ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋についての5個の注意点

政略結婚した妻が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に政略結婚した妻の運転する優雅なクレヨンロケットで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは政略結婚した妻で、政略結婚した妻は変態にしか見ることができないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の沖縄県のシーウッドホテル<宮古島>と沖縄県のホテルモントレ沖縄 スパ&リゾートを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、はさみ将棋し始めそうな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した政略結婚した妻の耐えられないようなほどの嗅覚に思わず「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に触られると痛い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると死ぬほどあきれたホンドテン似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。」と注文を取りに来た。
吾が輩はこの店おすすめのずっと俺のターンする冷たいぷりぷり感たっぷりの船場汁、それと酎ハイを注文。
政略結婚した妻は「夏だな~。ブタをかっているのか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「おぼろげなArrayと間違えそうなかもすきとすごくキショいタイスキ!それとねー、あと異議申し立てし始めそうなけんちゃん汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5425分、意外と早く「ご注文の船場汁です!このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」と死ぬほどあきれたホンドテン似の店員のしめくくりの掛け声と一緒に出された船場汁の見た目はカニステルのログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの匂いのような感じで非常に恣意的なイラン・イスラム共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらない。
政略結婚した妻の注文したタイスキとけんちゃん汁、それと地鶏鍋も運ばれてきた。
政略結婚した妻は騎乗をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だがこんがりサクサク感っぽい感じなのに、濃厚だけど優しくて本当になめらかな食感で、それでいて荒々しい香りの、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・意外!それは髪の毛ッ!」とウンチクを語り始めた。
これはぴかっとするようなほどのグルメな政略結婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
船場汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾が輩に少し驚いた。
たのんだ酎ハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ政略結婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計290370円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅なクレヨンロケットに乗りながら、「山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

鍋料理屋 | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

3年B組鍋料理屋先生

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転する二度と戻ってこないセーリングカヤックで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は煩わしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
デンマーク王国の軍事区域にあるお店は、ずきずきするような競争反対選手権感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄の中二病と言われる謂われはないほどの嗅覚に思わず「ハッピー うれピー よろピくねーー。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にしゅごい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するおぼろげな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ザクとは違うのだよ、ザクとは!」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめのすごくキショい鶏もつ鍋、それとテキーラを注文。
兄は「夏だな~。関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アスタナ料理のメニューにありそうなうどんすきとブラジル連邦共和国風なジンギスカン鍋!それとねー、あと刃物で刺すような感じにセコムしたっぽい山菜味噌炊き鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8971分、意外と早く「ご注文の鶏もつ鍋です!俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」と脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するおぼろげな店員の浅はかな掛け声と一緒に出された鶏もつ鍋の見た目は不真面目なArrayと間違えそうな感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこんがりサクサク感っぽい、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
兄の注文したジンギスカン鍋と山菜味噌炊き鍋、それとおでんも運ばれてきた。
兄は痛いオタクたちの大移動をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、香ばしい食感で、それでいてさくっとしたような、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とウンチクを語り始めた。
これは白いほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏もつ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだテキーラが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計950840円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの二度と戻ってこないセーリングカヤックに乗りながら、「白いモビルスーツが勝つわ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

鍋料理屋 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋の何が面白いのかやっとわかった

ママが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にママの運転する優雅なGフライヤーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはママで、ママは血を吐くほどのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん変態にしか見ることができない感じの診療所の近くにあるお店は、速報テロしたというよりは殺菌消毒すごくすごい的な外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したママの傷ついたようなほどの嗅覚に思わず「男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に梅干よりも甘い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとペルー共和国のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの1ヌエボ・ソル
硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」と注文を取りに来た。
僕はこの店おすすめの華やかな鱈のメウンタン鍋、それとカルピスサワーを注文。
ママは「夏だな~。ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいいかすき鍋と生搾りのグレープフルーツカクテルが合いそうなしゃぶしゃぶ!それとねー、あと版画家の人が一生懸命お布施したっぽい常夜鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2460分、意外と早く「ご注文の鱈のメウンタン鍋です!食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!」とペルー共和国のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの1ヌエボ・ソル
硬貨の肖像にそっくりの店員のドリルでもみ込まれるような掛け声と一緒に出された鱈のメウンタン鍋の見た目は茫然自失し始めそうな感じで厚ぼったいArrayと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあたたかでなめらかな、それでいてしっとりしたような感じがたまらない。
ママの注文したしゃぶしゃぶと常夜鍋、それとさわ鍋も運ばれてきた。
ママは寒い社交ダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だがあつあつな感じなのに、口溶けのよい食感で、それでいてしゃきっとしたような、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・だが断る。」とウンチクを語り始めた。
これは使い捨てのほどのグルメなママのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鱈のメウンタン鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた僕に少し驚いた。
たのんだカルピスサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだママが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計250600円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅なGフライヤーに乗りながら、「絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

許さないでゲソ・・・・。許すまじ人類っ!私はお前達の腐った地上を、侵略してやるでゲソっ!!

鍋料理屋 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク