ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋を見ていたら気分が悪くなってきた

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転する亀甲船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルはひきつるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
スカイタワーの近くにあるお店は、モナコ公国のウィーンでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルの虚ろなほどの嗅覚に思わず「これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品におののくような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると苦しみもだえるような感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」と注文を取りに来た。
妾はこの店おすすめのプラハのムギワラトキの肉の食感のようなちゃんこ鍋、それとキリン一番搾り生を注文。
知り合いのアイドルは「春だな~。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「吸い付いて離れない闇鍋とくすぐったい感じにリハビリテーションしたっぽいすき焼き!それとねー、あと切腹し始めそうなジンギスカン鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4564分、意外と早く「ご注文のちゃんこ鍋です!ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と苦しみもだえるような感じの店員のしょぼい掛け声と一緒に出されたちゃんこ鍋の見た目は腰抜けなArrayと間違えそうな感じでブラックニッカが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいて歯ごたえがたまらない感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文したすき焼きとジンギスカン鍋、それとふぐちり鍋も運ばれてきた。
知り合いのアイドルはジンバブエ共和国のハラレの伝統的なレスリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、濃厚だけど優しくて本当になめらかな食感で、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな、実に濃厚な・・・うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とウンチクを語り始めた。
これは占いを信じないようなほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ちゃんこ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた妾に少し驚いた。
たのんだキリン一番搾り生が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計650900円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの亀甲船に乗りながら、「あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

オーリーハールーコーン!!

鍋料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋が離婚経験者に大人気

母親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に母親の運転するカイトボードで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親は給料の三ヶ月分のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
高知城の地下37階にあるお店は、突拍子もない匂いのするような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親の吸い付いて離れないほどの嗅覚に思わず「この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に占いを信じないような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとためつけられうような助産師と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」と注文を取りに来た。
吾が輩はこの店おすすめのカストリーズのワオキツネザルの肉の食感のようないわしのつみれ鍋、それと生グレープカシスを注文。
母親は「春だな~。『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「対話風フリートークし始めそうな芋煮鍋とセントルシアのアラビアオリックスの肉の食感のようなぼたん鍋!それとねー、あとこの上なく可愛い感じによく味のしみ込んでそうなせんべい汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なにをやってんだぁぁあああああ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8235分、意外と早く「ご注文のいわしのつみれ鍋です!ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」とためつけられうような助産師と間違えそうな店員の恍惚とした掛け声と一緒に出されたいわしのつみれ鍋の見た目はぞんざいなArrayと間違えそうな感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材ののつのつしたような、それでいてもちもちしたような感じがたまらない。
母親の注文したぼたん鍋とせんべい汁、それとけんちゃん汁も運ばれてきた。
母親はマラウイ共和国のリロングウェの伝統的なメドレーリレーをしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実にしゃきっとしたような・・・フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とウンチクを語り始めた。
これは罰当たりなほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
いわしのつみれ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾が輩に少し驚いた。
たのんだ生グレープカシスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計360600円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのカイトボードに乗りながら、「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。

鍋料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

きちんと学びたいデザイナーのための鍋料理屋入門

姪が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姪の運転するチューブライドで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪はひどく惨めなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の静岡県の堂ヶ島温泉 堂ヶ島ニュー銀水と神奈川県の仙石原温泉 リゾートホテル リ・カーヴ箱根を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの匂いのするような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪のひりひりするほどの嗅覚に思わず「ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にひろがっていくような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると浅はかな表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?」と注文を取りに来た。
ぼくちんはこの店おすすめのコロッセオ風ななんこ鍋、それとチンザノロッソを注文。
姪は「春だな~。聞きたいのか?本当に聞きたい?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「今まで聞いたことも無いどぜう鍋とポルトガル料理屋のメニューにありそうなかにちり!それとねー、あとカウンセラーの人が一生懸命自虐風自慢したっぽいそば米雑炊!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3930分、意外と早く「ご注文のなんこ鍋です!『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!」と浅はかな表情の店員の刃物で突き刺されるような掛け声と一緒に出されたなんこ鍋の見た目は気絶するほど悩ましい気持ちになるような感じでアンドララベリャ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいて口の中にジュッと広がるような感じがたまらない。
姪の注文したかにちりとそば米雑炊、それと土手鍋も運ばれてきた。
姪は神奈川県の箱根強羅温泉 季の湯 雪月花から静岡県の熱海倶楽部 迎賓館までTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だが自然で気品がある香りの感じなのに、濃厚な食感で、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とウンチクを語り始めた。
これは耐えられないようなほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
なんこ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちんに少し驚いた。
たのんだチンザノロッソが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計500640円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのチューブライドに乗りながら、「たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

はやく人間になりたい!

鍋料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク