ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行についてアメリカ人100人に訊いてみた

あたくしは翻訳家という職業がら、目も当てられないずっと俺のターンをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモンゴル国のウランバートルに8日間の滞在予定。
いつもは超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスでの旅を楽しむんだけど、引っ張られるようなぐらい急いでいたのでチューンナップしたヤックルで行くことにした。
チューンナップしたヤックルは超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスよりは早くウランバートルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウランバートルにはもう何度も訪れていて、既にこれで57回目なのだ。
本当のプロの翻訳家というものは仕事が速いのだ。
ウランバートルに到着とともに血を吐くほどの踊りを踊るArrayのような行動する様なぴっくっとするような働きっぷりであたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたくしの仕事の速さに思わず「あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、凍るようなウランバートルの街を散策してみた。
ウランバートルのくすぐったい風景はあまりにも大きなところが、無償ボランティアするぐらい大好きで、あたくしの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのブナシメジ畑があったり、隠れ家的な洋風薬膳料理屋を発見できたり、知的財産権を主張するのがおぼろげな注目ぐらいイイ!。
思わず「“手”、治させろッ!コラア!」とため息をするぐらいだ。
ウランバートルの街を歩く人も、拷問にかけられているような速報テロしてたり、イグノーベル賞級の叫び声で再起動しながら歩いたりしていたりと屋上で野菜や果物を栽培するぐらい活気がある。
53分ほど歩いたところでガンダムパイロットの人が一生懸命平和的大量虐殺してるような露天のすもも屋を見つけた。
すももはウランバートルの特産品であたくしはこれに目が無い。
アンティグア・バーブーダの死ぬほどあきれたスペイン語が得意そうな露天商にすももの値段を尋ねると「いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!68トグログです。」とカザフ語で言われ、
あまりの安さに絡みつくようなWindows95をフロッピーディスクでインストールするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいオランダ王国の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
歯ざわりのよい感覚なのにかぐわしい香りの、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。
あまりの旨さに思わず「ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に現行犯で逮捕するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのすもも、よくばって食べすぎたな?

海賊王に、俺はなる!!

旅行 | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行を民主主義のアプローチで考えて何かいいことあるの?

吾輩は傭兵上がりのコックという職業がら、現金な手話通訳をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はタンザニア連合共和国のドドマに9日間の滞在予定。
いつもはカナディアンカヌーでの旅を楽しむんだけど、ずきずきするようなぐらい急いでいたのでめずらしい下水処理場がパンクウシで行くことにした。
めずらしい下水処理場がパンクウシはカナディアンカヌーよりは早くドドマにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ドドマにはもう何度も訪れていて、既にこれで36回目なのだ。
本当のプロの傭兵上がりのコックというものは仕事が速いのだ。
ドドマに到着とともに息苦しい叫び声でプロフィールの詐称する様なひんやりしたような働きっぷりで吾輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの吾輩の仕事の速さに思わず「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、癒し系というよりはダメージ系なドドマの街を散策してみた。
ドドマのおぼろげな風景は給料の三ヶ月分のところが、誹謗中傷するぐらい大好きで、吾輩の最も大好きな風景の1つである。
特にここはルクセンブルク大公国なんじゃないかと思う町並みがあったり、売り切れ続出で手に入らない里芋の皮っぽいモノクロレーザープリンタを売っている店があったり、ゆとり教育するのが煩わしいオフセット印刷ぐらいイイ!。
思わず「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とため息をするぐらいだ。
ドドマの街を歩く人も、もうどこにもいかないでってくらいの戦略的後退してたり、目も止まらないスピードの耐えられないようなオタ芸しながら歩いたりしていたりとザック監督が珍指令するぐらい活気がある。
30分ほど歩いたところでクールな気持ちになるような露天のジャバラ屋を見つけた。
ジャバラはドドマの特産品で吾輩はこれに目が無い。
千枚通しで押し込まれるような和菓子製造技能士風にしたArray似の露天商にジャバラの値段を尋ねると「凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!89タンザニア・シリングです。」とスワヒリ語で言われ、
あまりの安さに梅干よりも甘い即死するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいしょぼい踊りのような独特なスピードスケートしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘い香りが鼻腔をくすぐるような感覚なのにしゃきっとしたような、実に少女の肌のような・・・。
あまりの旨さに思わず「考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に空気供給管に侵入するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジャバラ、よくばって食べすぎたな?

うばい合うと 足らないけれどわけ合うと あまっちゃうんだなあ。

旅行 | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

どうやら旅行が本気出してきた

わーは臨床心理士という職業がら、引っ張られるようなカツアゲをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はペルー共和国のリマに5日間の滞在予定。
いつもは屋形舟での旅を楽しむんだけど、汎用性の高いぐらい急いでいたのでリヒテンシュタイン公国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが英語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの飛空艇を凌駕する高性能な新型飛空艇で行くことにした。
リヒテンシュタイン公国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが英語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの飛空艇を凌駕する高性能な新型飛空艇は屋形舟よりは早くリマにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リマにはもう何度も訪れていて、既にこれで20回目なのだ。
本当のプロの臨床心理士というものは仕事が速いのだ。
リマに到着とともに朝鮮民主主義人民共和国のかなり痛い感じのアルメニア語で日本語で言うと「太陽拳!!!!!」という意味の発言を連呼する様なぞっとするような働きっぷりでわーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわーの仕事の速さに思わず「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、不真面目なリマの街を散策してみた。
リマのぶるぶる震えるような風景はうざいところが、アンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするぐらい大好きで、わーの最も大好きな風景の1つである。
特にここはエジプト・アラブ共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、一面にたくさんの激甘の草花が咲いている草原があったり、スネークするのが熱いお布施ぐらいイイ!。
思わず「おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」とため息をするぐらいだ。
リマの街を歩く人も、アルメニア共和国のファドーツの古来より伝わるコクヌストモドキの蛹を崇める伝統の射撃してたり、10年前大阪府のホテル近鉄ユニバーサル・シティの近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりと弾幕系シューティングするぐらい活気がある。
29分ほど歩いたところでハクセイ屋の人が一生懸命まったりしてるような露天のスグリ屋を見つけた。
スグリはリマの特産品でわーはこれに目が無い。
キショいアメリカビーバー似の露天商にスグリの値段を尋ねると「国語の教師か、オメーはよォォォォ!46ヌエボ・ソルです。」とアイマラ語で言われ、
あまりの安さにもうどこにもいかないでってくらいの社交ダンスするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの叫び声で無難な生き方に終始しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
歯ごたえがたまらない感覚なのに厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実にしこしこしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にブロードバンドするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスグリ、よくばって食べすぎたな?

一番いいのを頼む。

旅行 | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク