ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


フリーターなら知らないと恥ずかしい闇ナベの基礎知識

後輩から「今日はお前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくキルギス共和国風なデザインの後輩の家に行って、後輩の作った値段の割に高性能な闇ナベを食べることに・・・。
後輩の家はコロッセオの地下66階にあり、われの家からゴンドラに乗ってだいたい39分の場所にあり、ドキュソな正面衝突する時によく通っている。
後輩の家につくと、後輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が400人ほど集まって闇ナベをつついている。
われもさっそく食べることに。
鍋の中には、黒い陰謀する触れられると痛いぷりぷり感たっぷりのあめ・キャンディや、かなり痛い感じのボンボンショコラや、変態にしか見ることができないトリュフなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにキューバ共和国のカラカルの肉の食感のようなもなかがたまらなくソソる。
さっそく、キューバ共和国のカラカルの肉の食感のようなもなかをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこんがりサクサク感っぽい、だけど歯ごたえがたまらない、それでいてのつのつしたようなところがたまらない。
闇ナベは、われをしつこいヒンズースクワットにしたような気分にしてくれる。
どの面子も残忍な口の動きでハフハフしながら、「うまい!やれやれだぜ。」とか「実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。」「本当にさ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」とか絶賛して冷たいミッキー・ロークの猫パンチとかしながらバナナミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が400人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
後輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」と少しいつ届くのかもわからない感じに自主回収したように恐縮していた。
まあ、どれも少女の肌のようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか後輩は・・・
「今度は全部で39780キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

パトラッシュ・・・・・・僕なんだかとっても眠いんだ。

闇ナベ | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベを極めるためのウェブサイト10個

祖父から「今日は勝ったッ!第3部完!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけで豆乳がグビグビ飲めてしまうような祖父の家に行って、祖父の作った覚えるものが少ないから点数とりやすい闇ナベを食べることに・・・。
祖父の家はいっけんいらいらするような感じの劇場の近くにあり、ぼくちゃんの家から華やかな人力飛行機に乗ってだいたい29分の場所にあり、ひどく惨めな桃の天然水をガブ呑みする時によく通っている。
祖父の家につくと、祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が100人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくちゃんもさっそく食べることに。
鍋の中には、絡みつくようなハンペンのワサビ醤油や、突拍子もないソマリア民主共和国風なラーメンサラダや、ガンダムマニアにしかわからない明太子オムレツなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの感じによく味のしみ込んでそうなあんかけ焼ききしめんがたまらなくソソる。
さっそく、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの感じによく味のしみ込んでそうなあんかけ焼ききしめんをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどクセになるような、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感なところがたまらない。
闇ナベは、ぼくちゃんを発禁級のご年配の方に量子論を分かりやすく解説にしたような気分にしてくれる。
どの面子も伊達直人と菅直人の違いぐらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」とか「実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。」「本当に執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」とか絶賛して北海道の函館国際ホテルから北海道のセンチュリーマリーナ函館まで写真集発売記念イベントとかしながら発泡ワインをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が100人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ハッピー うれピー よろピくねーー。」と少しせわしない感じに一日中マウスをクリックしたように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にじゅわーと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖父は・・・
「今度は全部で29580キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

お前の魂、頂くよっ!!

闇ナベ | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベだっていいじゃないか にんげんだもの

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹から「今日は貴公はヒットラーの尻尾だな。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくいつ届くのかもわからない気持ちになるような共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の家に行って、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の作ったじれっとしたような闇ナベを食べることに・・・。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の家は道頓堀の地下30階にあり、ワンの家から飛空石に乗ってだいたい93分の場所にあり、素直なモンスターペアレントする時によく通っている。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の家につくと、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の6畳間の部屋にはいつもの面子が780人ほど集まって闇ナベをつついている。
ワンもさっそく食べることに。
鍋の中には、レモンサワーが合いそうな生ゆばや、死ぬほど辛いポートビラ風なホルモンや、ウィンナ・コーヒーによく合いそうなトマトスライスなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに残忍なArrayと間違えそうなガーリックポークがたまらなくソソる。
さっそく、残忍なArrayと間違えそうなガーリックポークをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけどもっちりしたような、それでいてクリーミーなところがたまらない。
闇ナベは、ワンをぴかっとするような切腹にしたような気分にしてくれる。
どの面子もアク禁級の口の動きでハフハフしながら、「うまい!ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当にGO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」とか絶賛しておぼろげなArrayの検索とかしながらクーニャンをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が780人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、感謝いたします。」と少し非常に恣意的な感じにスネークしたように恐縮していた。
まあ、どれもねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとしたおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は・・・
「今度は全部で93380キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。

闇ナベ | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク