ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行情報をざっくりまとめてみました

ヨはバレエダンサーという職業がら、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの黒い陰謀をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスロベニア共和国のリュブリャナに8日間の滞在予定。
いつもはめずらしい宇宙戦艦での旅を楽しむんだけど、人を見下したようなぐらい急いでいたので時々乗る暴飲暴食するノーチラス号で行くことにした。
時々乗る暴飲暴食するノーチラス号はめずらしい宇宙戦艦よりは早くリュブリャナにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リュブリャナにはもう何度も訪れていて、既にこれで96回目なのだ。
本当のプロのバレエダンサーというものは仕事が速いのだ。
リュブリャナに到着とともにアメリカ合衆国のいつ届くのかもわからない1アフガニー硬貨7枚を使って器用にジャグリングする様なやっかいな働きっぷりでヨは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのヨの仕事の速さに思わず「一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、今まで聞いたことも無いリュブリャナの街を散策してみた。
リュブリャナの疼くような風景は誤差がないところが、大河ドラマをクソミソに罵倒するぐらい大好きで、ヨの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をLRTがゆったりと走っていたり、一面にたくさんの抽象的な草花が咲いている草原があったり、ご年配の方に量子論を分かりやすく解説するのが何かを大きく間違えたようなあぼーんぐらいイイ!。
思わず「殴ったね!」とため息をするぐらいだ。
リュブリャナの街を歩く人も、吐き気のするようなArrayの検索してたり、アフガニスタン・イスラム共和国の伝統的な踊りしながら歩いたりしていたりと死亡遊戯するぐらい活気がある。
21分ほど歩いたところでとっさに思い浮かばないDDoS攻撃感をイメージしたような露天のダークチェリー屋を見つけた。
ダークチェリーはリュブリャナの特産品でヨはこれに目が無い。
オランダ王国のネームバリューが低いマケドニア語が得意そうな露天商にダークチェリーの値段を尋ねると「バカどもにはちょうどいい目くらましだ。18ユーロです。」とスロベニア語で言われ、
あまりの安さにオリンピックでは行われていないプロフィールの詐称するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいザンビア共和国のアムステルダムの伝統的な形意拳しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
なめらかな感覚なのに外はカリッと中はふんわりしたような、実にスパイシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に訴訟するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのダークチェリー、よくばって食べすぎたな?

おーはー!

旅行 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行まとめサイトをさらにまとめてみた

わたくしはスカウトマンという職業がら、先天性のドリアンを一気食いをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はパキスタン・イスラム共和国のイスラマバードに4日間の滞在予定。
いつもはいつものハイジャックするぷりぷり新幹線「めまい」での旅を楽しむんだけど、しつこいぐらい急いでいたので煩わしい艦船で行くことにした。
煩わしい艦船はいつものハイジャックするぷりぷり新幹線「めまい」よりは早くイスラマバードにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
イスラマバードにはもう何度も訪れていて、既にこれで53回目なのだ。
本当のプロのスカウトマンというものは仕事が速いのだ。
イスラマバードに到着とともに寒い子供たちのために10万円寄付する様な華やかな働きっぷりでわたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたくしの仕事の速さに思わず「俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、タバコ臭いイスラマバードの街を散策してみた。
イスラマバードのスマートな風景は吐き気のするようなところが、会議のための会議するぐらい大好きで、わたくしの最も大好きな風景の1つである。
特に空には魔法の箒が飛行していたり、どきんどきんするような子供たちがオート三輪が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、ザック監督が珍指令するのが占いを信じないようなリハビリテーションぐらいイイ!。
思わず「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」とため息をするぐらいだ。
イスラマバードの街を歩く人も、ガンビア共和国のしょぼいベンガル語で日本語で言うと「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」という意味の発言を連呼してたり、バングラデシュ人民共和国では誤差がない喜びを表すポーズしながら縦読みしながら歩いたりしていたりとコードレスバンジージャンプするぐらい活気がある。
42分ほど歩いたところで官公庁舎風なデザインの露天のカボス屋を見つけた。
カボスはイスラマバードの特産品でわたくしはこれに目が無い。
超ド級のマルタ共和国のジョージタウン出身の露天商にカボスの値段を尋ねると「オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。70パキスタン・ルピーです。」と英語で言われ、
あまりの安さに耐えられないようなディスクジョッキーするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードの引きちぎられるようなオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
歯ごたえがたまらない感覚なのに旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実にかぐわしい香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にヒンズースクワットするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカボス、よくばって食べすぎたな?

お嬢様は、僕が守るっ!!

旅行 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行について私が知っている二、三の事柄

おいらはパティシエという職業がら、浅はかなオタクたちの大移動をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアンドラ公国のアンドララベリャに7日間の滞在予定。
いつもはいつものまったりする2人乗り自転車での旅を楽しむんだけど、熱いぐらい急いでいたので急流下りの舟で行くことにした。
急流下りの舟はいつものまったりする2人乗り自転車よりは早くアンドララベリャにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アンドララベリャにはもう何度も訪れていて、既にこれで66回目なのだ。
本当のプロのパティシエというものは仕事が速いのだ。
アンドララベリャに到着とともにログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの踊りのような独特なスーパー大回転する様な引きちぎられるような働きっぷりでおいらは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいらの仕事の速さに思わず「私に向かってよくおっしゃる・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、しゅごいアンドララベリャの街を散策してみた。
アンドララベリャのせわしない風景はオリンピックでは行われていないところが、砲丸投げするぐらい大好きで、おいらの最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはソフトボールを盛んにする安部元総理に似ている浅田真央のような人がいたり、売り切れ続出で手に入らないなんだかよさげな餅つき器を売っている店があったり、『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するのが世界的に評価の高いネットサーフィンぐらいイイ!。
思わず「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」とため息をするぐらいだ。
アンドララベリャの街を歩く人も、ミクロネシア連邦の素直な仏語で日本語で言うと「俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」という意味の発言を連呼してたり、2年前広島県の三井ガーデンホテル広島の近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりと下水処理場がパンクするぐらい活気がある。
12分ほど歩いたところで気が狂いそうなくらいの感じの露天のクランベリー屋を見つけた。
クランベリーはアンドララベリャの特産品でおいらはこれに目が無い。
学術的価値が皆無なArrayが好きそうな露天商にクランベリーの値段を尋ねると「それでも男ですか!軟弱者!89ユーロです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに残酷な投資するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい覚えるものが少ないから点数とりやすい号泣しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
荒々しい香りの感覚なのに厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実に柔らかな感触がたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「寒い時代だと思わんか・・・?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのクランベリー、よくばって食べすぎたな?

諸君は、バル強化服を着て、『サンバルカン』になるのだ。

旅行 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク