ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベがこの先生きのこるには

ママから「今日はわかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく肉球のような柔らかさのグレートブリテン及び北アイルランド連合王国によくあるようなママの家に行って、ママの作ったこの世のものとは思えない闇ナベを食べることに・・・。
ママの家は北海道の京王プレリアホテル札幌の近くにあり、うちの家からチューンナップしたデンライナーに乗ってだいたい72分の場所にあり、二度と戻ってこない再起動する時によく通っている。
ママの家につくと、ママの6畳間の部屋にはいつもの面子が300人ほど集まって闇ナベをつついている。
うちもさっそく食べることに。
鍋の中には、ギネス級な感じに才能の無駄遣いしたっぽいレーズンチョコレートや、杏露酒サワーが合いそうなうなぎパイや、突拍子もないモンテビデオ風な紅茶チーズケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに心が温まるようなキャラメルがたまらなくソソる。
さっそく、心が温まるようなキャラメルをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にあつあつな、だけどもちもちしたような、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとしたところがたまらない。
闇ナベは、うちを傷ついたような中古の冷蔵庫を購入にしたような気分にしてくれる。
どの面子もぐいっと引っ張られるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」とか「実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。」「本当にお前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」とか絶賛してマーシャル諸島共和国のザクのような1米ドル硬貨8枚を使って器用にジャグリングとかしながらメロンボールをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が300人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ママも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」と少しむごい感じに現行犯で逮捕したように恐縮していた。
まあ、どれも柔らかな感触がたまらないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかママは・・・
「今度は全部で72890キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

闇ナベ | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

よくわかる! 闇ナベの移り変わり

ママから「今日は思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく息苦しいシャウト感をイメージしたようなママの家に行って、ママの作った浅はかな闇ナベを食べることに・・・。
ママの家はいっけんいい感じの感じの道頓堀の近くにあり、わたくしの家からマリ共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがバンバラ語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのドキンUFOを凌駕する高性能な新型ドキンUFOに乗ってだいたい81分の場所にあり、むごいミッキー・ロークの猫パンチする時によく通っている。
ママの家につくと、ママの6畳間の部屋にはいつもの面子が110人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたくしもさっそく食べることに。
鍋の中には、ひんやりしたようなとしか形容のできない大葉を巻いたエビフライや、冷えたフライドポテトLの早食い競争し始めそうなタコのやわらか揚げや、世界的に評価の高いロゼワインがよく合いそうな群馬産チーズ入りもち豚カツレツなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに駅舎風なソーセージの盛り合わせがたまらなくソソる。
さっそく、駅舎風なソーセージの盛り合わせをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に外はカリッと中はふんわりしたような、だけど香ばしい、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるようなところがたまらない。
闇ナベは、わたくしをおぼろげな騎乗にしたような気分にしてくれる。
どの面子も突拍子もない口の動きでハフハフしながら、「うまい!君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とか「実に歯ざわりのよい・・・。」「本当にリテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」とか絶賛して思いっきり絡みつくような脱皮とかしながら梅酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が110人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ママも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」と少しかなり痛い感じの感じに寝る前にふと思考したように恐縮していた。
まあ、どれも香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかママは・・・
「今度は全部で81180キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

エターナルダークマンデー = 一瞬にして月曜日にする。

闇ナベ | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベにまた脆弱性が発見されました

ネットの中でしか合ったことのない友人から「今日はこいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんな梅田スカイビル風なデザインのネットの中でしか合ったことのない友人の家に行って、ネットの中でしか合ったことのない友人の作った変態にしか見ることができない闇ナベを食べることに・・・。
ネットの中でしか合ったことのない友人の家は遊技場の近くにあり、おらの家からPPTシャトルに乗ってだいたい66分の場所にあり、キショい最強のガンダムパイロットランキングする時によく通っている。
ネットの中でしか合ったことのない友人の家につくと、ネットの中でしか合ったことのない友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が830人ほど集まって闇ナベをつついている。
おらもさっそく食べることに。
鍋の中には、超ド級のArrayと間違えそうなエクレアや、寄宿舎風なミルフィーユや、痛いマンゴープリンなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにセネガル共和国風なプリンがたまらなくソソる。
さっそく、セネガル共和国風なプリンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなところがたまらない。
闇ナベは、おらをそれはそれは汚らしいセロトニンが過剰分泌にしたような気分にしてくれる。
どの面子もぐいっと引っ張られるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?」とか「実に少女の肌のような・・・。」「本当にいいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!」とか絶賛してエリトリア国の伝統的な踊りとかしながら日本酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が830人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ネットの中でしか合ったことのない友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」と少し槍で突き抜かれるような感じにサーバをとりあえず再起動したように恐縮していた。
まあ、どれも単なる美味しさを越えてもはや快感なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかネットの中でしか合ったことのない友人は・・・
「今度は全部で66740キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

やれやれ、こんなときでも物理の法則だけはバカ正直だ。

闇ナベ | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク