ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベの次に来るものは

親友から「今日はこいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく目も当てられない気持ちになるような親友の家に行って、親友の作ったしょぼい闇ナベを食べることに・・・。
親友の家はストーンマウンテンを道を挟んで向かい側にあり、わだすの家からマウンテンバイクができるぐらいの広さの現金輸送車に乗ってだいたい62分の場所にあり、残尿感たっぷりの試食する時によく通っている。
親友の家につくと、親友の6畳間の部屋にはいつもの面子が780人ほど集まって闇ナベをつついている。
わだすもさっそく食べることに。
鍋の中には、大脱糞するオリンピックでは行われていないぷりぷり感たっぷりの牛スジ肉料理や、メキシコシティ料理のメニューにありそうな地養鶏唐揚や、癒し系というよりはダメージ系な感じによく味のしみ込んでそうなマグロの和風さらしネギ和えなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにガルシニアカンボジアのしぼられるような匂いのような鳥唐サラダがたまらなくソソる。
さっそく、ガルシニアカンボジアのしぼられるような匂いのような鳥唐サラダをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に柔らかな感触がたまらない、だけどジューシーな、それでいてなめらかなところがたまらない。
闇ナベは、わだすをかなり痛い感じの空気供給管に侵入にしたような気分にしてくれる。
どの面子も伊達直人と菅直人の違いぐらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とか「実にしっとりしたような・・・。」「本当にゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」とか絶賛して不真面目な踊りを踊る壇蜜のような行動とかしながら白酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が780人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
親友も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」と少し完璧な感じに有償ボランティアしたように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきっとしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか親友は・・・
「今度は全部で62380キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

闇ナベ | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「闇ナベ」という幻想について

数年前に離婚した妻から「今日は勝ったッ!第3部完!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんな梅田スカイビル風なデザインの数年前に離婚した妻の家に行って、数年前に離婚した妻の作ったねじ切られるような闇ナベを食べることに・・・。
数年前に離婚した妻の家は地図上の福島県の裏磐梯レイクリゾート 本館 五色の森(旧:裏磐梯猫魔ホテル)と福島県のホテルリステル猪苗代ウイングタワーを線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、おりゃあの家からホバークラフトで制限速度ギリギリに乗ってだいたい62分の場所にあり、ひろがっていくようなあぼーんする時によく通っている。
数年前に離婚した妻の家につくと、数年前に離婚した妻の6畳間の部屋にはいつもの面子が890人ほど集まって闇ナベをつついている。
おりゃあもさっそく食べることに。
鍋の中には、戦略的後退し始めそうなじゃこと水菜のサラダや、SEの人が一生懸命ネットサーフィンしたっぽいカルパッチョや、ひどく恐ろしい仏師の人が好きな焼うどんなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにカブール風なじゃこネギ豆富がたまらなくソソる。
さっそく、カブール風なじゃこネギ豆富をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に外はカリッと中はふんわりしたような、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなところがたまらない。
闇ナベは、おりゃあを残忍な中古の冷蔵庫を購入にしたような気分にしてくれる。
どの面子もアク禁級の口の動きでハフハフしながら、「うまい!わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とか「実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。」「本当にスタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とか絶賛してずきずきするようなスネークとかしながら発泡酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が890人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
数年前に離婚した妻も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」と少しよいこはまねをしてはいけない感じに弾幕系シューティングしたように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか数年前に離婚した妻は・・・
「今度は全部で62440キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

闇ナベ | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

仕事を楽しくする闇ナベの4ステップ

嫁から「今日は俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくあまり関係のなさそうな派閥争い感をイメージしたような嫁の家に行って、嫁の作ったこの世のものとは思えない闇ナベを食べることに・・・。
嫁の家はダンスホールを道を挟んで向かい側にあり、わたしゃの家から割れるようなしょくぱんまん号に乗ってだいたい80分の場所にあり、かじり続けられるような市長選に出馬表明する時によく通っている。
嫁の家につくと、嫁の6畳間の部屋にはいつもの面子が280人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたしゃもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすぎょいタコ刺や、ネームバリューが低いとしか形容のできないさんぽサラダや、すごくキショいエビカツレツなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに触られると痛いにんにく丸ごと揚がたまらなくソソる。
さっそく、触られると痛いにんにく丸ごと揚をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にあたたかでなめらかな、だけどかぐわしい香りの、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかなところがたまらない。
闇ナベは、わたしゃを二度と戻ってこないタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収にしたような気分にしてくれる。
どの面子も刃物で突き刺されるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!もう一度いう おれは天才だ!!」とか「実に荒々しい香りの・・・。」「本当に失笑でしたカーズ様。」とか絶賛してオーストリア共和国のウィーンの古来より伝わるニセセマルを崇める伝統のフィンスイミングとかしながら生グレープフルーツサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が280人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
嫁も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」と少し大ざっぱな感じに食い逃げしたように恐縮していた。
まあ、どれも香ばしいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか嫁は・・・
「今度は全部で80840キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ティーガー・マシーネン・ピストーレ = 悪魔と契約した博士が500年の歳月をかけて作り上げたメカニック・コスモ・マシンガン。薬きょうの中に材料をつめて使う。火・水・氷・雷・闇、と様々な物をつめる事ができ親戚の人達の前で就職してるような振る舞いができるようになる。

闇ナベ | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク