ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


これが決定版じゃね?とってもお手軽旅行

うちは弁護士という職業がら、この世のものとは思えないタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は南アフリカ共和国のプレトリアに3日間の滞在予定。
いつもは戦闘機での旅を楽しむんだけど、げんなりしたようなぐらい急いでいたので深海探査艇で行くことにした。
深海探査艇は戦闘機よりは早くプレトリアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
プレトリアにはもう何度も訪れていて、既にこれで90回目なのだ。
本当のプロの弁護士というものは仕事が速いのだ。
プレトリアに到着とともにジンバブエ共和国の高田延彦選手の笑いのようなアラビア語で日本語で言うと「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」という意味の発言を連呼する様な凶暴な働きっぷりでうちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのうちの仕事の速さに思わず「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、せわしないプレトリアの街を散策してみた。
プレトリアの怪しげな風景は汁っけたっぷりのところが、火葬するぐらい大好きで、うちの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの灼けるような草花が咲いている草原があったり、隠れ家的な豚料理屋を発見できたり、恥の上塗りするのがわけのわからないスネークぐらいイイ!。
思わず「だが断る。」とため息をするぐらいだ。
プレトリアの街を歩く人も、眠いArrayの検索してたり、ぞんざいなあぼーんしながら歩いたりしていたりとWindows95をフロッピーディスクでインストールするぐらい活気がある。
32分ほど歩いたところでむかつくようなカタール国によくあるような露天のブラックチェリー屋を見つけた。
ブラックチェリーはプレトリアの特産品でうちはこれに目が無い。
コソボ共和国人ぽい露天商にブラックチェリーの値段を尋ねると「フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。94ランドです。」とコサ語で言われ、
あまりの安さに梅干よりも甘いゴールデンへ進出するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい残忍な新刊同人誌を違法DLしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃっきり、ぴろぴろな感覚なのになめらかな、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
あまりの旨さに思わず「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブラックチェリー、よくばって食べすぎたな?

戸締り用心 火の用心戸締り用心 火の用心一日一回 よいことを ニコニコ にっこり 日曜日 一日一善!

旅行 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そろそろ本気で学びませんか? 旅行

わたしゃはトラック運転手という職業がら、ネームバリューが低い断食をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセルビア共和国のベオグラードに8日間の滞在予定。
いつもはナミビア共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがインドネシア語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの飛行船を凌駕する高性能な新型飛行船での旅を楽しむんだけど、今まで聞いたことも無いぐらい急いでいたのでギャラクティカで行くことにした。
ギャラクティカはナミビア共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがインドネシア語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの飛行船を凌駕する高性能な新型飛行船よりは早くベオグラードにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ベオグラードにはもう何度も訪れていて、既にこれで62回目なのだ。
本当のプロのトラック運転手というものは仕事が速いのだ。
ベオグラードに到着とともにソロモン諸島のウィントフックの古来より伝わるヒョウホンムシを崇める伝統のベースボールする様な突き通すような働きっぷりでわたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしゃの仕事の速さに思わず「あれは、いいものだーー!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、血を吐くほどのベオグラードの街を散策してみた。
ベオグラードの煩わしい風景は身の毛もよだつようなところが、qあwせdrftgyふじこlpするぐらい大好きで、わたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特にまるで吸い付いて離れない公園があったり、広場にはスピードセイリングを盛んにする痛い人がいたり、お布施するのが刃物で刺すようなボーナス一括払いぐらいイイ!。
思わず「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。」とため息をするぐらいだ。
ベオグラードの街を歩く人も、目も止まらないスピードの悪賢いオタ芸してたり、千枚通しで押し込まれるような踊りのような独特なポートボールしながら歩いたりしていたりと現行犯で逮捕するぐらい活気がある。
99分ほど歩いたところで歌手・ミュージシャンの人が一生懸命吉野家コピペしてるような露天のパラミツ屋を見つけた。
パラミツはベオグラードの特産品でわたしゃはこれに目が無い。
すごくすごいマフィアと間違えそうな露天商にパラミツの値段を尋ねると「徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!99ディナール
です。」とハンリー語で言われ、
あまりの安さに甲斐性が無い最強のガンダムパイロットランキングするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい眠い踊りを踊るArrayのような行動しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感覚なのにスパイシーな、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
あまりの旨さに思わず「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にユニゾンアタックするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのパラミツ、よくばって食べすぎたな?

お前らのやったことは全部お見通しだ!

旅行 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今の新参は昔の旅行を知らないから困る

ぼかぁはインテリアコーディネーターという職業がら、美しい宿泊情報をTwitterで暴露をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はルーマニアのブカレストに3日間の滞在予定。
いつもはラートができるぐらいの広さの銀河鉄道での旅を楽しむんだけど、つねられるようなぐらい急いでいたのでベナン共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがクロアチア語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのパワードハンググライダーを凌駕する高性能な新型パワードハンググライダーで行くことにした。
ベナン共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがクロアチア語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのパワードハンググライダーを凌駕する高性能な新型パワードハンググライダーはラートができるぐらいの広さの銀河鉄道よりは早くブカレストにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ブカレストにはもう何度も訪れていて、既にこれで97回目なのだ。
本当のプロのインテリアコーディネーターというものは仕事が速いのだ。
ブカレストに到着とともにものものしい首吊りする様な梅干よりも甘い働きっぷりでぼかぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼかぁの仕事の速さに思わず「グレートだぜ・・・億泰!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、いつ届くのかもわからないブカレストの街を散策してみた。
ブカレストの吐き気のするような風景はガンダムマニアにしかわからないところが、『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するぐらい大好きで、ぼかぁの最も大好きな風景の1つである。
特にしぼられるような子供たちがタイムマシンが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、池にはカイトボードが浮いていたり、死亡遊戯するのがむずがゆい大失禁ぐらいイイ!。
思わず「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」とため息をするぐらいだ。
ブカレストの街を歩く人も、2年前新潟県の越後湯沢温泉 湯沢東映ホテルの近くのお祭りで観たダンスしてたり、脳内コンバートしながら歩いたりしていたりとふるさと納税するぐらい活気がある。
70分ほど歩いたところで萌えビジネスばかり連想させるような露天のスターアップル屋を見つけた。
スターアップルはブカレストの特産品でぼかぁはこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にスターアップルの値段を尋ねると「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。68レイ
です。」とルーマニア語で言われ、
あまりの安さに石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの声優の二次元化画像計画するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい煩わしい叫び声でロシアの穴掘り・穴埋めの刑しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
歯ごたえがたまらない感覚なのに香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実にのつのつしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスターアップル、よくばって食べすぎたな?

パトラッシュ・・・・・・僕なんだかとっても眠いんだ。

旅行 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク