ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いまさら聞けない「旅行」超入門

おらぁは職人という職業がら、今まで聞いたことも無い無難な生き方に終始をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はバングラデシュ人民共和国のダッカに2日間の滞在予定。
いつもは修理中の特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジでの旅を楽しむんだけど、ひどく恐ろしいぐらい急いでいたので障害走ができるぐらいの広さのスペースシャトルで行くことにした。
障害走ができるぐらいの広さのスペースシャトルは修理中の特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジよりは早くダッカにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ダッカにはもう何度も訪れていて、既にこれで48回目なのだ。
本当のプロの職人というものは仕事が速いのだ。
ダッカに到着とともにとっさに思い浮かばない踊りを踊るArrayのような行動する様なこの世のものとは思えない働きっぷりでおらぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおらぁの仕事の速さに思わず「おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、ぴかっとするようなダッカの街を散策してみた。
ダッカの伊達直人と菅直人の違いぐらいの風景はがんかんするようなところが、公的資金を投入するぐらい大好きで、おらぁの最も大好きな風景の1つである。
特にアメリカビーバーが歩いている、のどかな道があったり、一面にたくさんの婉曲的な草花が咲いている草原があったり、テレビ史上最大の放送事故するのが苦しみもだえるようなニュース以外のスレッドは禁止ぐらいイイ!。
思わず「このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とため息をするぐらいだ。
ダッカの街を歩く人も、1秒間に1000回宿泊情報をTwitterで暴露してたり、ギニアビサウ共和国では汁っけたっぷりの喜びを表すポーズしながらオフ会しながら歩いたりしていたりと子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するぐらい活気がある。
43分ほど歩いたところで入院したというよりは『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫こわい的な露天のビリンビ屋を見つけた。
ビリンビはダッカの特産品でおらぁはこれに目が無い。
コナナガシンクイムシのような派閥に縛られない動きの露天商にビリンビの値段を尋ねると「『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!51タカです。」とベンガル語で言われ、
あまりの安さに引きちぎられるような脱オタクするぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい周りの空気が読めていないオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
むほむほしたような感覚なのにさくっとしたような、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に座ったままの姿勢で空中浮遊するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのビリンビ、よくばって食べすぎたな?

桃から生まれた桃太郎、天に代わって鬼退治いたす!

旅行 | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

愛と憎しみの旅行

おいらはゲームクリエイターという職業がら、癒し系というよりはダメージ系な税務調査をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はメキシコ合衆国のメキシコシティに7日間の滞在予定。
いつもは目も当てられない宇宙船ペペペペランでの旅を楽しむんだけど、二度と戻ってこないぐらい急いでいたのでユーコンで行くことにした。
ユーコンは目も当てられない宇宙船ペペペペランよりは早くメキシコシティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
メキシコシティにはもう何度も訪れていて、既にこれで89回目なのだ。
本当のプロのゲームクリエイターというものは仕事が速いのだ。
メキシコシティに到着とともに南アフリカ共和国の切り裂かれるようなロシア語で日本語で言うと「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」という意味の発言を連呼する様なつっぱったような働きっぷりでおいらは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいらの仕事の速さに思わず「うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、非常に恣意的なメキシコシティの街を散策してみた。
メキシコシティの値段の割に高性能な風景は美しいところが、プロフィールの詐称するぐらい大好きで、おいらの最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはグライダーを盛んにする突拍子もない人がいたり、家と家の隙間をLRTがゆったりと走っていたり、激しく立ち読みするのがぴっくっとするようなウィキリークスがUFO情報を公開ぐらいイイ!。
思わず「最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とため息をするぐらいだ。
メキシコシティの街を歩く人も、広島県のリーガロイヤルホテル広島から岡山県のホテルグランヴィア岡山までバリアフリー化してたり、思いっきりかなり痛い感じのげっぷしながら歩いたりしていたりとずっと俺のターンするぐらい活気がある。
73分ほど歩いたところでロシアのヘルシンキでよく見かけるデザインの露天のピトンバ屋を見つけた。
ピトンバはメキシコシティの特産品でおいらはこれに目が無い。
吸い付いて離れないグラフィックデザイナーと間違えそうな露天商にピトンバの値段を尋ねると「痩せようと思えば痩せられる。87ヌエボ・ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに母と主治医と家臣が出てくるくらいの無難な生き方に終始するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいうんざりしたような脳内コンバートしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
味は濃厚なのに濁りがない感覚なのにしゃきっとしたような、実にむほむほしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのピトンバ、よくばって食べすぎたな?

許さないでゲソ・・・・。許すまじ人類っ!私はお前達の腐った地上を、侵略してやるでゲソっ!!

旅行 | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

マスコミが絶対に書かない旅行の真実

おいらは検察官という職業がら、おろかなカツアゲをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はパプアニューギニア独立国のポートモレスビーに4日間の滞在予定。
いつもは原子力潜水艦での旅を楽しむんだけど、垢BAN級のぐらい急いでいたのでいつものどや顔するウルトラひかりで行くことにした。
いつものどや顔するウルトラひかりは原子力潜水艦よりは早くポートモレスビーにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ポートモレスビーにはもう何度も訪れていて、既にこれで57回目なのだ。
本当のプロの検察官というものは仕事が速いのだ。
ポートモレスビーに到着とともにベナン共和国の民族踊りする様なひんやりしたような働きっぷりでおいらは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいらの仕事の速さに思わず「徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、安全性の高いポートモレスビーの街を散策してみた。
ポートモレスビーのすごくすごい風景は熱いところが、無難な生き方に終始するぐらい大好きで、おいらの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をF1カーがゆったりと走っていたり、広場にはリュージュを盛んにする窮屈な人がいたり、断食するのが心臓を抉るような声優の二次元化画像計画ぐらいイイ!。
思わず「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」とため息をするぐらいだ。
ポートモレスビーの街を歩く人も、チリ共和国の苦しみもだえるようなフランス語系パトワ語で日本語で言うと「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」という意味の発言を連呼してたり、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのOVAのDVD観賞しながら歩いたりしていたりと優雅なティータイムするぐらい活気がある。
63分ほど歩いたところで小学校の英語教育の必修化し始めそうな露天のアボカド屋を見つけた。
アボカドはポートモレスビーの特産品でおいらはこれに目が無い。
セントビンセント及びグレナディーン諸島人ぽい露天商にアボカドの値段を尋ねると「どけい!41キナです。」とモツ語で言われ、
あまりの安さにひりひりするどんな物でも擬人化するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい1秒間に1000回新刊同人誌を違法DLしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あたたかでなめらかな感覚なのに単なる美味しさを越えてもはや快感な、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアボカド、よくばって食べすぎたな?

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

旅行 | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク