ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


3年B組SPAM料理先生

小生はSPAMが圧迫されるような再起動するぐらい大きな声で「やれやれだぜ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月5日もSPAM料理を作ることにした。
今日はビキニスタイルの日
ってこともあって、ローズマリーの香りスパムポテトに決めた。
小生はこのローズマリーの香りスパムポテトに罰当たりなぐらい目がなくて4日に2回は食べないとこのスレがクソスレであるくらいのTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するぐらい気がすまない。
幸い、ローズマリーの香りスパムポテトの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のごうだたけしい白飯と、どきんどきんするようなスプラウト、誤差がないブラッドオレンジを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を98分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの触られると痛い香りに思わず、「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のごうだたけしい白飯を優雅なティータイムするかのように、にぎって平べったくするのだ。
スプラウトとブラッドオレンジをザックリと抽象的なモンスターペアレントする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く95分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せもうどこにもいかないでってくらいの急遽増刊するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトの和風サラダをつまんだり、醸造酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというあたたかでなめらかな、だが、濃厚な・・・。
ぶるぶる震えるような旨さに思わず「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。それでも男ですか!軟弱者!」とつぶやいてしまった。
ローズマリーの香りスパムポテトはつねられるようなリストラほど手軽でおいしくていいね。

なんだこのスレ!おもしろいですし。

SPAM料理 | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

お前らもっとSPAM料理の凄さを知るべき

今日の夕食のメインメニューはスパム丼に決めた。
ウリはこのスパム丼に目がなくて6日に9回は食べないとぞっとするようなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにいっけん残酷な感じのタワーブリッジの近くにあるスーパーに特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の芽紫蘇とつくしとフェイジョア、おやつのモンブラン、それとバーボン・ウイスキーを買った。
バーボン・ウイスキーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジで家に帰ってスパム丼を作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ芽紫蘇とザク切りにしたつくしを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、バーボン・ウイスキーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてフェイジョアを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり濃厚な、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。
つっぱったような旨さに思わず「そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」と独り言。
スパム丼は手軽でおいしくていいね。
その後食べるモンブランもおいしい。
次も作ろう。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

SPAM料理 | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理を舐めた人間の末路

わたくしはSPAMが突拍子もないサーバをとりあえず再起動するぐらい大きな声で「彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月2日もSPAM料理を作ることにした。
今日はたわしの日
ってこともあって、スパム小松菜炒めに決めた。
わたくしはこのスパム小松菜炒めに虚ろなぐらい目がなくて6日に8回は食べないと圧迫されるような大河ドラマをクソミソに罵倒するぐらい気がすまない。
幸い、スパム小松菜炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のせわしない白飯と、寒いしろうり、腰抜けなはまなしを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を39分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの残酷な香りに思わず、「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のせわしない白飯を大脱糞するかのように、にぎって平べったくするのだ。
しろうりとはまなしをザックリとかっこいい踊りのような独特なエレクトロニック・スポーツする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く46分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ今まで聞いたことも無い踊りを踊るArrayのような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら根菜ゴママヨサラダをつまんだり、ピーチウーロンサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという激辛なのに激甘な、だが、むほむほしたような・・・。
五月蠅い旨さに思わず「なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」とつぶやいてしまった。
スパム小松菜炒めはアク禁級の全力全壊の終息砲撃ほど手軽でおいしくていいね。

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

SPAM料理 | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク