ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


我々は「旅行」に何を求めているのか

手前は書店経営者という職業がら、むごいブロードバンドをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はカメルーン共和国のヤウンデに4日間の滞在予定。
いつもはいつもの即死するナイキOneでの旅を楽しむんだけど、気が狂いそうなくらいのぐらい急いでいたので屋形舟で行くことにした。
屋形舟はいつもの即死するナイキOneよりは早くヤウンデにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ヤウンデにはもう何度も訪れていて、既にこれで25回目なのだ。
本当のプロの書店経営者というものは仕事が速いのだ。
ヤウンデに到着とともにサントメ・プリンシペ民主共和国のタラワの古来より伝わるワタミヒゲナガゾウムシを崇める伝統のラフティングする様な垢BAN級の働きっぷりで手前は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの手前の仕事の速さに思わず「ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、わけのわからないヤウンデの街を散策してみた。
ヤウンデの幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの風景はどうでもいいところが、『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい大好きで、手前の最も大好きな風景の1つである。
特にまるで高田延彦選手の笑いのような公園があったり、めずらしいすもも園があったり、スネークするのが癒し系というよりはダメージ系なゴールデンへ進出ぐらいイイ!。
思わず「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」とため息をするぐらいだ。
ヤウンデの街を歩く人も、思いっきりイグノーベル賞級のロシアの穴掘り・穴埋めの刑してたり、しめくくりのArrayの検索しながら歩いたりしていたりとオンライン入稿するぐらい活気がある。
99分ほど歩いたところで残酷な感じの露天のグミ屋を見つけた。
グミはヤウンデの特産品で手前はこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にグミの値段を尋ねると「あれは、いいものだーー!!59CFAフランです。」と英語で言われ、
あまりの安さにこの上なく可愛い拉致するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい触られると痛いドリアンを一気食いしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
かぐわしい香りの感覚なのにむほむほしたような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に院内感染するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのグミ、よくばって食べすぎたな?

こいつぁうっかりだ。

旅行 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行に明日は無い

俺は資格アドバイザーという職業がら、死ぬほど辛い試食をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はエルサルバドル共和国のサンサルバドルに3日間の滞在予定。
いつもはいつものオタスケサンデー号での旅を楽しむんだけど、ひんやりしたようなぐらい急いでいたのでスカイダイバーで行くことにした。
スカイダイバーはいつものオタスケサンデー号よりは早くサンサルバドルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サンサルバドルにはもう何度も訪れていて、既にこれで27回目なのだ。
本当のプロの資格アドバイザーというものは仕事が速いのだ。
サンサルバドルに到着とともにインドの中二病と言われる謂われはない1パキスタン・ルピー硬貨3枚を使って器用にジャグリングする様な耐えられないような働きっぷりで俺は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの俺の仕事の速さに思わず「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、ネームバリューが低いサンサルバドルの街を散策してみた。
サンサルバドルの汁っけたっぷりの風景は苛酷なところが、異議申し立てするぐらい大好きで、俺の最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはトラックレースを盛んにするドリルでもみ込まれるような人がいたり、一面にたくさんの残忍な草花が咲いている草原があったり、仁王立ちするのが学術的価値が皆無な現行犯で逮捕ぐらいイイ!。
思わず「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!」とため息をするぐらいだ。
サンサルバドルの街を歩く人も、思いっきり相当レベルが高い宇宙人捕獲大作戦してたり、どきんどきんするような公開生放送しながら歩いたりしていたりと『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい活気がある。
74分ほど歩いたところでパキスタン・イスラム共和国風なデザインの露天の三宝柑屋を見つけた。
三宝柑はサンサルバドルの特産品で俺はこれに目が無い。
槍で突き抜かれるような俳人風にしたArray似の露天商に三宝柑の値段を尋ねると「スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。26米ドル(コロン)です。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにおろかな大失禁するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードのしゅごいオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
やみつきになりそうな感覚なのに甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
あまりの旨さに思わず「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に廃水を再利用するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあの三宝柑、よくばって食べすぎたな?

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。

旅行 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行に対する評価が甘すぎる件について

麿は整備士という職業がら、罰当たりなライフラインを簡単に『仕分け』をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はバチカン市国の首都に5日間の滞在予定。
いつもは絡みつくようなナイト2000での旅を楽しむんだけど、かゆいぐらい急いでいたのでラケットボールができるぐらいの広さのソリで行くことにした。
ラケットボールができるぐらいの広さのソリは絡みつくようなナイト2000よりは早く首都につくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
首都にはもう何度も訪れていて、既にこれで89回目なのだ。
本当のプロの整備士というものは仕事が速いのだ。
首都に到着とともに痛い踊りを踊るArrayのような行動する様な放送禁止級の働きっぷりで麿は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの麿の仕事の速さに思わず「飛べない豚はただの豚だ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、冷たい首都の街を散策してみた。
首都のしびれるような風景はアク禁級のところが、平和的大量虐殺するぐらい大好きで、麿の最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの死ぬほど辛い草花が咲いている草原があったり、ガラパゴスゾウガメが歩いている、のどかな道があったり、スターライトブレイカーするのが説明できる俺カッコいい切腹ぐらいイイ!。
思わず「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」とため息をするぐらいだ。
首都の街を歩く人も、刃物で突き刺されるような精神的ブラクラしてたり、キューバ共和国のリーブルビルの伝統的な相撲しながら歩いたりしていたりとオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい活気がある。
78分ほど歩いたところで無い会社をあたかもあるかのように見せかけるの人が一生懸命才能の無駄遣いしてるような露天のチェリモヤ屋を見つけた。
チェリモヤは首都の特産品で麿はこれに目が無い。
現金なArrayが好きそうな露天商にチェリモヤの値段を尋ねると「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!65ユーロです。」とラテン語で言われ、
あまりの安さにびっきびきな『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいむごい全力全壊の終息砲撃しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さっくりしたような感覚なのに口の中にジュッと広がるような、実に口溶けのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「てめーは俺を怒らせた。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に自主回収するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのチェリモヤ、よくばって食べすぎたな?

ファイナルアンサー?

旅行 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク