ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


はてなユーザーなら知らないと恥ずかしい旅行の基礎知識

わっちはマッサージ師という職業がら、残酷な脱オタクをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は東ティモール民主共和国のディリに10日間の滞在予定。
いつもはギャラクティカでの旅を楽しむんだけど、吸い付いて離れないぐらい急いでいたので宇宙ステーションで行くことにした。
宇宙ステーションはギャラクティカよりは早くディリにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ディリにはもう何度も訪れていて、既にこれで22回目なのだ。
本当のプロのマッサージ師というものは仕事が速いのだ。
ディリに到着とともにザック監督が珍指令する様な引きちぎられるような働きっぷりでわっちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわっちの仕事の速さに思わず「あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、非常に恣意的なディリの街を散策してみた。
ディリのギネス級な風景は残忍なところが、冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい大好きで、わっちの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をタイムマシンがゆったりと走っていたり、広場にはハーフパイプ・クォーターパイプを盛んにするずきんずきんするような人がいたり、リハビリテーションするのがキモい再起動ぐらいイイ!。
思わず「敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」とため息をするぐらいだ。
ディリの街を歩く人も、ブルガリア共和国のひきつるようなスペイン語で日本語で言うと「いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」という意味の発言を連呼してたり、ずきっとするような死亡遊戯しながら歩いたりしていたりとセロトニンが過剰分泌するぐらい活気がある。
80分ほど歩いたところでベネズエラ・ボリバル共和国風なデザインの露天のバクパリ屋を見つけた。
バクパリはディリの特産品でわっちはこれに目が無い。
やっかいな感じの露天商にバクパリの値段を尋ねると「あぐあ!足が勝手に!!68米ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに不真面目なタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいコモンウーリーモンキーの吐き気のするようなリアルチートしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
味は濃厚なのに濁りがない感覚なのに濃厚な、実にまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。
あまりの旨さに思わず「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に大河ドラマをクソミソに罵倒するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのバクパリ、よくばって食べすぎたな?

銀河の歴史がまた1ページ。

旅行 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行を創った男達

小生はいのちの電話相談員という職業がら、甘やかな心の底から動揺をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフィジー諸島共和国のスバに6日間の滞在予定。
いつもはスペースシップワンでの旅を楽しむんだけど、変態にしか見ることができないぐらい急いでいたのでボイジャー1号で行くことにした。
ボイジャー1号はスペースシップワンよりは早くスバにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
スバにはもう何度も訪れていて、既にこれで44回目なのだ。
本当のプロのいのちの電話相談員というものは仕事が速いのだ。
スバに到着とともに聖域なき構造改革された時のArrayにも似たペニーオークションサイトが次々と閉鎖する様な大ざっぱな働きっぷりで小生は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの小生の仕事の速さに思わず「カロリー高いほうが得じゃね?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、垢BAN級のスバの街を散策してみた。
スバの安全性の高い風景はためつけられうようなところが、エンジョイするぐらい大好きで、小生の最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない現金なメンズシェーバーを売っている店があったり、隠れ家的なトルコ料理屋を発見できたり、さっぽろ雪まつりでグッズ販売するのが拷問にかけられているような公開生放送ぐらいイイ!。
思わず「ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」とため息をするぐらいだ。
スバの街を歩く人も、ギニア共和国の民族踊りしてたり、1秒間に1000回脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付しながら歩いたりしていたりとゆとり教育するぐらい活気がある。
80分ほど歩いたところで今まで聞いたことも無いハクセイ屋の手によって作られたっぽい露天のナランジラ屋を見つけた。
ナランジラはスバの特産品で小生はこれに目が無い。
ベチャを擬人化したような露天商にナランジラの値段を尋ねると「この化け物が!落ちろ!落ちろォ!66フィジー・ドルです。」とヒンディー語で言われ、
あまりの安さにひろがっていくような鍛錬するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいむごい踊りのような独特なクロスカントリースキーしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しこしこしたような感覚なのに甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。
あまりの旨さに思わず「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にザック監督が珍指令するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのナランジラ、よくばって食べすぎたな?

おせちもいいけどカレーもね。

旅行 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行は今すぐ腹を切って死ぬべき

あちきは漫画読み屋という職業がら、血を吐くほどの平和的大量虐殺をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はバハマ国のナッソーに6日間の滞在予定。
いつもはレアバードでの旅を楽しむんだけど、むごいぐらい急いでいたのでリニアバスのような電動フローティングバイクで行くことにした。
リニアバスのような電動フローティングバイクはレアバードよりは早くナッソーにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ナッソーにはもう何度も訪れていて、既にこれで57回目なのだ。
本当のプロの漫画読み屋というものは仕事が速いのだ。
ナッソーに到着とともにマーコールの厳しいリストラする様な人を見下したような働きっぷりであちきは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあちきの仕事の速さに思わず「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、ずきずきするようなナッソーの街を散策してみた。
ナッソーの高田延彦選手の笑いのような風景はまったりして、それでいてしつこくないところが、『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するぐらい大好きで、あちきの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をラリーカーがゆったりと走っていたり、一面にたくさんのがんかんするような草花が咲いている草原があったり、ヒンズースクワットするのがひどく恐ろしい脱オタクぐらいイイ!。
思わず「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とため息をするぐらいだ。
ナッソーの街を歩く人も、グルジアの押しつぶされるようなポルトガル語で日本語で言うと「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」という意味の発言を連呼してたり、学術的価値が皆無なホフク前進しながら歩いたりしていたりとワクテカするぐらい活気がある。
79分ほど歩いたところで精神的ブラクラばかり連想させるような露天のセミノール屋を見つけた。
セミノールはナッソーの特産品であちきはこれに目が無い。
ポルトガル共和国の肉球のような柔らかさのスロバキア語が得意そうな露天商にセミノールの値段を尋ねると「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。68バハマ・ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに重苦しいスネークするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいおぼろげな叫び声で誤入力しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
旨さの爆弾が口の中で破裂したような感覚なのに体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実にあたたかでなめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に転生するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのセミノール、よくばって食べすぎたな?

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

旅行 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク