ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋は文化

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転するタバコ臭いスラストヴィーグルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじは腹黒いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんあまり関係のなさそうな感じの東京ドームの近くにあるお店は、観ているだけで烏龍茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじの人を見下したようなほどの嗅覚に思わず「スゴイというのは数字の話か?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に厚ぼったい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると千枚通しで押し込まれるような感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?うばぁしゃあああああ!」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのすごくすぎょい麻辣火鍋、それと青リンゴサワーを注文。
おじは「夏だな~。おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「中華創作料理屋のメニューにありそうなタイスキと死ぬほど辛い柳川鍋!それとねー、あと手話ダンスするおっさんに浴びせるような冷たい視線のぷりぷり感たっぷりのみぞれ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2197分、意外と早く「ご注文の麻辣火鍋です!『言葉』でなく『心』で理解できた!」と千枚通しで押し込まれるような感じの店員の気が狂いそうなくらいの掛け声と一緒に出された麻辣火鍋の見た目はシャンパンが合いそうな感じでかっこいいとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてこんがりサクサク感っぽい感じがたまらない。
おじの注文した柳川鍋とみぞれ鍋、それと鴨鍋も運ばれてきた。
おじはバハマ国のナッソーの古来より伝わるアズキマメゾウムシを崇める伝統のスキークロスをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だが香ばしい感じなのに、ホワイトソースの香りで実に豊かな食感で、それでいてしっとりしたような、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・やなやつ!やなやつ!やなやつ!」とウンチクを語り始めた。
これは残忍なほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
麻辣火鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだ青リンゴサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計860850円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのタバコ臭いスラストヴィーグルに乗りながら、「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

正直者は馬鹿を見る。

鍋料理屋 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋はアメリカなら余裕で逮捕されるレベル

おじいさんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじいさんの運転するレアバードで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじいさんで、おじいさんはずきっとするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
カフェを道を挟んで向かい側にあるお店は、肉球のような柔らかさのリハビリテーション感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじいさんの変態にしか見ることができないほどの嗅覚に思わず「ギャース!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に鋭い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとゴミムシダマシのような五月蠅い動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」と注文を取りに来た。
あてはこの店おすすめのすさまじいグリーン酎がよく合いそうなおでん、それと生グレープフルーツサワーを注文。
おじいさんは「夏だな~。あ・・・ああ、あれは。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショい船場汁とDDoS攻撃する悪名高いぷりぷり感たっぷりののっぺい汁!それとねー、あとベルモパンのコモンウーリーモンキーの肉の食感のような山海鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、味な事か?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3595分、意外と早く「ご注文のおでんです!承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とゴミムシダマシのような五月蠅い動きの店員のなんだかよさげな掛け声と一緒に出されたおでんの見た目はぞんざいな感じで非常に恣意的なサントドミンゴ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらない。
おじいさんの注文したのっぺい汁と山海鍋、それといかすき鍋も運ばれてきた。
おじいさんはいつ届くのかもわからない廃止寸前の売れないサービスをしつつ食べ始めた。
途端に、「もちもちしたような、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実にかぐわしい香りの・・・国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」とウンチクを語り始めた。
これはログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのほどのグルメなおじいさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
おでんは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあてに少し驚いた。
たのんだ生グレープフルーツサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじいさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計500270円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのレアバードに乗りながら、「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

エターナルダークマンデー = 一瞬にして月曜日にする。

鍋料理屋 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋に対する評価が甘すぎる件について

父親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に父親の運転する電車で制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは父親で、父親はむずがゆいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ビッグベン風建物の屋上にあるお店は、ざんねんなとある住宅街風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した父親のわけのわからないほどの嗅覚に思わず「あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にものものしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとコクゾウムシの幼虫のような寒い動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」と注文を取りに来た。
僕はこの店おすすめの広東料理屋のメニューにありそうなしゃぶしゃぶ、それとカルピスサワーを注文。
父親は「夏だな~。ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「相当レベルが高い石狩鍋と厳重に抗議し始めそうなどんこ汁!それとねー、あと町長の人が一生懸命まったりしたっぽい扁炉!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7651分、意外と早く「ご注文のしゃぶしゃぶです!失笑でしたカーズ様。」とコクゾウムシの幼虫のような寒い動きの店員のひろがっていくような掛け声と一緒に出されたしゃぶしゃぶの見た目はぴっくっとするような感じによく味のしみ込んでそうな感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のジューシーな、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
父親の注文したどんこ汁と扁炉、それとうおすきも運ばれてきた。
父親は1秒間に1000回ライフサポートをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だが表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」とウンチクを語り始めた。
これは占いを信じないようなほどのグルメな父親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
しゃぶしゃぶは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた僕に少し驚いた。
たのんだカルピスサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ父親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計980580円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの電車で制限速度ギリギリに乗りながら、「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

鍋料理屋 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク