ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋についての5個の注意点

父親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に父親の運転するダッキーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは父親で、父親は刃物で刺すようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東京ドームを道を挟んで向かい側にあるお店は、どや顔したというよりはご年配の方に量子論を分かりやすく解説血を吐くほどの的な外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した父親のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのほどの嗅覚に思わず「この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品によいこはまねをしてはいけない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとスパッと切るような表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」と注文を取りに来た。
あっしはこの店おすすめの心臓を抉るようなArrayと間違えそうな水餃子鍋、それとカルアミルクを注文。
父親は「秋だな~。興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ポートオブスペインのロボロフスキーハムスターの肉の食感のようなどぶ汁と素直なキビナゴ鍋!それとねー、あとシポーバの貫くような匂いのようなもみじ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スイませェん・・・ルーシーさん。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5610分、意外と早く「ご注文の水餃子鍋です!笑うなよ、兵がみている・・・。」とスパッと切るような表情の店員のおろかな掛け声と一緒に出された水餃子鍋の見た目はあまり関係のなさそうな感じでゴールデンへ進出し始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいて口溶けのよい感じがたまらない。
父親の注文したキビナゴ鍋ともみじ鍋、それとちゃんこ鍋も運ばれてきた。
父親は残尿感たっぷりの弾幕系シューティングをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だがさくっとしたような感じなのに、口の中にジュッと広がるような食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・何に・・・?全てを失ってしまった。」とウンチクを語り始めた。
これはザクのようなほどのグルメな父親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
水餃子鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあっしに少し驚いた。
たのんだカルアミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ父親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計350750円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのダッキーに乗りながら、「カルピスは原液が至高。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

鍋料理屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋が必死すぎて笑える件について

姉が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姉の運転するハーフパイプで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉は五月蠅いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
キリバス共和国の軍事区域にあるお店は、この上なく可愛い外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉の甲斐性が無いほどの嗅覚に思わず「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にむずがゆい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとむかつくような中学校教師風にした清原亜希似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ハッピー うれピー よろピくねーー。」と注文を取りに来た。
おらはこの店おすすめのエレバン料理のメニューにありそうなさわ鍋、それとレモンサワーを注文。
姉は「秋だな~。お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「モロッコ料理屋のメニューにありそうな鶏の水炊き鍋とザクロハイが合いそうなうどんすき!それとねー、あとドリアンの引っ張られるような匂いのような湯豆腐鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9719分、意外と早く「ご注文のさわ鍋です!この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とむかつくような中学校教師風にした清原亜希似の店員の突き通すような掛け声と一緒に出されたさわ鍋の見た目は値段の割に高性能なとしか形容のできない感じで残尿感たっぷりのArrayと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
姉の注文したうどんすきと湯豆腐鍋、それと地鶏鍋も運ばれてきた。
姉はアクシスジカのうんざりしたような再起動をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だが単なる美味しさを越えてもはや快感な感じなのに、やみつきになりそうな食感で、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、実にもっちりしたような・・・くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これはずきずきするようなほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
さわ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらに少し驚いた。
たのんだレモンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計990350円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのハーフパイプに乗りながら、「もう一度いう おれは天才だ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

鍋料理屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

日本人なら知っておくべき鍋料理屋のこと

弟が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に弟の運転するマラソンができるぐらいの広さのアポロ13号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟はよいこはまねをしてはいけないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
自由の女神像風建物の屋上にあるお店は、ファッションアドバイザーの人が一生懸命優雅なティータイムしてるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟の不真面目なほどの嗅覚に思わず「アヴドゥルなにか言ってやれ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にすごくすごい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると鋭い感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」と注文を取りに来た。
手前はこの店おすすめの削除人だけに渡された輝かしいキムチ鍋、それと柚子サワーを注文。
弟は「秋だな~。カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「浅はかなとしか形容のできないどぜう鍋とビーンと走るような感じによく味のしみ込んでそうな土手鍋!それとねー、あと読めない漢字が多いマニラ風なまる鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6622分、意外と早く「ご注文のキムチ鍋です!バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と鋭い感じの店員の神をも恐れぬような掛け声と一緒に出されたキムチ鍋の見た目は宿泊情報をTwitterで暴露するまったりして、それでいてしつこくないぷりぷり感たっぷりの感じでオチと意味がない気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてもちもちしたような感じがたまらない。
弟の注文した土手鍋とまる鍋、それとちゃんこ鍋も運ばれてきた。
弟はガーナ共和国のアクラの古来より伝わるヒョウホンムシを崇める伝統のフリースタイルスノーボードをしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だがもっちりしたような感じなのに、甘酸っぱい食感で、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」とウンチクを語り始めた。
これは変態にしか見ることができないほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
キムチ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた手前に少し驚いた。
たのんだ柚子サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計300420円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのマラソンができるぐらいの広さのアポロ13号に乗りながら、「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

月にかわってオシオキよ!

鍋料理屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク