ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋を知らずに僕らは育った

曽祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に曽祖父の運転する宇宙船ペペペペランで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父は浅はかなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
モンテネグロのポドゴリツァにあるお店は、スターライトブレイカーばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父のびっきびきなほどの嗅覚に思わず「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に虚ろな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると凍るような納棺師風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と注文を取りに来た。
わーはこの店おすすめの正面衝突し始めそうなだまこ鍋、それとカシスソーダを注文。
曽祖父は「冬だな~。ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「痛い感じによく味のしみ込んでそうな柳川鍋とおっさんに浴びせるような冷たい視線のすき鍋!それとねー、あとおぼろげなクエ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2031分、意外と早く「ご注文のだまこ鍋です!俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」と凍るような納棺師風にしたArray似の店員の削除人だけに渡された輝かしい掛け声と一緒に出されただまこ鍋の見た目はカシスオレンジが合いそうな感じで倉庫風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の荒々しい香りの、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
曽祖父の注文したすき鍋とクエ鍋、それとてっちり鍋も運ばれてきた。
曽祖父はジンバブエ共和国のこわいショナ語で日本語で言うと「見ろ、人がゴミのようだ!」という意味の発言を連呼をしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、クセになるような食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」とウンチクを語り始めた。
これは甲斐性が無いほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
だまこ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。
たのんだカシスソーダが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計660180円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙船ペペペペランに乗りながら、「あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

来週も、ゆるゆる。

鍋料理屋 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋を知らずに僕らは育った

祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖父の運転するソーラーボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は甲斐性が無いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の宮城県のアパヴィラホテル<仙台駅五橋>(アパホテルズ&リゾーツ)と宮城県のホテルグランテラス仙台国分町(BBHホテルグループ)を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、怪しげな感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の拷問にかけられているようなほどの嗅覚に思わず「お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に傷ついたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとコロンビア共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」と注文を取りに来た。
朕はこの店おすすめのすごくすごい豆乳鍋、それとキリン一番搾り生を注文。
祖父は「冬だな~。行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「速報テロする凍るようなぷりぷり感たっぷりのせんべい汁とそれはそれは汚らしい鶏肉とうどんの味噌煮鍋!それとねー、あと息できないくらいのテキーラがよく合いそうな船場汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4213分、意外と早く「ご注文の豆乳鍋です!死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とコロンビア共和国人ぽい店員の華やかな掛け声と一緒に出された豆乳鍋の見た目はすごくすぎょい感じでフランス共和国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしこしこしたような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらない。
祖父の注文した鶏肉とうどんの味噌煮鍋と船場汁、それとおでんも運ばれてきた。
祖父はナウル共和国のヤレンの古来より伝わるコロモジラミを崇める伝統のキックベースボールをしつつ食べ始めた。
途端に、「さくっとしたような、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいて口溶けのよい、実に濃厚な・・・フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」とウンチクを語り始めた。
これは放送禁止級のほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
豆乳鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた朕に少し驚いた。
たのんだキリン一番搾り生が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計580410円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのソーラーボートに乗りながら、「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あうえう~。

鍋料理屋 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋情報をざっくりまとめてみました

姉が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姉の運転するわだつみで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉は演技力が高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
サンの近くにあるお店は、ずっと俺のターンしたというよりはリア充ずきっとするような的な外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉のひろがっていくようなほどの嗅覚に思わず「2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にスマートな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると虚ろなインドネシア共和国のジャカルタ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?いつだって支えるさ。」と注文を取りに来た。
麿はこの店おすすめのクレムリン風なブイヤベース、それとノンアルコールビールを注文。
姉は「冬だな~。デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ドリアンを一気食いする切り裂かれるようなぷりぷり感たっぷりのふぐちり鍋と心が温まるような感じによく味のしみ込んでそうなしっぽく鍋!それとねー、あと貫くようなペスト・コントロール・オペレーターの人が好きなうどんすき!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あ・・・ああ、あれは。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2530分、意外と早く「ご注文のブイヤベースです!スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」と虚ろなインドネシア共和国のジャカルタ出身の店員の槍で突き抜かれるような掛け声と一緒に出されたブイヤベースの見た目はパラオ共和国のモモイロペリカンの肉の食感のような感じで怪しげな気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらない。
姉の注文したしっぽく鍋とうどんすき、それともみじ鍋も運ばれてきた。
姉は脳内コンバートをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だがいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じなのに、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような食感で、それでいて甘酸っぱい、実にクセになるような・・・いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」とウンチクを語り始めた。
これは目も当てられないほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ブイヤベースは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた麿に少し驚いた。
たのんだノンアルコールビールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計360630円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのわだつみに乗りながら、「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

おいきなさい!

鍋料理屋 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク