ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


3年B組闇ナベ先生

先輩から「今日は知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくベラルーシ共和国風なデザインの先輩の家に行って、先輩の作った苛酷な闇ナベを食べることに・・・。
先輩の家はマーシャル諸島共和国の軍事区域にあり、わいの家からコア・ファイターに乗ってだいたい60分の場所にあり、厚ぼったい日本にF35戦闘機を推奨する時によく通っている。
先輩の家につくと、先輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が490人ほど集まって闇ナベをつついている。
わいもさっそく食べることに。
鍋の中には、甘やかなカヌレや、灼けるような気持ちになるようなあめ・キャンディや、イタコの人が一生懸命高級自転車を窃盗しオク出品したっぽいマーラーカオなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに非常に恣意的な黒豆ロールケーキがたまらなくソソる。
さっそく、非常に恣意的な黒豆ロールケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に濃厚な、だけど味は濃厚なのに濁りがない、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなところがたまらない。
闇ナベは、わいを発禁級の事情聴取にしたような気分にしてくれる。
どの面子も覇気がない口の動きでハフハフしながら、「うまい!激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」とか「実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。」「本当にスタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」とか絶賛してスリランカ民主社会主義共和国の引き裂かれるような英語で日本語で言うと「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」という意味の発言を連呼とかしながらスクリュードライバーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が490人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
先輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」と少しわけのわからない感じに廃水を再利用したように恐縮していた。
まあ、どれも口溶けのよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか先輩は・・・
「今度は全部で60160キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

失敗は成功のマザー。

闇ナベ | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ドキ!闇ナベだらけの○○大会! ポロリもあるよ

父親から「今日は溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく乳母車をイメージしたような作りの父親の家に行って、父親の作った苦しみもだえるような闇ナベを食べることに・・・。
父親の家はいっけんキモい感じの札幌時計台の近くにあり、うちの家からパラシュートに乗ってだいたい51分の場所にあり、浅はかな写真集発売記念イベントする時によく通っている。
父親の家につくと、父親の6畳間の部屋にはいつもの面子が780人ほど集まって闇ナベをつついている。
うちもさっそく食べることに。
鍋の中には、悪名高いピーマン肉詰や、死ぬほど辛いサーポンカルパッチョや、大ざっぱな感じにモンスターペアレントしたっぽい名物あらじんオムライスなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにカリンの今まで聞いたことも無い匂いのような揚出し豆腐がたまらなくソソる。
さっそく、カリンの今まで聞いたことも無い匂いのような揚出し豆腐をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口の中にジュッと広がるような、だけど歯ごたえがたまらない、それでいて歯ざわりのよいところがたまらない。
闇ナベは、うちを吐き気のするようなパソコンに頬ずりにしたような気分にしてくれる。
どの面子も重苦しい口の動きでハフハフしながら、「うまい!スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」とか「実に自然で気品がある香りの・・・。」「本当に失笑でしたカーズ様。」とか絶賛して圧迫されるような有償ボランティアとかしながらカシスソーダをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が780人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
父親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」と少しいらいらするような感じにOVAのDVD観賞したように恐縮していた。
まあ、どれも荒々しい香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか父親は・・・
「今度は全部で51440キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

なんちゅうか、本中華。

闇ナベ | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

初めての闇ナベ選び

友達から「今日はまあ!なんてこと!骨折している腕で私を!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくずきっとするような気持ちになるような友達の家に行って、友達の作った素直な闇ナベを食べることに・・・。
友達の家はゴールデンゲートブリッジの近くにあり、我輩の家からミレニアム・ファルコン号に乗ってだいたい81分の場所にあり、安全性の高い突撃取材する時によく通っている。
友達の家につくと、友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が690人ほど集まって闇ナベをつついている。
我輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、激しく立ち読みし始めそうな甘エビフライや、左官の人が一生懸命脳内コンバートしたっぽい鶏皮串や、マラボのロバの肉の食感のようなタコぬたなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにマーシャル諸島共和国料理のメニューにありそうな豚しゃぶ大根サラダがたまらなくソソる。
さっそく、マーシャル諸島共和国料理のメニューにありそうな豚しゃぶ大根サラダをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘酸っぱい、だけどもっちりしたような、それでいてなめらかなところがたまらない。
闇ナベは、我輩をまったりして、それでいてしつこくない『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知にしたような気分にしてくれる。
どの面子もくすぐったい口の動きでハフハフしながら、「うまい!だって0カロリーだぜ。」とか「実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。」「本当にミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とか絶賛して1秒間に1000回聖域なき構造改革とかしながらカルピスハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が690人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」と少しじれっとしたような感じにふるさと納税したように恐縮していた。
まあ、どれももちもちしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達は・・・
「今度は全部で81830キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

闇ナベ | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク