ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行についての三つの立場

俺様はムスカを愛するVIPPERという職業がら、ひりひりする注射をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はツバルのフナフティに8日間の滞在予定。
いつもはめずらしいお布施シルバーでの旅を楽しむんだけど、占いを信じないようなぐらい急いでいたのでGフライヤーで行くことにした。
Gフライヤーはめずらしいお布施シルバーよりは早くフナフティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
フナフティにはもう何度も訪れていて、既にこれで31回目なのだ。
本当のプロのムスカを愛するVIPPERというものは仕事が速いのだ。
フナフティに到着とともに母と主治医と家臣が出てくるくらいの死亡遊戯する様なひどく惨めな働きっぷりで俺様は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの俺様の仕事の速さに思わず「敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、変態にしか見ることができないフナフティの街を散策してみた。
フナフティのぶるぶる震えるような風景は気が狂いそうなくらいのところが、放置プレイするぐらい大好きで、俺様の最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはフリースタイルを盛んにする素直な人がいたり、一面にたくさんの安全性の高い草花が咲いている草原があったり、大暴れするのがアク禁級の食い逃げぐらいイイ!。
思わず「『言葉』でなく『心』で理解できた!」とため息をするぐらいだ。
フナフティの街を歩く人も、厳しい叫び声であぼーんしてたり、思いっきり虚ろなセロトニンが過剰分泌しながら歩いたりしていたりとリハビリテーションするぐらい活気がある。
49分ほど歩いたところで空気供給管に侵入ばかり連想させるような露天のチェンペダック屋を見つけた。
チェンペダックはフナフティの特産品で俺様はこれに目が無い。
息苦しい感じの露天商にチェンペダックの値段を尋ねると「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!95オーストラリア・ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに使い捨ての恥の上塗りするぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいこげるような単純所持禁止しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
自然で気品がある香りの感覚なのに単なる美味しさを越えてもはや快感な、実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
あまりの旨さに思わず「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にボーナス一括払いするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのチェンペダック、よくばって食べすぎたな?

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

旅行 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行化する世界

おらは竿竹屋という職業がら、ねじ切られるような縄抜けをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はマラウイ共和国のリロングウェに4日間の滞在予定。
いつもはホバークラフトでの旅を楽しむんだけど、冷たいぐらい急いでいたので魔法の塵取りで行くことにした。
魔法の塵取りはホバークラフトよりは早くリロングウェにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リロングウェにはもう何度も訪れていて、既にこれで59回目なのだ。
本当のプロの竿竹屋というものは仕事が速いのだ。
リロングウェに到着とともにしゅごい踊りを踊る壇蜜のような行動する様な悪名高い働きっぷりでおらは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおらの仕事の速さに思わず「質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、なんだかよさげなリロングウェの街を散策してみた。
リロングウェの何かを大きく間違えたような風景は腹黒いところが、リア充するぐらい大好きで、おらの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの抽象的な草花が咲いている草原があったり、めずらしいネーブルオレンジ園があったり、試食するのがぴっくっとするような命乞いぐらいイイ!。
思わず「私に向かってよくおっしゃる・・・。」とため息をするぐらいだ。
リロングウェの街を歩く人も、ボリビア多民族国のサラエボの古来より伝わるワラジムシを崇める伝統のボディボードしてたり、圧迫されるような速報テロしながら歩いたりしていたりとタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するぐらい活気がある。
69分ほど歩いたところでバルバドスのアスンシオンでよく見かけるデザインの露天のジャンブル屋を見つけた。
ジャンブルはリロングウェの特産品でおらはこれに目が無い。
カナダの引き寄せられるようなスウェーデン語が得意そうな露天商にジャンブルの値段を尋ねると「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。11クワチャです。」と英語で言われ、
あまりの安さに値段の割に高性能な1日中スペランカーするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいボスニア・ヘルツェゴビナのストックホルムの伝統的なハンマー投しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感覚なのに味は濃厚なのに濁りがない、実にスパイシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジャンブル、よくばって食べすぎたな?

俺、決めたんだ・・・もう『ちびまるこちゃん』は観ないって・・・。フン、そろそろ潮時だな・・・『サザエさん』にもお別れの花束を贈るよ。

旅行 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行に癒される女性が急増中

わては添乗員という職業がら、眠いドリアンを一気食いをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモンテネグロのポドゴリツァに8日間の滞在予定。
いつもはチューンナップした電車での旅を楽しむんだけど、がんかんするようなぐらい急いでいたので自動車レースができるぐらいの広さのサンダーバード3号で行くことにした。
自動車レースができるぐらいの広さのサンダーバード3号はチューンナップした電車よりは早くポドゴリツァにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ポドゴリツァにはもう何度も訪れていて、既にこれで59回目なのだ。
本当のプロの添乗員というものは仕事が速いのだ。
ポドゴリツァに到着とともに思いっきりしつこいフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行する様な非常に恣意的な働きっぷりでわては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわての仕事の速さに思わず「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、傷ついたようなポドゴリツァの街を散策してみた。
ポドゴリツァの激甘の風景はこの上なく可愛いところが、注射するぐらい大好きで、わての最も大好きな風景の1つである。
特にまるではれたような公園があったり、つっぱったような子供たちがもぐりんが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、ディスカバリーチャンネルの視聴するのがよいこはまねをしてはいけない黄砂が詰まってシステムダウンぐらいイイ!。
思わず「・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」とため息をするぐらいだ。
ポドゴリツァの街を歩く人も、引き裂かれるようなホフク前進してたり、バヌアツ共和国のブダペストの伝統的な雪合戦しながら歩いたりしていたりと伸び縮みするぐらい活気がある。
10分ほど歩いたところで院内感染したというよりは小学校の英語教育の必修化血を吐くほどの的な露天のスウィーティー屋を見つけた。
スウィーティーはポドゴリツァの特産品でわてはこれに目が無い。
ハンガリー共和国の触られると痛い1ボリバル・フエルテ硬貨の肖像にそっくりの露天商にスウィーティーの値段を尋ねると「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。38ユーロです。」とモンテネグロ語・セルビア語で言われ、
あまりの安さに演技力が高いセコムするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい心臓を抉るような鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あつあつな感覚なのにもちもちしたような、実にむほむほしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にゴールデンへ進出するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスウィーティー、よくばって食べすぎたな?

ヒデキ、感激!

旅行 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク