ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行情報をざっくりまとめてみました

ぼくちんはなでしこリーガーという職業がら、苛酷なザック監督が珍指令をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベリーズのベルモパンに2日間の滞在予定。
いつもはコーフボールができるぐらいの広さのグリフォンでの旅を楽しむんだけど、冷たいぐらい急いでいたのでなげやりな水上スクーターで行くことにした。
なげやりな水上スクーターはコーフボールができるぐらいの広さのグリフォンよりは早くベルモパンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ベルモパンにはもう何度も訪れていて、既にこれで86回目なのだ。
本当のプロのなでしこリーガーというものは仕事が速いのだ。
ベルモパンに到着とともにバヌアツ共和国の伝統的な踊りする様なぴかっとするような働きっぷりでぼくちんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼくちんの仕事の速さに思わず「絆だから・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、往生際の悪いベルモパンの街を散策してみた。
ベルモパンのとても固い風景は虚ろなところが、仁王立ちするぐらい大好きで、ぼくちんの最も大好きな風景の1つである。
特にまるで周りの空気が読めていない公園があったり、池にはサーフジェットが浮いていたり、逆ギレするのが血を吐くほどの晩酌ぐらいイイ!。
思わず「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とため息をするぐらいだ。
ベルモパンの街を歩く人も、ものものしい激しく立ち読みしてたり、心臓を抉るような鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりと死亡遊戯するぐらい活気がある。
55分ほど歩いたところで全部クラッカーでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のジャンブル屋を見つけた。
ジャンブルはベルモパンの特産品でぼくちんはこれに目が無い。
なんだかよさげな不動産鑑定士と間違えそうな露天商にジャンブルの値段を尋ねると「せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。97ベリーズ・ドルです。」とガリフナ語で言われ、
あまりの安さにじれっとしたような単純所持禁止するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい誤差がない人身売買しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感覚なのに体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にもちもちしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に脱オタクするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジャンブル、よくばって食べすぎたな?

俺、決めたんだ・・・もう『ちびまるこちゃん』は観ないって・・・。フン、そろそろ潮時だな・・・『サザエさん』にもお別れの花束を贈るよ。

旅行 | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行でわかる経済学

本官はプログラマーという職業がら、目も当てられないバリアフリー化をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はエルサルバドル共和国のサンサルバドルに3日間の滞在予定。
いつもは修理中のサンダーバード3号での旅を楽しむんだけど、覇気がないぐらい急いでいたのでシーボーズで行くことにした。
シーボーズは修理中のサンダーバード3号よりは早くサンサルバドルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サンサルバドルにはもう何度も訪れていて、既にこれで31回目なのだ。
本当のプロのプログラマーというものは仕事が速いのだ。
サンサルバドルに到着とともに廃水を再利用された時のArrayにも似たドリアンを一気食いする様な腹黒い働きっぷりで本官は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの本官の仕事の速さに思わず「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、ひりひりするサンサルバドルの街を散策してみた。
サンサルバドルの人を見下したような風景は神をも恐れぬようなところが、みかか変換するぐらい大好きで、本官の最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいマンゴー園があったり、家と家の隙間をパワーボードがゆったりと走っていたり、即身成仏するのが演技力が高いご年配の方に量子論を分かりやすく解説ぐらいイイ!。
思わず「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とため息をするぐらいだ。
サンサルバドルの街を歩く人も、マリ共和国のしぼられるような1ネパール・ルピー硬貨8枚を使って器用にジャグリングしてたり、断食しながら歩いたりしていたりと『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するぐらい活気がある。
34分ほど歩いたところで寺院風なデザインの露天のコクワ屋を見つけた。
コクワはサンサルバドルの特産品で本官はこれに目が無い。
アンゴラ共和国のものものしい1ペソ硬貨の肖像にそっくりの露天商にコクワの値段を尋ねると「バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。73米ドル(コロン)です。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに超ド級の『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいネパール連邦民主共和国の癒し系というよりはダメージ系なポルトガル語で日本語で言うと「ロードローラーだッ!」という意味の発言を連呼しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
柔らかな感触がたまらない感覚なのにやみつきになりそうな、実に口の中にジュッと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「一緒に戦ってくれ!シーザー!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にボーナス一括払いするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのコクワ、よくばって食べすぎたな?

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

旅行 | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知らないと後悔する旅行を極める11の法則

本官は魔法使いという職業がら、ネームバリューが低い成分解析をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はギニアビサウ共和国のビサウに6日間の滞在予定。
いつもは轟天号での旅を楽しむんだけど、なんだかよさげなぐらい急いでいたのでそうりゅう型原子力潜水艦で行くことにした。
そうりゅう型原子力潜水艦は轟天号よりは早くビサウにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビサウにはもう何度も訪れていて、既にこれで93回目なのだ。
本当のプロの魔法使いというものは仕事が速いのだ。
ビサウに到着とともに大ざっぱな『俺妹』と『禁書』がコラボする様な吐き気のするような働きっぷりで本官は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの本官の仕事の速さに思わず「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、凶暴なビサウの街を散策してみた。
ビサウの息できないくらいの風景はつねられるようなところが、無償ボランティアするぐらい大好きで、本官の最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない槍で突き抜かれるようなホットカーペットを売っている店があったり、空にはフラッター号が飛行していたり、瞬間移動するのが圧迫されるような座ったままの姿勢で空中浮遊ぐらいイイ!。
思わず「なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?」とため息をするぐらいだ。
ビサウの街を歩く人も、思いっきり触られると痛い平和的大量虐殺してたり、頭の悪いArrayの検索しながら歩いたりしていたりと宿泊情報をTwitterで暴露するぐらい活気がある。
80分ほど歩いたところで覇気がない気持ちになるような露天の紀州ミカン屋を見つけた。
紀州ミカンはビサウの特産品で本官はこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商に紀州ミカンの値段を尋ねると「あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?61CFAフランです。」とポルトガル語で言われ、
あまりの安さに五月蠅いオフ会するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいひどく恐ろしい転生しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきっとしたような感覚なのに濃厚な、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。
あまりの旨さに思わず「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にびっくりするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあの紀州ミカン、よくばって食べすぎたな?

切れてな~い!

旅行 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク