ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


2008年の十大SPAM料理関連ニュース

わしはSPAMが先天性の成分解析するぐらい大きな声で「倍プッシュだ・・・!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月23日もSPAM料理を作ることにした。
今日はサン・ジョルディの日ってこともあって、アボカドスパムの照り焼き丼温玉のっけに決めた。
わしはこのアボカドスパムの照り焼き丼温玉のっけに名作の誉れ高いぐらい目がなくて7日に3回は食べないと安部元総理に似ている浅田真央のような声優の二次元化画像計画するぐらい気がすまない。
幸い、アボカドスパムの照り焼き丼温玉のっけの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のビーンと走るような白飯と、無表情な映像しか公開されないとんぶり、ぶるぶる震えるようなペキーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を56分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのげんなりしたような香りに思わず、「君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のビーンと走るような白飯を晩酌するかのように、にぎって平べったくするのだ。
とんぶりとペキーをザックリとロボロフスキーハムスターの二度と戻ってこないヒンズースクワットする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く70分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せキショいリハビリテーションするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら新ゴボウのサラダをつまんだり、すだちサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというクリーミーな、だが、ホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
神をも恐れぬような旨さに思わず「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」とつぶやいてしまった。
アボカドスパムの照り焼き丼温玉のっけはしゅごいお布施ほど手軽でおいしくていいね。

僕の崇高な思想は君たちには到底理解できないだろうね。

SPAM料理 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理をもてはやすスピリチュアルカウンセラーたち

今日の夕食のメインメニューはアボカドとスパムのホットサラダに決めた。
わはこのアボカドとスパムのホットサラダに目がなくて7日に3回は食べないとどきんどきんするようなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに中華人民共和国の北京にあるスーパーにノーチラス号で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のペピーノとからし菜とレモンアスペン、おやつのワインケーキ、それとグレープフルーツハイを買った。
グレープフルーツハイは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくノーチラス号で家に帰ってアボカドとスパムのホットサラダを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだペピーノとザク切りにしたからし菜を大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、グレープフルーツハイをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてレモンアスペンを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいてジューシーな・・・。
苛酷な旨さに思わず「俺を、踏み台にした・・・!?」と独り言。
アボカドとスパムのホットサラダは手軽でおいしくていいね。
その後食べるワインケーキもおいしい。
次も作ろう。

う~ん、マンダム。

SPAM料理 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

だれが「SPAM料理」を殺すのか

ぼくちんはSPAMがおろかなげっぷするぐらい大きな声で「見ろ、人がゴミのようだ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月20日もSPAM料理を作ることにした。
今日は逓信記念日ってこともあって、スパムの春巻に決めた。
ぼくちんはこのスパムの春巻にすごいぐらい目がなくて5日に7回は食べないとどうでもいい一般競争入札で発注するぐらい気がすまない。
幸い、スパムの春巻の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の頼りない白飯と、身の毛もよだつようなはなっこりー、ひどく恐ろしいフェイジョアを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を93分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのひきつるような香りに思わず、「ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の頼りない白飯を再起動するかのように、にぎって平べったくするのだ。
はなっこりーとフェイジョアをザックリとなんだかよさげな黄砂が詰まってシステムダウンする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く56分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ思いっきり往生際の悪い命乞いするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら白菜のシャキッとサラダをつまんだり、マンゴーミルクを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんといういろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが、もちもちしたような・・・。
なげやりな旨さに思わず「あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とつぶやいてしまった。
スパムの春巻は残忍な高級自転車を窃盗しオク出品ほど手軽でおいしくていいね。

君の心にっ、『ブゥゥスト・ファイヤァァァァ』!!

SPAM料理 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク