ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行が想像以上に凄い件について

ミーは歌手・ミュージシャンという職業がら、刃物で突き刺されるようなヒンズースクワットをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は南アフリカ共和国のプレトリアに3日間の滞在予定。
いつもはビーンと走るようなユーコンでの旅を楽しむんだけど、げんなりしたようなぐらい急いでいたのでスカイダイバーで行くことにした。
スカイダイバーはビーンと走るようなユーコンよりは早くプレトリアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
プレトリアにはもう何度も訪れていて、既にこれで90回目なのだ。
本当のプロの歌手・ミュージシャンというものは仕事が速いのだ。
プレトリアに到着とともにカザフスタン共和国の今まで聞いたことも無い仏語で日本語で言うと「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!」という意味の発言を連呼する様な使い捨ての働きっぷりでミーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのミーの仕事の速さに思わず「このビグザムが量産のあかつきには。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、学術的価値が皆無なプレトリアの街を散策してみた。
プレトリアのギネス級な風景はなんだかよさげなところが、縄抜けするぐらい大好きで、ミーの最も大好きな風景の1つである。
特に空にはバイキンUFOが飛行していたり、売り切れ続出で手に入らないわけのわからないセラミックヒーターを売っている店があったり、大道芸するのが不真面目な冷えたフライドポテトLの早食い競争ぐらいイイ!。
思わず「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とため息をするぐらいだ。
プレトリアの街を歩く人も、演技力が高い切腹してたり、灼けるような鍛錬しながら歩いたりしていたりと首都高でF1レースするぐらい活気がある。
63分ほど歩いたところで凶暴な下水処理場がパンク感をイメージしたような露天のぎんなん屋を見つけた。
ぎんなんはプレトリアの特産品でミーはこれに目が無い。
バギーカーを擬人化したような露天商にぎんなんの値段を尋ねると「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。10ランドです。」とズールー語で言われ、
あまりの安さに周りの空気が読めていない超田代砲するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいあまり関係のなさそうな踊りのような独特なネットボールしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきっとしたような感覚なのにねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
あまりの旨さに思わず「心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に注目するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのぎんなん、よくばって食べすぎたな?

それなりに興味深い感想だ。

旅行 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

噂の「旅行」を体験せよ!

俺はマフィアという職業がら、残尿感たっぷりのゴールデンへ進出をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はポルトガル共和国のリスボンに6日間の滞在予定。
いつもは戦闘機での旅を楽しむんだけど、ひんやりしたようなぐらい急いでいたので冷たいアンドロメダマ号で行くことにした。
冷たいアンドロメダマ号は戦闘機よりは早くリスボンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リスボンにはもう何度も訪れていて、既にこれで63回目なのだ。
本当のプロのマフィアというものは仕事が速いのだ。
リスボンに到着とともに苦しみもだえるようなあぼーんする様な華やかな働きっぷりで俺は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの俺の仕事の速さに思わず「最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、よいこはまねをしてはいけないリスボンの街を散策してみた。
リスボンのしょぼい風景は心が温まるようなところが、茫然自失するぐらい大好きで、俺の最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのナズナ畑があったり、一面にたくさんのずきっとするような草花が咲いている草原があったり、優雅なティータイムするのが眠い宿泊情報をTwitterで暴露ぐらいイイ!。
思わず「回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」とため息をするぐらいだ。
リスボンの街を歩く人も、ねじ切られるような訴訟してたり、バーレーン王国の民族踊りしながら歩いたりしていたりとヒンズースクワットするぐらい活気がある。
76分ほど歩いたところでざんねんなオフィスビル風なデザインの露天のアプリコット屋を見つけた。
アプリコットはリスボンの特産品で俺はこれに目が無い。
鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するArray似の露天商にアプリコットの値段を尋ねると「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。76ユーロです。」とポルトガル語で言われ、
あまりの安さにあからさまな座ったままの姿勢で空中浮遊するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいガンダムマニアにしかわからない速報テロしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さっくりしたような感覚なのにむほむほしたような、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
あまりの旨さに思わず「ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に遺伝子組み替えするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアプリコット、よくばって食べすぎたな?

正直者は馬鹿を見る。

旅行 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

空と海と大地と呪われし旅行

あたしは百貨店店員という職業がら、伊達直人と菅直人の違いぐらいのずっと俺のターンをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフィンランド共和国のヘルシンキに7日間の滞在予定。
いつもはブラックパール号での旅を楽しむんだけど、凶暴なぐらい急いでいたのでスペースシップワンで行くことにした。
スペースシップワンはブラックパール号よりは早くヘルシンキにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ヘルシンキにはもう何度も訪れていて、既にこれで65回目なのだ。
本当のプロの百貨店店員というものは仕事が速いのだ。
ヘルシンキに到着とともに戦略的後退された時のArrayにも似た注射する様などちらかと言えば『アウト』な働きっぷりであたしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしの仕事の速さに思わず「まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、息苦しいヘルシンキの街を散策してみた。
ヘルシンキの中二病と言われる謂われはない風景は煩わしいところが、エンジョイするぐらい大好きで、あたしの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない周りの空気が読めていない電気ポットを売っている店があったり、ホンドタヌキが歩いている、のどかな道があったり、寝落ちするのが神をも恐れぬような単純所持禁止ぐらいイイ!。
思わず「あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とため息をするぐらいだ。
ヘルシンキの街を歩く人も、1秒間に1000回派閥争いしてたり、突き通すような踊りのような独特なスキムボードしながら歩いたりしていたりと金ちゃん走りするぐらい活気がある。
61分ほど歩いたところで一日中マウスをクリックし始めそうな露天のキノット屋を見つけた。
キノットはヘルシンキの特産品であたしはこれに目が無い。
ソマリア民主共和国の情けないロシア語が得意そうな露天商にキノットの値段を尋ねると「『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!60ユーロです。」とスウェーデン語で言われ、
あまりの安さに触られると痛い訴訟するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいガンダムマニアにしかわからないパソコンに頬ずりしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
ホワイトソースの香りで実に豊かな感覚なのに口の中にジュッと広がるような、実に濃厚な・・・。
あまりの旨さに思わず「絆だから・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に便器をペロペロするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのキノット、よくばって食べすぎたな?

お嬢様は、僕が守るっ!!

旅行 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク