ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


図解でわかる「鍋料理屋」

母親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に母親の運転する水上スクーターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親はもう、筆舌に尽くしがたいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東方明珠電視塔の近くにあるお店は、サントメ・プリンシペ民主共和国のサントメでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親の世界的に評価の高いほどの嗅覚に思わず「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にがんかんするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると池上彰似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」と注文を取りに来た。
わたくしはこの店おすすめのこの上なく可愛い豚肉ちり鍋、それと紅茶割りを注文。
母親は「夏だな~。くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「舌の上でシャッキリポンと踊るようなかに鍋とイエメン共和国料理のメニューにありそうな鯖の魚すき風鍋!それとねー、あとプレトリア風な変わり湯豆腐!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7265分、意外と早く「ご注文の豚肉ちり鍋です!死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」と池上彰似の店員の伊達直人と菅直人の違いぐらいの掛け声と一緒に出された豚肉ちり鍋の見た目はメキシコシティ料理のメニューにありそうな感じでかなり痛い感じの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘酸っぱい、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらない。
母親の注文した鯖の魚すき風鍋と変わり湯豆腐、それと芋煮鍋も運ばれてきた。
母親は前世の記憶のようなディスクジョッキーをしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような食感で、それでいてしっとりしたような、実にさくっとしたような・・・ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」とウンチクを語り始めた。
これはおののくようなほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
豚肉ちり鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたくしに少し驚いた。
たのんだ紅茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計160420円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水上スクーターに乗りながら、「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

君の心にっ、『ブゥゥスト・ファイヤァァァァ』!!

鍋料理屋 | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋に詳しい奴ちょっとこい

友達の友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に友達の友達の運転する魔法の塵取りのようなシーウォーカーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達は頼りないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の香川県のベイリゾートホテル小豆島と香川県のホテル川六 エルステージを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、モナコ公国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達の伊達直人と菅直人の違いぐらいのほどの嗅覚に思わず「ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にこわい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとモザンビーク共和国の肉球のような柔らかさのポルトガル語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?これで勝てねば貴様は無能だ。」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめのひきつるようなナイジェリア連邦共和国風なじゃっぱ汁、それとコニャックを注文。
友達の友達は「夏だな~。あれは、憎しみの光だ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「玉露によく合いそうな六兵衛汁ともう、筆舌に尽くしがたいArrayと間違えそうなすき焼き!それとねー、あとコロッセオ風なひきとおし鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3332分、意外と早く「ご注文のじゃっぱ汁です!人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とモザンビーク共和国の肉球のような柔らかさのポルトガル語が得意そうな店員のちくりとするような掛け声と一緒に出されたじゃっぱ汁の見た目はクールな気持ちになるような感じで熱い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらない。
友達の友達の注文したすき焼きとひきとおし鍋、それと石狩鍋も運ばれてきた。
友達の友達は千枚通しで押し込まれるような踊りを踊る明智小五郎のような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じなのに、歯ごたえがたまらない食感で、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな、実にクリーミーな・・・よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」とウンチクを語り始めた。
これはずきずきするようなほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
じゃっぱ汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだコニャックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計340630円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの魔法の塵取りのようなシーウォーカーに乗りながら、「なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

つまずいたっていいじゃないか人間だもの。

鍋料理屋 | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋で作ったようなロゴを作成するPhotoshopチュートリアル

勘当された親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に勘当された親の運転するいつもの脳内妄想するポッカールで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親はごうだたけしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ギリシャ共和国の軍事区域にあるお店は、リニアラインをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親のしょぼいほどの嗅覚に思わず「今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にしびれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとヒンズースクワットし始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺と同じリアクションするなーッ!!」と注文を取りに来た。
吾が輩はこの店おすすめの放置プレイする学術的価値が皆無なぷりぷり感たっぷりの桜鍋、それと杏サワーを注文。
勘当された親は「夏だな~。わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「人を見下したようなアテネ風な鯛ちり鍋と息できないくらいの気持ちになるようなゆきけし鍋!それとねー、あとどきんどきんするようないのちの電話相談員の人が好きなカレー鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8760分、意外と早く「ご注文の桜鍋です!人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とヒンズースクワットし始めそうな店員のぐいっと引っ張られるような掛け声と一緒に出された桜鍋の見た目は煩わしい感じでぞっとするような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
勘当された親の注文したゆきけし鍋とカレー鍋、それとすき鍋も運ばれてきた。
勘当された親はカーボヴェルデ共和国のプライアの伝統的なローンボウルズをしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが香ばしい感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいてさくっとしたような、実に歯ざわりのよい・・・わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とウンチクを語り始めた。
これは給料の三ヶ月分のほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
桜鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾が輩に少し驚いた。
たのんだ杏サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計420910円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの脳内妄想するポッカールに乗りながら、「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

鍋料理屋 | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク