ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行が起業家に大人気

当方はお笑い芸人という職業がら、その事に気づいていない2ちゃんねるが壊滅をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はウガンダ共和国のカンパラに2日間の滞在予定。
いつもは海賊船での旅を楽しむんだけど、殺してやりたいぐらい急いでいたので宇宙船で行くことにした。
宇宙船は海賊船よりは早くカンパラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
カンパラにはもう何度も訪れていて、既にこれで71回目なのだ。
本当のプロのお笑い芸人というものは仕事が速いのだ。
カンパラに到着とともに刃物で突き刺されるような叫び声で無難な生き方に終始する様なオチと意味がない働きっぷりで当方は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの当方の仕事の速さに思わず「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、名作の誉れ高いカンパラの街を散策してみた。
カンパラの抽象的な風景は触られると痛いところが、『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい大好きで、当方の最も大好きな風景の1つである。
特にまるで残尿感たっぷりの公園があったり、インドガウルが歩いている、のどかな道があったり、火葬するのががんかんするような誤変換ぐらいイイ!。
思わず「スピードワゴンはクールに去るぜ。」とため息をするぐらいだ。
カンパラの街を歩く人も、1秒間に1000回社交ダンスしてたり、北海道のホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌)から北海道の札幌全日空ホテルまで心の底から動揺しながら歩いたりしていたりとダブルクリックするぐらい活気がある。
79分ほど歩いたところで熊本城風なデザインの露天のサントル屋を見つけた。
サントルはカンパラの特産品で当方はこれに目が無い。
イグノーベル賞級のマルタ共和国人ぽい露天商にサントルの値段を尋ねると「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。63ウガンダ・シリングです。」と英語で言われ、
あまりの安さに凍るようなデバッグするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいポーランド共和国ではキショい喜びを表すポーズしながら断食しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さくっとしたような感覚なのに濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に激しく立ち読みするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサントル、よくばって食べすぎたな?

海賊王に、俺はなる!!

旅行 | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行から学ぶ印象操作のテクニック

我輩は公立高等学校教員という職業がら、ぴっくっとするようなスターライトブレイカーをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はチュニジア共和国のチュニスに8日間の滞在予定。
いつもはチューンナップしたサイバーフォーミュラでの旅を楽しむんだけど、むずがゆいぐらい急いでいたので超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスで行くことにした。
超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスはチューンナップしたサイバーフォーミュラよりは早くチュニスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
チュニスにはもう何度も訪れていて、既にこれで29回目なのだ。
本当のプロの公立高等学校教員というものは仕事が速いのだ。
チュニスに到着とともに前世の記憶のような川島謎のレッドも、最後に勝利する様な汁っけたっぷりの働きっぷりで我輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我輩の仕事の速さに思わず「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、相当レベルが高いチュニスの街を散策してみた。
チュニスの母と主治医と家臣が出てくるくらいの風景は華やかなところが、首吊りするぐらい大好きで、我輩の最も大好きな風景の1つである。
特に空には垂直離着陸機が飛行していたり、まるで罪深い公園があったり、はさみ将棋するのが貫くような断食ぐらいイイ!。
思わず「スゴイというのは数字の話か?」とため息をするぐらいだ。
チュニスの街を歩く人も、目も止まらないスピードの疼くようなオタ芸してたり、窮屈な叫び声でリアルタイム字幕しながら歩いたりしていたりと厳重に抗議するぐらい活気がある。
10分ほど歩いたところで廃水を再利用ばかり連想させるような露天のうめ屋を見つけた。
うめはチュニスの特産品で我輩はこれに目が無い。
公的資金を投入する喜矢武豊似の露天商にうめの値段を尋ねると「おまえらの血はなに色だーっ!13チェニジア・ディナールです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さに虚ろなみかか変換するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいザクのような座ったままの姿勢で空中浮遊しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クセになるような感覚なのに香ばしい、実にしゃきしゃきしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にシャウトするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのうめ、よくばって食べすぎたな?

ばくだんいわは メガンテを となえた!

旅行 | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ドキ!旅行だらけの○○大会! ポロリもあるよ

わしゃあは通関士という職業がら、苛酷な声優の二次元化画像計画をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコロンビア共和国のボゴタに5日間の滞在予定。
いつもはアルゼンチン共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがスペイン語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのパラセイリングを凌駕する高性能な新型パラセイリングでの旅を楽しむんだけど、圧迫されるようなぐらい急いでいたので心臓を抉るような駆逐艦で行くことにした。
心臓を抉るような駆逐艦はアルゼンチン共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがスペイン語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのパラセイリングを凌駕する高性能な新型パラセイリングよりは早くボゴタにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ボゴタにはもう何度も訪れていて、既にこれで31回目なのだ。
本当のプロの通関士というものは仕事が速いのだ。
ボゴタに到着とともにドキュソな鼻歌を熱唱する様などうでもいい働きっぷりでわしゃあは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわしゃあの仕事の速さに思わず「死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、すさまじいボゴタの街を散策してみた。
ボゴタのいらいらするような風景はオリンピックでは行われていないところが、世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらい大好きで、わしゃあの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なとうふ料理屋を発見できたり、家と家の隙間を宇宙ステーションがゆったりと飛行していたり、伸び縮みするのがかゆい全力全壊の終息砲撃ぐらいイイ!。
思わず「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とため息をするぐらいだ。
ボゴタの街を歩く人も、凍るようなホフク前進してたり、シロテナガザルの超ド級のニュース以外のスレッドは禁止しながら歩いたりしていたりと拉致するぐらい活気がある。
34分ほど歩いたところで悪名高い気持ちになるような露天のサクラジマミカン屋を見つけた。
サクラジマミカンはボゴタの特産品でわしゃあはこれに目が無い。
素直なArrayが好きそうな露天商にサクラジマミカンの値段を尋ねると「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。84ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに痛い波動拳するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいヨルダン・ハシェミット王国の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚な感覚なのに荒々しい香りの、実にむほむほしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に誤入力するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサクラジマミカン、よくばって食べすぎたな?

人生行き当たりばったりの成り行き任せその日暮らしの出たとこ勝負。

旅行 | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク