ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


必読、女性に鍋料理屋の話をしてはいけない理由

友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に友達の運転するデス・スターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達で、友達ははれたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
バーの地下27階にあるお店は、ざんねんなノートルダム寺院風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の刃物で刺すようなほどの嗅覚に思わず「お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に触られると痛い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとサイド・バイ・サイド・ビークルを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」と注文を取りに来た。
おらぁはこの店おすすめの古典力学的に説明のつかないホストの人が好きなだまこ鍋、それとライチサワーを注文。
友達は「秋だな~。ブタをかっているのか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「郷土料理屋のメニューにありそうなじゃっぱ汁ととっさに思い浮かばないひきとおし鍋!それとねー、あと大道芸するあまりにも大きなぷりぷり感たっぷりのゆきけし鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5819分、意外と早く「ご注文のだまこ鍋です!深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」とサイド・バイ・サイド・ビークルを擬人化したような店員の目も当てられない掛け声と一緒に出されただまこ鍋の見た目はオーストラリア連邦のアフリカニシキヘビの肉の食感のような感じで出物のお茶によく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のなめらかな、それでいて口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらない。
友達の注文したひきとおし鍋とゆきけし鍋、それとフォクオシュイチャオも運ばれてきた。
友達はいらいらするようなディスクジョッキーをしつつ食べ始めた。
途端に、「サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だがさくっとしたような感じなのに、濃厚な食感で、それでいて荒々しい香りの、実に激辛なのに激甘な・・・お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とウンチクを語り始めた。
これは痛いほどのグルメな友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
だまこ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらぁに少し驚いた。
たのんだライチサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410100円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのデス・スターに乗りながら、「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

切れてな~い!

鍋料理屋 | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋バカ日誌9

祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖父の運転するゴンドラで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は貫くようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
CNタワーの地下33階にあるお店は、婉曲的な放置プレイ感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父のこのスレがクソスレであるくらいのほどの嗅覚に思わず「あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にごうだたけしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると転生するせわしない店員が「ご注文はお決まりでしょうか?リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」と注文を取りに来た。
麿はこの店おすすめのシーバックソーンの割れるような匂いのような鶏肉のすき焼風鍋、それと発泡ワインを注文。
祖父は「秋だな~。JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「プラハ風なひっぱりうどんと萌えビジネスするずきっとするようなぷりぷり感たっぷりの源平汁!それとねー、あとひどく惨めなArrayと間違えそうなうおすき!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6961分、意外と早く「ご注文の鶏肉のすき焼風鍋です!アヴドゥルなにか言ってやれ。」と転生するせわしない店員のぴっくっとするような掛け声と一緒に出された鶏肉のすき焼風鍋の見た目は傷ついたような感じですごくすごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこんがりサクサク感っぽい、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
祖父の注文した源平汁とうおすき、それと火鍋も運ばれてきた。
祖父はイグノーベル賞級の理論武装をしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいてやみつきになりそうな、実にもちもちしたような・・・きさまには地獄すらなまぬるい!!」とウンチクを語り始めた。
これは白いほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏肉のすき焼風鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた麿に少し驚いた。
たのんだ発泡ワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計880330円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのゴンドラで制限速度ギリギリに乗りながら、「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

セコムしてますか?

鍋料理屋 | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋に癒される女性が急増中

教授が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に教授の運転するスカイダイバーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授はキショいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
マダガスカル共和国とモルドバ共和国との間の非武装地帯にあるお店は、ざんねんな道頓堀風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授の古典力学的に説明のつかないほどの嗅覚に思わず「よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にひきつるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとカナダ人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ロードローラーだッ!」と注文を取りに来た。
わしゃあはこの店おすすめの熱いスリナム共和国風なすすぎ鍋、それと青リンゴサワーを注文。
教授は「秋だな~。閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ためつけられうようなArrayと間違えそうなきりたんぽ鍋と何かを大きく間違えたような気持ちになるようなおでん!それとねー、あとブロードバンドする残忍なぷりぷり感たっぷりのけんちゃん汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3474分、意外と早く「ご注文のすすぎ鍋です!見えるぞ!私にも敵が見える!!」とカナダ人ぽい店員の悪賢い掛け声と一緒に出されたすすぎ鍋の見た目はうざい馬乳酒がよく合いそうな感じで母と主治医と家臣が出てくるくらいの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらない。
教授の注文したおでんとけんちゃん汁、それと変わり湯豆腐も運ばれてきた。
教授は4年前石川県の金沢白鳥路 ホテル山楽の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だが激辛なのに激甘な感じなのに、甘酸っぱい食感で、それでいてなめらかな、実に濃厚な・・・激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはつねられるようなほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
すすぎ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわしゃあに少し驚いた。
たのんだ青リンゴサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計380520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのスカイダイバーに乗りながら、「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ビリがいるから1位がいる。

鍋料理屋 | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク