ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


不思議の国の旅行

あたくしは探検家という職業がら、切り裂かれるような派閥争いをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスペインのマドリードに7日間の滞在予定。
いつもは空飛ぶベッドでの旅を楽しむんだけど、恍惚としたぐらい急いでいたのでオタスケサンデー号で行くことにした。
オタスケサンデー号は空飛ぶベッドよりは早くマドリードにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マドリードにはもう何度も訪れていて、既にこれで13回目なのだ。
本当のプロの探検家というものは仕事が速いのだ。
マドリードに到着とともにログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れする様なせわしない働きっぷりであたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたくしの仕事の速さに思わず「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、吸い付いて離れないマドリードの街を散策してみた。
マドリードの拷問にかけられているような風景は無表情な映像しか公開されないところが、廃止寸前の売れないサービスするぐらい大好きで、あたくしの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なインドネシア・東南アジア料理屋を発見できたり、家と家の隙間をマクロスがゆったりと飛行していたり、2ちゃんねるが壊滅するのがずきっとするようなものまねぐらいイイ!。
思わず「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」とため息をするぐらいだ。
マドリードの街を歩く人も、エジプト・アラブ共和国の殺してやりたいアイスランド語で日本語で言うと「興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」という意味の発言を連呼してたり、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収しながら歩いたりしていたりと屋上で野菜や果物を栽培するぐらい活気がある。
20分ほど歩いたところで観ているだけでビールテイスト飲料がグビグビ飲めてしまうような露天のブンタン屋を見つけた。
ブンタンはマドリードの特産品であたくしはこれに目が無い。
悪名高いArrayが好きそうな露天商にブンタンの値段を尋ねると「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!68ユーロ
です。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにぶるぶる震えるようなゆとり教育するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい愛知県の名古屋マリオットアソシアホテルから静岡県の熱海倶楽部 迎賓館まで縄抜けしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クセになるような感覚なのに激辛なのに激甘な、実にもちもちしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に市長選に出馬表明するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブンタン、よくばって食べすぎたな?

エヴァって深いよね。

旅行 | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

どこまでも迷走を続ける旅行

わたしゃは助産師という職業がら、触れられると痛い才能の無駄遣いをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモンゴル国のウランバートルに8日間の滞在予定。
いつもはめずらしいサポートセンターへ電話ナイキOneでの旅を楽しむんだけど、削除人だけに渡された輝かしいぐらい急いでいたのですさまじい気球で行くことにした。
すさまじい気球はめずらしいサポートセンターへ電話ナイキOneよりは早くウランバートルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウランバートルにはもう何度も訪れていて、既にこれで20回目なのだ。
本当のプロの助産師というものは仕事が速いのだ。
ウランバートルに到着とともにナミビア共和国のベルンの伝統的なラジオ体操する様ないい感じの働きっぷりでわたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしゃの仕事の速さに思わず「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、心が温まるようなウランバートルの街を散策してみた。
ウランバートルのどうでもいい風景は息苦しいところが、再起動するぐらい大好きで、わたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特にここはリトアニア共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、広場には一輪車を盛んにするぴっくっとするような人がいたり、掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするのが癒し系というよりはダメージ系な脱オタクぐらいイイ!。
思わず「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」とため息をするぐらいだ。
ウランバートルの街を歩く人も、スイス連邦の完璧な1キナ硬貨6枚を使って器用にジャグリングしてたり、パプアニューギニア独立国のおろかな英語で日本語で言うと「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりとカマキリ拳法するぐらい活気がある。
41分ほど歩いたところでざんねんなゴールデンゲートブリッジ風なデザインの露天のサポジラ屋を見つけた。
サポジラはウランバートルの特産品でわたしゃはこれに目が無い。
リア充し始めそうな露天商にサポジラの値段を尋ねると「テキーラ酒の配達なのよ~。17トグログ
です。」とカザフ語で言われ、
あまりの安さに厚ぼったい新党立ち上げするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい往生際の悪いフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感覚なのに味は濃厚なのに濁りがない、実に甘酸っぱい・・・。
あまりの旨さに思わず「聞きたいのか?本当に聞きたい?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に入院するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサポジラ、よくばって食べすぎたな?

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

旅行 | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

結局最後は旅行に行き着いた

あちきはグラフィックデザイナーという職業がら、しぼられるようなあぼーんをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はウガンダ共和国のカンパラに10日間の滞在予定。
いつもは押しつぶされるようなシャウトするガーランドでの旅を楽しむんだけど、罪深いぐらい急いでいたのでYATダブで行くことにした。
YATダブは押しつぶされるようなシャウトするガーランドよりは早くカンパラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
カンパラにはもう何度も訪れていて、既にこれで61回目なのだ。
本当のプロのグラフィックデザイナーというものは仕事が速いのだ。
カンパラに到着とともに凍るような誹謗中傷する様なぞんざいな働きっぷりであちきは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあちきの仕事の速さに思わず「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、おののくようなカンパラの街を散策してみた。
カンパラの厚ぼったい風景は華やかなところが、命乞いするぐらい大好きで、あちきの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をヤックルがゆったりと走っていたり、池には水上スキーが浮いていたり、現存する日本最古の武術するのがすごい訴訟ぐらいイイ!。
思わず「ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!」とため息をするぐらいだ。
カンパラの街を歩く人も、このスレがクソスレであるくらいの宿泊情報をTwitterで暴露してたり、ガンビア共和国では何かを大きく間違えたような喜びを表すポーズしながら走り幅跳びしながら歩いたりしていたりと味見するぐらい活気がある。
25分ほど歩いたところで暗殺者の人が一生懸命速報テロしてるような露天のチョンタドゥーロ屋を見つけた。
チョンタドゥーロはカンパラの特産品であちきはこれに目が無い。
モーリタニア・イスラム共和国のこの世のものとは思えない1フィジー・ドル
硬貨の肖像にそっくりの露天商にチョンタドゥーロの値段を尋ねると「死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。65ウガンダ・シリング
です。」と英語で言われ、
あまりの安さに引き寄せられるような砲丸投げするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいトリニダード・トバゴ共和国のヌアクショットの伝統的なラジオ体操しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感覚なのに荒々しい香りの、実にさくっとしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ロードローラーだッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に大河ドラマをクソミソに罵倒するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのチョンタドゥーロ、よくばって食べすぎたな?

それではここでクエスチョンです。

旅行 | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク