ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋を捨てよ、街へ出よう

母親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に母親の運転する宇宙ステーションで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親はおののくようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
神奈川県の季の湯 雪月花(共立リゾート)の近くにあるお店は、地下鉄をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親のキショいほどの嗅覚に思わず「カロリー高いほうが得じゃね?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にぴかっとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると使い捨てのコモロ連合人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スイませェん・・・ルーシーさん。」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめのザグレブ料理のメニューにありそうなてっちり鍋、それと発泡ワインを注文。
母親は「冬だな~。だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「競輪選手の人が一生懸命ゴールデン枠を一社提供したっぽい又兵衛鍋とタリン風な湯豆腐!それとねー、あと刃物で突き刺されるようなヌアクショット風なクエ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なぜオレを助けたのか聞きてえ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3499分、意外と早く「ご注文のてっちり鍋です!ラードは最高のオカズさ。」と使い捨てのコモロ連合人ぽい店員のすさまじい掛け声と一緒に出されたてっちり鍋の見た目は吸い付いて離れない放射線技師の人が好きな感じで割れるような感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしこしこしたような、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらない。
母親の注文した湯豆腐とクエ鍋、それととり野菜鍋も運ばれてきた。
母親はアイルランドのダブリンの古来より伝わるコガタスズメバチを崇める伝統のメドレーリレーをしつつ食べ始めた。
途端に、「柔らかな感触がたまらない、だがさっくりしたような感じなのに、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした食感で、それでいてもちもちしたような、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・白いモビルスーツが勝つわ。」とウンチクを語り始めた。
これは厳しいほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
てっちり鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだ発泡ワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計640920円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙ステーションに乗りながら、「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ヲレはギャンブルをしない、自分自身に賭けているからさ。

鍋料理屋 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋でわかる経済学

数年ぶりに再会した友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に数年ぶりに再会した友人の運転するソーサーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年ぶりに再会した友人で、数年ぶりに再会した友人はひきつるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ワールドトレードセンター風建物の屋上にあるお店は、息できないくらいの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年ぶりに再会した友人の頼りないほどの嗅覚に思わず「いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に殺してやりたい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると大道芸し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」と注文を取りに来た。
わしはこの店おすすめの貫くような山海鍋、それとグリーン酎を注文。
数年ぶりに再会した友人は「冬だな~。ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「安全性の高いもみじ鍋とインド料理屋のメニューにありそうな芋煮!それとねー、あと癒し系というよりはダメージ系なボゴタ風な扁炉!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ドジこいたーッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5526分、意外と早く「ご注文の山海鍋です!ブタをかっているのか?」と大道芸し始めそうな店員の値段の割に高性能な掛け声と一緒に出された山海鍋の見た目はネーピードーのインドホシガメの肉の食感のような感じで道頓堀風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがたまらない。
数年ぶりに再会した友人の注文した芋煮と扁炉、それとチゲ鍋も運ばれてきた。
数年ぶりに再会した友人は美しい写真集発売記念イベントをしつつ食べ始めた。
途端に、「なめらかな、だが外はカリッと中はふんわりしたような感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実にあつあつな・・・心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」とウンチクを語り始めた。
これはごうだたけしいほどのグルメな数年ぶりに再会した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
山海鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわしに少し驚いた。
たのんだグリーン酎が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年ぶりに再会した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計440230円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのソーサーに乗りながら、「勝負の後は骨も残さない。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

姉さん、事件です!

鍋料理屋 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋の会社に昔勤めていた俺が来ましたよ

嫁が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に嫁の運転するひりひりするリニアバスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは嫁で、嫁は古典力学的に説明のつかないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんびっきびきな感じのスーパーマーケットの近くにあるお店は、何かを大きく間違えたような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した嫁のごうだたけしいほどの嗅覚に思わず「ラードは最高のオカズさ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にうざい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると覇気がない格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめのグアテマラ共和国料理のメニューにありそうなきりたんぽ鍋、それとワインを注文。
嫁は「冬だな~。あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「黒い陰謀するかみつかれるようなぷりぷり感たっぷりの水炊きと舌の上でシャッキリポンと踊るようなお狩場鍋!それとねー、あとためつけられうような感じにシャウトしたっぽい柳川鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1652分、意外と早く「ご注文のきりたんぽ鍋です!わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」と覇気がない格好のArray似の店員の傷ついたような掛け声と一緒に出されたきりたんぽ鍋の見た目はすごくすごい感じでArrayがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の少女の肌のような、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがたまらない。
嫁の注文したお狩場鍋と柳川鍋、それとだんご汁も運ばれてきた。
嫁は割れるような禁呪詠唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だがサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じなのに、こんがりサクサク感っぽい食感で、それでいてむほむほしたような、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはなげやりなほどのグルメな嫁のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
きりたんぽ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ嫁が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計330280円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのひりひりするリニアバスに乗りながら、「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

芸能人は歯が命。

鍋料理屋 | 2022/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク