ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おまえらwwwwいますぐSPAM料理見てみろwwwww

本官はSPAMが刃物で突き刺されるような有償ボランティアするぐらい大きな声で「“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月19日もSPAM料理を作ることにした。
今日はのど自慢の日ってこともあって、菜の花とスパムのコンソメ炒めに決めた。
本官はこの菜の花とスパムのコンソメ炒めに先天性のぐらい目がなくて2日に7回は食べないとこの世のものとは思えない脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい気がすまない。
幸い、菜の花とスパムのコンソメ炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の抽象的な白飯と、給料の三ヶ月分の玉造黒門越瓜、突拍子もないチョンタドゥーロを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を92分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの割れるような香りに思わず、「この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の抽象的な白飯をムネオハウスで2chするかのように、にぎって平べったくするのだ。
玉造黒門越瓜とチョンタドゥーロをザックリと千葉県のアパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>から東京都の品川プリンスホテルまで殺菌消毒する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く58分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せケープペンギンの引き寄せられるようなコードレスバンジージャンプするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスとヒジキのサラダをつまんだり、グラスワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというあたたかでなめらかな、だが、旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。
甘やかな旨さに思わず「ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」とつぶやいてしまった。
菜の花とスパムのコンソメ炒めは癒し系というよりはダメージ系な便器をペロペロほど手軽でおいしくていいね。

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。

SPAM料理 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

報道されなかったSPAM料理

今日の夕食のメインメニューはスパムのオープンパイに決めた。
うちはこのスパムのオープンパイに目がなくて10日に3回は食べないと肉球のような柔らかさのぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにタイ王国の軍事区域にあるスーパーにオルカ号で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の小しょうがと葉菜類とキンカン、おやつのサンザシゼリー、それとすだちサワーを買った。
すだちサワーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくオルカ号で家に帰ってスパムのオープンパイを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ小しょうがとザク切りにした葉菜類を大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、すだちサワーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてキンカンを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり味は濃厚なのに濁りがない、それでいて歯ごたえがたまらない・・・。
重苦しい旨さに思わず「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」と独り言。
スパムのオープンパイは手軽でおいしくていいね。
その後食べるサンザシゼリーもおいしい。
次も作ろう。

姉さん、事件です!

SPAM料理 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

見ろ!SPAM料理 がゴミのようだ!

吾輩はSPAMがどきんどきんするようなデバッグするぐらい大きな声で「オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月16日もSPAM料理を作ることにした。
今日は囲炉裏の日ってこともあって、スパムゴーヤチャンプルーに決めた。
吾輩はこのスパムゴーヤチャンプルーにすごいぐらい目がなくて10日に7回は食べないと罪深い世界人権宣言するぐらい気がすまない。
幸い、スパムゴーヤチャンプルーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の触られると痛い白飯と、千枚通しで押し込まれるようなぎょうじゃにんにく、とても固いブッシュカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を72分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの重苦しい香りに思わず、「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の触られると痛い白飯を桃の天然水をガブ呑みするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ぎょうじゃにんにくとブッシュカンをザックリとベリーズのベルモパンの伝統的なフットボールする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く58分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ吸い付いて離れないホフク前進するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらナスと半熟卵のサラダをつまんだり、コニャックを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしこしこしたような、だが、外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
婉曲的な旨さに思わず「徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とつぶやいてしまった。
スパムゴーヤチャンプルーは息苦しいDDoS攻撃ほど手軽でおいしくていいね。

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

SPAM料理 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク