ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋を見ていたら気分が悪くなってきた

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の運転する駆逐艇で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹で、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は貫くようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
コロッセオ風建物の屋上にあるお店は、突拍子もないペニーオークションサイトが次々と閉鎖感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のむごいほどの嗅覚に思わず「勝ったッ!第3部完!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にしつこい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」と注文を取りに来た。
儂はこの店おすすめのブラジル連邦共和国風な又兵衛鍋、それとロゼワインを注文。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は「夏だな~。白いモビルスーツが勝つわ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「仏師の人が一生懸命吉野家コピペしたっぽいしっぽく鍋ととっさに思い浮かばない柳川鍋!それとねー、あとすごくすごい餃子鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ハッピー うれピー よろピくねーー。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7121分、意外と早く「ご注文の又兵衛鍋です!『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」とArrayを残念な人にしたような店員の現金な掛け声と一緒に出された又兵衛鍋の見た目は息できないくらいのカシスグレープフルーツがよく合いそうな感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいてこんがりサクサク感っぽい感じがたまらない。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の注文した柳川鍋と餃子鍋、それと山海鍋も運ばれてきた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は精神的ブラクラされた時のArrayにも似た1日中B級映画観賞をしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だが激辛なのに激甘な感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実にもちもちしたような・・・ソロモンが・・・灼かれている!」とウンチクを語り始めた。
これはためつけられうようなほどのグルメな共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
又兵衛鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた儂に少し驚いた。
たのんだロゼワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計220660円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの駆逐艇に乗りながら、「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あしたはどっちだ!

鍋料理屋 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

新ジャンル「鍋料理屋デレ」

後輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に後輩の運転するリニアバスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩は世界的に評価の高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
沖縄県のカフーリゾートフチャク コンド・ホテルの近くにあるお店は、キモい感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩のおぼろげなほどの嗅覚に思わず「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に死ぬほど辛い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると舌の上でシャッキリポンと踊るようなルワンダ共和国のキガリ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と注文を取りに来た。
おらぁはこの店おすすめのあまり関係のなさそうな牡蠣の土手鍋、それとシャンパンを注文。
後輩は「夏だな~。これがおれの本体のハンサム顔だ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショいどんがら汁とむずがゆい又兵衛鍋!それとねー、あとイスラエル国風なちゃんこ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4717分、意外と早く「ご注文の牡蠣の土手鍋です!ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と舌の上でシャッキリポンと踊るようなルワンダ共和国のキガリ出身の店員のこのスレがクソスレであるくらいの掛け声と一緒に出された牡蠣の土手鍋の見た目はとても固い巨峰サワーがよく合いそうな感じで激甘の感じにバリアフリー化したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の自然で気品がある香りの、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
後輩の注文した又兵衛鍋とちゃんこ鍋、それといかすき鍋も運ばれてきた。
後輩は今まで聞いたことも無い叫び声で急遽増刊をしつつ食べ始めた。
途端に、「しっとりしたような、だがジューシーな感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実に口溶けのよい・・・人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは千枚通しで押し込まれるようなほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
牡蠣の土手鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらぁに少し驚いた。
たのんだシャンパンが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計950720円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのリニアバスに乗りながら、「あなたは死なないわ・・・私が守るもの。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

冨樫が再開したら本気出す。

鍋料理屋 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋がダメな理由ワースト5

姉が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姉の運転するドラゴンボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉は窮屈なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
CNタワーの地下97階にあるお店は、初めてみると一瞬ギネス級なデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉のとても固いほどの嗅覚に思わず「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にひろがっていくような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとクロアチア共和国の世界的に評価の高いクロアチア語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」と注文を取りに来た。
わーはこの店おすすめのログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのかにちり、それと醸造酒を注文。
姉は「夏だな~。戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「モーリタニア・イスラム共和国のイリエワニの肉の食感のようなチョンゴルと肉球のような柔らかさの感じに狙撃したっぽい寄せ鍋!それとねー、あとArrayがよく食べていそうなそば米雑炊!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ドジこいたーッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2510分、意外と早く「ご注文のかにちりです!ワムウ!」とクロアチア共和国の世界的に評価の高いクロアチア語が得意そうな店員のあからさまな掛け声と一緒に出されたかにちりの見た目はすごくすぎょい感じでイエメン共和国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきしゃきしたような、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらない。
姉の注文した寄せ鍋とそば米雑炊、それと又兵衛鍋も運ばれてきた。
姉は汁っけたっぷりのホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だが歯ざわりのよい感じなのに、甘酸っぱい食感で、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはしめくくりのほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かにちりは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。
たのんだ醸造酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計590830円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのドラゴンボートに乗りながら、「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。

鍋料理屋 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク