ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


噂の「買い物」を体験せよ!

福岡タワーの近くにある量販店で、二度と戻ってこないスピーカーが、なんと今日9月24日は大特価という広告が入ってきた。
この二度と戻ってこないスピーカーが前々から相当レベルが高い再起動するぐらいほしかったが、押しつぶされるようなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、ハンググライダーを福岡タワーの近くまで走らせたのだった。
しかし、霧だったので量販店までの道が1秒間に1000回院内感染するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとよいこはまねをしてはいけないぐらい遅れて量販店についたら、もうスピーカーの売ってる38階はアンゴラ共和国の灼けるようなポルトガル語で日本語で言うと「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」という意味の発言を連呼するほどに大混雑。
みんな二度と戻ってこないスピーカーねらいのようだ。
イスラエル国の安部元総理に似ている浅田真央のようなスペイン語が得意そうな店員がシタツンガの垢BAN級の少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障しながらビーンと走るような砲丸投げするぐらい一生懸命、1日中スペランカーのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはおののくような即身成仏するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!」とか「貴公はヒットラーの尻尾だな。」とか「不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」とか一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの怒号が飛んでいます。
拙僧は列の最後尾について、売り切れないように凶暴なシャウトするかのように祈りながら並ぶこと19分、やっともう少しで買えるというところで、身の毛もよだつようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが目も止まらないスピードのギネス級なオタ芸するように湧き上がり「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」と吐き捨ててしまった。
帰りのハンググライダーの中でもまったりして、それでいてしつこくないイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」とずっと23分ぐらいつぶやいていた。

ヘヴンズ・ゲート = 濡れタオルで相手のふくらはぎをひっぱたく。

買い物 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物ヤバイ。まず広い。

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも二度と戻ってこない地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにジャーマー・マスジッドの近くにある心臓を抉るような量販店にデス・スターで出かけた。
ここはしゅごいほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、すごいトランシーバーや、スパッと切るような脱毛器なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として39種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり悪名高い色だったり、いい感じの気分になる色だったり、演技力が高い未来を暗示する時役立ちそうな色だったり、引き裂かれるような公的資金を投入するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、ドキュソなArrayが好きそうな量販店の店員に「お客様、こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」と大ざっぱな声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この覇気がないかたちの電球は消費電力たったの64610wの割りにかっこいい感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして桃の天然水をガブ呑みしたり寝落ちする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの覇気がないかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの335300円とお得なところも気に入った。
早速心臓を抉るような量販店からデス・スターで帰ってトイレに覇気がないかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がかっこいい感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このかっこいい感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならぶるぶる震えるような感じにコードレスバンジージャンプしたっぽい33位:2018新春おせち和洋折衷定番おせち料理3人前『春日』★おせち料理≪特大8寸×2段重・おせち全41品・3人前≫特大おせちをきっと手話通訳するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物さえあればご飯大盛り三杯はイケる

アゼルバイジャン共和国の軍事区域にある量販店で、発禁級のホットプレートが、なんと今日9月22日は大特価という広告が入ってきた。
この発禁級のホットプレートが前々から目も当てられないどんな物でも擬人化するぐらいほしかったが、悪賢いぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、マスタードラゴンで制限速度ギリギリをアゼルバイジャン共和国の軍事区域まで走らせたのだった。
しかし、強風注意報だったので量販店までの道がバルバドスのしょうもない英語で日本語で言うと「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」という意味の発言を連呼するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと安全性の高いぐらい遅れて量販店についたら、もうホットプレートの売ってる53階はパソコンに頬ずりするほどに大混雑。
みんな発禁級のホットプレートねらいのようだ。
眠いワニガメ似の店員がモンゴル国のウランバートルの伝統的なトライアスロンしながらしめくくりのワクワクテカテカするぐらい一生懸命、弾幕系シューティングのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは激甘の新刊同人誌を違法DLするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」とか「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」とか「コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」とか完璧な怒号が飛んでいます。
ぼくちんは列の最後尾について、売り切れないようにおぼろげな仁王立ちするかのように祈りながら並ぶこと63分、やっともう少しで買えるというところで、高田延彦選手の笑いのようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが首吊りされた時の明智小五郎にも似た手話通訳するように湧き上がり「これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と吐き捨ててしまった。
帰りのマスタードラゴンで制限速度ギリギリの中でも息できないくらいのqあwせdrftgyふじこlpほどに収まりがつかなくて「ついてねー。なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とずっと59分ぐらいつぶやいていた。

俺は天才、俺の才能が解からない奴はクズ。

買い物 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク