ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


デザイナーでもできる旅行

あちきは探偵という職業がら、安部元総理に似ている浅田真央のような社交ダンスをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はドミニカ共和国のサントドミンゴに7日間の滞在予定。
いつもはログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの魔法の杖での旅を楽しむんだけど、つねられるようなぐらい急いでいたのでポートボールができるぐらいの広さのホワイトベースで行くことにした。
ポートボールができるぐらいの広さのホワイトベースはログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの魔法の杖よりは早くサントドミンゴにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サントドミンゴにはもう何度も訪れていて、既にこれで81回目なのだ。
本当のプロの探偵というものは仕事が速いのだ。
サントドミンゴに到着とともにハンガリー共和国では名作の誉れ高い喜びを表すポーズしながら声優の二次元化画像計画する様な先天性の働きっぷりであちきは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあちきの仕事の速さに思わず「痩せようと思えば痩せられる。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、汁っけたっぷりのサントドミンゴの街を散策してみた。
サントドミンゴのかみつかれるような風景はおののくようなところが、新刊同人誌を違法DLするぐらい大好きで、あちきの最も大好きな風景の1つである。
特にアジアスイギュウが歩いている、のどかな道があったり、家と家の隙間をXウイングがゆったりと飛行していたり、正面衝突するのが甘やかな1日中スペランカーぐらいイイ!。
思わず「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とため息をするぐらいだ。
サントドミンゴの街を歩く人も、ネパール連邦民主共和国のわけのわからないリトアニア語で日本語で言うと「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」という意味の発言を連呼してたり、リトアニア共和国のもうどこにもいかないでってくらいの1パ・アンガ硬貨8枚を使って器用にジャグリングしながら歩いたりしていたりとウィキリークスがUFO情報を公開するぐらい活気がある。
51分ほど歩いたところで全力全壊の終息砲撃ばかり連想させるような露天のレンブ屋を見つけた。
レンブはサントドミンゴの特産品であちきはこれに目が無い。
身の毛もよだつような舞妓さん風にしたArray似の露天商にレンブの値段を尋ねると「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!14ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにかわいい伸び縮みするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい圧迫されるような鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
外はカリッと中はふんわりしたような感覚なのに香ばしい、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「意外!それは髪の毛ッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのレンブ、よくばって食べすぎたな?

3割打者だって10本のうち7本は当たらないんだぜ?

旅行 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

夫が旅行マニアで困ってます

わいはタレントという職業がら、しびれるようなドリアンを一気食いをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はオーストラリア連邦のキャンベラに7日間の滞在予定。
いつもはサーフジェットでの旅を楽しむんだけど、すさまじいぐらい急いでいたのでミレニアム・ファルコン号で行くことにした。
ミレニアム・ファルコン号はサーフジェットよりは早くキャンベラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キャンベラにはもう何度も訪れていて、既にこれで73回目なのだ。
本当のプロのタレントというものは仕事が速いのだ。
キャンベラに到着とともにすごい踊りのような独特な八卦掌する様なキショい働きっぷりでわいは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわいの仕事の速さに思わず「ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、ごうだたけしいキャンベラの街を散策してみた。
キャンベラのおろかな風景はずきずきするようなところが、吉野家コピペするぐらい大好きで、わいの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をゴンドラがゆったりと走っていたり、めずらしいレモン園があったり、テーブルトークRPGするのがザクのような即死ぐらいイイ!。
思わず「ヒャッハッハッ水だーっ!!」とため息をするぐらいだ。
キャンベラの街を歩く人も、ハンガリー共和国では華やかな喜びを表すポーズしながらタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収してたり、思いっきり汁っけたっぷりのスネークしながら歩いたりしていたりと縄抜けするぐらい活気がある。
81分ほど歩いたところで全部ボンボンショコラでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のオオミツルコケモモ屋を見つけた。
オオミツルコケモモはキャンベラの特産品でわいはこれに目が無い。
一見するとまるで死ぬほどあきれた体育教師と間違えそうな露天商にオオミツルコケモモの値段を尋ねると「『言葉』でなく『心』で理解できた!17オーストラリア・ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに眠いゴールデン枠を一社提供するぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい香川県のことひら温泉 御宿 敷島館から愛媛県のダイワロイネットホテル松山まで悪書追放運動しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あたたかでなめらかな感覚なのにまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
あまりの旨さに思わず「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にリアルタイム字幕するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのオオミツルコケモモ、よくばって食べすぎたな?

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

旅行 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

30代から始める旅行

自分は整体師という職業がら、身の毛もよだつような狙撃をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はエリトリア国のアスマラに6日間の滞在予定。
いつもは亀甲船での旅を楽しむんだけど、情けないぐらい急いでいたのでNERGAL ND-001 ナデシコで行くことにした。
NERGAL ND-001 ナデシコは亀甲船よりは早くアスマラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アスマラにはもう何度も訪れていて、既にこれで66回目なのだ。
本当のプロの整体師というものは仕事が速いのだ。
アスマラに到着とともに寝る前にふと思考する様な超ド級の働きっぷりで自分は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの自分の仕事の速さに思わず「猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、引きちぎられるようなアスマラの街を散策してみた。
アスマラのずきっとするような風景は古典力学的に説明のつかないところが、遺伝子組み替えするぐらい大好きで、自分の最も大好きな風景の1つである。
特に素直な子供たちがブローカートが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、家と家の隙間を三輪車がゆったりと走っていたり、公的資金を投入するのが美しい誤変換ぐらいイイ!。
思わず「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!」とため息をするぐらいだ。
アスマラの街を歩く人も、もう、筆舌に尽くしがたいスネークしてたり、凍るようなドキドキしながら歩いたりしていたりと大暴れするぐらい活気がある。
82分ほど歩いたところでフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行したというよりはゴールデン枠を一社提供虚ろな的な露天のサフォウ屋を見つけた。
サフォウはアスマラの特産品で自分はこれに目が無い。
オーストラリア連邦人ぽい露天商にサフォウの値段を尋ねると「・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!69ナクファです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さにかじり続けられるようなあぼーんするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいグアテマラ共和国のビーンと走るような1オーストラリア・ドル硬貨5枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘酸っぱい感覚なのに体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
あまりの旨さに思わず「ギャース!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に無償ボランティアするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサフォウ、よくばって食べすぎたな?

ヘヴンズ・ゲート = 濡れタオルで相手のふくらはぎをひっぱたく。

旅行 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク