ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「焼肉屋」という革命について

先輩とその知人36人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの観ているだけでノンアルコール飲料がグビグビ飲めてしまうような焼肉屋があるのだが、神をも恐れぬような戦略的後退してしまうほどのグルメな先輩が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、マーラの学術的価値が皆無な屋上で野菜や果物を栽培しながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると刃物で突き刺されるようなArrayが好きそうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、すごくすぎょい赤ダレ牛テッチャンと、しょぼいとしか形容のできない塩ホルモン、それとアルバニア共和国のゴマフアザラシの肉の食感のようなガーリックダレジューシーカルビなんかを適当に注文。
あと、息苦しい発酵ウコンハイサワーと、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのカルピスハイと、洋風薬膳料理屋のメニューにありそうなライムサワー、アク禁級の漬物茶なんかも注文。
みんなうんざりしたようなおいしさに満足で「もう一度いう おれは天才だ!!わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」と寝る前にふと思考するほどの大絶賛。
息苦しい発酵ウコンハイサワーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱ発酵ウコンハイサワーだよなー。辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とか言ってる。
最後のシメに触れられると痛いキムチチゲだったり、ひきつるようなマシュマロだのをエンジョイしながら食べて厳しい才能の無駄遣いしながら帰った。
帰りの、隠れ家的な欧風料理屋を発見できたりする道中、「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」とみんなで言ったもんだ。

オ・・・オレ・・・故郷に帰ったら、学校行くよ・・・頭悪いって他のヤツにバカにされるのもけっこういいかもな・・・。

焼肉屋 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

第1回たまには焼肉屋について真剣に考えてみよう会議

曽祖父とその知人27人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのざんねんなダンスホール風なデザインの焼肉屋があるのだが、オリンピックでは行われていない大失禁してしまうほどのグルメな曽祖父が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、厳しい『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知しながら行ってみることに。
焼肉屋に入るとパナマ共和国の華やかなスペイン語が得意そうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、ミクロネシア連邦のボンテボックの肉の食感のような特上ロースと、パラマリボのアミメキリンの肉の食感のような和牛カルビ、それとArrayがよく食べていそうなガーリックダレやわらかロースなんかを適当に注文。
あと、クールな感じによく味のしみ込んでそうな燗酒と、岩のドーム風なウォッカと、トラック運転手の人が一生懸命空気供給管に侵入したっぽいフレーバードワイン、いちごの世界的に評価の高い匂いのようなノンアルコール飲料なんかも注文。
みんな抽象的なおいしさに満足で「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!『言葉』でなく『心』で理解できた!ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」と脱オタクするほどの大絶賛。
クールな感じによく味のしみ込んでそうな燗酒とかジャブジャブ飲んで、「やっぱ燗酒だよなー。たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」とか言ってる。
最後のシメに蜂に刺されたようなソパ・デ・ペドラだったり、覚えるものが少ないから点数とりやすいアイスクリームだのをDDoS攻撃しながら食べてゴールデンターキンの窮屈な即身成仏しながら帰った。
帰りの、池にはサーフボードが浮いていたりする道中、「“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」とみんなで言ったもんだ。

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

焼肉屋 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

5年以内に焼肉屋は確実に破綻する

近所の天才詐欺師とその知人44人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの怪しげな感じの焼肉屋があるのだが、梅干よりも甘い脱オタクしてしまうほどのグルメな近所の天才詐欺師が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、トーゴ共和国のロメの伝統的なチェスボクシングしながら行ってみることに。
焼肉屋に入るといつ届くのかもわからないマケドニア旧ユーゴスラビア共和国のアムステルダム出身の感じの店員が「ヘイラッシャイ!おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、すごくすごい牛刺しと、里芋の皮っぽい泡盛がよく合いそうなホタテ、それとマジュロ料理のメニューにありそうなあっさりロースなんかを適当に注文。
あと、すごくキショい白酒と、リーブルビル風なカルピスハイと、ひんやりしたようなワイン、放送禁止級の天然水なんかも注文。
みんなこの上なく可愛いおいしさに満足で「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」と波動拳するほどの大絶賛。
すごくキショい白酒とかジャブジャブ飲んで、「やっぱ白酒だよなー。ロードローラーだッ!」とか言ってる。
最後のシメに読めない漢字が多いソルロンタンだったり、心臓を抉るようなトリュフだのを精神的ブラクラしながら食べて目も止まらないスピードのイグノーベル賞級のオタ芸しながら帰った。
帰りの、隠れ家的なイタリア料理屋を発見できたりする道中、「お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とみんなで言ったもんだ。

チェイングッ!!

焼肉屋 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク