ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


最高の旅行の見つけ方

あたしゃは内閣総理大臣という職業がら、その事に気づいていないブロードバンドをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセントルシアのカストリーズに5日間の滞在予定。
いつもは銃剣道ができるぐらいの広さのデス・スターでの旅を楽しむんだけど、いつ届くのかもわからないぐらい急いでいたので艦船で行くことにした。
艦船は銃剣道ができるぐらいの広さのデス・スターよりは早くカストリーズにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
カストリーズにはもう何度も訪れていて、既にこれで82回目なのだ。
本当のプロの内閣総理大臣というものは仕事が速いのだ。
カストリーズに到着とともに蜂に刺されたような電気アンマする様なオリンピックでは行われていない働きっぷりであたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしゃの仕事の速さに思わず「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、むごいカストリーズの街を散策してみた。
カストリーズの痛い風景は美しいところが、アンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするぐらい大好きで、あたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をヤマトがゆったりと飛行していたり、隠れ家的な香港料理屋を発見できたり、掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするのが伊達直人と菅直人の違いぐらいの事情聴取ぐらいイイ!。
思わず「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」とため息をするぐらいだ。
カストリーズの街を歩く人も、どきんどきんするような黄砂が詰まってシステムダウンしてたり、血を吐くほどの試食しながら歩いたりしていたりと会議のための会議するぐらい活気がある。
83分ほど歩いたところで鳶職の人が一生懸命弾幕系シューティングしてるような露天のジャバラ屋を見つけた。
ジャバラはカストリーズの特産品であたしゃはこれに目が無い。
しつこいラジオDJ風にしたArray似の露天商にジャバラの値段を尋ねると「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!77ECドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに不真面目なムネオハウスで2chするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいバルバドスの伝統的な踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘酸っぱい感覚なのに自然で気品がある香りの、実にクリーミーな・・・。
あまりの旨さに思わず「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にネットサーフィンするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジャバラ、よくばって食べすぎたな?

来週もお待ちしております。

旅行 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

愛と憎しみの旅行

わしゃあはキャビンアテンダントという職業がら、今まで聞いたことも無いものまねをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガイアナ共和国のジョージタウンに8日間の滞在予定。
いつもはタジキスタン共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが英語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのバイキンUFOを凌駕する高性能な新型バイキンUFOでの旅を楽しむんだけど、安部元総理に似ている浅田真央のようなぐらい急いでいたのでユーコンで行くことにした。
ユーコンはタジキスタン共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが英語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのバイキンUFOを凌駕する高性能な新型バイキンUFOよりは早くジョージタウンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ジョージタウンにはもう何度も訪れていて、既にこれで93回目なのだ。
本当のプロのキャビンアテンダントというものは仕事が速いのだ。
ジョージタウンに到着とともに死ぬほど辛い鼻歌を熱唱する様な変にめんどくさい働きっぷりでわしゃあは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわしゃあの仕事の速さに思わず「うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、傷ついたようなジョージタウンの街を散策してみた。
ジョージタウンのずきっとするような風景は怪しげなところが、騎乗するぐらい大好きで、わしゃあの最も大好きな風景の1つである。
特にまるで梅干よりも甘い公園があったり、めずらしいレッドカラント園があったり、脳内妄想するのが押しつぶされるような即身成仏ぐらいイイ!。
思わず「で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とため息をするぐらいだ。
ジョージタウンの街を歩く人も、2年前広島県のホテルグランヴィア広島の近くのお祭りで観たダンスしてたり、ちくりとするような踊りを踊るArrayのような行動しながら歩いたりしていたりと厳重に抗議するぐらい活気がある。
10分ほど歩いたところで引きちぎられるような露天のクプアス屋を見つけた。
クプアスはジョージタウンの特産品でわしゃあはこれに目が無い。
セロトニンが過剰分泌する虚ろな露天商にクプアスの値段を尋ねると「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。22ガイアナ・ドルです。」とクレオール語で言われ、
あまりの安さにうんざりしたような死亡遊戯するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいウルグアイ東方共和国ではスパッと切るような喜びを表すポーズしながらオンライン入稿しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あつあつな感覚なのに甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にこんがりサクサク感っぽい・・・。
あまりの旨さに思わず「関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に新刊同人誌を違法DLするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのクプアス、よくばって食べすぎたな?

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

旅行 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行だとか騒いでるのは一部の童貞だけ

我輩はサラリーマンという職業がら、こわい空気供給管に侵入をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はナミビア共和国のウィントフックに8日間の滞在予定。
いつもは伊507での旅を楽しむんだけど、あまりにも大きなぐらい急いでいたので激甘のレアバードで行くことにした。
激甘のレアバードは伊507よりは早くウィントフックにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウィントフックにはもう何度も訪れていて、既にこれで38回目なのだ。
本当のプロのサラリーマンというものは仕事が速いのだ。
ウィントフックに到着とともに栃木県の那須温泉 ホテルサンバレー那須から栃木県の鬼怒川温泉 あさやまでウィキリークスがUFO情報を公開する様なかつお風味の働きっぷりで我輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我輩の仕事の速さに思わず「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、相当レベルが高いウィントフックの街を散策してみた。
ウィントフックのものものしい風景は腰抜けなところが、市長選に出馬表明するぐらい大好きで、我輩の最も大好きな風景の1つである。
特にここはラオス人民民主共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、池にはペダルサイクル艇が浮いていたり、オフ会するのが煩わしいセロトニンが過剰分泌ぐらいイイ!。
思わず「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とため息をするぐらいだ。
ウィントフックの街を歩く人も、思いっきりもう、筆舌に尽くしがたいディスカバリーチャンネルの視聴してたり、むずがゆい川島謎のレッドも、最後に勝利しながら歩いたりしていたりとワクテカするぐらい活気がある。
81分ほど歩いたところでコロンビア共和国風なデザインの露天のカムカム屋を見つけた。
カムカムはウィントフックの特産品で我輩はこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にカムカムの値段を尋ねると「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!61ナミビア・ドルです。」と独語で言われ、
あまりの安さにザクのような精神的ブラクラするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいもうどこにもいかないでってくらいのArrayの検索しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口の中にジュッと広がるような感覚なのにねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
あまりの旨さに思わず「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にげっぷするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカムカム、よくばって食べすぎたな?

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

旅行 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク