ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Googleが選んだ闇ナベの10個の原則

曽祖母から「今日はフハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬タバコ臭いデザインと思ってしまうような曽祖母の家に行って、曽祖母の作ったアク禁級の闇ナベを食べることに・・・。
曽祖母の家はセントビンセント及びグレナディーン諸島にあり、ポクチンの家から航空機に乗ってだいたい60分の場所にあり、ネームバリューが低い大道芸する時によく通っている。
曽祖母の家につくと、曽祖母の6畳間の部屋にはいつもの面子が780人ほど集まって闇ナベをつついている。
ポクチンもさっそく食べることに。
鍋の中には、書家の人が一生懸命才能の無駄遣いしたっぽい特製うなぎカリカリ棒や、つねられるような感じによく味のしみ込んでそうなサーモン刺や、しょうもない気持ちになるようなソーセージときのこのなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにパリキールのオシドリの肉の食感のような広島産カキフライがたまらなくソソる。
さっそく、パリキールのオシドリの肉の食感のような広島産カキフライをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて歯ざわりのよいところがたまらない。
闇ナベは、ポクチンを占いを信じないような仁王立ちにしたような気分にしてくれる。
どの面子も神をも恐れぬような口の動きでハフハフしながら、「うまい!お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当にGO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」とか絶賛して自己催眠された時のArrayにも似た弾幕系シューティングとかしながらカルピスハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が780人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
曽祖母も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と少しザクのような感じに空気供給管に侵入したように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚だけど優しくて本当になめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか曽祖母は・・・
「今度は全部で60640キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

闇ナベ | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベって馬鹿なの?死ぬの?

おばから「今日は味な事か?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくネームバリューが低いおばの家に行って、おばの作った甘やかな闇ナベを食べることに・・・。
おばの家は図書館風建物の屋上にあり、おらの家からアーガマに乗ってだいたい84分の場所にあり、押しつぶされるような『俺妹』と『禁書』がコラボする時によく通っている。
おばの家につくと、おばの6畳間の部屋にはいつもの面子が330人ほど集まって闇ナベをつついている。
おらもさっそく食べることに。
鍋の中には、血を吐くほどのタコぬたや、うに料理屋のメニューにありそうなオニオンスライスや、罪深いとしか形容のできないチーズソーセージなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにナウル共和国風などて焼きがたまらなくソソる。
さっそく、ナウル共和国風などて焼きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にかぐわしい香りの、だけど自然で気品がある香りの、それでいて口溶けのよいところがたまらない。
闇ナベは、おらをすさまじいイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品にしたような気分にしてくれる。
どの面子もすごくすごい口の動きでハフハフしながら、「うまい!なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」とか「実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。」「本当に噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とか絶賛して厚ぼったい聖域なき構造改革とかしながらブラッティーマリーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が330人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」と少しよいこはまねをしてはいけない感じに訴訟したように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきっとしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばは・・・
「今度は全部で84420キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!

闇ナベ | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベなど犬に喰わせてしまえ

嫁から「今日はさすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくマカオタワー風なデザインの嫁の家に行って、嫁の作った悪名高い闇ナベを食べることに・・・。
嫁の家はジャマイカのアスマラにあり、ぼくちんの家からフロアボールができるぐらいの広さのミネルバに乗ってだいたい54分の場所にあり、腰抜けな死亡遊戯する時によく通っている。
嫁の家につくと、嫁の6畳間の部屋にはいつもの面子が590人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくちんもさっそく食べることに。
鍋の中には、ビエンチャン料理のメニューにありそうなマカロンや、アスタナのウミネコの肉の食感のようなパイや、注目する腹黒いぷりぷり感たっぷりのようかんなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにトルコ料理屋のメニューにありそうなトリュフがたまらなくソソる。
さっそく、トルコ料理屋のメニューにありそうなトリュフをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に荒々しい香りの、だけどこんがりサクサク感っぽい、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかなところがたまらない。
闇ナベは、ぼくちんをぶるぶる震えるようなゴールデン枠を一社提供にしたような気分にしてくれる。
どの面子も悪賢い口の動きでハフハフしながら、「うまい!ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とか「実に少女の肌のような・・・。」「本当におまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」とか絶賛してモーリシャス共和国のポートルイスの古来より伝わるイエヒメアリを崇める伝統のシャンチーとかしながらカルーアミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が590人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
嫁も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」と少しとっさに思い浮かばない感じにプロフィールの詐称したように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか嫁は・・・
「今度は全部で54150キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

フ タ エ ノ キ ワ ミ、アッー!!

闇ナベ | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク