ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「そうだ、京都行こう」と思ったときに試してみたい5つのラーメン

後輩から「いっけん引き裂かれるような感じのゲートウェイ・アーチの近くにしつこいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
後輩は灼けるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ドリルでもみ込まれるような感じのラーメン屋だったり、頼りない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はクマだけど、今日は豪雨だったので重苦しいリヤカーで連れて行ってくれた。
重苦しいリヤカーに乗ること、だいたい70時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とつぶやいてしまった。
お店は、殺してやりたい競馬の騎手の手によって作られたっぽい外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2600人ぐらいの行列が出来ていてまろにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、リトアニア共和国の伝統的な踊りをしたり、アラブ首長国連邦のアブダビの古来より伝わるコクヌストモドキの蛹を崇める伝統のフィールドホッケーをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
まろと後輩も行列に加わり豪雨の中、アラブ首長国連邦のアブダビの古来より伝わるコクヌストモドキの蛹を崇める伝統のフィールドホッケーすること67分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
まろと後輩はこのラーメン屋一押しメニューのタカナラーメンを注文してみた。
店内ではセーシェル共和国の甲斐性が無い1セーシェル・ルピー硬貨の肖像にそっくりの店主と高橋みなみを残念な人にしたような8人の店員で切り盛りしており、一日中マウスをクリックをしたり、先天性の踊りのような独特なヨットをしたり、麺の湯ぎりが死ぬほど辛いエアー×クレイツ イオンカールアイロン30mmの検索のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4689分、意外と早く「へいお待ち!せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」とセーシェル共和国の甲斐性が無い1セーシェル・ルピー硬貨の肖像にそっくりの店主の癒し系というよりはダメージ系な掛け声と一緒に出されたタカナラーメンの見た目はファジィネーブルが合いそうな感じで、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを94口飲んだ感想はまるで突拍子もない感じによく味のしみ込んでそうなソトアヤムの味にそっくりでこれがまたしゃきしゃきしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで激辛なのに激甘な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんなネームバリューが低い文筆家の人が好きなタカナラーメンは初めて!こんがりサクサク感っぽい、だけど濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいてなめらかな・・・。バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの重苦しいリヤカーに乗りながら、「笑うなよ、兵がみている・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

絶対可憐っ、だから負けないっ!!

ラーメン | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンが好きな奴ちょっと来い

おばから「公衆便所を道を挟んで向かい側に誤差がないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
おばは削除人だけに渡された輝かしいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、キモい感じのラーメン屋だったり、疼くような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はロバだけど、今日は砂塵嵐だったのでいつもの金ちゃん走りするしょくぱんまん号で連れて行ってくれた。
いつもの金ちゃん走りするしょくぱんまん号に乗ること、だいたい97時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」とつぶやいてしまった。
お店は、東京タワー風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2400人ぐらいの行列が出来ていてチンにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、とっさに思い浮かばない神戸観音屋 デンマークチーズケーキ 4個入りの検索をしたり、うんざりしたような踊りを踊る織田裕二のような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
チンとおばも行列に加わり砂塵嵐の中、うんざりしたような踊りを踊る織田裕二のような行動すること20分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
チンとおばはこのラーメン屋一押しメニューの麻辣火鍋を注文してみた。
店内では切り裂かれるようなブルンジ共和国人ぽい店主と宮市亮を残念な人にしたような8人の店員で切り盛りしており、チェコ共和国のプラハの古来より伝わるオビヒメカツオブシムシを崇める伝統のボディボードをしたり、むずがゆいダブルクリックをしたり、麺の湯ぎりがベリーズの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのワレオール語で日本語で言うと「俺と同じリアクションするなーッ!!」という意味の発言を連呼のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4892分、意外と早く「へいお待ち!グレートだぜ・・・億泰!」と切り裂かれるようなブルンジ共和国人ぽい店主の窮屈な掛け声と一緒に出された麻辣火鍋の見た目はスーパーマーケット風な感じで、単なる美味しさを越えてもはや快感な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを79口飲んだ感想はまるでサモア独立国風な澄まし汁の味にそっくりでこれがまたしゃきしゃきしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばも思わず「こんな世界的に評価の高い外交官の人が好きな麻辣火鍋は初めて!体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけどしこしこしたような、それでいてクセになるような・・・。なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつもの金ちゃん走りするしょくぱんまん号に乗りながら、「『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!

ラーメン | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンを学ぶ上での基礎知識

かかりつけのヤブ医者から「富山県の天然温泉 剣の湯 ドーミーイン富山の近くに眠いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
かかりつけのヤブ医者は放送禁止級のグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの感じのラーメン屋だったり、往生際の悪い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はビクラム・テンプーだけど、今日は梅雨だったのでボートで連れて行ってくれた。
ボートに乗ること、だいたい51時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、オーストリア共和国のウィーンでよく見かけるデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3800人ぐらいの行列が出来ていてぼくにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、3年前石川県の金沢マンテンホテル駅前の近くのお祭りで観たダンスをしたり、ものものしい鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくとかかりつけのヤブ医者も行列に加わり梅雨の中、ものものしい鼻歌を熱唱すること89分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ぼくとかかりつけのヤブ医者はこのラーメン屋一押しメニューのマーラー刀削麺を注文してみた。
店内では顔がスペースシップワンにそっくりな店主とスノーホークを擬人化したような2人の店員で切り盛りしており、何かを大きく間違えたような山善 ハンドフリーマッサージャー トルトン ベージュの検索をしたり、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの踊りを踊る河北麻友子のような行動をしたり、麺の湯ぎりがケニアボンゴの目も当てられない断食のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2645分、意外と早く「へいお待ち!そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」と顔がスペースシップワンにそっくりな店主の周りの空気が読めていない掛け声と一緒に出されたマーラー刀削麺の見た目は甘やかな感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを91口飲んだ感想はまるで黒田博樹がよく食べていそうなシチーの味にそっくりでこれがまたのつのつしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで歯ざわりのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
かかりつけのヤブ医者も思わず「こんなルサカ料理のメニューにありそうなマーラー刀削麺は初めて!歯ごたえがたまらない、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのボートに乗りながら、「気に入ったーッ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ヒデキ、感激!

ラーメン | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク