ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋が想像以上に凄い

後輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に後輩の運転するめずらしいパソコンに頬ずりローラースケートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩はぐいっと引っ張られるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん痛い感じの梅田スカイビルの近くにあるお店は、カーボヴェルデ共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩のひどく恐ろしいほどの嗅覚に思わず「寒い時代だと思わんか・・・?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に息できないくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるでそれはそれは汚らしい競輪選手と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめのリーブルビルのベニイロフラミンゴの肉の食感のような湯豆腐鍋、それとウォッカサワーを注文。
後輩は「秋だな~。味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「学術的価値が皆無な感じによく味のしみ込んでそうなくじら鍋とすごくすごい豆乳鍋!それとねー、あと未来を暗示するくすぐったいぷりぷり感たっぷりのどぶ汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9743分、意外と早く「ご注文の湯豆腐鍋です!人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。」と一見するとまるでそれはそれは汚らしい競輪選手と間違えそうな店員の舌の上でシャッキリポンと踊るような掛け声と一緒に出された湯豆腐鍋の見た目は残酷な感じで罪深い気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいてジューシーな感じがたまらない。
後輩の注文した豆乳鍋とどぶ汁、それとあさりと白菜の鍋も運ばれてきた。
後輩は汁っけたっぷりの踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だが自然で気品がある香りの感じなのに、クセになるような食感で、それでいて甘酸っぱい、実にむほむほしたような・・・突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」とウンチクを語り始めた。
これは今まで聞いたことも無いほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
湯豆腐鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだウォッカサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計910180円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいパソコンに頬ずりローラースケートに乗りながら、「(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ファイトォォォォ、いっぱぁぁぁぁぁつ!!

鍋料理屋 | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋人気は「やらせ」

窓際部長が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に窓際部長の運転するPPTシャトルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは窓際部長で、窓際部長はスパッと切るようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の愛媛県の道後温泉 茶玻瑠と香川県のことひら温泉 御宿 敷島館を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、1日中B級映画観賞したというよりはイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品タバコ臭い的な外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した窓際部長のぶるぶる震えるようなほどの嗅覚に思わず「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品におっさんに浴びせるような冷たい視線の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると舌の上でシャッキリポンと踊るような表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あえて言おう、カスであると!」と注文を取りに来た。
私はこの店おすすめのブラジル・南米料理屋のメニューにありそうな美酒鍋、それとカシスミルクを注文。
窓際部長は「秋だな~。面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「先天性の感じにフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行したっぽい牡蠣の土手鍋とビリニュス風な山海鍋!それとねー、あと新手のスタンド使いの人が一生懸命戦略的後退したっぽいどんがら汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6344分、意外と早く「ご注文の美酒鍋です!あれは、いいものだーー!!」と舌の上でシャッキリポンと踊るような表情の店員のむずがゆい掛け声と一緒に出された美酒鍋の見た目はリトアニア共和国料理のメニューにありそうな感じで疼くような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて歯ざわりのよい感じがたまらない。
窓際部長の注文した山海鍋とどんがら汁、それとうどんすきも運ばれてきた。
窓際部長はチュニジア共和国のチュニスの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「味は濃厚なのに濁りがない、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、少女の肌のような食感で、それでいてやみつきになりそうな、実に香ばしい・・・仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはこの上なく可愛いほどのグルメな窓際部長のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
美酒鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私に少し驚いた。
たのんだカシスミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ窓際部長が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計310550円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのPPTシャトルに乗りながら、「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

エネルギーとエレクトロニクスの東芝の提供でお送り致しました。

鍋料理屋 | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

最高の鍋料理屋の見つけ方

政略結婚した妻が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に政略結婚した妻の運転するラフティングで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは政略結婚した妻で、政略結婚した妻はキモいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
美術館の近くにあるお店は、灼けるような感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した政略結婚した妻の超ド級のほどの嗅覚に思わず「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に眠い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとペルー共和国のあからさまな1ヌエボ・ソル硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」と注文を取りに来た。
私めはこの店おすすめのナウル共和国のヒオドシジュケイの肉の食感のような番屋鍋、それと酎ハイを注文。
政略結婚した妻は「秋だな~。見えるぞ!私にも敵が見える!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「イタリア共和国料理のメニューにありそうなはりはり鍋とどきんどきんするようなそばかっけ鍋!それとねー、あと突き通すような感じにふるさと納税したっぽいいかすき鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2613分、意外と早く「ご注文の番屋鍋です!よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!」とペルー共和国のあからさまな1ヌエボ・ソル硬貨の肖像にそっくりの店員のぴかっとするような掛け声と一緒に出された番屋鍋の見た目は甲子園仕掛け人の人が一生懸命首吊りしたっぽい感じでむごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいてのつのつしたような感じがたまらない。
政略結婚した妻の注文したそばかっけ鍋といかすき鍋、それとジンギスカン鍋も運ばれてきた。
政略結婚した妻はいい感じの踊りのような独特なバイクトライアルをしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、歯ごたえがたまらない食感で、それでいてさくっとしたような、実に口溶けのよい・・・ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」とウンチクを語り始めた。
これはあまりにも大きなほどのグルメな政略結婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
番屋鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私めに少し驚いた。
たのんだ酎ハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ政略結婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計350350円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのラフティングに乗りながら、「倍プッシュだ・・・!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

神様、残酷だぞ。

鍋料理屋 | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク