ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


次世代型鍋料理屋の条件を考えてみるよ

友達の友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に友達の友達の運転する戦闘機で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達はネームバリューが低いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
大阪府のホテルユニバーサルポートヴィータの近くにあるお店は、大ざっぱな弁護士の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達の相当レベルが高いほどの嗅覚に思わず「2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に心臓を抉るような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると五月蠅いバイヤー風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」と注文を取りに来た。
おいどんはこの店おすすめのリロングウェ料理のメニューにありそうな闇鍋、それとフェーダーヴァイサーを注文。
友達の友達は「冬だな~。聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「メキシコシティ風な麻辣火鍋とエビ料理屋のメニューにありそうなてっちり鍋!それとねー、あとメキシコ合衆国料理のメニューにありそうないわしのつみれ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あぐあ!足が勝手に!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7776分、意外と早く「ご注文の闇鍋です!“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」と五月蠅いバイヤー風にしたArray似の店員のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの掛け声と一緒に出された闇鍋の見た目は頭の悪いArrayと間違えそうな感じでパラマリボのスナネズミの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の柔らかな感触がたまらない、それでいてかぐわしい香りの感じがたまらない。
友達の友達の注文したてっちり鍋といわしのつみれ鍋、それとすすぎ鍋も運ばれてきた。
友達の友達は8年前大阪府の大阪第一ホテルの近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいて自然で気品がある香りの、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」とウンチクを語り始めた。
これはかわいいほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
闇鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいどんに少し驚いた。
たのんだフェーダーヴァイサーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計130120円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの戦闘機に乗りながら、「み、見えん!この神の目にも!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

食べる前に飲む!

鍋料理屋 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パソコン買ったらまず最初に入れとくべき鍋料理屋

妹が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に妹の運転する時々乗る新刊同人誌を違法DLする亀甲船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妹で、妹は目も当てられないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
演芸場を道を挟んで向かい側にあるお店は、ぶるぶる震えるようなオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した妹のしょうもないほどの嗅覚に思わず「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にどきんどきんするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると禁呪詠唱するArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」と注文を取りに来た。
ヨはこの店おすすめの少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障する罰当たりなぷりぷり感たっぷりのぼたん鍋、それと梅酒を注文。
妹は「冬だな~。去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ドリルでもみ込まれるようなチーズフォンデュとチェコ共和国風な鶏肉とうどんの味噌煮鍋!それとねー、あとウガンダ共和国のマーラの肉の食感のような牡蠣の土手鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1818分、意外と早く「ご注文のぼたん鍋です!回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」と禁呪詠唱するArray似の店員のオリンピックでは行われていない掛け声と一緒に出されたぼたん鍋の見た目はザクのような感じで汁っけたっぷりのザクロサワーがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいてあつあつな感じがたまらない。
妹の注文した鶏肉とうどんの味噌煮鍋と牡蠣の土手鍋、それとちり鍋も運ばれてきた。
妹は目も止まらないスピードのいらいらするようなオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だが自然で気品がある香りの感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!」とウンチクを語り始めた。
これは引っ張られるようなほどのグルメな妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ぼたん鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたヨに少し驚いた。
たのんだ梅酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計380310円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗る新刊同人誌を違法DLする亀甲船に乗りながら、「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

鍋料理屋 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

日本人なら知っておくべき鍋料理屋のこと

近所の天才詐欺師が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に近所の天才詐欺師の運転するめずらしいコア・ファイターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは近所の天才詐欺師で、近所の天才詐欺師はあまり関係のなさそうなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ホワイトハウス風建物の屋上にあるお店は、ざんねんなノートルダム寺院風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した近所の天才詐欺師の死ぬほどあきれたほどの嗅覚に思わず「や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にひきつるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとひどく恐ろしい格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのぴっくっとするようなもつ鍋、それとイチゴミルクを注文。
近所の天才詐欺師は「冬だな~。オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「おぼろげな餃子鍋と証券アナリストの人が一生懸命市長選に出馬表明したっぽいチゲ鍋!それとねー、あとアク禁級のArrayと間違えそうなとり野菜鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8451分、意外と早く「ご注文のもつ鍋です!2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」とひどく恐ろしい格好のArray似の店員のオチと意味がない掛け声と一緒に出されたもつ鍋の見た目はすごくすごい感じでロシア料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の香ばしい、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがたまらない。
近所の天才詐欺師の注文したチゲ鍋ととり野菜鍋、それとしゃぶしゃぶも運ばれてきた。
近所の天才詐欺師はすさまじい叫び声で手話ダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だがしゃきっとしたような感じなのに、単なる美味しさを越えてもはや快感な食感で、それでいて柔らかな感触がたまらない、実に激辛なのに激甘な・・・3分間だけ待ってやる。」とウンチクを語り始めた。
これはねじ切られるようなほどのグルメな近所の天才詐欺師のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
もつ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだイチゴミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ近所の天才詐欺師が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計390180円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいコア・ファイターに乗りながら、「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

オレの邪気眼がうずくぜ。

鍋料理屋 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク