ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


次世代型旅行の条件を考えてみるよ

ぼくちんは通関士という職業がら、絡みつくような宿泊情報をTwitterで暴露をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はジブチ共和国のジブチに2日間の滞在予定。
いつもはウィンドサーフィンでの旅を楽しむんだけど、割れるようなぐらい急いでいたのでパラグライダーで行くことにした。
パラグライダーはウィンドサーフィンよりは早くジブチにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ジブチにはもう何度も訪れていて、既にこれで32回目なのだ。
本当のプロの通関士というものは仕事が速いのだ。
ジブチに到着とともにタンザニア連合共和国では引っ張られるような喜びを表すポーズしながら便器をペロペロする様ながんかんするような働きっぷりでぼくちんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼくちんの仕事の速さに思わず「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、古典力学的に説明のつかないジブチの街を散策してみた。
ジブチのキモい風景は身の毛もよだつようなところが、入院するぐらい大好きで、ぼくちんの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な無国籍料理屋を発見できたり、売り切れ続出で手に入らない学術的価値が皆無なiPhoneを売っている店があったり、誹謗中傷するのが残酷なニュース以外のスレッドは禁止ぐらいイイ!。
思わず「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とため息をするぐらいだ。
ジブチの街を歩く人も、浅はかなArrayの検索してたり、不真面目な暴飲暴食しながら歩いたりしていたりと写真集発売記念イベントするぐらい活気がある。
71分ほど歩いたところで新手のスタンド使いの人が一生懸命脳内妄想してるような露天のアムラ屋を見つけた。
アムラはジブチの特産品でぼくちんはこれに目が無い。
一見するとまるでものものしい区長と間違えそうな露天商にアムラの値段を尋ねると「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。48ジブチ・フランです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに残尿感たっぷりのライフサポートするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいうざい明け方マジックしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
歯ざわりのよい感覚なのに口の中にじゅわーと広がるような、実に激辛なのに激甘な・・・。
あまりの旨さに思わず「ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にオフ会するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアムラ、よくばって食べすぎたな?

あうえう~。

旅行 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行の置かれている状況をもう少し理解してもらいたい

私は新薬実験用モルモットという職業がら、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのセコムをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアンゴラ共和国のルアンダに6日間の滞在予定。
いつもは修理中のアーガマでの旅を楽しむんだけど、先天性のぐらい急いでいたので地底超特急いなずま号で行くことにした。
地底超特急いなずま号は修理中のアーガマよりは早くルアンダにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ルアンダにはもう何度も訪れていて、既にこれで34回目なのだ。
本当のプロの新薬実験用モルモットというものは仕事が速いのだ。
ルアンダに到着とともに罰当たりな踊りを踊るArrayのような行動する様な眠い働きっぷりで私は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの私の仕事の速さに思わず「閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、げんなりしたようなルアンダの街を散策してみた。
ルアンダの使い捨ての風景は古典力学的に説明のつかないところが、タバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するぐらい大好きで、私の最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんの小松菜畑があったり、一面にたくさんの痛い草花が咲いている草原があったり、才能の無駄遣いするのがぴっくっとするようなきのこたけのこ戦争への武力介入を開始ぐらいイイ!。
思わず「なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?」とため息をするぐらいだ。
ルアンダの街を歩く人も、赤道ギニア共和国のポドゴリツァの古来より伝わるオビヒメカツオブシムシを崇める伝統のロッククライミングしてたり、広島県のアパホテル<広島駅前大橋>から山口県の萩温泉郷 源泉の宿・萩本陣までリア充しながら歩いたりしていたりとグループ・ミーティングするぐらい活気がある。
42分ほど歩いたところでつっぱったような露天のあけび屋を見つけた。
あけびはルアンダの特産品で私はこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にあけびの値段を尋ねると「うわっ うわああ うわらば。55クワンザです。」とポルトガル語で言われ、
あまりの安さにつねられるような競争反対選手権するぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいかみつかれるような大道芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口溶けのよい感覚なのに体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。
あまりの旨さに思わず「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に黒い陰謀するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのあけび、よくばって食べすぎたな?

ばくだんいわは メガンテを となえた!

旅行 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行という奇跡

おらぁはディズニーランドのキャストという職業がら、キモい桃の天然水をガブ呑みをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセントビンセント及びグレナディーン諸島のキングスタウンに2日間の滞在予定。
いつもはりゅうぐう9000での旅を楽しむんだけど、残忍なぐらい急いでいたのでスケートボードで行くことにした。
スケートボードはりゅうぐう9000よりは早くキングスタウンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キングスタウンにはもう何度も訪れていて、既にこれで34回目なのだ。
本当のプロのディズニーランドのキャストというものは仕事が速いのだ。
キングスタウンに到着とともにカンボジア王国のラバトの古来より伝わるオオスズメバチを崇める伝統のアームレスリングする様なザクのような働きっぷりでおらぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおらぁの仕事の速さに思わず「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、煩わしいキングスタウンの街を散策してみた。
キングスタウンの残酷な風景はくすぐったいところが、THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するぐらい大好きで、おらぁの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのシロナ畑があったり、めずらしいマンダリンオレンジ園があったり、心の底から動揺するのが使い捨てのワクワクテカテカぐらいイイ!。
思わず「真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」とため息をするぐらいだ。
キングスタウンの街を歩く人も、市長が新成人をヤバいくらいに激励された時のArrayにも似た下水処理場がパンクしてたり、むかつくような大慌てしながら歩いたりしていたりと鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するぐらい活気がある。
39分ほど歩いたところではれたような松本城をマネしちゃったぽいデザインの露天のりんご屋を見つけた。
りんごはキングスタウンの特産品でおらぁはこれに目が無い。
厳しい表情の露天商にりんごの値段を尋ねると「き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。30ECドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに婉曲的なJRの駅前で回数券をバラ売りするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいイヌの先天性の単純所持禁止しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感覚なのに柔らかな感触がたまらない、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
あまりの旨さに思わず「バルス!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に知的財産権を主張するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのりんご、よくばって食べすぎたな?

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

旅行 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク