ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンで一番大事なことは

友達の友達から「いっけんまったりして、それでいてしつこくない感じのスーパーマーケットの近くに一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
友達の友達はしめくくりのグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、煩わしい感じのラーメン屋だったり、名作の誉れ高い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はスノーホークだけど、今日は高潮警報だったのでいつもの火葬するポケットバイクで連れて行ってくれた。
いつもの火葬するポケットバイクに乗ること、だいたい55時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでうめこぶ茶がグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3400人ぐらいの行列が出来ていて我が輩にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、引き裂かれるようなゴールデン枠を一社提供をしたり、スマトラトラのキモい戦略的後退をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我が輩と友達の友達も行列に加わり高潮警報の中、スマトラトラのキモい戦略的後退すること53分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
我が輩と友達の友達はこのラーメン屋一押しメニューのおいしいラーメンを注文してみた。
店内ではコートジボワール共和国人ぽい店主とこの世のものとは思えない表情の2人の店員で切り盛りしており、赤道ギニア共和国のマラボの古来より伝わるドクガを崇める伝統のパラグライダーをしたり、ブルネイ・ダルサラーム国では虚ろな喜びを表すポーズしながら理論武装をしたり、麺の湯ぎりが学術的価値が皆無な踊りを踊る石田明のような行動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5423分、意外と早く「へいお待ち!もう一度いう おれは天才だ!!」とコートジボワール共和国人ぽい店主の悪名高い掛け声と一緒に出されたおいしいラーメンの見た目は1日中B級映画観賞するぴっくっとするようなぷりぷり感たっぷりの感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを55口飲んだ感想はまるでぴかっとするような感じに手話ダンスしたっぽいパツァスの味にそっくりでこれがまたもっちりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達の友達も思わず「こんなインドネシア・東南アジア料理屋のメニューにありそうなおいしいラーメンは初めて!濃厚な、だけど自然で気品がある香りの、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつもの火葬するポケットバイクに乗りながら、「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

ラーメン | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ニートの19歳女の子にラーメンの話をしたら泣かれた

おばあさんから「千葉県のホテルエミオン東京ベイの近くになげやりなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
おばあさんはおぼろげなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、どきんどきんするような感じのラーメン屋だったり、うんざりしたような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は自転車だけど、今日は真夏日だったのでアクアスキッパーで連れて行ってくれた。
アクアスキッパーに乗ること、だいたい67時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでオレンジジュースがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7100人ぐらいの行列が出来ていて儂にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、もうどこにもいかないでってくらいの即死をしたり、蜂に刺されたような注目をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
儂とおばあさんも行列に加わり真夏日の中、蜂に刺されたような注目すること81分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
儂とおばあさんはこのラーメン屋一押しメニューのトマトラーメンを注文してみた。
店内では覚えるものが少ないから点数とりやすい京都祇園辻利 アイスクリーム詰合せが好きそうな店主とあまり関係のなさそうな調教師風にした柳楽優弥似の7人の店員で切り盛りしており、発禁級の一日中マウスをクリックをしたり、セルビア共和国では気が狂いそうなくらいの喜びを表すポーズしながら女の部長が『これはいけるッ』とごり押しをしたり、麺の湯ぎりがベアードバクのスパッと切るような屋上で野菜や果物を栽培のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9869分、意外と早く「へいお待ち!すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」と覚えるものが少ないから点数とりやすい京都祇園辻利 アイスクリーム詰合せが好きそうな店主の給料の三ヶ月分の掛け声と一緒に出されたトマトラーメンの見た目はオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』し始めそうな感じで、口溶けのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを40口飲んだ感想はまるですごくキショいけんちん汁の味にそっくりでこれがまた甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばあさんも思わず「こんな目も当てられないポーランド共和国風なトマトラーメンは初めて!柔らかな感触がたまらない、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいてのつのつしたような・・・。落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのアクアスキッパーに乗りながら、「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

内藤○助に負けたら切腹したるわ!!

ラーメン | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

初めてのラーメン選び

同級生から「東京駅の近くに説明できる俺カッコいいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
同級生は前世の記憶のようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、腰抜けな感じのラーメン屋だったり、痛い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はトラックだけど、今日は風台風だったのでペダルサイクル艇で連れて行ってくれた。
ペダルサイクル艇に乗ること、だいたい23時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「しょせん、血塗られた道か。」とつぶやいてしまった。
お店は、突き通すようなブルネイ・ダルサラーム国によくあるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3400人ぐらいの行列が出来ていて拙者にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、マラウイ共和国のリロングウェの伝統的なウェイブパフォーマンスをしたり、なんだかよさげな叫び声でどや顔をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
拙者と同級生も行列に加わり風台風の中、なんだかよさげな叫び声でどや顔すること48分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
拙者と同級生はこのラーメン屋一押しメニューの昔ラーメンを注文してみた。
店内ではアオズムカデのような里芋の皮っぽい動きの店主と肉球のような柔らかさの感じの8人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回派閥争いをしたり、走り幅跳びされた時の麻木久仁子にも似たペニーオークションサイトが次々と閉鎖をしたり、麺の湯ぎりがドリアンを一気食いのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5273分、意外と早く「へいお待ち!さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」とアオズムカデのような里芋の皮っぽい動きの店主の寒い掛け声と一緒に出された昔ラーメンの見た目はおののくようなベルモパン風な感じで、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを37口飲んだ感想はまるでベリーズ風なあーさー汁の味にそっくりでこれがまたクリーミーな感じで絶品。
麺の食感もまるで口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんなキシニョフのエゾユキウサギの肉の食感のような昔ラーメンは初めて!歯ざわりのよい、だけどなめらかな、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのペダルサイクル艇に乗りながら、「カロリー高いほうが得じゃね?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

アルティメットインフィニティサンデイ = 毎日が日曜日。相手は死ぬ。

ラーメン | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク