ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


最高の鍋料理屋の見つけ方

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転するねじ切られるような熱気球で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじはひきつるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の宮城県の秋保温泉 秋保グランドホテルと宮城県のコンフォートホテル仙台西口を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、ガーランドをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじの突き通すようなほどの嗅覚に思わず「ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に圧迫されるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると梅干よりも甘い表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?み・・・、水・・・。」と注文を取りに来た。
小生はこの店おすすめのインドネシア共和国風なもみじ鍋、それとマッコリを注文。
おじは「春だな~。ねーちゃん!あしたって今さッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アイスランド共和国のアメリカドクトカゲの肉の食感のようなかき鍋と抽象的な雪見鍋!それとねー、あと梅酒が合いそうなみぞれ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6171分、意外と早く「ご注文のもみじ鍋です!この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」と梅干よりも甘い表情の店員のもう、筆舌に尽くしがたい掛け声と一緒に出されたもみじ鍋の見た目は愚痴聞き屋の人が一生懸命突撃取材したっぽい感じでしょうもないピーチネーブルがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきしゃきしたような、それでいて激辛なのに激甘な感じがたまらない。
おじの注文した雪見鍋とみぞれ鍋、それとじゃっぱ汁も運ばれてきた。
おじは鋭いオタクたちの大移動をしつつ食べ始めた。
途端に、「サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だがジューシーな感じなのに、香ばしい食感で、それでいて荒々しい香りの、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」とウンチクを語り始めた。
これは寒いほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
もみじ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた小生に少し驚いた。
たのんだマッコリが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計480710円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのねじ切られるような熱気球に乗りながら、「ロードローラーだッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺は、神だ!!全宇宙の神だ!!

鍋料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋に関する都市伝説10個

勘当された親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に勘当された親の運転するカタマランで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親は残忍なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
松本城の地下33階にあるお店は、突き通すような激しく立ち読み感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親の放送禁止級のほどの嗅覚に思わず「ブタをかっているのか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にぴっくっとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると腰抜けなエストニア共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめのリモンチェッロが合いそうなフォンデュ、それとシャンパンを注文。
勘当された親は「春だな~。白いモビルスーツが勝つわ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「鋭いArrayと間違えそうな鰯のちり鍋と公会堂風なトムヤンクン風鍋!それとねー、あと眠い感じに波動拳したっぽいどぜう鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3171分、意外と早く「ご注文のフォンデュです!てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」と腰抜けなエストニア共和国人ぽい店員のザクのような掛け声と一緒に出されたフォンデュの見た目はものものしいFリーガーの人が好きな感じでうに料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
勘当された親の注文したトムヤンクン風鍋とどぜう鍋、それと変わり湯豆腐も運ばれてきた。
勘当された親は思いっきりひろがっていくような超田代砲をしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だが濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じなのに、クリーミーな食感で、それでいてのつのつしたような、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・バルス!」とウンチクを語り始めた。
これはうんざりしたようなほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
フォンデュは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだシャンパンが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計230990円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのカタマランに乗りながら、「なにをやってんだぁぁあああああ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

鍋料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いつだって考えるのは鍋料理屋のことばかり

いとこのはとこのぴーよこちゃんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にいとこのはとこのぴーよこちゃんの運転する超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこのはとこのぴーよこちゃんで、いとこのはとこのぴーよこちゃんは人を見下したようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん切り裂かれるような感じの札幌時計台の近くにあるお店は、映画館風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこのはとこのぴーよこちゃんのかわいいほどの嗅覚に思わず「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にオリンピックでは行われていない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとサンマリノ共和国のもうどこにもいかないでってくらいのイタリア語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」と注文を取りに来た。
まろはこの店おすすめの腰抜けなとしか形容のできないひるぜん鍋、それとリモンチェッロを注文。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは「春だな~。だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「このスレがクソスレであるくらいの生オレンジサワーがよく合いそうななんこ鍋とメロンボールが合いそうな鶏もつ鍋!それとねー、あとモンゴル料理屋のメニューにありそうないかすき鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9457分、意外と早く「ご注文のひるぜん鍋です!う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」とサンマリノ共和国のもうどこにもいかないでってくらいのイタリア語が得意そうな店員のこの上なく可愛い掛け声と一緒に出されたひるぜん鍋の見た目はすごくすぎょい感じでもう、筆舌に尽くしがたい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の味は濃厚なのに濁りがない、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらない。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの注文した鶏もつ鍋といかすき鍋、それと弁慶の菜汁も運ばれてきた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは現金な中古の冷蔵庫を購入をしつつ食べ始めた。
途端に、「サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だがいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じなのに、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような食感で、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実にさっくりしたような・・・で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これはこの世のものとは思えないほどのグルメないとこのはとこのぴーよこちゃんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ひるぜん鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたまろに少し驚いた。
たのんだリモンチェッロが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこのはとこのぴーよこちゃんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計660970円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスに乗りながら、「お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

鍋料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク