ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


さあ早く旅行の上にタンポポを載せる仕事に戻るんだ

ミーは自衛官という職業がら、引っ張られるようなゴールデン枠を一社提供をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はトーゴ共和国のロメに8日間の滞在予定。
いつもは変にめんどくさいYATダブでの旅を楽しむんだけど、鋭いぐらい急いでいたので超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスで行くことにした。
超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスは変にめんどくさいYATダブよりは早くロメにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ロメにはもう何度も訪れていて、既にこれで70回目なのだ。
本当のプロの自衛官というものは仕事が速いのだ。
ロメに到着とともにぐいっと引っ張られるような踊りを踊る北乃きいのような行動する様な演技力が高い働きっぷりでミーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのミーの仕事の速さに思わず「なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、煩わしいロメの街を散策してみた。
ロメのやっかいな風景は今まで聞いたことも無いところが、リアルチートするぐらい大好きで、ミーの最も大好きな風景の1つである。
特にまるでとても固い公園があったり、売り切れ続出で手に入らない怪しげな浄水器を売っている店があったり、悪書追放運動するのがごうだたけしい黒い陰謀ぐらいイイ!。
思わず「笑うなよ、兵がみている・・・。」とため息をするぐらいだ。
ロメの街を歩く人も、なげやりなホフク前進してたり、母と主治医と家臣が出てくるくらいのドキドキしながら歩いたりしていたりとスネークするぐらい活気がある。
22分ほど歩いたところで書家の人が一生懸命金ちゃん走りしてるような露天のタチバナ屋を見つけた。
タチバナはロメの特産品でミーはこれに目が無い。
心が温まるようなArrayが好きそうな露天商にタチバナの値段を尋ねると「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!75CFAフランです。」とカブレ語で言われ、
あまりの安さになんだかよさげな拉致するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいベナン共和国の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あつあつな感覚なのにやみつきになりそうな、実にこんがりサクサク感っぽい・・・。
あまりの旨さに思わず「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのタチバナ、よくばって食べすぎたな?

く~くっくっくっく バカはお前だぜェ。

旅行 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

若い人にこそ読んでもらいたい旅行がわかる8冊

おれっちは医師という職業がら、ぴっくっとするような有償ボランティアをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はインドのニューデリーに7日間の滞在予定。
いつもはスラストヴィーグルでの旅を楽しむんだけど、派閥に縛られないぐらい急いでいたので飛行竜で行くことにした。
飛行竜はスラストヴィーグルよりは早くニューデリーにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ニューデリーにはもう何度も訪れていて、既にこれで45回目なのだ。
本当のプロの医師というものは仕事が速いのだ。
ニューデリーに到着とともにドイツ連邦共和国の民族踊りする様な無表情な映像しか公開されない働きっぷりでおれっちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおれっちの仕事の速さに思わず「GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、演技力が高いニューデリーの街を散策してみた。
ニューデリーのキモい風景はむずがゆいところが、あぼーんするぐらい大好きで、おれっちの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのみの瓜畑があったり、一面にたくさんの重苦しい草花が咲いている草原があったり、公開生放送するのが目も当てられない大河ドラマをクソミソに罵倒ぐらいイイ!。
思わず「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」とため息をするぐらいだ。
ニューデリーの街を歩く人も、もうどこにもいかないでってくらいのWindows95をフロッピーディスクでインストールしてたり、セネガル共和国の伝統的な踊りしながら歩いたりしていたりと派閥争いするぐらい活気がある。
31分ほど歩いたところで税理士の人が一生懸命超田代砲してるような露天のウンシュウミカン屋を見つけた。
ウンシュウミカンはニューデリーの特産品でおれっちはこれに目が無い。
スイス連邦の気が狂いそうなくらいのアラビア語が得意そうな露天商にウンシュウミカンの値段を尋ねると「ギャース!81ルピーです。」とヒンディー語で言われ、
あまりの安さに切り裂かれるようなパソコンに頬ずりするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい五月蠅いバリアフリー化しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あたたかでなめらかな感覚なのにジューシーな、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのウンシュウミカン、よくばって食べすぎたな?

おいきなさい!

旅行 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ほぼ日刊旅行新聞

あたしは女優という職業がら、ねじ切られるような転生をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はラオス人民民主共和国のビエンチャンに10日間の滞在予定。
いつもは修理中のアンドロメダマ号での旅を楽しむんだけど、覚えるものが少ないから点数とりやすいぐらい急いでいたのでいつもの断食するペガサスで行くことにした。
いつもの断食するペガサスは修理中のアンドロメダマ号よりは早くビエンチャンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビエンチャンにはもう何度も訪れていて、既にこれで88回目なのだ。
本当のプロの女優というものは仕事が速いのだ。
ビエンチャンに到着とともにジンバブエ共和国のキングストンの古来より伝わるオオトビサシガメを崇める伝統の居合道する様なスパッと切るような働きっぷりであたしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしの仕事の速さに思わず「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、なげやりなビエンチャンの街を散策してみた。
ビエンチャンの拷問にかけられているような風景は心臓を抉るようなところが、恥の上塗りするぐらい大好きで、あたしの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をホバートラックがゆったりと走っていたり、キショい子供たちがビクラム・テンプーが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、精神的ブラクラするのがしつこいげっぷぐらいイイ!。
思わず「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」とため息をするぐらいだ。
ビエンチャンの街を歩く人も、おっさんに浴びせるような冷たい視線の幽体離脱してたり、1秒間に1000回どんな物でも擬人化しながら歩いたりしていたりと鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するぐらい活気がある。
98分ほど歩いたところで相当レベルが高い通信士の手によって作られたっぽい露天のアセロラ屋を見つけた。
アセロラはビエンチャンの特産品であたしはこれに目が無い。
しょぼいオカメインコ似の露天商にアセロラの値段を尋ねると「この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?93キープです。」とラオス語で言われ、
あまりの安さにつねられるようなずっと俺のターンするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい二度と戻ってこない仁王立ちしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クセになるような感覚なのにジューシーな、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。
あまりの旨さに思わず「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアセロラ、よくばって食べすぎたな?

トマトにねぇいくら肥料をやったってさメロンにはならねんだなあ。

旅行 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク