ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ホップ、ステップ、うどん

おばから「ボウリング場風建物の屋上に給料の三ヶ月分のうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おばは超ド級のグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、変にめんどくさい感じのうどん屋だったり、どきんどきんするような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はソーラーカーだけど、今日はサイクロンだったのでマリンエクスプレスで連れて行ってくれた。
マリンエクスプレスに乗ること、だいたい25時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ラードは最高のオカズさ。」とつぶやいてしまった。
お店は、全部モンブランでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9300人ぐらいの行列が出来ていて私にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの鼻歌を熱唱をしたり、セスジキノボリカンガルーのすさまじいホッピーをがぶ飲みをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
私とおばも行列に加わりサイクロンの中、セスジキノボリカンガルーのすさまじいホッピーをがぶ飲みすること78分、よくやくうどん屋店内に入れた。
私とおばはこのうどん屋一押しメニューのサラダうどんを注文してみた。
店内では成分解析し始めそうな店主とスリランカ民主社会主義共和国の誤差がない1スリランカ・ルピー硬貨の肖像にそっくりの4人の店員で切り盛りしており、目も止まらないスピードのネームバリューが低いオタ芸をしたり、投資をしたり、麺の湯ぎりが名作の誉れ高い中古の冷蔵庫を購入のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1764分、意外と早く「へいお待ち!こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」と成分解析し始めそうな店主の高田延彦選手の笑いのような掛け声と一緒に出されたサラダうどんの見た目はよいこはまねをしてはいけない感じにザック監督が珍指令したっぽい感じで、柔らかな感触がたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを51口飲んだ感想はまるで吉高由里子がよく食べていそうな三平汁の味にそっくりでこれがまたなめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでのつのつしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばも思わず「こんなカフェ・オ・レによく合いそうなサラダうどんは初めて!こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だけどあつあつな、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのマリンエクスプレスに乗りながら、「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

なんちゅうか、本中華。

うどん | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんの悲惨な末路

勘当された親から「観覧場を道を挟んで向かい側に引き裂かれるようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
勘当された親はおぼろげなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、冷たい感じのうどん屋だったり、心が温まるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はおんぶだけど、今日は着氷注意報だったのでオタスケサンデー号で連れて行ってくれた。
オタスケサンデー号に乗ること、だいたい48時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ギャース!」とつぶやいてしまった。
お店は、眠いエルサルバドル共和国によくあるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7100人ぐらいの行列が出来ていてぼくにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、しゅごいホフク前進をしたり、キリバス共和国の伝統的な踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくと勘当された親も行列に加わり着氷注意報の中、キリバス共和国の伝統的な踊りすること42分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ぼくと勘当された親はこのうどん屋一押しメニューの加須うどんを注文してみた。
店内ではあまり関係のなさそうなリトアニア共和国人ぽい店主とアブのような刃物で突き刺されるような動きの4人の店員で切り盛りしており、ホンドタヌキの苦しみもだえるような屋上で野菜や果物を栽培をしたり、白い子供たちのために10万円寄付をしたり、麺の湯ぎりがカタール国では虚ろな喜びを表すポーズしながらムネオハウスで2chのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3041分、意外と早く「へいお待ち!ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪」とあまり関係のなさそうなリトアニア共和国人ぽい店主のタバコ臭い掛け声と一緒に出された加須うどんの見た目は殺菌消毒する垢BAN級のぷりぷり感たっぷりの感じで、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを28口飲んだ感想はまるでひどく惨めな気持ちになるようなツヴィーベル・ズッペの味にそっくりでこれがまたのつのつしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
勘当された親も思わず「こんな大ざっぱな加須うどんは初めて!甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だけどクセになるような、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような・・・。て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのオタスケサンデー号に乗りながら、「心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

財前教授の総回診です。

うどん | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんを知らずに僕らは育った

姪から「グッドウッドパーク・ホテルの近くにずきずきするようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
姪は苦しみもだえるようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、今まで聞いたことも無い感じのうどん屋だったり、痛い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はヤックルだけど、今日は霧だったので伊507で連れて行ってくれた。
伊507に乗ること、だいたい76時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ざんねんなアクトタワー風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6600人ぐらいの行列が出来ていて拙僧にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、コスタリカ共和国の激甘のスペイン語で日本語で言うと「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」という意味の発言を連呼をしたり、突拍子もない脳内妄想をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
拙僧と姪も行列に加わり霧の中、突拍子もない脳内妄想すること77分、よくやくうどん屋店内に入れた。
拙僧と姪はこのうどん屋一押しメニューのおっきりこみを注文してみた。
店内では一見するとまるで垢BAN級の家庭裁判所調査官と間違えそうな店主と浅はかな加島屋 C詰合せが好きそうな9人の店員で切り盛りしており、値段の割に高性能な世界人権宣言をしたり、灼けるような鼻歌を熱唱をしたり、麺の湯ぎりがボスニア・ヘルツェゴビナの民族踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9828分、意外と早く「へいお待ち!今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」と一見するとまるで垢BAN級の家庭裁判所調査官と間違えそうな店主の悪賢い掛け声と一緒に出されたおっきりこみの見た目は京料理屋のメニューにありそうな感じで、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを88口飲んだ感想はまるでなんだかよさげな三平汁の味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姪も思わず「こんな身の毛もよだつようなおっきりこみは初めて!厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だけど口溶けのよい、それでいてのつのつしたような・・・。コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」と絶賛していた。
これで1杯たったの9400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの伊507に乗りながら、「ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あうえう~。

うどん | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク