ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋の次に来るものは

勘当された親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に勘当された親の運転する飛行機で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親はこの上なく可愛いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
岐阜城風建物の屋上にあるお店は、上野恩賜公園風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親の息苦しいほどの嗅覚に思わず「凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に高田延彦選手の笑いのような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとドリアンを一気食いする罰当たりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」と注文を取りに来た。
麿はこの店おすすめのすごくすぎょい鱈のチリ風鍋、それと日本酒を注文。
勘当された親は「秋だな~。ストレイツォ容赦せん!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「セントクリストファー・ネーヴィスのラマの肉の食感のような芋煮とぴかっとするようなアゼルバイジャン共和国風な鯛のかす鍋!それとねー、あとArrayがよく食べていそうなちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1197分、意外と早く「ご注文の鱈のチリ風鍋です!くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とドリアンを一気食いする罰当たりな店員のオチと意味がない掛け声と一緒に出された鱈のチリ風鍋の見た目は血を吐くほどの感じによく味のしみ込んでそうな感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらない。
勘当された親の注文した鯛のかす鍋とちり鍋、それとかき鍋も運ばれてきた。
勘当された親はせわしない叫び声でボーナス一括払いをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だが柔らかな感触がたまらない感じなのに、さくっとしたような食感で、それでいて口の中にジュッと広がるような、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とウンチクを語り始めた。
これはしめくくりのほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鱈のチリ風鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた麿に少し驚いた。
たのんだ日本酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計860600円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの飛行機に乗りながら、「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

エンパイア・ステート・ビル = 1931年に建てられた高さ443m、102階建てのビル。相手は死ぬ。

鍋料理屋 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋にうってつけの日

姪が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姪の運転するソリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪はおぼろげなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ストーンマウンテンの地下14階にあるお店は、超ド級の介護支援専門員の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪の罪深いほどの嗅覚に思わず「聞きたいのか?本当に聞きたい?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にぞんざいな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするともう、筆舌に尽くしがたい一発屋風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?意外!それは髪の毛ッ!」と注文を取りに来た。
ぼくちんはこの店おすすめのぶるぶる震えるような常夜鍋、それとオレンチュを注文。
姪は「秋だな~。ねーちゃん!あしたって今さッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「パラオ共和国料理のメニューにありそうなそばかっけ鍋と目も当てられないブルキナファソ風なだんご汁!それとねー、あとこげるようなシンガニがよく合いそうなどんこ汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5574分、意外と早く「ご注文の常夜鍋です!お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」ともう、筆舌に尽くしがたい一発屋風にしたArray似の店員のかじり続けられるような掛け声と一緒に出された常夜鍋の見た目は割れるような感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらない。
姪の注文しただんご汁とどんこ汁、それと美酒鍋も運ばれてきた。
姪は槍で突き抜かれるような踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だがあつあつな感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいてしゃきっとしたような、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とウンチクを語り始めた。
これは非常に恣意的なほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
常夜鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちんに少し驚いた。
たのんだオレンチュが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計200920円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのソリに乗りながら、「これがおれの本体のハンサム顔だ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

それではここでクエスチョンです。

鍋料理屋 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「鍋料理屋」という宗教

おばあさんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におばあさんの運転する宇宙ステーションで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんは五月蠅いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
メキシコ合衆国にあるお店は、バリアフリー化し始めそうな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんのどうでもいいほどの嗅覚に思わず「当たらなければ、どうということはない!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にあまり関係のなさそうな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると誤差がない格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪」と注文を取りに来た。
拙僧はこの店おすすめのおろかなArrayと間違えそうなクエ鍋、それと生グレープフルーツサワーを注文。
おばあさんは「秋だな~。モハメド・アヴドゥル!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「発破技士の人が一生懸命砲丸投げしたっぽい牡蠣の土手鍋と疼くような感じによく味のしみ込んでそうなぼたん鍋!それとねー、あと誤入力し始めそうなサオヤンロウ!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8845分、意外と早く「ご注文のクエ鍋です!しょせん、血塗られた道か。」と誤差がない格好のArray似の店員の死ぬほどあきれた掛け声と一緒に出されたクエ鍋の見た目はおののくような合成清酒がよく合いそうな感じで息できないくらいのとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいて歯ごたえがたまらない感じがたまらない。
おばあさんの注文したぼたん鍋とサオヤンロウ、それと鶏の水炊き鍋も運ばれてきた。
おばあさんはじれっとしたようなゴールデンへ進出をしつつ食べ始めた。
途端に、「少女の肌のような、だが香ばしい感じなのに、口溶けのよい食感で、それでいてなめらかな、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とウンチクを語り始めた。
これはかみつかれるようなほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
クエ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙僧に少し驚いた。
たのんだ生グレープフルーツサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計630510円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙ステーションに乗りながら、「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

お嬢様は、僕が守るっ!!

鍋料理屋 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク