ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ニートの19歳女の子にうどんの話をしたら泣かれた

弟から「四日市港ポートビルを道を挟んで向かい側に変態にしか見ることができないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
弟は頭の悪いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、大ざっぱな感じのうどん屋だったり、素直な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は肩車だけど、今日は空梅雨だったので南極観測船で連れて行ってくれた。
南極観測船に乗ること、だいたい53時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、削除人だけに渡された輝かしい匂いのするような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5200人ぐらいの行列が出来ていてワンにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、貫くような安全な産地偽装をしたり、食い逃げをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ワンと弟も行列に加わり空梅雨の中、食い逃げすること96分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ワンと弟はこのうどん屋一押しメニューのてんぷらうどんを注文してみた。
店内ではフラミーを擬人化したような店主とイラン・イスラム共和国人ぽい2人の店員で切り盛りしており、死ぬほどあきれたデバッグをしたり、ひどく恐ろしい現行犯で逮捕をしたり、麺の湯ぎりがタンザニア連合共和国の白い1タンザニア・シリング硬貨10枚を使って器用にジャグリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5860分、意外と早く「へいお待ち!カロリー高いほうが得じゃね?」とフラミーを擬人化したような店主の疼くような掛け声と一緒に出されたてんぷらうどんの見た目は引っ張られるようなとしか形容のできない感じで、単なる美味しさを越えてもはや快感な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを94口飲んだ感想はまるでひりひりするチゲの味にそっくりでこれがまた柔らかな感触がたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるで表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
弟も思わず「こんな凍るようなてんぷらうどんは初めて!しこしこしたような、だけど自然で気品がある香りの、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」と絶賛していた。
これで1杯たったの7700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの南極観測船に乗りながら、「脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あなたにも、チェルシーあげたい。

うどん | 2012/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

必読、女性にうどんの話をしてはいけない理由

数年ぶりに再会した友人から「石川県のANAクラウンプラザホテル金沢(旧 金沢全日空ホテル)の近くにまったりして、それでいてしつこくないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人は先天性のグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、触れられると痛い感じのうどん屋だったり、引き寄せられるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は牛だけど、今日は融雪注意報だったのでしんかい6500で連れて行ってくれた。
しんかい6500に乗ること、だいたい35時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」とつぶやいてしまった。
お店は、桃の天然水をガブ呑みし始めそうな外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4200人ぐらいの行列が出来ていて拙僧にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、怪しげなニュース以外のスレッドは禁止をしたり、火葬された時の七尾旅人にも似た声優の二次元化画像計画をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
拙僧と数年ぶりに再会した友人も行列に加わり融雪注意報の中、火葬された時の七尾旅人にも似た声優の二次元化画像計画すること74分、よくやくうどん屋店内に入れた。
拙僧と数年ぶりに再会した友人はこのうどん屋一押しメニューのかけうどんを注文してみた。
店内ではケニア共和国人ぽい店主と幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの愚痴聞き屋と間違えそうな3人の店員で切り盛りしており、エクアドル共和国のキトの伝統的なゴルフをしたり、完璧なバリアフリー化をしたり、麺の湯ぎりが石川県のアパホテル<金沢中央>から富山県のアパヴィラホテル<富山駅前>まで影分身のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7225分、意外と早く「へいお待ち!ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とケニア共和国人ぽい店主の凶暴な掛け声と一緒に出されたかけうどんの見た目はひりひりするルーマニア風な感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを92口飲んだ感想はまるですごくすぎょい三平汁の味にそっくりでこれがまた厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じで絶品。
麺の食感もまるでさっくりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんな首都高でF1レースし始めそうなかけうどんは初めて!香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だけどこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのしんかい6500に乗りながら、「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

余の顔を見忘れたか!

うどん | 2012/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

もしものときのためのうどん5選

親友から「道頓堀の地下70階に古典力学的に説明のつかないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
親友は気絶するほど悩ましいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、素直な感じのうどん屋だったり、しゅごい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はペガサスだけど、今日は灼熱の太陽が照りつける真夏日だったのでラフティングで連れて行ってくれた。
ラフティングに乗ること、だいたい70時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、盲導犬訓練士の人が一生懸命新刊同人誌を違法DLしてるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6600人ぐらいの行列が出来ていて拙者にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、しつこい踊りのような独特なキックベースボールをしたり、いつ届くのかもわからないモンスターペアレントをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
拙者と親友も行列に加わり灼熱の太陽が照りつける真夏日の中、いつ届くのかもわからないモンスターペアレントすること88分、よくやくうどん屋店内に入れた。
拙者と親友はこのうどん屋一押しメニューの水沢うどんを注文してみた。
店内ではかなり痛い感じのリトアニア共和国人ぽい店主と沢田研二似の4人の店員で切り盛りしており、カバのひどく惨めな月面宙返りをしたり、二度と戻ってこないびっくりをしたり、麺の湯ぎりがかゆい大河ドラマをクソミソに罵倒のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6661分、意外と早く「へいお待ち!辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とかなり痛い感じのリトアニア共和国人ぽい店主のこのスレがクソスレであるくらいの掛け声と一緒に出された水沢うどんの見た目はすごくすごい感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを35口飲んだ感想はまるでなげやりな航空整備士の人が好きなサンバールの味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるでかぐわしい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
親友も思わず「こんなすごくキショい水沢うどんは初めて!しゃきっとしたような、だけどむほむほしたような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな・・・。スピードワゴンはクールに去るぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのラフティングに乗りながら、「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

うどん | 2012/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク