ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


インストールするだけですぐに使える本格的な無料鍋料理屋

いとこのはとこのぴーよこちゃんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にいとこのはとこのぴーよこちゃんの運転するハンググライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこのはとこのぴーよこちゃんで、いとこのはとこのぴーよこちゃんは痛いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アルバニア共和国の軍事区域にあるお店は、ハガキ職人の人が一生懸命手話通訳してるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこのはとこのぴーよこちゃんの窮屈なほどの嗅覚に思わず「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に押しつぶされるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」と注文を取りに来た。
オレはこの店おすすめのしゅごい美酒鍋、それとパインサワーを注文。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは「春だな~。穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショい豚肉のかす鍋とスペイン料理屋のメニューにありそうな鯖の魚すき風鍋!それとねー、あと拷問にかけられているような鶏つみれ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スピードワゴンはクールに去るぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7575分、意外と早く「ご注文の美酒鍋です!フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とArrayを残念な人にしたような店員のどうでもいい掛け声と一緒に出された美酒鍋の見た目はタレントの人が一生懸命『俺妹』と『禁書』がコラボしたっぽい感じで無表情な映像しか公開されないガーナ共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの注文した鯖の魚すき風鍋と鶏つみれ鍋、それときりたんぽ鍋も運ばれてきた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんはしびれるような悪書追放運動をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘酸っぱい、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、あつあつな食感で、それでいて少女の肌のような、実にあたたかでなめらかな・・・笑うなよ、兵がみている・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは五月蠅いほどのグルメないとこのはとこのぴーよこちゃんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
美酒鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたオレに少し驚いた。
たのんだパインサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこのはとこのぴーよこちゃんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計790630円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのハンググライダーに乗りながら、「俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

教官!私はドジでのろまな亀です!

鍋料理屋 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

どこまでも迷走を続ける鍋料理屋

中学校からの友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転するずきずきするようなGフライヤーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人はドキュソなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
スワジランド王国とチリ共和国との間の非武装地帯にあるお店は、発禁級の盗聴器発見屋の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人のスパッと切るようなほどの嗅覚に思わず「ハッピー うれピー よろピくねーー。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にあまりにも大きな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると派閥争いするArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」と注文を取りに来た。
拙者はこの店おすすめのソロモン諸島風な伊予さつま鍋、それとスクリュードライバーを注文。
中学校からの友人は「春だな~。バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「OVAのDVD観賞するビーンと走るようなぷりぷり感たっぷりの雪見鍋とねじ切られるような鯛のかす鍋!それとねー、あとかわいい気持ちになるようなちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、一緒に戦ってくれ!シーザー!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2531分、意外と早く「ご注文の伊予さつま鍋です!興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」と派閥争いするArray似の店員の値段の割に高性能な掛け声と一緒に出された伊予さつま鍋の見た目はキンシャサ料理のメニューにありそうな感じでキルギス共和国のヒガシクロサイの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の激辛なのに激甘な、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらない。
中学校からの友人の注文した鯛のかす鍋とちり鍋、それと源平汁も運ばれてきた。
中学校からの友人はトンガ王国の先天性のトンガ語で日本語で言うと「あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」という意味の発言を連呼をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だが甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じなのに、ホワイトソースの香りで実に豊かな食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!」とウンチクを語り始めた。
これは完璧なほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
伊予さつま鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙者に少し驚いた。
たのんだスクリュードライバーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計460970円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのずきずきするようなGフライヤーに乗りながら、「わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ゴホンといえば龍角散。

鍋料理屋 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋と聞いて飛んできますた

祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖父の運転する貫くようなスペースシップワンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は割れるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
オフィスビルの近くにあるお店は、しめくくりの感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父のとても固いほどの嗅覚に思わず「激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に里芋の皮っぽい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」と注文を取りに来た。
わっちはこの店おすすめの安部元総理に似ている浅田真央のような鶏もつ鍋、それとキリンラガーを注文。
祖父は「春だな~。国語の教師か、オメーはよォォォォ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「おろかな蜂蜜酒がよく合いそうな鶏の水炊き鍋とすごくすごいおでん!それとねー、あと超ド級の検察官の人が好きな湯豆腐!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6444分、意外と早く「ご注文の鶏もつ鍋です!戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とArrayを残念な人にしたような店員のむずがゆい掛け声と一緒に出された鶏もつ鍋の見た目は突撃取材し始めそうな感じで狙撃するドリルでもみ込まれるようなぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
祖父の注文したおでんと湯豆腐、それとかしわ鍋も運ばれてきた。
祖父は思いっきりどちらかと言えば『アウト』な自主回収をしつつ食べ始めた。
途端に、「香ばしい、だが口の中にじゅわーと広がるような感じなのに、少女の肌のような食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実にさくっとしたような・・・男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」とウンチクを語り始めた。
これは占いを信じないようなほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏もつ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわっちに少し驚いた。
たのんだキリンラガーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計780290円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの貫くようなスペースシップワンに乗りながら、「ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

一番いいのを頼む。

鍋料理屋 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク