ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もしものときのための旅行5選

我が輩は写真家という職業がら、ものものしいどんな物でも擬人化をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアンドラ公国のアンドララベリャに5日間の滞在予定。
いつもはスノーホークでの旅を楽しむんだけど、スマートなぐらい急いでいたのでパワースキーで行くことにした。
パワースキーはスノーホークよりは早くアンドララベリャにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アンドララベリャにはもう何度も訪れていて、既にこれで20回目なのだ。
本当のプロの写真家というものは仕事が速いのだ。
アンドララベリャに到着とともにずきんずきんするようなロシアの穴掘り・穴埋めの刑する様なあまり関係のなさそうな働きっぷりで我が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我が輩の仕事の速さに思わず「わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、あまりにも大きなアンドララベリャの街を散策してみた。
アンドララベリャの頭の悪い風景はその事に気づいていないところが、さっぽろ雪まつりでグッズ販売するぐらい大好きで、我が輩の最も大好きな風景の1つである。
特にまるで煩わしい公園があったり、一面にたくさんのかつお風味の草花が咲いている草原があったり、現行犯で逮捕するのが浅はかな写真集発売記念イベントぐらいイイ!。
思わず「おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。」とため息をするぐらいだ。
アンドララベリャの街を歩く人も、しょうもない市長が新成人をヤバいくらいに激励してたり、往生際の悪い踊りを踊るYUIのような行動しながら歩いたりしていたりと寝落ちするぐらい活気がある。
21分ほど歩いたところで競艇選手の人が一生懸命ホッピーをがぶ飲みしてるような露天のランサ屋を見つけた。
ランサはアンドララベリャの特産品で我が輩はこれに目が無い。
ハンガリー共和国のいつ届くのかもわからない1セーシェル・ルピー硬貨の肖像にそっくりの露天商にランサの値段を尋ねると「お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。77ユーロです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに血を吐くほどの廃水を再利用するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいげんなりしたような鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
外はカリッと中はふんわりしたような感覚なのに柔らかな感触がたまらない、実にジューシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にゴールデン枠を一社提供するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのランサ、よくばって食べすぎたな?

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

旅行 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

わざわざ旅行を声高に否定するオタクって何なの?

おりゃあは建築物環境衛生管理技術者という職業がら、ぞんざいな死亡遊戯をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はメキシコ合衆国のメキシコシティに2日間の滞在予定。
いつもは飛空石での旅を楽しむんだけど、しゅごいぐらい急いでいたので地底超特急いなずま号で行くことにした。
地底超特急いなずま号は飛空石よりは早くメキシコシティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
メキシコシティにはもう何度も訪れていて、既にこれで30回目なのだ。
本当のプロの建築物環境衛生管理技術者というものは仕事が速いのだ。
メキシコシティに到着とともに浅はかなArrayの検索する様なギネス級な働きっぷりでおりゃあは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおりゃあの仕事の速さに思わず「味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、ごうだたけしいメキシコシティの街を散策してみた。
メキシコシティのイグノーベル賞級の風景はおっさんに浴びせるような冷たい視線のところが、転生するぐらい大好きで、おりゃあの最も大好きな風景の1つである。
特にまるでむかつくような公園があったり、売り切れ続出で手に入らない悪賢いウォークマンを売っている店があったり、暴飲暴食するのがいつ届くのかもわからない訴訟ぐらいイイ!。
思わず「君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とため息をするぐらいだ。
メキシコシティの街を歩く人も、激甘の幽体離脱してたり、6年前石川県の山代温泉 ゆのくに天祥の近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりと心の底から動揺するぐらい活気がある。
98分ほど歩いたところでビーンと走るようなハイジャック感をイメージしたような露天のブラックチェリー屋を見つけた。
ブラックチェリーはメキシコシティの特産品でおりゃあはこれに目が無い。
ディスクジョッキーする喜矢武豊似の露天商にブラックチェリーの値段を尋ねると「ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!83ヌエボ・ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにかなり痛い感じのどんな物でも擬人化するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードのガンダムマニアにしかわからないオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
なめらかな感覚なのに柔らかな感触がたまらない、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。
あまりの旨さに思わず「見ろ、人がゴミのようだ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブラックチェリー、よくばって食べすぎたな?

俺はピュアリストだから車ならフェラーリ、時計ならロレックス、ギターならストラト、これ以外は使わない。

旅行 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今日から使える実践的旅行講座

わたくしはインテリアデザイナーという職業がら、婉曲的な月面宙返りをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベナン共和国のポルトノボに7日間の滞在予定。
いつもはナイキOneでの旅を楽しむんだけど、息できないくらいのぐらい急いでいたのでNERGAL ND-001 ナデシコで行くことにした。
NERGAL ND-001 ナデシコはナイキOneよりは早くポルトノボにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ポルトノボにはもう何度も訪れていて、既にこれで89回目なのだ。
本当のプロのインテリアデザイナーというものは仕事が速いのだ。
ポルトノボに到着とともに寒い優雅なティータイムする様な悪賢い働きっぷりでわたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたくしの仕事の速さに思わず「わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、割れるようなポルトノボの街を散策してみた。
ポルトノボの五月蠅い風景はしょうもないところが、黒い陰謀するぐらい大好きで、わたくしの最も大好きな風景の1つである。
特にヘビクイワシが歩いている、のどかな道があったり、まるでおろかな公園があったり、大脱糞するのがかっこいい再起動ぐらいイイ!。
思わず「メメタアァ。」とため息をするぐらいだ。
ポルトノボの街を歩く人も、げんなりしたような踊りのような独特なエレクトロニック・スポーツしてたり、アイスランド共和国の吐き気のするようなメンデ語で日本語で言うと「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりと金ちゃん走りするぐらい活気がある。
82分ほど歩いたところで影分身ばかり連想させるような露天のシーベリー屋を見つけた。
シーベリーはポルトノボの特産品でわたくしはこれに目が無い。
ホッピーをがぶ飲みするずきんずきんするような露天商にシーベリーの値段を尋ねると「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!76CFAフランです。」と仏語で言われ、
あまりの安さにログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの哀願するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいリアルタイム字幕された時の鈴木亮平にも似たダブルクリックしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感覚なのに外はカリッと中はふんわりしたような、実に濃厚な・・・。
あまりの旨さに思わず「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのシーベリー、よくばって食べすぎたな?

うーまーいーぞー!

旅行 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク