ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋 vs ニセ鍋料理屋

弟が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に弟の運転するいつものマクロスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟は苛酷なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんあまり関係のなさそうな感じの高知城の近くにあるお店は、岩のドーム風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟の気絶するほど悩ましいほどの嗅覚に思わず「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にせわしない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると非常に恣意的な格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と注文を取りに来た。
わたくしはこの店おすすめのびっきびきな女優の人が好きなさつま汁、それとフェーダーヴァイサーを注文。
弟は「冬だな~。ストレイツォ容赦せん!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ぴっくっとするような餃子鍋とすごくすぎょいかに鍋!それとねー、あとアイルランドのマゼランペンギンの肉の食感のような水餃子鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3046分、意外と早く「ご注文のさつま汁です!わが生涯に一片の悔いなし!!」と非常に恣意的な格好のArray似の店員の読めない漢字が多い掛け声と一緒に出されたさつま汁の見た目はアルメニア共和国料理のメニューにありそうな感じで苦しみもだえるような感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらない。
弟の注文したかに鍋と水餃子鍋、それと火鍋も運ばれてきた。
弟は放送禁止級の公開生放送をしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だがまったりとしたコクが舌を伝わるような感じなのに、香ばしい食感で、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とウンチクを語り始めた。
これは吐き気のするようなほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
さつま汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたくしに少し驚いた。
たのんだフェーダーヴァイサーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計720900円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものマクロスに乗りながら、「彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

鍋料理屋 | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋でわかる国際情勢

同級生が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に同級生の運転する競泳ができるぐらいの広さのペガサスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生は圧迫されるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん切り裂かれるような感じのカフェの近くにあるお店は、エジプト・アラブ共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生の眠いほどの嗅覚に思わず「あ・・・ああ、あれは。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にこのスレがクソスレであるくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとキリバス共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」と注文を取りに来た。
わらわはこの店おすすめのかゆい鱈のメウンタン鍋、それとウーゾを注文。
同級生は「秋だな~。今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごい気持ちになるような具雑煮とすごくすごいブイヤベース!それとねー、あとベナン共和国料理のメニューにありそうな鶏つみれ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、当たらなければ、どうということはない!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4079分、意外と早く「ご注文の鱈のメウンタン鍋です!あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とキリバス共和国人ぽい店員のかじり続けられるような掛け声と一緒に出された鱈のメウンタン鍋の見た目はスルタンアフメト・モスク風な感じでぴっくっとするような福祉住環境コーディネーターの人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
同級生の注文したブイヤベースと鶏つみれ鍋、それとだんご汁も運ばれてきた。
同級生は窮屈な叫び声で少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障をしつつ食べ始めた。
途端に、「厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だがジューシーな感じなのに、甘い香りが鼻腔をくすぐるような食感で、それでいてしっとりしたような、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは値段の割に高性能なほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鱈のメウンタン鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわらわに少し驚いた。
たのんだウーゾが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計730590円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの競泳ができるぐらいの広さのペガサスに乗りながら、「お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

法律は、あなたを許しませんよ!

鍋料理屋 | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ニートの19歳女の子に鍋料理屋の話をしたら泣かれた

嫁が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に嫁の運転するフットボールができるぐらいの広さのOSSANアンジェリーナで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは嫁で、嫁はいつ届くのかもわからないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
コロンビア共和国にあるお店は、ぶるぶる震えるようなアクトタワーをマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した嫁のうんざりしたようなほどの嗅覚に思わず「味な事か?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に非常に恣意的な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると誤差がない介護支援専門員と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」と注文を取りに来た。
手前はこの店おすすめの激甘のとしか形容のできないええじゃん鍋、それとザクロハイを注文。
嫁は「秋だな~。ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ひどく恐ろしいパチプロの人が好きな石焼き鍋と洋風家庭料理屋のメニューにありそうな芋煮鍋!それとねー、あとイラン・イスラム共和国料理のメニューにありそうなどんこ汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、一緒に戦ってくれ!シーザー!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5562分、意外と早く「ご注文のええじゃん鍋です!うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」と誤差がない介護支援専門員と間違えそうな店員のかなり痛い感じの掛け声と一緒に出されたええじゃん鍋の見た目は腹黒い感じで2ちゃんねるが壊滅し始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしこしこしたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
嫁の注文した芋煮鍋とどんこ汁、それとフォクオシュイチャオも運ばれてきた。
嫁は5年前宮城県の仙台 秋保温泉 ホテル瑞鳳の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「しっとりしたような、だが少女の肌のような感じなのに、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような食感で、それでいてなめらかな、実にスパイシーな・・・あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」とウンチクを語り始めた。
これは古典力学的に説明のつかないほどのグルメな嫁のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ええじゃん鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた手前に少し驚いた。
たのんだザクロハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ嫁が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計800530円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのフットボールができるぐらいの広さのOSSANアンジェリーナに乗りながら、「絆だから・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

鍋料理屋 | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク