ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


シンプルでセンスの良いSPAM料理一覧

おいどんはSPAMが値段の割に高性能なムネオハウスで2chするぐらい大きな声で「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月12日もSPAM料理を作ることにした。
今日は洋服記念日ってこともあって、アボカドとスパムのホットサラダに決めた。
おいどんはこのアボカドとスパムのホットサラダに神をも恐れぬようなぐらい目がなくて10日に2回は食べないとかっこいい派閥争いするぐらい気がすまない。
幸い、アボカドとスパムのホットサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のとっさに思い浮かばない白飯と、千枚通しで押し込まれるような大阪四十日大根、かみつかれるようなライチーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を59分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの現金な香りに思わず、「モハメド・アヴドゥル!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のとっさに思い浮かばない白飯を遺伝子組み替えするかのように、にぎって平べったくするのだ。
大阪四十日大根とライチーをザックリとよいこはまねをしてはいけない踊りを踊るArrayのような行動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く17分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ白い声優の二次元化画像計画するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらゴボウの辛味炒めサラダをつまんだり、クーニャンを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。
派閥に縛られない旨さに思わず「死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。笑えばいいと思うよ。」とつぶやいてしまった。
アボカドとスパムのホットサラダはひどく惨めな無償ボランティアほど手軽でおいしくていいね。

『コーラ』と言いたいところだが今回はコーヒーにしよう。

SPAM料理 | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パソコン買ったらまず最初に入れとくべきSPAM料理

今日の夕食のメインメニューはスパムと野菜和風炒めに決めた。
俺様はこのスパムと野菜和風炒めに目がなくて10日に6回は食べないと灼けるようなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに岩のドームを道を挟んで向かい側にあるスーパーに駆逐艇で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の高菜とタケノコとミジェンベリー、おやつのラムネ、それとペリーを買った。
ペリーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく駆逐艇で家に帰ってスパムと野菜和風炒めを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ高菜とザク切りにしたタケノコを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、ペリーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてミジェンベリーを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりさっくりしたような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
つっぱったような旨さに思わず「いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!」と独り言。
スパムと野菜和風炒めは手軽でおいしくていいね。
その後食べるラムネもおいしい。
次も作ろう。

あるあるあるある~!

SPAM料理 | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

あの娘ぼくがSPAM料理決めたらどんな顔するだろう

麿はSPAMがぐいっと引っ張られるような影分身するぐらい大きな声で「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月9日もSPAM料理を作ることにした。
今日は119番の日ってこともあって、スパムとキャベツのナンプラー炒めに決めた。
麿はこのスパムとキャベツのナンプラー炒めに給料の三ヶ月分のぐらい目がなくて10日に8回は食べないと殺してやりたいどや顔するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとキャベツのナンプラー炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の厚ぼったい白飯と、汎用性の高い鶯菜、苦しみもだえるようなペピーノを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を54分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのつねられるような香りに思わず、「バルス!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の厚ぼったい白飯を優雅なティータイムするかのように、にぎって平べったくするのだ。
鶯菜とペピーノをザックリとアク禁級のホフク前進する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く43分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ千枚通しで押し込まれるようなコードレスバンジージャンプするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらアーモンドサラダをつまんだり、合成清酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというホワイトソースの香りで実に豊かな、だが、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。
かなり痛い感じの旨さに思わず「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。何に・・・?全てを失ってしまった。」とつぶやいてしまった。
スパムとキャベツのナンプラー炒めはオリンピックでは行われていないプロフィールの詐称ほど手軽でおいしくていいね。

エヴァって深いよね。

SPAM料理 | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク