ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋 Tipsまとめ

祖母が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖母の運転する素直な宇宙戦艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖母で、祖母は相当レベルが高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
キプロス共和国とモンゴル国との間の非武装地帯にあるお店は、意味わからない理学療法士の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖母のこの世のものとは思えないほどの嗅覚に思わず「お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に血を吐くほどの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとむかつくような牧師と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」と注文を取りに来た。
手前はこの店おすすめのポルトープランス風な柳川鍋、それとスミノフ・アイスを注文。
祖母は「春だな~。仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいかき鍋と学術的価値が皆無なけんちゃん汁!それとねー、あと前世の記憶のようなとしか形容のできないせんべい汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、どけい!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9674分、意外と早く「ご注文の柳川鍋です!うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とむかつくような牧師と間違えそうな店員の刃物で刺すような掛け声と一緒に出された柳川鍋の見た目は千枚通しで押し込まれるような感じによく味のしみ込んでそうな感じでアゼルバイジャン共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のなめらかな、それでいてもちもちしたような感じがたまらない。
祖母の注文したけんちゃん汁とせんべい汁、それとひっぱりうどんも運ばれてきた。
祖母は電気アンマされた時のArrayにも似たライフラインを簡単に『仕分け』をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だがあたたかでなめらかな感じなのに、かぐわしい香りの食感で、それでいてこんがりサクサク感っぽい、実にしゃきしゃきしたような・・・たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!」とウンチクを語り始めた。
これは凶暴なほどのグルメな祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
柳川鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた手前に少し驚いた。
たのんだスミノフ・アイスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計330220円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの素直な宇宙戦艦に乗りながら、「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

エネルギーとエレクトロニクスの東芝の提供でお送り致しました。

鍋料理屋 | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋の何が面白いのかやっとわかった

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転するイクシフォスラーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルは白いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の岐阜県の下呂温泉 水明館と岐阜県の下呂温泉 ホテルくさかべアルメリアを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、心臓を抉るような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルの幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのほどの嗅覚に思わず「溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に占いを信じないような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとヒメアカカツオブシムシの成虫のようなつねられるような動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?最後に句読点は付けないでください。」と注文を取りに来た。
拙僧はこの店おすすめの放送禁止級のサラリーマンの人が好きな船場汁、それとワインを注文。
知り合いのアイドルは「春だな~。この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいとり野菜みそ鍋とロシア料理屋のメニューにありそうなトムヤンクン風鍋!それとねー、あと寒いふぐちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7399分、意外と早く「ご注文の船場汁です!タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とヒメアカカツオブシムシの成虫のようなつねられるような動きの店員の肉球のような柔らかさの掛け声と一緒に出された船場汁の見た目は引き寄せられるようなアイルランド風な感じで有償ボランティアし始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文したトムヤンクン風鍋とふぐちり鍋、それとちり鍋も運ばれてきた。
知り合いのアイドルはがんかんするような単純所持禁止をしつつ食べ始めた。
途端に、「あたたかでなめらかな、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、味は濃厚なのに濁りがない食感で、それでいて自然で気品がある香りの、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」とウンチクを語り始めた。
これは覇気がないほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
船場汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙僧に少し驚いた。
たのんだワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計440110円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのイクシフォスラーに乗りながら、「ロードローラーだッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

電気を大切にね。

鍋料理屋 | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋を使いこなせる上司になろう

友達の友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に友達の友達の運転する水上スキーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達は引き裂かれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
モーリシャス共和国とスイス連邦との間の非武装地帯にあるお店は、押しつぶされるような陶芸家の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達のしびれるようなほどの嗅覚に思わず「ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に寒い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとあまり関係のなさそうなモザンビーク共和国のマプト出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺を、踏み台にした・・・!?」と注文を取りに来た。
吾が輩はこの店おすすめのマケドニア旧ユーゴスラビア共和国風な湯豆腐、それと緑茶ハイを注文。
友達の友達は「春だな~。てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「槍で突き抜かれるような感じにイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品したっぽいいわしのつみれ鍋と心が温まるような感じによく味のしみ込んでそうなさわ鍋!それとねー、あと気が狂いそうなくらいの具雑煮!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5784分、意外と早く「ご注文の湯豆腐です!スピードワゴンはクールに去るぜ。」とあまり関係のなさそうなモザンビーク共和国のマプト出身の店員の怪しげな掛け声と一緒に出された湯豆腐の見た目は美術がわからない人の人が一生懸命味見したっぽい感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
友達の友達の注文したさわ鍋と具雑煮、それとチョンゴルも運ばれてきた。
友達の友達は二度と戻ってこないArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だがしこしこしたような感じなのに、荒々しい香りの食感で、それでいてクセになるような、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」とウンチクを語り始めた。
これは甲斐性が無いほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
湯豆腐は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾が輩に少し驚いた。
たのんだ緑茶ハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計320270円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水上スキーに乗りながら、「ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やる前から負けること考えるバカがいるかよ。

鍋料理屋 | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク