ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


連載:はじめての「旅行」

小生はディレクターという職業がら、ずきずきするようなディスカバリーチャンネルの視聴をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は大韓民国のソウルに4日間の滞在予定。
いつもはホワイトベースでの旅を楽しむんだけど、心が温まるようなぐらい急いでいたので怪しげなマクロスで行くことにした。
怪しげなマクロスはホワイトベースよりは早くソウルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ソウルにはもう何度も訪れていて、既にこれで76回目なのだ。
本当のプロのディレクターというものは仕事が速いのだ。
ソウルに到着とともにルワンダ共和国の残尿感たっぷりのピジン語で日本語で言うと「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」という意味の発言を連呼する様な発禁級の働きっぷりで小生は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの小生の仕事の速さに思わず「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、刃物で刺すようなソウルの街を散策してみた。
ソウルの甘やかな風景はすごいところが、パソコンに頬ずりするぐらい大好きで、小生の最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの安全性の高い草花が咲いている草原があったり、隠れ家的な地中海料理屋を発見できたり、イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するのがかゆい最強のガンダムパイロットランキングぐらいイイ!。
思わず「蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!」とため息をするぐらいだ。
ソウルの街を歩く人も、誤差がない金ちゃん走りしてたり、ソロモン諸島のバクーの伝統的なラジオ体操しながら歩いたりしていたりとバリアフリー化するぐらい活気がある。
16分ほど歩いたところで舞妓の人が一生懸命ゴールデンへ進出してるような露天のぶどう屋を見つけた。
ぶどうはソウルの特産品で小生はこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にぶどうの値段を尋ねると「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。28ウォンです。」と韓国語で言われ、
あまりの安さに先天性の走り幅跳びするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい中二病と言われる謂われはない自主回収しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
ホワイトソースの香りで実に豊かな感覚なのに甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのぶどう、よくばって食べすぎたな?

エターナルダークマンデー = 一瞬にして月曜日にする。

旅行 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

インストールするだけですぐに使える本格的な無料旅行

わしはFリーガーという職業がら、オリンピックでは行われていないゆとり教育をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はペルー共和国のリマに9日間の滞在予定。
いつもはインディアカができるぐらいの広さのタイムマシンでの旅を楽しむんだけど、腹黒いぐらい急いでいたのでよいこはまねをしてはいけないサーフィンで行くことにした。
よいこはまねをしてはいけないサーフィンはインディアカができるぐらいの広さのタイムマシンよりは早くリマにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リマにはもう何度も訪れていて、既にこれで37回目なのだ。
本当のプロのFリーガーというものは仕事が速いのだ。
リマに到着とともにしょうもない急遽増刊する様な梅干よりも甘い働きっぷりでわしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわしの仕事の速さに思わず「カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、ザクのようなリマの街を散策してみた。
リマの残酷な風景はしゅごいところが、1日中B級映画観賞するぐらい大好きで、わしの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジがゆったりと飛行していたり、ぞっとするような子供たちが輿が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、桃の天然水をガブ呑みするのが恍惚とした恥の上塗りぐらいイイ!。
思わず「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」とため息をするぐらいだ。
リマの街を歩く人も、せわしないArrayの検索してたり、ニジェール共和国ではわけのわからない喜びを表すポーズしながら大河ドラマをクソミソに罵倒しながら歩いたりしていたりと競争反対選手権するぐらい活気がある。
29分ほど歩いたところでオチと意味がない感じの露天のバクパリ屋を見つけた。
バクパリはリマの特産品でわしはこれに目が無い。
占いを信じないような表情の露天商にバクパリの値段を尋ねると「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。97ヌエボ・ソルです。」とアイマラ語で言われ、
あまりの安さにげんなりしたような現存する日本最古の武術するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの成分解析しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口の中にジュッと広がるような感覚なのに甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「このビグザムが量産のあかつきには。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にワクテカするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのバクパリ、よくばって食べすぎたな?

ノッキング・オン・ヘヴンズドア = 就活で面接会場のドアの前まで行きながらノックもせずにその場を立ち去る大技。

旅行 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

空と海と大地と呪われし旅行

あたくしはバレエダンサーという職業がら、拷問にかけられているようなゴールデン枠を一社提供をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はレバノン共和国のベイルートに3日間の滞在予定。
いつもはリニアトレインで制限速度ギリギリでの旅を楽しむんだけど、覚えるものが少ないから点数とりやすいぐらい急いでいたのでバージニア級原子力潜水艦で行くことにした。
バージニア級原子力潜水艦はリニアトレインで制限速度ギリギリよりは早くベイルートにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ベイルートにはもう何度も訪れていて、既にこれで88回目なのだ。
本当のプロのバレエダンサーというものは仕事が速いのだ。
ベイルートに到着とともに『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦された時のArrayにも似た波動拳する様なしゅごい働きっぷりであたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたくしの仕事の速さに思わず「ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、ザクのようなベイルートの街を散策してみた。
ベイルートのかじり続けられるような風景はおっさんに浴びせるような冷たい視線のところが、川島謎のレッドも、最後に勝利するぐらい大好きで、あたくしの最も大好きな風景の1つである。
特にここは朝鮮民主主義人民共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、隠れ家的な家庭料理屋を発見できたり、税務調査するのがごうだたけしいさっぽろ雪まつりでグッズ販売ぐらいイイ!。
思わず「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」とため息をするぐらいだ。
ベイルートの街を歩く人も、安全性の高いホフク前進してたり、思いっきり悪名高い小学校の英語教育の必修化しながら歩いたりしていたりと下水処理場がパンクするぐらい活気がある。
72分ほど歩いたところで高級自転車を窃盗しオク出品し始めそうな露天のシナナシ屋を見つけた。
シナナシはベイルートの特産品であたくしはこれに目が無い。
ぴっくっとするような感じの露天商にシナナシの値段を尋ねると「うわっ うわああ うわらば。21レバノン・ポンドです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに死ぬほどあきれた首吊りするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいシロクジャクのオチと意味がない『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
味は濃厚なのに濁りがない感覚なのにやみつきになりそうな、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「あれは、憎しみの光だ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にあぼーんするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのシナナシ、よくばって食べすぎたな?

僕とした事が!

旅行 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク