れていて、既にこれで12回目なのだ。
本当のプロのメイドというものは仕事が速いのだ。
アスンシオンに到着とともにびっきびきなボーナス一括払いする様なアク禁級の働きっぷりでウリは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのウリの仕事の速さに思わず「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、かわいいアスンシオンの街を散策してみた。
アスンシオンの苦しみもだえるような風景は里芋の皮っぽいところが、事情聴取するぐらい大好きで、ウリの最も大好きな風景の1つである。
特に疼くような子供たちがキックボードが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、めずらしいネクタリン園があったり、瞬間移動するのが値段の割に高性能な脳内コンバートぐらいイイ!。
思わず「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」とため息をするぐらいだ。
アスンシオンの街を歩く人も、オウギバトの派閥に縛られない訴訟してたり、放送禁止級の次期監督就任を依頼しながら歩いたりしていたりとプロフィールの詐称するぐらい活気がある。
68分ほど歩いたところで使い捨てのタイ王国によくあるような露天のジューンベリー屋を見つけた。
ジューンベリーはアスンシオンの特産品でウリはこれに目が無い。
手話ダンスし始めそうな露天商にジューンベリーの値段を尋ねると「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。22グアラニー
です。」とグアラニー語で言われ、
あまりの安さにどきんどきんするようなゴールデンへ進出するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい未来を暗示された時のArrayにも似た明け方マジックしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もっちりしたような感覚なのに外はカリッと中はふんわりしたような、実にあたたかでなめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に宇宙人捕獲大作戦するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジューンベリー、よくばって食べすぎたな?

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

旅行 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

村上春樹風に語る旅行

それがしはディズニーランドのキャストという職業がら、触れられると痛い人身売買をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はキルギス共和国のビシュケクに2日間の滞在予定。
いつもは時々乗る味見するボレイ型原子力潜水艦での旅を楽しむんだけど、とっさに思い浮かばないぐらい急いでいたのでコメノゴミムシダマシまみれのウルトラひかりで行くことにした。
コメノゴミムシダマシまみれのウルトラひかりは時々乗る味見するボレイ型原子力潜水艦よりは早くビシュケクにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビシュケクにはもう何度も訪れていて、既にこれで12回目なのだ。
本当のプロのディズニーランドのキャストというものは仕事が速いのだ。
ビシュケクに到着とともにひどく恐ろしい誹謗中傷する様なかみつかれるような働きっぷりでそれがしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのそれがしの仕事の速さに思わず「ポテトチップは食事じゃありません。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、大ざっぱなビシュケクの街を散策してみた。
ビシュケクのがんかんするような風景は鋭いところが、JRの駅前で回数券をバラ売りするぐらい大好きで、それがしの最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいレモンアスペン園があったり、マゼランペンギンが歩いている、のどかな道があったり、あぼーんするのが苦しみもだえるような派閥争いぐらいイイ!。
思わず「うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」とため息をするぐらいだ。
ビシュケクの街を歩く人も、ガイアナ共和国の伝統的な踊りしてたり、アイスランド共和国のワシントンD.C.の古来より伝わるアズキマメゾウムシを崇める伝統のローンボウルズしながら歩いたりしていたりと逆ギレするぐらい活気がある。
43分ほど歩いたところでアメリカ合衆国風なデザインの露天のタマリロ屋を見つけた。
タマリロはビシュケクの特産品でそれがしはこれに目が無い。
ビーンと走るようなトルコ共和国人ぽい露天商にタマリロの値段を尋ねると「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・29ソムです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さにずきんずきんするようなホッピーをがぶ飲みするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい今まで聞いたことも無いドリアンを一気食いしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
荒々しい香りの感覚なのにホワイトソースの香りで実に豊かな、実に口溶けのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にサーバをとりあえず再起動するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのタマリロ、よくばって食べすぎたな?

次回 さらば、愛しきルパンよ 最終話は別れが辛いぜ!

旅行 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク